0.2M-HClO4、0,6M-KClをそれぞれ10mlずつ、0,01M-サリチル酸水溶液を40ml、硫酸銅五水和物25mg入れた溶液に、1M-NaOHを滴下していきました。
このとき、滴定の中和点付近で溶液の色が黄色に近いような黄緑から淡緑色へと変化していきました。また、そのまま過剰に1M-NaOHを加えていくと、溶液の色が淡青色になって安定しました。

それで質問なのですが、最初に調製した溶液にはサリチル酸銅が含まれていると思われるのですが、そう考えると銅の錯イオンの話ですよね??
このイオンは銅(II)イオンだと思うのですが、だとすると中和点付近で「酸性→中性→アルカリ性」とpH変化に伴って色が変化していく中で、銅(II)イオンはどのような形で溶存しているのでしょうか??
また、その色と形の関係はどうなっているのでしょうか??

A 回答 (1件)

サリチル酸のカルボキシル基は安息香酸(pKa=4.20)より強酸のpKa=2.98(近接作用のせいで解離し易いらしい)なので、これが解離して銅に配位します。


Cu(HSal)2は淡青色、二核のCu2(HSal)4は濃緑色であることが知られています。
多分これですね。

この回答への補足

ということは、最初はCu2(HSal)4で、さらに過剰の水酸化ナトリウム水溶液を加えるとCu(HSal)2になるということなのでしょうか??だとすると、二つの銅イオンに四つのサリチル酸が配位する構造はどうなるのでしょうか??

それと、他にも調べていて出てきたのですが、Na2[Cu(Sal)2]という化合物があるらしいのですが、今回はそのような物質は生成していないんですかね??

あと、Cu(HSal)2の真ん中のHはどういうことなのでしょうか??

補足日時:2009/05/22 14:19
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅相場の高騰について

 銅の価格が上昇していますね。
私は購買じゃないんで直接関係は
ないと言えばそれまでなんですが、
仕事の都合上大量
に使用を指示する場合があるんです。

 周りの人間を捕まえて聞きこめば
誰か教えてくれるかもしれないんですが、
みんな忙しそうなんで、自分である程度
調べておきたいんですが、どなたか
参考情報、参考になるホームページ
お教え頂けないでしょうか?

 なおしばらく私自身も忙しくなりそう
なんで、お礼は遅くなるかもしれません
ので、悪しからず。

Aベストアンサー

銅相場情報については下記のサイトが詳しいですね。
ややHPは雑ですが、市況はわかると思います。

[japan metal bulletin]というサイトも英語ですが
あります。
参考になさってください。
http://www.japanmetalbulletin.com/

参考URL:http://www.benet.ne.jp/arai/souba/dousouba.htm,http://www.japanmetalbulletin.com/

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q金属の価格(鉄、銅)

鉄や銅の相場ってありますよね。
相場の価格は、数年前から比べると、かなり下がってきています。

ところが、実際にいろいろな種類の「鉄(鋼材)、銅」を購入してみると、殆ど変わっていません。
種類(S55C、NAK80等)によって価格も差があります。

正確には「鉄合金」であったり、「銅合金」であったりするので、価格に差がつく事はわかるのですが。

例えば今日現在、実際に鋼材として販売されている金属の種類別の価格って、いくらくらいですか?

Aベストアンサー

今晩は。
 過去にそれなりに役に立つ回答が有りますので、参照して下さい。
 ただし、ウェブにしても新聞にしても、大同のNAKのようなものはおそらく情報は無いのではないかと感じます。小売店に訊いたほうが早いでしょう。私は金型屋ではないので、この材種は10年ほど前に1度支給で加工したことが有るだけです。SKS3の板ならキロ800円(税込み)くらいというところでしょうか。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=388769

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Q銅が暴落したのに、5815沖電線はなぜ上がらない?

当方、沖電線のホルダーではありません。


銅が歴史的高値にあり、沖電線は原材料の高騰に苦しんでいるというので、「銅の相場がコケたら、仕手相場みたいに暴騰するに違いない」と思って期待していました。


銅は、トライアングルの下放れで、暴落しました↓
http://www.futuresource.com/charts/charts.jsp?s=RHG1%21&o=&...


