最近本当に思います。なぜかと言うと今まで生きてきたなかで、心の底から楽しかった日々がないのです。そして友達もいることはいますが、よくいう「連れ」のような友達は一人もいなく、その場その場で喋るぐらいの友達ぐらいしかいません。今大学生なのですが、喋ったりする友達はいるのですが、どっかに遊びに行ったりするほどの友達はまだできていません。そしてその友達何人かと話していると「高校は楽しかった」「中学は楽しかった」「連れとよく遊んだ」という話が出てきます。けど僕にそういった思い出はありません。本当に、今まで僕は何してきたんだろうって思います。よくテレビとかでも高校時代の青春話や恋愛話とかの話題が出てきます。僕にはそういった思い出が1つもありません。そして、こういった過去をこれから一生負ったまま生きていくのはとても寂しいです。もし僕が将来結婚して子供ができても、思い出話一つもしてやれません。将来仕事をして同僚とかと飲みにいったとします。そこではたぶん青春話がでてくるとおもいます。僕は一つもありません。本当に情けないです。僕が努力を怠ったからかもしれません。大学で喋っていて、すごく話があう人もいます。でもその人にはすでに
濃い関係の友達がいて、その関係はやっぱり昔からの思い出があるからそうなんだとおもいます。だからいつも考えてしまうのが、「この人ともっと早く会っていればなぁ」って思うことがあります。先輩でもそうです。だから大学から本当に濃い友達を作るのはとても厳しく感じます。本当に後悔ばかりです。周りのせいにするのはとても情けないですが、今言ったように、「この人が僕の周りにいれば…」と思わずにはいられません。僕の今までしてきた行動に間違いがあったのだと思います。でもやっぱり僕には運もありません。もし運があれば、話の合う人達にもっとはやく出会えたのだろうとおもいます。でも運のせいにするのも、情けないですよね。ここまで読んでいただきとても感謝します。でも僕の人生、大学が終われば毎日が同じ仕事が始まるだけ。やっぱりもう負け組みですよね??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

人は必要なときに,必要な人と出会います。



あなたはまじめな方で,高校まで一生懸命がんばってこられたのでしょう。そして大学に入り,とりあえず一息ついて,就職活動までの間は若者らしい生活を楽しもうとお考えになっている。
そういう今だからこそ,話があう楽しいお友達を見つけたのです。というより,すてきな青春を過ごした同年代の青年の「価値」を発見したのではないでしょうか(案外,高校時代には,そういった若者は「軽薄」,「ちゃらちゃらしている」と思ったかもしれませんよ)。
いまあなたが欲しいと思うお友達だから,彼/彼女と仲良くなれたし,すてきに思うのです。
そして,勿論それは相手の方にも言えることなのです。古いお友達の良さはもちろんありますが,大学生になって新たな価値観・世界が開けるときに,傍に居て高め合う友人もきっと大事になります。だから気後れしないで,どんどんつきあいを深めていって欲しいです。

私個人のことを言いますと,大学は自宅通学だったので,夜中に遊び歩いたり友達の家にいりびたったりなどということはなく,結構まじめに勉強しました。バイトもそこそこだったし,サークルなども入っていませんでしたが,2年生から研究室に配属され,先輩たちといろいろ濃い話をしましたね。
社会人になってからは,職場のオジサン,オニイサンたちと結構飲みに行って楽しく過ごしました。勤めて15年ですが,そんな縦のつながりが今の私を支えてくれています。

繰り返しになりますが,過去は振り返らず,必要な時に出会うひとたちを大切になさってください。まだ18歳,これから出会うひとたちの数は,これまでの人生とは比べものになりません。
    • good
    • 0

 負け組って。

そう思うから負け組へ一直線になる。
 親友って難しくてね。人間関係は常に変化していますから、親友だったのに今は親友ではないとか当たり前のようにあります。
 まず、自分から変化を作ってください。同じ事の繰り返しなんてあり得ません。周りが変わっているのにそれに気がつかないだけです。気がつけばチャンスは沢山あるのです。これほど自由に沢山の情報があるのに自分でつまらないチャンネルに合わせて居るだけです。そこから変えようとしないからです。
 勝ち組になりたいのなら自分から変化を作ってください。いつもの話題を別の物に変える。知らなかったら質問していって知識を集めて友人になれば良いのです。あなたから合わせるのです。知らない事は恥ではありません。知らないから教えてもらうのです。そうすれば、人間関係を築くこともできます。ちょっとでも変化が出てくれば、次々と変化してきますよ。
    • good
    • 0

はじめまして。


私も心の底から楽しかった思い出とかないですよー
ドラマの様な経験できるのは、本当にごく一部の人だと思いますよ。みんなできてたら、ドラマにする意味ないし。

「高校は楽しかった」「中学は楽しかった」「連れとよく遊んだ」
と言う人が私の周りにもいますが、そういう人は、「今は楽しい事ない」って言ってるように聞こえます。もう中学や高校で楽しいピーク終わっちゃった人より、私たちの方が未来は楽しいと思いますよ!!

「この人ともっと早く会っていればなぁ」って思う気持ちはわかりますが、逆に一生会えなかったかもしれないのに、今会えてよかったーって思うようにすればいいんじゃないですかねぇ??まだ18歳なんだし。
何事も今はポジティブシンキングがはやりらしいので。

あなたのまだまだ長い人生が、これからずーっと良くなりつずけますように。。
    • good
    • 0

私もありませんよ。


高校は進学校だったし、親は厳しいし、真面目組だったので友達と一緒に塾には行っても遊びにいくなんてことはありませんでした。
部活も体育会系ではないのでそういう仲間もいません。

大学に入ってから親しくなった友達の中には、
「高校は楽しかった」「中学は楽しかった」「連れとよく遊んだ」
という人もいました。
高校時代の友達と未だに手紙のやり取りをしてるとか、やたらに「親友」のことが話に出てくる人もいたし。

でもそれって失礼じゃないですか?
じゃあ、今は楽しくないんだ、今の友達には不満なんだ。と思いませんか・・・

本当に心から話せる友人ができるのは実は大学時代だと思います。
私もそうでした。
一人暮らしをしてたので、家族がいないから先輩や後輩が家族になるんですよね。
人にはなかなか言えない話とか、人生論とか。
人付き合いにしても、恋愛の話にしても、かなりつっこんだところまで聞きました。
そもそも、一晩中話をしたり、夜の街を歩きまわったり。
先輩の部屋を訪ねたら布団の中に裸のまま寝てる彼女がいて驚いたり。
彼が浮気したので手首を切って今から死ぬ!という友達の電話に深夜にかけつけたり。
高校時代には絶対にありえないでしょう?
だから、これからだと思いますよ。

「過去が楽しかった・・・」と語る人は、「○○しよう」と発案する人にくっついて楽しい時間を共有しただけ。
自分から何かをしたわけじゃないと思います。
どうせ出会うなら、いつも面白いことを考えて一緒にやろうと声をかけてくれる人ですよ。

もしそういう人がいなければ、あなた自身が、
「自分を楽しませる方法」を考えてみんなを誘ってみてください。
今が楽しくなれば、過去よりも未来、「次はどこへ行こうか、何をしようか」になります。

社会人になってから親しくなった友達もよく言ってました。
「まず自分が楽しまなきゃ。自分が楽しければ相手も楽しい。」
イベントを企画するのが大好きな人でしたが、特定の誰かと行くわけではなく、知り合いに片っ端から声をかけて、都合があった人、行きたい人と一緒に出かけていました。

大人になったら「一緒に行動してくれる知り合いは必要だけど親友は必要ない。」
同感です。
    • good
    • 0

>でも僕の人生、大学が終われば毎日が同じ仕事が始まるだけ。

やっぱりもう負け組みですよね??

30代社会人です。

社会人になってからできた友人(同性、異性問わず)との飲み等の会話で、中高の思い出話で盛り上がったことはあまり記憶にありません。
自分も相手も話題はせいぜい大学どまりですね。

野郎友達はどうでもいいとして(笑)好意のある女友達達とはいろいろ深い話をしていた記憶がありますが、高校時代の話題で盛り上がった記憶はありません。
せいぜい、「中学高校時代の修学旅行先」「珍しい体育の授業があった」「学祭でこんな出し物があった」等かな?

やはり直近のことが話題になりますよ。
大学生なら高校生の頃の話ですが、社会人なら大学生の頃の話題が主です。
失礼ですが、大学の話題で「卒業旅行」というイベントがない人に対しては、「大学で友達がいなかったのかな?」とちょっと「寂しい大学生時代?」と感じてしまいます。
大学が充実しているなら、社会人になってからはその話題で盛り上がれますよ。
大学1年なら過去は中学高校しかないのだからその話で盛り上がるのは当たり前です。
今を乗り切ればいいだけで、今を充実させておけば社会人になってからは

人生の負け犬なんて思うのは、社会人になってから思ったほうがいいですよ。
今はそうかもしれませんが、社会人になれば状況はまた変わってきます。
大学で友達を作って、バイトとかいろいろな経験をして、仲間と旅行等楽しんでください。
社会人では、仕事・趣味からみか大学の頃の話がメインですから。
    • good
    • 0

人生最良の時なんて死ぬ直前にしかわかりませんし、それは絶対に死ぬときより過去の話。


誰だって、生涯の伴侶が生まれたときにはいません。戦国武将じゃないんだから。いる人は選べない運命を嘆いているでしょう。

1年前にやっていなかったことを後悔する現在の自分は、1年後に、1年前にやっていなかった自分に後悔しています。
気づいた今やっとけば、明日の自分は後悔しません。
人生いつだって気づいたときは手遅れです。はじめなきゃはじまりません。

友達なんて、年取れば増えていくのが当たり前です。
12年間しか一緒にいないで別れる事が確定している学生と40年一緒にいる社会人、生涯一緒にいる妻や子供。
損得で友達を選べる大人の方が人間関係は濃密ですよ。
負け組ってのは、死ぬときに決めることです。試合は結果が全てだろ?
    • good
    • 0

やれる力があるのにやってないからそんなことを思う。


失敗を恐れて何もしなかったら後の人生は後悔ばかりで終わる。
まずは思いっきりぶつかれ。
すべてはそこから始まる。
    • good
    • 0

青春時代は何も10代だけを指すのではありません30,40歳位までだって


有ると思います、これから遊べば良いじゃ無いですか、友達も出来
ますよ、勉強の思い出だって良いじゃあないですか、恋をする事
ですね、失恋も勉強になりますよ、青春を謳歌して下さい
参考まで
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング