臨床的「血糖値とHbA1cに相関がある」、
といえると思いますが、どういった検定をすれば、
2データ間の経時的推移に統計学的に相関がある、といえるのでしょうか。

例えば症例1~50で、A,Bの2つのデータをDay1,2,3,4,5に測定し、
その2つのデータ間の経時的推移に統計学的な相関があるかどうか、
ということを調べるとします。

 症例1だけでみると、日を追うごとに、Aは上昇し、Bは低下しています。
症例2,3,4・・・も個々でみると、
AおよびBは視覚的には症例1と同様な動きをしています。
つまり、症例ごとにみてみると、
AとBは反比例の関係にあるように視覚的に見えます。

ただし、測定は5ポイントだけなので、
症例を1つとっても統計学的有意差は検定できません。
そこで、症例1~50をあわせれば、
統計学的に相関があるといえそうですが・・・。

データAの経時的推移(平均+標準偏差)と、
データBの経時的推移(平均+標準偏差)に「相関がある」
とはどのような検定をすればいえるのでしょうか。

 つまり、最初の例で言えば、
血糖値の推移(1月、2月、3月・・・12月)と
HbA1cの推移(1月、2月・・・12月)に相関がある、(たとえば、血糖値が上がればHbA1cも上昇する)、
ということはどうすれば統計学的有意にいうことができるでしょうか。


なお、症例1~50において、
データAは血圧のように個人間で大きな差があります。

ご教授のほどお願いいたします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No1です。

一つ解析の手法を思いつきました。血糖値が日々の糖の計測でHbA1cが移動平均のようなイメージでの対応です。ならばある日の血糖値は何日か後、あるいは何ヶ月か後のHbA1cに関係があるのではないか、と考えてみるわけです。(株の値段などより論理的傾向性があるはずです。)i番目の人のj日目の血糖値をaij、HbA1c値をbijとします。各人について
ai1,ai2,ai3,...
bi1,bi2,bi3,...
といったセットがえられるはずです。たとえばnヶ月でn個のデータをとったとします。
C_0=(1/n)Σ(m=1→n)aimbim...(1)
は同じ月の数値の積の和です。
C_1=(1/(n-1))Σaimbi(m+1)...(2)
はひと月ずらしたデータの積の和です。以下
C-k=(1/(n-k)Σaimbi(m+k)...(3)
はkヶ月ずらしたデータの積の和です。(そんなにデータはないかも知れませんが...)
そして横軸に1,2,3,...k,...、縦軸にC_kをプロットすると、もしかしてどこかのC_jに大きな数字がでるかも知れません。そういう場合があれば、あるときの血糖値の成績はjヶ月後のHbA1cと相関があることになります。(どの程度定量的にできるかは不明ですが...)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

株式のことはわかりかねますが、
積の和を用いた方法はヒントになりそうです。

特に、
ある時点でのデータからその症例の予後の指標とできるかどうか、
には用いることができそうで、
今後、別の統計学的検討に使ってみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 22:11

ご質問にいろいろなことを書かれているのですが内容が今ひとつわかりません。

適当に推察してコメントいたします。
HbA1cと血糖値の間で正の相関の確認をしたいようですが、

>症例1だけでみると、日を追うごとに、Aは上昇し、Bは低下し
>ています。
>症例2,3,4・・・も個々でみると、
>AおよびBは視覚的には症例1と同様な動きをしています。
>つまり、症例ごとにみてみると、
>AとBは反比例の関係にあるように視覚的に見えます。

と書かれています。
もし、血糖値とHbA1cが被検査者のその時点での体の状態のみで決まっているものでしたら、いつ測ったかと関係なく単に横軸に血糖値、縦軸にHbA1cをプロットすれば正(あるいは負)の相関が容易に見て取れるはずですし、統計処理してまともな相関係数がでてこなかったら、相関はないのです。
もし血糖値が被検査者のその日でのデータであり、HbA1cが(例えば)被検査者の過去1ヶ月の血糖値の平均値に比例するものであったとすれば、対応関係の見極めは簡単でなくなります。
最近は株屋さんも最新の数学を駆使するらしいので兜町に答えがあるかも知れません。彼らはチャートを睨んでいますが、各日の始値、終値、高値、安値の棒グラフに重ねて、過去何日の移動平均も書いてありますね。移動平均の期間の取り方が長ければ長いほど、現在の動向に追いつくのがおそく、短いほど、現在の動向をただちに反映して来ますね。短い期間の移動平均が長い期間の移動平均を追い越すとゴールデンクロスとか言って喜んでいたりするようです。
冗談ではなく、もし血糖値がその日の株の値段であり、HbA1cが移動平均ならば、それは株の値動きのChartと同じですので、経済物理の関連ありそうな部分を勉強されるか、経済物理の先生に解析法をお聞きになってはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCデータのバックアップのために、RAID1(ミラーリング)を簡単にし

PCデータのバックアップのために、RAID1(ミラーリング)を簡単にしてくれるソフト

お世話になります。
現在、PCデータのバックアップを取りたいと考えています。
その際の形として、
・外付けHDDを2台用意
・ミラーリングソフトを購入
で考えております。

また、ソフトに求める形として、
・ミラーリング
・前回の差分のみをコピーしてくれる。
形を望んでいます。

有料のソフトでも結構ですので、教えて頂ければと思いますので
宜しくお願いします。

また、ほかによい方法ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>HDD2台に対してのミラーリングという意味でした。。。
RAIDという用語が不適切でしたね ^ ^;

>定期的に外付けHDD×2に手動でバックアップ
> そのHDD2台に対して、一度にミラーリング・前回分との差分を判断してコピー
>をしてくれるソフトなのです。
UNIX系なら rsync で決まりのようですが、Windows環境でも rsync を使うのが多いようです

下記のサイトを参照してみて下さい。
http://ebony.blog.so-net.ne.jp/2009-02-21

Cygwin + rsync
http://satospo.sakura.ne.jp/blog_archives/tech/tool/cwrsync.html

Q残差に自己相関がある時系列データy(1),y(2),y(3),...,

残差に自己相関がある時系列データy(1),y(2),y(3),...,y(n)
に対して上昇トレンド(線形)が有意に存在することを
統計的検定で示したい場合はどのようにすればよいのでしょうか?

単にデータ

時刻(x)値(y)
11.512472
21.594956
31.636873
41.711896
51.570067
61.440109
71.550716
81.55284
91.372756
・・・・・・

に対して単回帰分析(y=a+b*x)を行い、初級の統計で習うように
係数aの仮説検定H0:a=0 H1:a!=0に対応するp値を見ようとも
最初は思ったのですが、どうも系列相関を
無視して分析しているのが気になっていまいちすっきりしません。

適切な方法がわかる方がいたら、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&q=%E8%A8%88%E9%87%8F%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E3%80%80%E7%9B%B8%E9%96%A2%E3%80%80%E6%99%82%E7%B3%BB%E5%88%97&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
で、上からみていって最初のpdf
? 誤差項の系列相関(1):定義と問題点 ?
で、3枚めに
「2 自己回帰(AR)モデルによる系列相関の定式化」
という項目があります。

私の勉強した本だと、「計量経済学」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4811543122/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392
に、「自己相関」という章があります。
どんな内容かは忘れました・・・

QRAID1をバックアップ代わりに使用する

RAID1をバックアップ代わりに使用する

RAID1の場合、マザーボードが故障した場合、HDDを外して、別のパソコンに繋いだ場合、
フォルダー単位でデータファイル(Excelやjpg等)は見ることが出来るのでしょうか?

RAID1のの概要は存じていますが、ネットで調べると、RAID1とバックアップは別物と書かれて
いるものばかりですが、HDD一台で使用しているパソコンで、ソフト的におかしくなっても、
大概は、別パソコンに外付けすると、中身が見れるので、RAID1もそうであるのならば、
基本的に、データ的には、バックアップしていると同じ事と理解してよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>RAID1の場合、マザーボードが故障した場合、HDDを外して、別のパソコンに繋いだ
微妙な問題で、同じコントローラなら見えると思いますが・・・見えない場合もあると思います。


>データ的には、バックアップしていると同じ事と理解
RAID1の機能を正しく理解すると「バックアップ」との違いが明らかになると思います。

RAID1は、2台のHDDで1台のHDDに見せ掛けて1台分のHDD容量を犠牲にして信頼性を高めます。 同時に2台のHDDが故障しなければ、障害が発生した時点で警告が発生するのでデータが失われるという最悪の事態に進展することを防止できる可能性が高いですが、ユーザの間違えた操作によるデータの削除に対しては無力です。

バックアップはバックアップを取得した時点のデータを別なメディアに書き込んで保存し、データが失われるなどの障害時に保存していたデータから復旧するために行います。 障害が発生してから、バックアップによるリカバーが実施されるので、障害発生を防止・検出する仕組みは皆無です。


端的に言えば、RAIDを構成すると本来のHDDの信頼性を更に高める機能であってバックアップを排除するまでの機能は持っていないです。

>RAID1の場合、マザーボードが故障した場合、HDDを外して、別のパソコンに繋いだ
微妙な問題で、同じコントローラなら見えると思いますが・・・見えない場合もあると思います。


>データ的には、バックアップしていると同じ事と理解
RAID1の機能を正しく理解すると「バックアップ」との違いが明らかになると思います。

RAID1は、2台のHDDで1台のHDDに見せ掛けて1台分のHDD容量を犠牲にして信頼性を高めます。 同時に2台のHDDが故障しなければ、障害が発生した時点で警告が発生するのでデータが失われると...続きを読む

Q自己相関性及び自己相関関数について教えて下さい。

自己相関性とは、つまりは自己相関性が良いほどフーリエ変換したときに、周波数の大きな領域にスペクトルが多く現れ、これが悪いほど周波数の低い領域に現れる、というものでよろしいのでしょうか?

自己相関関数とは
http://www.ymec.com/hp/signal/acf.htm
このページにありますように、遅延時間を変えてプロットすることで、コンサートホールなどでの音響効果についての計算を行うことが出来るものですよね?
これって電子回路ではどういった利用法がなされているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>フーリエ変換したときに、周波数の大きな領域にスペクトルが多く現れ、これが悪いほど周波数の低い領域に現れる、というものでよろしいのでしょうか?

違います。自己相関は元になる波形の時間をずらして元の波形に重ねた時にどれぐらい似ているかを表わしています。
ずらす時間がゼロの場合はもとの波形と完全に一致しますから相関値は必ず1になります。
元の信号が正弦波の場合には周期の整数倍だけずらすと元の波形と同じになるので相関値は周期的に1になります。

コンサートホールなどで特定の周波数で残響が長い場合ではその周期に相当する時間差のところにピークが現れます。
ピーク値が大きく繰り返しの回数が大きいほどその周波数で共振していることが分かります。

実用的な利用方法については特許を調べるといいでしょう。
特許を調べるには「特許電子図書館」を利用できます。
参考URLの「初心者向け検索」で検索します。
キーワードが「自己相関」では件数が1000件を超えて表示が出来ないので
適当なキーワードを付け加えてください。
自動車、楽器、X線、ノイズ、等、面白い応用例が見つかるかもしれません。

参考URL:http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl

>フーリエ変換したときに、周波数の大きな領域にスペクトルが多く現れ、これが悪いほど周波数の低い領域に現れる、というものでよろしいのでしょうか?

違います。自己相関は元になる波形の時間をずらして元の波形に重ねた時にどれぐらい似ているかを表わしています。
ずらす時間がゼロの場合はもとの波形と完全に一致しますから相関値は必ず1になります。
元の信号が正弦波の場合には周期の整数倍だけずらすと元の波形と同じになるので相関値は周期的に1になります。

コンサートホールなどで特定の周...続きを読む

QRAID1はバックアップではない?

RAID1(ミラーリング)はバックアップにならないのでしょうか。
ブログ等、どこかでそんな話を読んだような記憶があって…

私は、データを二重化するRaid1はバックアップになると思うのですが、
実際のところ、どうなのでしょうか。

私は今、大事なデータに関してはRaid1及び別HDDへの同期をとって
3重化しております。無意味でしょうか。

バックアップの仕方でアドバイス頂けたらと思います。

Aベストアンサー

バックアップという言葉の解釈によって違ってきます。

ご承知のように、RAID1は2つのドライブに同じデータを書き込みますから、どちらかが故障しても、もう一方のドライブでデータを復旧することができます。その意味ではバックアップはとれていると言えます。
しかし、RAIDカードが故障するなどの事態が発生すると、2台のドライブのデータが一気に失われますので、バックアップとしては不十分と言えます。

ご質問を拝見すると、さらに別のドライブへ同期バックアップをされているということなので、RAIDカード故障のリスクはヘッジされているということになります。3重化は無意味ではありません。

Qどんなに遅くとも2050年までには,生物現象に関する十分な知識が得られ,肉体と脳,肉体と心,脳と心と

どんなに遅くとも2050年までには,生物現象に関する十分な知識が得られ,肉体と脳,肉体と心,脳と心といった古典的二元論に終止符が打たれるだろう。
日経サイエンスの文なのですが これは2050年までには魂や輪廻転生 死後の世界などがあるのかないのかはっきりするとゆうことでしょうか?

Aベストアンサー

現在でも輪廻転生や死後の世界が存在しないことはほぼはっきりしていますよ。
ほぼ、というのは厳密に言えばです。現実的には「完全に」と言っても差し支え無いでしょう。

対象がなんであれ、○○が絶対に無い、ということを証明するのは難しいものなのです。
逆は簡単なんですけどね。存在を示せば良いだけですから。

これまで人類の歴史で輪廻転生や死後の世界はずっと重要な関心事でしたが、一度としてその存在が示されたことが無いわけですから、こりゃ無いんだろうなと判断するのが理にかなっているわけです。

Qバックアップ v.s. RAID

こんにちは。

先日、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8169080.html に対して「データの量が大きすぎるから、ネットワーク経由でバックアップするよりもRAIDを組んだほうが良いんじゃないの?」と回答した所、「RAIDはバックアップの代わりにはなりませんよ」と別な方からご指摘を頂きました。

そこで質問なのですが、変更の追跡以外の面で、どういった場合にRAIDはバックアップに機能面で劣るのでしょうか。

Aベストアンサー

ぱっと思いつくのが、災害対策でしょうか。
強固なRAIDでも火災にあえば駄目になりますが、バックアップを別な場所に保管してあればそこから復旧できます。

あと、個人的に経験があるのが、RAID5のHDDが雪崩式に次々壊れてシステムが駄目になった事。搭載していたHDDが全て同じロットだったのですが、どうやらロット不良が有ったらしく、その時はバックアップの重要性を実感しました。

まぁ、どちらもレアケースです。

Q統計 検定 科学的態度

50人50人の男女100人に山が好きか海が好きか 猫が好きか犬が好きか 夏が好きか冬が好きか
リンゴが好きかミカンがすきかなどの似たような質問を40尋ねたとします。男女で好みの傾向に差があるか有意水準5%で検定したとします。結果、山が好きか海が好きか 猫が好きか犬が好きか にだけ男女によって差がある (帰無仮説棄却)という結果になりました。

有意水準5%とということは20回に1回は誤りであることがあるわけです。40項目の質問をした。2項目で有意水準5%で有意差がでた。これは当然なのでしょうか?帰無仮説棄却は誤りですか?

もし誤りでないとすると山が好きか海が好きか 猫が好きか犬が好きか は、性差における何か特別な因子が働いているとして考察していく事は科学的な態度でしょうか?

特に正解は求めていないので何かご意見、アドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

知恵袋の方で「検定の多重性」として回答した者です。

検定の枠組みで考えている限り、「それらすべての仮説のどれかが偶然棄却されてしまう確率」から逃れられません。
対策としては、追加で新しいデータを取り、今回シグナルとして検出された
「山が好きか海が好きか」
「猫が好きか犬が好きか」
の2点に絞って再検討してみれば、はっきりさせられると思います。

そのときの有意水準をどう設定するかについては、色々研究されているはずですが、ちょっと手元に文献がないので、よくわからないとお茶を濁しておきます。

新しいデータを独立に取っているので、2つの検定にそれぞれ有意水準2.5%ずつ振れば誰からも文句は出ないと思います (ボンフェローニ法) が、もしかしたらもう少し緩める (有意水準の値を大きめにする) ことが可能かもしれません。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Multiple_comparisons

QRAID1設定は、バックアップソフトで作成したバックアップイメージにまで影響する?

前提条件:
デスクトップコンピュータ買い替えを検討していますが、買い換えたコンピュータの内蔵ハードディスクをミラーリングしようと思います。

構築したい構成内容:
OS:WindowsXP SP3
内蔵ハードディスクは、以下の4つを使用します:
HD1(CドライブRAID1:OSインストール)
HD2(DドライブRAID1:データ保存)
HD3(CドライブRAID1ミラー)
HD4(DドライブRAID1ミラー)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5514901.html
これに関して、上記のスレでk-ayakoさん(回答番号:No.4)にシステムのイメージをTrueImageなどで作成するという助言をいただきました。

k-ayakoさんの助言では、CドライブはRAID1でミラーリングする必要はないのではということでしたが、下記の質問は、CドライブもRAID1でミラーリングする前提でお聞きしています。

質問:
RAID1を使用してHD1(CドライブRAID1:OSインストール)のミラーをHD3(CドライブRAID1ミラー)に取るとして、HD1のバックアップイメージをTrueImageなどのバックアップソフトで作成した場合、そのバックアップイメージ(バックアップイメージのCドライブ)はRAID1が設定された状態のCドライブイメージとなるのでしょうか(RAID1設定は、バックアップソフトで作成したバックアップイメージにまで影響するのですか?)? つまり、そのバックアップイメージを別のHDに復元した場合、“RAID1が設定された状態の”Cドライブとして復元されるのですか?

また、そもそもHD1(CドライブRAID1:OSインストール)にRAID1を設定した状態で、バックアップソフトを用いてHD1(CドライブRAID1:OSインストール)のバックアップイメージを作成すること自体可能なのでしょうか(バックアップソフトを用いてRAID1設定されたHDのバックアップイメージを作成することは可能ですか?)?

参考サイト等も教えて下さい。

よろしくお願いします。

前提条件:
デスクトップコンピュータ買い替えを検討していますが、買い換えたコンピュータの内蔵ハードディスクをミラーリングしようと思います。

構築したい構成内容:
OS:WindowsXP SP3
内蔵ハードディスクは、以下の4つを使用します:
HD1(CドライブRAID1:OSインストール)
HD2(DドライブRAID1:データ保存)
HD3(CドライブRAID1ミラー)
HD4(DドライブRAID1ミラー)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5514901.html
これに関して、上記のスレでk-ayakoさん(回答番号:No.4)にシステムのイメ...続きを読む

Aベストアンサー

kitty1000さんこんにちは!
>TrueImage及びShadowProtectのハードウェアRAIDに対するバックアップは、可能なのでしょうか?
私の使用しているRAID1はIntelが供給しているチップセットの依存しているソフトウエアRAIDなのでハードウェアRAIDについては、わかりません。
前回もお話した通り私の環境(これは前回書いていない:WinXPPro、P5K-E、Q9450、seagate500G台RAID1)では、両方ともバックアップ及びリストアは出来たと記憶しています。
>TrueImage及びShadowProtectを両方と使ってみて、感想はどうですか?
TrueImageはポピュラーなバックアップソフトですね。機能も充実しています。
デスクのクローン作成は80GBを300GBのHDへの引越し(OS含む)には良い機能だとおもいます。
ShadowProtectは売れてないのかマイナーなイメージがありますね。
基本的にHD単位のバックアップが中心ですが、スケジュールが小まめに設定できます。
一番の売りは、私はやったことがないですが、バックアップイメージを他のパソコンにリストアできることです、本当かな?私は、RAID対応ということで購入してしまった。
>ShadowProtectの事業用(電話サポートあり)は高額そうですね。
私は、ベクターからダウンロード版(サポートなし)の安いのを購入。

TrueImage及びShadowProtect両方とも500GB中300GB使用でバックアップに2~3時間、リストアに5~6時間かかったと記憶しています。ShadowProtectの方が少し高速です。また、バックアップイメージは圧縮がそれほど効かないため、1TGBの外付HDに3世代前後(3回の完全バックアップ)しか出来ませんから、実用的ではないと思います。
私は、新しいソフトをインストールする前とか、RAIDボリュームの1台のHDが故障したとき交換前にバックアップを取るとか、HD全体をバックアップはしていません。通常は、RAID1のミラーリンクである程度の問題には対応できると考えています。
先日、RAIDボリュームの1台のHDが故障したとき、2~3日1台でRAID1が解除のまま、パソコンを稼働していましたが、問題ありませんでした。故障したHDを交換後、RAID1の再構築も問題なく行なえました。故障したと思ったHDはHDケースに組み込みUSB接続でWin上からは、中を見れました(壊れてなかった?)。多分、そのHDはセクタ不良があるのではなのでしょうか?!一方のHDにセクタ不良があれば、RAID1のミラーリンクは解除され、故障と判断すると考えます。
長文で失礼しました。bobnash

kitty1000さんこんにちは!
>TrueImage及びShadowProtectのハードウェアRAIDに対するバックアップは、可能なのでしょうか?
私の使用しているRAID1はIntelが供給しているチップセットの依存しているソフトウエアRAIDなのでハードウェアRAIDについては、わかりません。
前回もお話した通り私の環境(これは前回書いていない:WinXPPro、P5K-E、Q9450、seagate500G台RAID1)では、両方ともバックアップ及びリストアは出来たと記憶しています。
>TrueImage及びShadowProtectを両方と使ってみて、感想はどうです...続きを読む

Q日本語の「津波(tunami)」が、英語をはじめ国際的な言葉となった経

日本語の「津波(tunami)」が、英語をはじめ国際的な言葉となった経緯を知りたい」。

Aベストアンサー

小泉八雲の著作から

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E6%B3%A2


人気Q&Aランキング

おすすめ情報