最近、ブログで嫌がらせのコメントが来ます。
私のブログでは承認するまでコメントを見えないようにしているのですが、妙に私のプライベートに含ませた内容もあります。(●時に●のところにいるのをよく見るから、今度声かけるわ。って知らない人から来たり・・・、お前の家●だろ?知ってるぜ。という感じです。)

一昔前、脅迫の場合はプロバイダ経由で相手を調べられるというニュースを聞いた記憶があるのですが、どうすればいいのでしょうか。
警察に連絡というと、普通の110番で、ブログでいやがらせを受けてるって電話するんですか?
一応コメントは控えているのですが、こういう経験がないのでどういう手順で対処すればいいのか、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

うわー大変ですね。


こういう状況ですね。

犯人=プロバイダA=>ブログのサイト<=プロバイダB=質問者さん

ということで、ブログのサイトに残っている情報(IPアドレス)を元にプロバイダAを割り出して、プロバイダAに書き込みがあった瞬間のアクセス情報を提出させて犯人を割り出す、という手順ですが、プロクシーサーバーというサーバーを間に挟んで分かりにくくしているかもしれないし、ブログのサイトに素人がいきなり聞いてもなかなか協力してくれないと思うので(やる気のないサイトなら隠蔽してしまうかも?)警察に相談した方がいいでしょうね。

この場合「コメントを控える」だけでなくて「コメントが入力された状態でコメントを保存する」(コメントが入力されたときの相手のIPアドレスやアクセス時刻などの情報も同時に記録する)必要があると思います。
いやだと思うんですが、「管理人の承認待ちコメントです。」の状態でコメントを取っておく必要があるんじゃないでしょうか。

で、相談先ですが、110番はたった今家の前で叫び声が聞こえたとかそういうリアルタイムの相談を聞くもので、そうでないことを聞くと迷惑になります。
下のページからたどって東京の場合は警視庁、各道府県の場合はそれぞれのサイバー犯罪相談係に聞くといいと思います。
http://www.npa.go.jp/cyber/

※IPアドレスはパソコンがネットに接続するときに割り当てられる番号のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 19:48

 あるブログに実地に対応した内容が書いてありますが、自分のブログすら教えられない環境では、とても他者のブログなど危険すぎて教えられません。

そのようなブログがあるということのみお知らせします。後はサイト運営者が調べて教えてくれるでしょう。悪しからず。
 ただし、回答者記入のURLが質問者のみにでも伝わるようにでもなった時はお教えしましょう。乞ご期待。無理か!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタンガンから身を守る対策を考えていたのですが、上着の下にビニール袋で作った服を着れば、電気は通りま

スタンガンから身を守る対策を考えていたのですが、上着の下にビニール袋で作った服を着れば、電気は通りませんか?他に簡単にスタンガンから身を守る方法があれば、ご回答下さると幸いです。

Aベストアンサー

スタンガン対策はとにかく距離を取ることが重要。
走って逃げるのが一番確実です。

上着の下に対策して最初の一撃を防いでも、腕や太ももに当てられたら痛くて動きが止まってしまいます。
動きが止まれば首筋などに一撃くらい負け確定です。

Qexciteブログで非公開で書かれたコメントを公開コメントにして他の人

exciteブログで非公開で書かれたコメントを公開コメントにして他の人にも見せたいのです。これは可能でしょうか?可能ならやり方を教えてください。

Aベストアンサー

自分で書いたコメントなら公開設定で投稿しなおせば良いですし、他の人から寄せられたコメントなら、貴方がどうこうする権利は無いので。

Q柔道を始めて一年も経たないぺーぺーです。質問ですが、柔道で身を守るのに実践的な技はなんですか?パター

柔道を始めて一年も経たないぺーぺーです。質問ですが、柔道で身を守るのに実践的な技はなんですか?パターンは色々あると思いますが教えて頂けると幸いです

Aベストアンサー

柔道で身を守るって、
人と喧嘩しなければならなくなったときですか?

柔道をしていれば柔道未経験の相手を地面に倒すことが簡単になるので、まず倒して有利な立場を得られるというのがあります。
柔道をやってることで有利になるのはその部分だけです。
どうやって倒すかは状況次第です。
倒した後に下になった相手をどうするかも状況次第です。

どの技が役に立つとか、特定の技がどうだという話ではありません。
相手とどんな風にもみ合うかはその時でないとわかりません。
足を内から払うべきか、外から払うべきか、背負って倒したほうがいいかは状況次第で違います。

試合では自分の得意技をかけられるように計算して相手を崩す計算をしますが、ケンカじゃ相手と組み手争いもなにもないので、咄嗟のことです。いつも柔道していれば、その判断がすぐできるようになって体がそのように動くようになると思います。

投げてしまわずに重心を宙に浮かせてバランスを崩させただけでも、相手のバックをとって羽交い絞めにしたりもできます。
柔道の技にそんなものはありませんが、柔道をしているからこそできる動きです。柔道で培った身体能力を駆使するけれども、結局繰り出すのは蹴りやフックなどの打撃に繋げるほうが手っ取り早いということもあると思います。髪の毛つかんで動きを封じることもあると思います。

日々柔道の練習で人とコンタクトすることによって、あらゆる選択ができる余裕が出てきます。
それと、体幹がものすごく強くなるので、なかなか倒されにくくなります。
それも有利です。

特定の技どうこうではなく、人とコンタクトしたときの体のさばき方やスピード全般が鍛えられるわけです。
柔道で護身するというのは、ケンカの時に必ずしも柔道の技を使うということではありません。

たいていの場合、ケンカの中ではくり出す柔道技なんて考えている暇は無いはずです。
柔道のように投げて終わりではないし、寝技に持ち込むこともないだろうし、相手は道着を着ていませんし、ピタっとしたワイシャツとかTシャツだと袖もつかむことができないし、周囲も畳の上ではないので受け身を知らぬ相手を全力で投げるわけにもいかないだろうし、状況に合わせて組み伏せましょう。

柔道で身を守るって、
人と喧嘩しなければならなくなったときですか?

柔道をしていれば柔道未経験の相手を地面に倒すことが簡単になるので、まず倒して有利な立場を得られるというのがあります。
柔道をやってることで有利になるのはその部分だけです。
どうやって倒すかは状況次第です。
倒した後に下になった相手をどうするかも状況次第です。

どの技が役に立つとか、特定の技がどうだという話ではありません。
相手とどんな風にもみ合うかはその時でないとわかりません。
足を内から払うべきか、外から払う...続きを読む

Qコメントが貰えるブログ、人が多いブログどこ?

コメントが貰えるブログってどこでしょうか?
自分がやっているブログには、いくら書いてもコメントがなくて、閉鎖してしまいました。
ちなみにyahooのブログです。
そういうものがない場合、人が多いブログではどこでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

結局どこでもいっしょで、投稿している内容次第で、まずは閲覧者を増やさないと。

Yahoo!ブログでも「空腹時に見てはいけないブログ」とかネコ画像中心の有名どころのブログもあったと思います。

日本のユーザーの数でならアメブロかFC2 になり、これらにはユーザー間で相互に足跡をたどるなどの機能がついていますが、そんな機能を使って他人のブログを覗く人などごくわずかです。最終的には自分の投稿した内容が検索エンジンのクローラに拾われるなどして検索結果の上位にヒットするようになってやっと一見さんが多数訪れてくれるようになります。
その一見さんがまた今度見に来ようという気になってくれるようなエントリが投稿されていれば、おのずとコメントも集まります。

Q体内に毒をもった生物がいるのは身を守るためですか?

よく、身を守るために毒をもった生き物がいるという話を聞きます。
でも、その説明には説得力がない気がします。
ヘビやサソリのように、かんだりさしたりして、相手への攻撃に毒を使うのなら、意味があると思います。
でも、フグやキノコのように体内に毒がある生き物がいるのはなぜでしょうか?
フグの毒が効くのは、フグが食べられた後だからです。

その毒のせいで他の生き物はフグやキノコを食べないという話を聞いたような気がします。
でも、フグの毒で死んだ魚は「フグ食べたからヤバイことになった」なんていう因果関係を理解できるはずないし、仮に理解できたとしても、即死するくらい強い毒なら仲間に伝える時間はないと思います。
フグが自分の身を守るために、体内の毒が有効になっているとは思えません。
それとも、仲間にフグの危険性について伝える方法があるんでしょうか?

あるいは、身を守るためではなく、単純にフグやキノコが食べたり吸収したものから毒がたまっただけなんでしょうか。

Aベストアンサー

 身を守るために毒を持つ、深謀遠慮を持つ魚というのは私も違うと思うのですが、たまたま食べる餌に毒があって、それが体内に蓄積された魚Aがいて、その魚を食べた魚Bなどが即死する。BらはAを避けるようになる、その結果有毒な餌を好むAは繁栄するようになった、という経過はありそうに思います。

 食べたら即死じゃ、自分が何を食べて即死したのか分からないじゃないか、他の魚にもそれを伝えられないじゃないか、とのお考えのようですが、目撃者というか目撃魚というものの存在を忘れていらっしゃるように思えます。

 魚は同種で群れます。さっきまで元気だった仲間のB1が突然死んだ、あいつはAを食おうとしていたぞ。またB2が突然死んだ、またAがすぐそばにいたぞ、ということが繰り返されると、B一族はAを避けるようになるんじゃないでしょうか。

 死という現象や、その時何がいたか、何がおこったか、ということが関連づけられない種族は、天敵が来ても逃げません。したがって天敵に食われて、いまごろは絶滅しているでしょうから、その関連性が分からない、理解できない、ということは今生き残っている種族については、ない、と思いますがいかがでしょうか。

 身を守るために毒を持つ、深謀遠慮を持つ魚というのは私も違うと思うのですが、たまたま食べる餌に毒があって、それが体内に蓄積された魚Aがいて、その魚を食べた魚Bなどが即死する。BらはAを避けるようになる、その結果有毒な餌を好むAは繁栄するようになった、という経過はありそうに思います。

 食べたら即死じゃ、自分が何を食べて即死したのか分からないじゃないか、他の魚にもそれを伝えられないじゃないか、とのお考えのようですが、目撃者というか目撃魚というものの存在を忘れていらっしゃるよ...続きを読む

Qyahooブログ  投稿されたコメントはブログ開設

yahooブログやってますけ下記の設定に成ってしまいました、戻す方法を教えて下さい!



※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます
※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます

Aベストアンサー

Yahoo!ブログ ヘルプ - 記事へのコメントやトラックバックを制限する
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/blog/blog-84.html

Yahoo!ブログ ヘルプ - 書庫の設定を変更する
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/blog/blog-24.html

Q労災がなくても身を守る方法がありますか?

労災がなくても身を守る方法がありますか?
年商800億円・全国に支社12営業所88・社員数2600・車輌数4200の運送会社でパートで1トン車の運転手をしていますが、社会保険・雇用保険・労災保険はありません、事故をおこせば、相手の医療費から会社の車の修理代まで請求される事例を多々目にしてきました。近頃では私も事故が心配される年齢になってきましたが、すぐに転職というわけにもいきません。労災保険がなくても身を守る方法がありますか?

Aベストアンサー

>事故をおこせば、相手の医療費から会社の車の修理代まで請求される事例を多々目にしてきました。
労災とは別問題でしょう。
労災保険とはあなた自身の労働中のおける怪我や死亡時の補償であって
加害事故に対する補償ではありません。
営業車の任意保険料は非常に高いので台数が多い会社では
保険料より実際に支払う修理費の方が安いということで
掛けない会社もあるようです。
また保険料を安くする為に
免責金額も高くするということもあって
免責金額は個人負担としている会社もあると聞きました。

>近頃では私も事故が心配される年齢になってきましたが、
>社会保険・雇用保険・労災保険はありません
事故に年齢は関係ないと思いますが
会社がそういうシステムならば
自分を守る為には給料で任意保険を掛けるしかないと思います。
雇用形態はパートと書かれていますが請負ではないのですか?
請負なら貴方が自分でビジネス保険を掛けないと何も補償はありません。

Qブログのコメント投稿

goo.でブログを開設しています。
今までできていたのに、昨夜から突然、自分のブログアドレスを表示すると、お友達のブログにコメント投稿できなくなってしまいました。
アドレスを表示しなければ、できるので、原因がアドレスにあるのかと心配です。
 ためしに、自分のブログのコメント欄でも、自分のアドレスを表示したら、投稿できませんでした。

 原因と、打開策を知りたいのです。

Aベストアンサー

システム(goo)に聞いてください。
通常は直るまで待つしか無いでしょう。

Qこんにちは。質問します。最近物騒な事件がありましたが、みなさんは身を守るために何かしていますか?私は

こんにちは。質問します。最近物騒な事件がありましたが、みなさんは身を守るために何かしていますか?私は、防犯ブザーを必ず持って歩いています。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

身を守るって努力しても、実際にその場に居わすことになれば、気が動転して、何もできないと思います。今回のも相手は一人、お年寄り(70歳以上)の被害者は一名だけで、残りは若い人、中年です。後ろから数人がかりで椅子でも投げて取り押さえることもできるのですが、それこそ、気が動転し何もできず、されるままに。

電車内での痴漢ていどなら防犯ブザーも役に立つと思いますが、凶器を振り回す暴漢の前では、「許してー!」とか「アイ・アム・ジャパニーズ!」くらいしか言えないと思います。

何か起これば、動転からすぐに立ち直り、冷静を取り戻す訓練が一番だと思うんですが。

Qブログのコメントから

パソコンも、こうして質問するのも初心者です。
ブログにコメントしたのですが、
コメントからは、どのくらい個人の情報が特定されるのでしょうか?
「ブログにアクセスしたら、どれくらい個人の情報が特定されるのか?」
というのは、過去の質問にあって読んでみたのですが、
コメントするとアクセスするより、さらに詳しくわかってしまうものなのでしょうか?
まだ困った事態にはなっておりませんが、
気になったので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>こういうHPの存在は知っているのですが、
>「おおまかな情報」というのは、どのくらい詳しいものなのでしょうか?
>市町村ぐらいまでの情報なら不都合はないのですが、
>番地、電話番号までわかってしまうものなのでしょうか?
プロバイダによっては都道府県などの情報が分かる場合もあります。
たとえばexample.ABC.tokyo.sample.jpなどと書いてあれば大体東京あたりだなぁという感じです。
(上に挙げたホストアドレスは架空の物です)

ただ、住所・氏名・電話番号などの個人情報は如何なるアクセス解析でも把握できません。
これを把握できるのはプロバのみ、これが公開されるのはユーザーが犯罪に関わっている場合のみでそのとき公開される相手は警察です。
一般の業者などはIPやホストから個人情報を解析することができず、
またこれらの業者がアクセスログを元にプロバイダへ個人情報の照会を求めても開示が行われることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報