取引の関係上、外国と日本で自社口座を持っています。
外国口座単位のみドル、それ以外の科目は全て円となっています。
日本の自社口座から小口現金に移動した場合は問題ないのですが、海外口座から日本口座または小口に移動した時問題が発生します。

例えば、1ドル=100円の場合、海外の口座から日本の自社口座へお金を移動する場合、現金・預金の区分の中に「為替レート変換」という科目を作り、


5/20 
為替レート変換 100 /  海外口座      100
自社口座   10000 /  為替レート変換  10000 (備考 5/20時点 1ドル=100円)

と処理しようかと思います。
また海外は日本円でつけたら口座照合がややこしいので、ドルのままで表記しておきたいのですが、このやり方は正しいのでしょうか。
間違っている場合、正しいつけかたを教えていただけませんでしょうか。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

外貨預金の受払について、補助簿として商品受払帳の要領で記帳されてはいかがでしょうか。



商品受払帳の数量欄をドル貨に置き換え、金額欄に円換算額を記帳するだけのことです。ドル貨の欄で口座照合できますし、金額欄(円貨)は総勘定元帳に連動できます。

正しいつけ方とはどのようなものか分かりませんが、実務的にはこれも一法かなと思うのですが・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング