現在は透明なUVカットのめがねをしています。

UVカットのサングラスをしても瞳孔が開く分、透明なUVカットレンズをするより紫外線が多く目に入ると考えてそうしていますが、この考えはあっているのでしょうか。透明なUVカットレンズよりUVカットのサングラスの方がかけていて体にダメージを与えにくいということはあるのでしょうか(もちろん眩しさはサングラスの方が防げますが、眩しさを長く感じることだけで体を悪くしたりするものなのでしょうか)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>近視でかけているメガネにもUVカットがあると言われ安心していましたが、これでは不十分でしょうか。



私が知る限り不十分です。
無色のレンズが持つUVカット率は、単にそのレンズが持つUV透過率が低いだけの話で、UVカット加工がされているとは限らないので必ずしも安全とはいえません。購入元の店で、「UVカット加工がなされている」と明言されているのであればお安心してよいと思いますが。

UVカット加工しながら黄色が付かない技術というのはまだないはずなのです。
黄色を目立たなくするために青い色を薄くつける場合もあるのですが、それなりに高いレンズを使わないと無色っぽく仕上がらないはずです。

高額な素材を使ったレンズを使えば厚みが薄くなる分無色に近くなります。ただしそういったレンズは私が知る限りでは1枚だけでも万単位の価格が付くものでしたので、一般的にはさほど多く使われていないものと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明をありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/24 12:59

透明というのは無色透明ではなく、黄色のものですよね。



>UVカットのサングラスをしても瞳孔が開く分、透明なUVカットレンズをするより紫外線が多く

もしUVカットでないサングラスをしてしまったら、「瞳孔が開く分、紫外線が多く目に入るので危険」ということは言えます。
しかしUVカット品であれば、レンズを通る紫外線の99%くらいはカットされますので、サングラスかどうかという点では大差ありません。

ただし、スタイル優先でレンズの小さなものを選んでしまった場合は、レンズ外から直接入って来る光の量が増えるので、より瞳孔が大きく開く分、サングラスの方がより有害であると言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

いえ、黄色ではなく普通のメガネです。近視でかけているメガネにもUVカットがあると言われ安心していましたが、これでは不十分でしょうか。

お礼日時:2009/05/23 05:27

UVカットなら、紫外線におけるダメージは一緒ですが、目への悪影響は可視光線のほうがずっと強いですし、遮光による調整能力低下はさらに大きいです。


何をしたいのかで優先順位がまるで違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

可視光線も目に悪いのですね。大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 05:25

UVカットなら両方同じです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング