ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

ふと、気になったことなんですが、
四季の概念ってどこで生まれたものなのでしょうか?

春夏秋冬、spring-summer-fall-winterと
他の言語圏はわかりませんが、なぜどちらも
4つに分かれているのだろうか、と考えてしまいました。

どなたか知っている方、教えていただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

四季があるのは地球の自転軸が公転面と直角の方向から23.4度傾いているからです。

私はこれを昔小学校の時に教わりましたが、地軸が傾いていると四季がある理由はすぐに分かりました。今の方はゆとり教育で、そんなことも教わっていないのでしょうか。可哀想ですね。さて、質問者さんも四季の原因を人に説明が出来るようになったら、それに加えて次の話も付け加えておいて下さい。受けること間違いなしですから。

私はアメリカのテキサスに住んだことがあります。そのときアメリカ人の友人に私は文句を言いました。「日本には春夏秋冬のはっきりした四季がある。それなのに、テキサスには冬と夏きりないではなか」と。そうしたら、その友人が本当に次のことを言いました。「いや、テキサスにも四季はあるよ。ただし一日で全部来るけどな。」

この話が面白かったので、私がヨーロッパの友人にこの話を言ったら、彼はヨーロッパにはもっと面白い話があると言いました。「これはフィンランドの話だ。今年の夏は運が良かった。何故なら夏が日曜日に来たからだ。」

お後が宜しいようで。
    • good
    • 0

 ざっと調べてみましたが、私見も混じっているので話半分で


読んでください。気候は世界各地で異なりますが、日照時間の
変化は世界共通です。

※南半球では逆になりますが、言語的には南半球は無視できます。

 つまり、もっとも夜の長いのが冬。日が長くなるのが春、
もっとも太陽に恵まれるのが夏、日が短くなっていくのが秋です。

 英語で春は spring ですが、これは 16 世紀くらいに「 泉 」や
「 湧き出る 」のほうの spring から派生して生まれた用法です。
それ以前は lencten ( 長さ= length と同じ語源 )と呼ばれており、
ようするに「 日が長くなる 」という意味だったのです。

 ちなみに中世のヨーロッパは小氷河期の影響で、いまよりずっと
冷涼な気候でした。ですから、我々がいま暖かいと感じている春も
そのころはまだ暖かくはなく、晩冬くらいのイメージだったはず。
その意味で、四季としての春はやはり、日が長くなる季節という
概念で捉えられていたはずです。

 いっぽうで、赤道に近くなると日照時間の変化も小さくなります。
しかも季節の変化も雨季や乾季の影響のほうが強く、春夏秋冬という
分け方が当てはまりません。そのためか、アラビア語には「 秋 」という
単語がないようです( 間違っていたらスイマセン )。

 春という概念は、草木が芽吹くというイメージと重なりますから、
それが4月ごろかどうかは別とすれば、暑い中東でも成立するでしょう。
でも秋という概念は意外に難しいですね。もしかしたら収穫期に重なる
かもしれませんが、秋はむしろ、もっと寂しいイメージですからね。

 そういうわけで四季の概念は、日照時間の変化が大きい中緯度地方より
北では世界共通だと愚考します。ヨーロッパでもアジアでも共通の概念です。
    • good
    • 0

まいどっ



>>>
言い換えると”四季”と”season”では、
どちらからか派生したものなのか?
もしくは、もともと二つとも別に存在して、
偶々、4つに分けるというのが一致していただけなのか?
とかそういうことなのです。


なるほど。そういうことですか。
まず、四季の話から逸れますが、
同様の例として、数の数え方があります。
世界の多くの国々では、数の数え方として、元来、十進法が採用されています。
(ちなみに、フランス語では、20進法的になっている部分がありますが。)
これらは、(史実はともかく)手の指の数が両手合わせて10本ということと関連しているのは明白です。
人間の指の数は世界共通ですから。


>>>
イメージだと私の疑問は暦とかに近い感じです。
例えば、世界標準的に使われているのはグレゴリオ暦ですが、
中国暦であったり、イラン暦であったり、バリ島ではウク暦であったりと
もともとは土地土地によって違うものが使われていましたよね。


私は太陽暦と太陰暦しか知りませんが、
「月」は英語で「month」と言いますよね。month は、moon と同語源です。
つまり、月の満ち欠けの周期を利用して、1ヶ月を30日と定めています。
そして、月の満ち欠けの周期(30日)を12倍した日数を決めるとと、その日数でもって、だいたい同じような気象現象や植物の様子が周期的に現れるので、12ヶ月=1年 と定めたのでしょう。
これは、指が10本というのと同じで、世界の中で四季のある地域のどこの人が考えても、自然と同じ発想になるはずです。

(そして、長いこと観測している間に、太陰暦の360日周期だと、四季の現象と次第にずれていくことがわかってきて、何年間に1回「うるう月」を挿入して、その年は13ヶ月としたわけです。)

さて、
ここからは、まったくの推測ですが、
12って、2でも3でも4でも6でも割り切れますよね?
そして、まず、1年の中で気温・気候が似ている2箇所を「春」「秋」と決めちゃいます。
次に、「暑いとき」と「寒いとき」をそれぞれ「夏」、「冬」と決めます。
つまり、12÷4=3 で、3ヶ月ずつを1つの気候として定めるのが「美しい定め方」です。
2や3や6で割るよりも合理的な感じがしませんか?

私は、そう思います。
昔の人も、たぶん、そうやって四季というものを決めたんだと思います。

また、「12ヶ月」の概念がなくても、昼の長さが等しい春分と秋分を定めれば、おのずと夏至と冬至の概念ができますから、
それに四季を当てはめることは自然な発想だと思います。
    • good
    • 0

こんばんは。



>>>四季の概念ってどこで生まれたものなのでしょうか?

「四季の概念が生まれた」というよりは、「四季という現象がある」ということですね。
緯度が中途半端、つまり、北極・南極にも赤道にも近くない場所では、基本的に、日本と同じ四季、すなわち、春・夏・秋・冬という「現象」が発生しています。
(南半球の四季は、北半球の四季と半年違い・・・というか逆。)

(上記で「基本的に」を付けた理由は、緯度が中途半端であっても、砂漠気候などの例外があるからです。)


なぜ四季が発生するかについては、以前私が回答したQ&Aがありますので、
ぜひ、参考にしてみてください。

 ↓これです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2003245.html


以上、ご参考になりましたら幸いです。

この回答への補足

sanoriさん

ご回答ありがとうございます。
説明がうまくできていなくてすみません。
私が気になっているのは、

>>「四季という現象がある」

ということではなくて、言い換えると”四季”と”season”では、
どちらからか派生したものなのか?
もしくは、もともと二つとも別に存在して、
偶々、4つに分けるというのが一致していただけなのか?
とかそういうことなのです。
分類でいうと、乾期、雨期というのもそれに近いのかもしれません。

イメージだと私の疑問は暦とかに近い感じです。
例えば、世界標準的に使われているのはグレゴリオ暦ですが、
中国暦であったり、イラン暦であったり、バリ島ではウク暦であったりと
もともとは土地土地によって違うものが使われていましたよね。
季節も3つで分けていたりとか、そういう土着的に使われていた
分け方とか、そもそも一年を季節で4つに分けるという発想が
どこから来たのかなーというのを疑問に思ってしまったのです。

暦では調べれば色々わかるんですが、季節に関しては
どう調べたらよいのかわからなくて困ってしまったのです。

補足日時:2009/05/22 08:01
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q劇団四季 アンデルセンにつきまして

劇団四季のアンデルセンを観に行こうか迷っています。
3歳の女の子が一緒です。
ドレスと踊りが(踊りといってもディズニーランドのピーターパンなどの実写版をYou Tubeにはりついて観ている程度ですが。。。)、大好きなので、一緒に連れて行こうかと思っております。

ご覧になられた方にお聞きさせて頂きたいのですが、このような小さい子が居たら周りに迷惑がかかる時間帯があるのでは?と感じる場面は御座いましたでしょうか?

静かで淡々とした場面が結構続く。。。とか、あまり小さい子では飽きてしまわない?と感じられますか?

また、そのくらいのおチビちゃん同伴の方もいらっしゃいましたでしょうか?

性格はおとなしい子です。わけもなく奇声を発したり、大声を出す事はほとんどありません。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

#1です。
何回も済みません。
四季の会報誌によると、
宇都宮・ひたちなか・彦根・出雲・徳島
では「未就学児入場不可」になっていますのでチケットご購入される場合はご注意ください、

Q西半球ってどこからどこのこと?

アメリカ西大陸にあるデスバレー(death valley)。
西半球で最高気温を記録したところと聞きました。

ここで疑問があるのでうが西半球って、どこが境目で西半球と東半球に分かれるのでしょうか?

どなたか教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

イギリスのグリニッジ天文台跡を通る本初子午線(経度0)を基準に、東回りに東経180度までが東半球。西回りに西経180度までが西半球。というのが物理学的に正確な定義です。

この定義ではイギリス本国や西ヨーロッパの一部、西アフリカあたりは西半球になりますが、実際にはユーラシア・アフリカ・オーストラリア各大陸は東半球で、南北アメリカ大陸とグリーンランドが西半球という分け方が一般的です。
広辞苑、大辞林、大辞泉など、主な中型国語辞典はいずれもこの分け方になっています。

ちなみに、かつては大西洋上のカナリア諸島を通る子午線が本初子午線(世界の自基準)になっていました。その後、1884年にイギリスのグリニッジ天文台(当時)を通る現在の本初子午線に変わった経緯があります。
ユーラシア大陸・アフリカ大陸を東半球とする定義の背景には、このような歴史的な経緯もあると思われます。

Q季節が移り変わる様を表す、四字熟語はありますか?

“季節が移り変わる様”とタイトルに書きましたが、単純に“春夏秋冬”の他に四季を表す四字熟語があるのかな~と興味を持ちました。思い当たる四字熟語を知っている方、教えてください。
(あれ?春夏秋冬って四字熟語ですよね・・・?国語は大の苦手でした・・・)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「花鳥風月」はどうでしょうか?

Qどこにもない国、どこにもない土地 教えてください

ユートピア、桃源郷。
これらはどこにもない国、架空の地名ですよね。
こういうもの、ほかにもたくさんあると思うので教えてください。

例:エルドラド  黄金郷  16世紀スペイン人によってアマゾン河口あたりにあると信じられていた。

みたいな感じで教えていただくとありがたいです。
実際にある地名だけどもイメージが一人歩きしていた(例:ジパング)なんてのも歓迎。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.5です。
もうひとつ思い出しました。

北米にあった「シボラの七つの都」

西暦711年アラブ人に率いられたベルベル人の兵約1万人がジブラルタル海峡を越えてスペインに攻め込み二年後にスペイン全土を占領しました。このとき、七人の司教が海上を西へ向かって逃れました。七人は避難先で七つの都市を築き住民はカトリック信者になったと噂が広まり、1492年アラブ人をスペインから追い出して国土回復に成功したスペイン人は、七つの都市をアフリカに探して発見できませんでした。そのうち、メキシコのアステカを征服したスペイン人の耳に七つの都市は北米南西部のシボラというところにあるという噂が伝わり、1539年メキシコ提督はコロナード探検隊を派遣、長期に及ぶ探査の結果、七つの都は発見できなかったものの、南西部に定住する先住民と接触し、後に殖民者を送り込み今日のニューメキシコのサンタ・フェ周辺の開拓を行っています。この七つの都市のシボラを冠した郡、川、学校などが実在します。

Q劇団四季 コーラスライン キャストについて

かなり昔の事で申し訳ないです。
1999年7月16日のコーラスライン長崎公演を観劇したのですが、「本日のキャスト」の紙をもらい忘れていました。
他に四季で観劇したものはすべてもらっていて、コーラスラインだけキャストが分からないので、気になっていろいろと検索してみましたが見つかりませんでした。
どなたか当時のキャストをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

現在、ネットで劇団四季のキャストをずっと調べて載せている方がいます。
ネットで劇団四季・たまねぎで検索すると出てくると思います。
その方は2005年からしていてトップページの下の方にむねさんとい方が1998年ごろから書いていて2005年にバトンタッチしたようです。
 回答ですがこのむねさんのキャスト表に1999年7月ごろのコーラスライン全国公演のキャストがありました。
 今のとなってはこの方のキャスト表がほぼ回答になると思います。

Q地域的な賃金の違いはなぜ生まれるのか?

 工業が地方へ移転する際の理由の一つに、「低賃金労働力を求めて」というものがありますが、「地方だから賃金が安い」という論理はなぜなのでしょうか?
 物価の違いは、日本と外国ならわかりますが、国内においてはさほど見られないように思います。また、もし労働力の需給で賃金が決まるのであれば、人口が多い地域ほど賃金が安くなる気もしますし、何か地域的な特性があるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 労働力の需給で賃金が決まるのであれば、
> 人口が多い地域ほど賃金が安くなる気もします

 まさに労働力の需給は、賃金を決める大きなファクターです。
この場合、人口( 労働力の多少 )だけではなく、採用する側の
企業数も考慮するとわかりやすいです。

 つまり、大都市では労働力を募集する企業の数が多いので、
人材の取り合いになります。その状況では他社より魅力的な
採用条件を提示すればよく、もっとも単純なのが賃金です。

 都会なら労働力が豊富だと思って安い賃金で募集しても、
労働を提供する側はもっと時給のいい仕事を選びます。
まさに需給がマッチするわけです。

 いっぽうで地方にはそもそも、労働力を採用してくれる企業が
ありません。だから、たとえ安かろうが、賃金を払ってくれる
企業は歓迎されます。なので地方では低賃金になるのです。

Qベートーベンの三大ピアノソナタ

ベートーベンのピアノソナタ「月光」「情熱」「悲愴」ですが、
現在、私は銀座山野の販売員にすすめられた
アシュケナージの演奏を聴いています。

以前からブレンデルが気になっていたのですが、
ブレンデルによるベートーベンのピアノソナタを聴いたことのある方、
ご感想はどうですか?

因みに、私はモーツアルトのピアノソナタ11番(K331)は
同じ売り場ですすめられたブレンデル版を聴いています。

先日ドキュメンタリー映画の「ピアノマニア」でブレンデルの姿を見て、
ますます気になっています。

ご存知の方のご意見、是非聞かせて下さい。

Aベストアンサー

ブレンデルはタッチがいいです。
自然で、わざとらしく気取って曲想つけたり個性をつけたりなどしてなくてとても好感が持てます。
ピアノの純粋な弦の音を楽しむならブレンデルはおすすめです。
ピアノってこんな綺麗な音がするんだ~みたいな感じです。

アシュケナージもいいですね。感情表現豊かで音がダイナミックなので聴いてて楽しくなりますね。心を揺さぶられるというか。
ブレンデルはもっと素朴というか、上品というか細かく自然に表現していて、自分もこんな風にピアノを弾けたらいいなと思うような演奏です。

Q日本で二番目に大きい湖はどこなんですか?

一番大きいのは琵琶湖ですよね。
昔の二番目は八郎潟だったけど、埋め立てたため三番目以下が一つずつ繰り上がった。
そして、二番目は霞ヶ浦で三番目はサロマ湖と思っていました。
ところが、最近、二番目と三番目が入れ替わったということを友人から聞いたんです。なんでも霞ヶ浦が小さくなったとか・・・
実際のところ、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

aar03460さん、残念ですが二つとも回答がありません。いろんなサイトやサーバーなどが問い合わせのメルアドを載せていますが、私の経験では回答をくれるものは少ないようです。回答をくれないのならメルアドをいかにも誠実を装って載せないで欲しいと思うのは私だけでしょうか?今回ももう時間的に諦めざるを得ないと思います。助けにならなくてごめんなさい。それにしても、地元に人の中でこのサイトを見ている人はいないのでしょうかねえ、ふしぎです。

Q劇団四季によく行く人に質問です。東京の劇団四季夏劇団のリトルマーメードの最終午後6時半からを見たいの

劇団四季によく行く人に質問です。東京の劇団四季夏劇団のリトルマーメードの最終午後6時半からを見たいのですが、その日に新幹線で京都に帰らなければなりません。四季を見てから、最終の新幹線に乗ることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

残念ですが厳しい…というかほぼ無理でしょう。
リトルマーメイドの上演時間は公式では約2時間35分(休憩を含む)と案内されています。
午後6時半開演として終演が午後9時5分ですが、開演が数分~5分程度遅れることもよくあり、また上記の上演時間はカーテンコールの時間を考慮していないはずです。加えて、座席の位置にもよりますが、終わってから劇場の外に出るのにもある程度の時間を要します。となると実質終演は午後9時15分前後とみた方がいいです。
京都に停車する新幹線の最終は品川を午後9時30分。(東京駅まで戻る時間は当然ない)
品川駅で京浜東北線ホームから新幹線ホームまでちょっと距離があることを考えると、カーテンコールを観ずにすぐに席を立ち、大井町駅で待ち時間無しで電車に乗れて途中走ってギリギリかなぁ、という感じですのでかなりリスキーです。
大井町から新横浜駅を目指すのも、新幹線の新横浜駅着が午後9時41分ですからやっぱり無理。(途中最低一回は乗り換えないといけないので新幹線に先着するのは絶望的でしょう。)
名古屋止まりの新幹線には乗れますが、名古屋から先の在来線で行けて大垣までですね。

残念ですが厳しい…というかほぼ無理でしょう。
リトルマーメイドの上演時間は公式では約2時間35分(休憩を含む)と案内されています。
午後6時半開演として終演が午後9時5分ですが、開演が数分~5分程度遅れることもよくあり、また上記の上演時間はカーテンコールの時間を考慮していないはずです。加えて、座席の位置にもよりますが、終わってから劇場の外に出るのにもある程度の時間を要します。となると実質終演は午後9時15分前後とみた方がいいです。
京都に停車する新幹線の最終は品川を午後9時30...続きを読む

Q日本のどこからでも見えるものがあるとしたら、その高さはどのぐらいでしょうか?

はじめまして、よろしくお願いいたします。

富士山は3300mあるだけあって、近隣の県や、条件によっては遠く離れた地域からでも見れますよね。

そこで思ったのですが、北海道の人達からも沖縄の人達からも見える建物(ここでは建築が可能としておいて)を東京に作るとしたら一体どのくらいの高さになれば見れるのでしょうか?

もちろん、地球は丸いので地平線に消えてしまう、山が邪魔して見れない・・・などということがあると思いますが、そういった条件も全てクリアするぐらいの建物を作ると想定をお願いいたします。

また、可能であれば小笠原諸島の人達からも見れる建物だとしたらどのくらいの高さになるかの回答もして頂けると嬉しいです。

そしてちなみに、その建物は東西へ行くとアメリカからも見えるのか?西はどこの国まで見れるのかなどわかると嬉しかったりします。

ちょっと気になって変な質問をしてしまいました、すみません。
わかる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 地形を考慮すると非常に複雑なので、単純化して、まずは地形は平坦と言うことで考えられたらいかがでしょうか。

1)東京から最も遠い地点までの距離
 東京から日本の端っこまでの距離は、次の値のようです。
 (最北端)弁天島(北海道稚内市、無人島) 約1,100Km
 (最東端)南鳥島(東京都小笠原村、無人島) 約1,000Km
 (最南端)沖の鳥島(東京都小笠原村、無人島) 約2,000Km
 (最西端)沖縄県八重山郡与那国町(与那国島、西崎) 約2,030Km
http://www005.upp.so-net.ne.jp/y_kondo/NVSS.HTM

 ということですので、厳密ではありませんが、約2,000kmあれば日本全体をカバーできると大雑把に見積もってみます。

2)さて、これだけ距離が離れていても見える建造物の高さですが、建造物の高さをH(km)、東京からの地表沿いの距離をL(km)、地球の半径をR(km)としますと、建造物の高さHは次のように表せます。
  H=R(1/cos(L/R)-1)

 ここで、R=6,380(km)としますと、
  L=1,000(km)のとき H=79(km)
  L=2,000(km)のとき H=327(km)
となります。
 ここまでの高さになると、大気圏にはあるもののもう宇宙空間と言っていい高度になります。

http://www.geocities.jp/ladytrek7200/omake/horizon.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%B0%97

3)この建造物が見られる範囲ですが、そもそも、1,000km、2,000kmの範囲で見られる条件で求めたものですから、当然アメリカでは見ることができません。
 見られる範囲は、それぞれ、東京から半径1,000km、2,000kmまでの円内ということになり、半径2,000kmであれば西はせいぜい中国までということになります。
 また、地球の1周の距離を40,000kmとしますと、距離が10,000km以上離れた地点では、地球の中心から見込む角度が90度を超えてしまうので、建造物をいくら高くしてもその地点から見ることはできません。
 東京から10,000kmまでの範囲にあるのは、シカゴやロサンゼルスなどですが、ワシントンやニューヨークになると超えてしまうので、途方もなく高い建造物を建ててもワシントンやニューヨークからは見ることはできないでしょう。

 地形を考慮すると非常に複雑なので、単純化して、まずは地形は平坦と言うことで考えられたらいかがでしょうか。

1)東京から最も遠い地点までの距離
 東京から日本の端っこまでの距離は、次の値のようです。
 (最北端)弁天島(北海道稚内市、無人島) 約1,100Km
 (最東端)南鳥島(東京都小笠原村、無人島) 約1,000Km
 (最南端)沖の鳥島(東京都小笠原村、無人島) 約2,000Km
 (最西端)沖縄県八重山郡与那国町(与那国島、西崎) 約2,030Km
http://www0...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報