しかし5815沖電線は、ほかの銘柄につきあって、申し訳に上がった程度です。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=5815.t&d=c&k=c3&a=v&p=m25,m75,s&t=3m&l=off&z=m&q=c&h=on


決算短信でも、原料が高いから儲からないんだ!と会社側は愚痴をこぼしているのですが???




1)銅の暴落に反応しない理由を教えてください。


2)目先、在庫の評価損が発生するから……という理由はなりたちますか?
 もしなりたつなら、なぜ銅が上がったとき、ここは上がらなかったのでしょうか? 金などの高騰で、三菱マテリアルetc.は上がったと思うのですが。。。

3)上記と関係しますが、例えば石油製品(ゴム、プラスチックetc.)の会社は、石油が上がっても在庫評価益の恩恵はなかったと思います。
 在庫評価の損益は、例えば金ならば地がね、石油ならば液体のままの状態で持っている場合に限られ、製品在庫には無関係と考えるべきですか?


4)原料コスト上昇分の価格転嫁が進む前に、銅が下落した場合、値上げしにくくなってかえってマイナス……という可能性もあるでしょうか?


よろしくお願いします。

当方、沖電線のホルダーではありません。


銅が歴史的高値にあり、沖電線は原材料の高騰に苦しんでいるというので、「銅の相場がコケたら、仕手相場みたいに暴騰するに違いない」と思って期待していました。


銅は、トライアングルの下放れで、暴落しました↓
http://www.futuresource.com/charts/charts.jsp?s=RHG1%21&o=&...


しかし5815沖電線は、ほかの銘柄につきあって、申し訳に上がった程度です。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=5815.t&d=c&k=c3&a=v&p=m25,m75,s&t=3m&l=off&z=m&q=c&h=on...続きを読む

Aベストアンサー

ネタに反応しない株もあるし

異常に反応する株もある
特に鳥インフルにはね・・・・・・・・・・・・

この株ね高値でしこりが出来てますね

上げるともろ、戻り待ちが出るので仕掛けができないのです
高値からあと出来高の減少しすぎて、高値で買った人の整理が出来で無いですね

だから、大きく上がるには余程の凄いネタが出て
出来高が出来ないと上げません

まあ、高値つかみの整理がすむまで、上げません

それに三角に成ってる・・・・・
下に飛ぶと一気に下げが加速するチャートしてますよ

このチャートでは銅が5%くらい下げただけでは、収益の改善の期待があっても微々たる利益が増えるだけで意味の無いです

三菱マテリアルが下げてる理由は別の理由ですは・・・・・・
これは自分で研究してください

地金の鉱山会社との利益配分がどのように変わるのかが・・・・
判れば下げてる理由が判ります

三菱マテリアルは2年後に1株利益は30円になるんだよね


ちなみに、こんなに判り易いチャートは無いぞ・・・・・
まあ、本には書いて無いですがね・・・・・・

ネタに反応しない株もあるし

異常に反応する株もある
特に鳥インフルにはね・・・・・・・・・・・・

この株ね高値でしこりが出来てますね

上げるともろ、戻り待ちが出るので仕掛けができないのです
高値からあと出来高の減少しすぎて、高値で買った人の整理が出来で無いですね

だから、大きく上がるには余程の凄いネタが出て
出来高が出来ないと上げません

まあ、高値つかみの整理がすむまで、上げません

それに三角に成ってる・・・・・
下に飛ぶと一気に下げが加速するチャートしてます...続きを読む

Q中和滴定曲線についてですが図のように10mlぴったり入れると中和するけど10mlぴったり入れるのは難

中和滴定曲線についてですが図のように10mlぴったり入れると中和するけど10mlぴったり入れるのは難しい。
少しの滴下量のずれで急激にphが変化するので大体水溶液がph2.5からph7までであれば中和したとみなす。
よって変色域がph3.1からph4.4のメチルオレンジを使うことにする。
滴下していったときにメチルオレンジが変色すれば水溶液のphはph3.1からph4.4であるから中和したと考えることができる。
この考えで大丈夫ですか?回答お願いいたします!

Aベストアンサー

強酸と弱塩基の中和滴定の時メチルオレンジ、
弱酸と強塩基の中和滴定のときフェノールフタレイン
を用いる。
強酸と強塩基の中和滴定なら、どちらを用いてもよい。

なのでしょうか。記憶をたよりに答えています。

Q銅の塊を探しています

銅の塊を探しています。

ものは日本工業規格
C1100 か C1020準拠の
円柱形の直径228mm 厚さ30mmです。

相場がいくらぐらいか
取り扱っているところ
など教えて下さい。

Aベストアンサー

YAHOOの検索オプションを使われたことはありますか?

「非鉄金属 銅 販売」と入れて検索すると24件ヒットします。

各言葉の間にはスペースを入れて下さい。

Q化学の問題について NaOH(分子量40.0)50gを溶かして全量1000mlとした溶液のモル濃度、

化学の問題について

NaOH(分子量40.0)50gを溶かして全量1000mlとした溶液のモル濃度、規定濃度はいくらか?

解き方を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

まず間違いがあるので指摘を。NaOH(水酸化ナトリウム)は分子を形成する物質ではないので、「分子量」と言わずに「式量」と言います。

次に、モル濃度ですが、いま質量が50 gあるので、水酸化ナトリウムの物質量は
50 g / (40.0 g/mol) = 1.25 mol
で、溶液の体積が1000 mLなので、モル濃度は
1.25 mol / 1 L = 1.25 mol/L
です。

また、規定濃度(規定度)は、水酸化ナトリウムが1価の塩基なので、モル濃度と数値が等しく、
1規定(1 N)
となります。

Q銅とその化合物の炎色反応について教えてください。

銅とその化合物の炎色反応について教えてください。

 中学校理科の実験で酸化銅と炭素の混合物を加熱するという酸化還元反応を扱いますが、この実験によって酸化銅が銅になったことを実験結果から結論づけたいと考えています。薬品庫にある酸化銅IIをガスバーナーの炎の中に入れると緑色の炎になりました。これは銅が酸化銅になりきっていないために起こった現象なのか、それとも酸化銅など、銅の化合物でも銅と同じように緑色の炎色反応を示すのでしょうか?

 また、この実験において、酸化銅が銅になったことを結論づける良い方法があったらご教授ください。教科書では通電性を調べたり、化学反応式から結論づけたりする方法をとっています。化学の初歩を学ぶ生徒に実験結果から思考させたいと考えております。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「銅の炎色反応」と言いますが金属の銅では炎色反応は見えません。
銅の化合物で見えます。
金属の銅では見えないが塩化銅では見えるという事を使った塩素の検出方法があります。バイルシュタインテストと言います。
湿らせた濾紙に酸化銅を付着させて炎の中に持って行っても見えます。硫酸銅の結晶をピンセットで挟んで炎の中に持って行っても見えます。

酸化銅が銅になった事を調べるのであれば希硫酸の中に入れればいいです。
未反応の酸化銅は硫酸に溶けて青い溶液になります。そこに金属の銅が沈みます。銅は目で見て分かります。

QCH3COOHとNaOHの中和滴定について質問です。 NaOHをビュレットからフラスコに入っているC

CH3COOHとNaOHの中和滴定について質問です。
NaOHをビュレットからフラスコに入っているCH3COOHに加えるのですが、そのフラスコを準備する際に、「水」(とフェノールフタレイン溶液)も加えるとと書いてあります。
この水はどんな役割を果たすのか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

>CH3COOH
さすがに、水溶液ですよね?
純度の高い酢酸をそのまま中和するなんて危険すぎます。

「危険すぎます」と書きましたが、第1に中和熱の問題です。
中和反応の反応熱による温度上昇を緩和する目的ですね。

あえて、あげるのならば、
第2に生成する塩の問題
水が少ないと、中和反応で生成した塩が析出してくる場合も考えられます。
まあ、こちらが問題になるようでは、第1の問題は大問題になっていますけどね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報