EDTA(pH8.0) を合成する実験を行い、EDTA溶液に粒状のNaCl を少量ずつ加えていってpHを調節しました。この時、どのような反応が起こっていたのでしょうか? NaCl が溶解するとなぜpH が上がり、EDTA が溶解するとなぜpH が下がっていったのでしょうか?

A 回答 (2件)

合成とは言いません「調製」です。


それから塩化ナトリウムを加えたとは思えません。水酸化ナトリウムではないでしょうか?
もし水酸化ナトリウムなら起きている反応は単純な「酸の中和」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、その通りです。投稿してしまった直後に気がつきましたが、
塩化ナトリウムではなくて水酸化ナトリウムでした。
大変失礼いたしました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/22 14:00

一応言っておきますと


EDTA…エチレンジアミン四酢酸
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%81% …
ですから、溶解したらpHは下がりますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。。
どうもありがとうございます!!

お礼日時:2009/05/26 11:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEDTAの定量

「亜鉛を希硫酸で洗い、次に水洗し、さらにアセトンで洗ったあと110℃で5分間加熱した後、デシケーター中で放冷し、約0.8gを精密に量り取り希塩酸12ml及び臭素試液5滴を加えて、穏やかに加温して溶かし、煮沸して過量の臭素を追い出した後、水を加えて正確に200mlとする。・・・」
という、問題なのですが、EDTAを定量する過程で臭素を加えるのはなぜですか?
ここでの臭素の反応式もできれば教えてください!

Aベストアンサー

臭素はおそらく亜鉛と塩酸による水素の発生の抑制だったと思いますよ。反応式は・・・?

QEDTAの溶解度とpHについて

今、EDTAを用いた実験を行っているのですが、反応が進むにつれてEDTAが析出してきます。これは溶解度が関わってきていると思うのですが、EDTAの溶解度はpHを変化(1.5~4.0)させることによりどうかわりますか?おそらく、pHが変わることにより溶液中のEDTAはH4Y、H3Y-、・・・とかわるので溶解度もかわってくると考えられるのですが分かる方いたら教えてください。ちなみに使用したのはエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム二水和物を蒸留水で溶かしたものです。
初の質問なのでご不明な点があるとは思うのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) あなたの質問の化合物はgoogleでみると 色々なインフォメーションがえられますよ。 WIKIPEDIA にも 色々あり 2) pHの低い所(very acidic codition)では、H6Y++(fully protonated) にもなり pHの変化とともに H5Y+ H4Y H3Y- に変わって行くはずで、 3)high pH では Y---- ( or Y4- ) で deprotonatedの状態になります。 4) 当然のこと各々の化合物のsolubilityはことなるはずです。
5)1958年のBull Chemical Society Japan に 東大の人が Solubility of
EDTA in Some Aqueous Solution を報告しています。 5)googleで探してもうすこし学んだら 昔と違って今はずっと楽です。 昔はCAS(Chemical Abstract)を図書館で探さなければ  GOOD LUCK

QEDTA滴定の終点判断

EDTA滴定でカルシウムの定量をしています。終点の色判断(赤紫→青)がなかなかわからなくて困っています。何か良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

EBTを指示薬とした場合、Mgが存在しない場合は変色点が不鮮明になる経験がありましたので下記解答をしました。
こちらからは状況は質問からしか分かりません。試料や滴定条件等は最初からある程度詳しく記載して下さい。
NNであれば下記URL参照。

参考URL:http://dominoweb.dojindo.co.jp/FAQkoukai.nsf/0/859F4D0F4CC0E67A49256D340009C5D2?OpenDocument

Q2種類の炭酸溶液の混合溶液のpH

重曹溶液と、大気圧下でCO2が溶けた水(以後炭酸水)を混合してできる溶液のpHを理論的に求めたいのですが、いい方法が思い浮かびません。
わかっている事は、混合前の重曹溶液の[HCO3-]、pH、水温と、炭酸水の[H2CO3]、[HCO3-]、pH、水温です。
初めは、pHが分かっているので混合比による[H+]の総和と思っていたのですが、実測値に合いませんでした。
きっと、混合時のpH変化に伴うH2CO3⇔HCO3-⇔CO3^2-変動を考慮していなからでは?と思ったのですが、どう考えれば良いのかわかりませんでした。
知りたいのは、どの様に考慮してpHを求めればいいかです。

質問は初めてです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、同温という事で続きを書きます。

#1に記した計算から炭酸水の分析濃度をC1(M)、混合する体積をα(L)
重曹をC2(M)、その体積をβ(L)とすると、
混合溶液の炭酸の分析濃度=(C1α+C2β)/(α+β)=C(M)、また[Na^+]=C2β/(α+β)=D(M)とおきます。
溶液は酸性と仮定して[OH^-]を無視すると、

[H^+]^3+(K1+D)[H^+]^2+K1(K2+D-C)[H^+]+K1K2(D-2C)≒0

この方程式を解いて仮定が妥当かどうか確認して下さい。

QEDTAは標定せずに使用してもさしつかえない!?

 キレート滴定実験をやり、EDTAを3.742g量り、1Lメスフラスコで0.01MのEDTAを作ったのですが、これを標定しないで次にいってしまいました、なぜ標定しないで使用していいのでしょうか?
 どうか教えて下さい!

Aベストアンサー

精度が要求される定量でしたら容量分析用標準物質亜鉛で調製した0.01mol/L亜鉛溶液で標定するのが常識です。精度が要求されないときは、試薬特級のEDTANaは純度は99.5%以上はありますのでその程度の誤差範囲で出せるわけです。

QpH11.0のアルカリ水溶液をpH8.0にするには?

タイトルの通りです。

pH11.0のアルカリ水をpH8.0にするために必要なpH7.0の純粋は、体積比でどれだけ必要なのか教えて頂きたいです。

ズバリの数値でなくとも、考え方だけでも教えて下されば幸いです。

Aベストアンサー

大雑把に考えます。

pH11程度ですと.M - CO3 の緩衝溶液程度。
Mの濃度がわからないのでアルカリ土塁として.0.1mol/リットル 程度かな。
pH7.0の純水に空気を飽和させると.CO2濃度は....。
で8だから.CO3 - HCO3 の干渉液となる濃度として.CO3を HCO3にするために必要なHの分量は....。

と考えると見当つくでしょう。手元に数値表がないので具体的計算はできません。

QNa2 EDTA・2H2O  とは?

初心者です。
化学について全く分からないので教えてください。

「 Na2 EDTA・2H2O 」 と 「 EDTA 2Na・2H2O 」 と  「 2NA(EDTA・2Na) 」 と 「 C10H14N2Na2O8・2H2O 」  と 「エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム二水和物」 は同じものですか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

EDTAは4塩基酸(4価の弱酸)で、通常は「H4Y」等と記します。

だから正しくは「Na2H2Y・2H2O」等と記すべきだと思われます。

2NA(EDTA・2Na) については不明ですが、他の4つは全て「Na2H2Y・2H2O」を表しています。

QNaClを加えた理由

ベンズアルデヒド(PHCHO)からベンジルアルコール(PhCH2OH)を合成する反応において、PhCHOに、
←水酸化カリウム(KOH)
←トルエン(PhCH3)
←炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)
←硫酸水素ナトリウム(NaHSO4)
←「飽和食塩水(NaCl)」
←硫酸ナトリウム(NaSO4)

の順に加えていきPhCH2OHを生成したのですが、aq.NaClを加えた理由が分かりませんでした。
飽和した水溶液を入れることにより、本来油層に残るはずの生成物が水層に溶け込まないようにする為かとも考えましたが、理由が曖昧で釈然としませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Cannizzaro反応ですかね。
飽和食塩水を加える理由は、お考えのこともあるでしょうし、それに加えて水層に水が入り込みにくくする効果もあります。こうすることで、トルエン層の濁りが消えるようなことはありませんでしたか?常套手段と言えますね。

QEDTAの問題

錯化していないEDTAのpH7での水溶液中のY4-濃度分率は10-3.3である。EDTAの全濃度が0.010M、Caの全濃度が10-3.0M,pH7であるような水溶液中のCa2+濃度はいくらか。Ca-EDTA錯体の安定度定数はlogK=10.7とする。という問題なのですがまったく手も足も出ないのでどなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

安定度定数については、このカテゴリーの質問No.560353「安定度定数」(5月29日)に説明されているので、参照して下さい。この質問のMg2+をCa2+に置き換えれば、hiro-5さんのご質問と同じになります。
EDTAには4個のカルボキシル基と2個のNがあって、これが上下前後左右から2価金属を取り囲む形になって、錯体を形成します。(↓のサイトを参照して下さい。)
EDTAから4個のカルボキシル基の水素H+をすべて除いた残りの部分をY4-で表わします。
さて、ご質問の場合の反応式は、

Ca2+ + Y4- ⇔ CaY2-

となって、この反応の安定度定数Kが
log K = 10.7 つまり K = 10~10.7

Kの定義から

K = [CaY2-]/{[Ca2+]*[Y4-]}

Ca全濃度 = [CaY2-]+[Ca2+] = 10^(-3.0)
EDTA全濃度 = [CaY2-]+[Y4-] = 0.010
Y4-の濃度分率から [Y4-] = 0.010*10^(-3.3)

与えられた条件を全部式で表わしたら、こうなると思います。
これを代入すれば[Ca2+]の値が出ないでしょうか?
もし間違っていたら、ごめんなさい。

参考URL:http://www.bj.wakwak.com/~discus/Taikou/science111.html

安定度定数については、このカテゴリーの質問No.560353「安定度定数」(5月29日)に説明されているので、参照して下さい。この質問のMg2+をCa2+に置き換えれば、hiro-5さんのご質問と同じになります。
EDTAには4個のカルボキシル基と2個のNがあって、これが上下前後左右から2価金属を取り囲む形になって、錯体を形成します。(↓のサイトを参照して下さい。)
EDTAから4個のカルボキシル基の水素H+をすべて除いた残りの部分をY4-で表わします。
さて、ご質問の場合の反応式は、

Ca2+ + Y4- ⇔ CaY2-

...続きを読む

QNaClの溶解平衡について

学校でNaClの溶解平衡に関する実験を行いました。
その中に
2本の試験管にNaCl飽和水溶液をそれぞれとり、
1.一方に少量の濃塩酸、
2.他方に金属ナトリウム小片を入れて観察する
という実験があったのですが
いったい2.の試験管内ではどういう反応がおきているのか分かりません。

1.については平衡の移動によりNaClが沈殿したことが観察できたのですが
2.では目立った沈殿物も見られず、ゴミのような浮遊物しか観察できませんでした。

NaCl飽和水溶液に金属ナトリウムを投入すると
どのような変化が起きるのでしょうか。

Aベストアンサー

それはガッカリでしたね。
金属ナトリウムを加えると、
2Na(s) + 2H2O → H2↑ + 2NaOH
という反応が起き、ナトリウムイオンが増えるのです。
ですから本来はこちらでもNa^+の「共通イオン効果」によって塩化ナトリウム結晶が析出しても良いはずなのです。
ゴミのような浮遊物は多分水素が付着した塩化ナトリウム結晶だったのでしょう。^^


人気Q&Aランキング

おすすめ情報