質問お願い致します。
以前、追突の事故にあい、そろそろ打ち切りです。
僕は今23歳で、通常では珍しいぐらい、首の椎間板が変性しています。(MRI、レントゲン、CT撮影済み)
しかし、医者は退行変性で、事故とは関係ないといいました。
しかし、事故前は何も痛みはありませんでした。
変性が事故との因果関係を少しでも結びつけることができれば、後遺障害14級9号の認定に有利になりそうですが、なにかいい方法は御座いませんでしょうか。
ご回答お待ちしております。
また、別の質問も同時にさせて頂いております。時間があれば、見ていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

gabbana_69さんの別の質問にも回答させていただいた者です。


23歳という若さで退行変性があるというのは確かに珍しいですね。
Drが「退行変性で事故とは関係ない」というのは「事故によって退行変性が生じたのではない」という意味です。それは覆せません。
なのであなたは「退行変性は事故以前からあったかもしれないが、それまでは痛みはなかったのに、事故をきっかけに症状が出た」という主張をすべきです。が、もし現在、症状がすでにない、あったとしてもごくごく軽症というのであれば、やはり14級を獲得するのは難しいです。
現在もまだ強い痛みやシビレの症状があって、主治医が「その症状は今後、改善の見込みはない」という見解を後遺障害診断書に書いてくれれば、14級認定の可能性が出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます!凄くわかりやすいです!後遺障害診断書を書いてもらう時、ゆっくり話しながら書いてもらうことにします!
ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/23 22:14

事故以前の検査結果(MRI、レントゲン、CT撮影等々)があって、それに椎間板の変性が


見られなければ、事故による因果関係があると言えるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事故以前の画像はないんです…。説明不足ですいません。

お礼日時:2009/05/23 22:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング