有線LAN(1Gbps)の場合と、無線LAN(300Mbps)の場合で、実際に通信速度がどの程度変わるのか、わかる方がいたら教えて頂きたいです。WANは光回線として考えて頂きたいです。

私としては、WANの通信速度はあくまでベストエフォートの値であり、実際にはそこまでの速度は出ていないと思うので、いくらLANが早くても、WANを介してファイル転送などを行う場合、有線LANと無線LANでそこまで大幅な(体感的に違いを感じれるほどの)速度の違いはないのかなと思っています。

ただ、知り合いに聞いたところ、結構違うのではないかとのことなので、実際はどうなのか皆さんの考えを伺いたいです。

マンションで共同で回線を使用している等の、WANの状態によって速度が変わることは理解していますので、個々の環境はあまり考慮せず、同環境であった場合にどうなのかという視点で、回答を頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ギガポート搭載nドラフト無線ルーターを使った場合


LAN内は、有線接続の方がすこぶる快適です。
nドラフト接続の機器とは、多少もたつきが感じられます。

WAN側との通信は、契約回線や混雑具合によって変わりますが
一般的な100M契約の場合、有線/nドラフト共に体感速度は、変わりません。
100M以上の回線契約(ケーブルテレビの160MやFTTHの200M/300M/1Gなど)の場合
無線だともたつきが感じられます。
ただし並べてみてわかるぐらいです。単独では、わかりにくいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり体感的に感じられるのは、LAN内限定ですよね。
あまりに速度が違うなら、早くしたいPCだけ、有線に変えようかと思ってたんですが、家庭のLAN内で、ファイルをやり取りすることなんてほとんどないので、そこまでの必要はなさそうですね。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/22 12:45

有線LAN(1Gbps)の場合と、無線LAN(300Mbps)の場合で


出ません  皆さん数字を気にし過ぎですよ
現状は 最大100Mですし で300Mといってもベースは54Mです
コンピューターも最大100Mで設計されてると思いますよ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり実施にはそんなに変わらないですよね。
ただ、無線LANを54Mbpsから300Mbpsにしたときは、結構通信速度が変わり、知り合いの言葉もあったので、ちょっと数字を気にしてしまったんですよね。

でも、冷静に考えると、現状WANがそこまで高速化されてないので、WANとLANの境目(?)がボトルネックになって、結果として有線でも無線でも、300Mbpsあれば事足りるのではないかという疑問があったので、それが解消できてよかったです。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/22 18:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無線LANに書いてある300Mbpsとは???

たまに無線LANやルータなどで、300Mbpsと書いてありますが、
あれはインターネットやダウンロードやデータ転送などが速くなるという事ですか??
教えてください!!!!!!!!!!!!

Aベストアンサー

無線LANルータの親機と子機との通信速度で、仕様上理論的に出る最大速度です。
あくまでも理論値で、実測では80Mbps程度が最速です。
300Mbps以下の製品については、謳っている速度の半分以下が最速だと考えてください。(54Mbpsので20Mbps程度)

光回線だと、月額525円な最低価格のプロバイダで、3年前くらいの古いPC使ってても、有線接続で80Mbps前後は出ますので、無線LANにする場合は、その300Mbps対応のを使って何とか有線並みの速度が出せる、って事になります。

で、親機と子機の間の速度の話なので、そこがいくら速かろうが、回線とプロバイダの速度が遅ければ、それ以上の速度は出ません。
なので、ADSLのような低速回線で使用すると宝の持ち腐れになります。

Q300Mbpsの無線LANルーターの速度が遅い

11n(gb同時使用)対応パソコン内蔵の無線LAN機能で接続しています。
今迄は54Mbpsでしたので、回線速度が倍ぐらいになればと思ったのですが、
接続の状態で見ると65Mbpsが測定サイトで測ると、下り:17Mbps 上り:24Mbpsの値でした。
前の機器と速度(下:15 上:21Mbps)と殆ど変わっていません。
無線LAN~ホームゲートウエイへのケーブルは5eで繋いでいます。
パソコン自体が100BASE-Tなのですが、300Mbpsの無線LANでもこの速度は仕方がないのでしょうか。
あと、ネットワーク管理に以前の機器(HOME-AOSSーG)が4つあるのですが削除した方が良いですか。

説明不足でしたらすみません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

フレッツサービスだったら宅内装置に直にLANケーブルで繋いだマシンから
フレッツ・スクウェアへアクセスし、サイト内の速度測定で測定を行ってみてください。
それがフレッツ網内での上限速度となり、インターネット網に接続する際に
幾分か減衰することになります。ここの測定結果が宅内装置までのおおよその速度上限となります。
それと比べて極端に速度が低下しているという場合はそれ以降の機器のスループットや
PC側の設定によるものです。

無線LANというのはまず規格上の上限値として54Mbpshやら300Mbpsという
数値が設定されているわけですが、その環境での無線LAN回線の100%が
どのぐらいのスピードになるのかがわからなければそんな上限値がわかっても
意味がありません。ルータによってはクライアント端末との間の速度が測定できる
ものもありますが、そういうものでない場合、無線LANの親機(アクセスポイント)
に接続したマシンから、子機が入ったマシンに対してFTPなどで特定のサイズの
ファイルを転送し、かかった時間から計算で一秒あたりの転送量を求めるという
作業を何度か実行し、平均値をとることでおおよその無線間の100%の速度を知ることができます。
ここで知り得た無線間の平均速度が無線LAN経由でインターネットを利用するときの
平均速度ですが、これは回線の物理的な転送速度の平均値にすぎません。

宅内装置と有線LANで直接PCを繋いだ場合に、そのPCから接続マシンの
性能にあまり影響されない測定サイトで測定した結果が実際のインターネット利用
においてのおおよその上限速度となります。無線LAN環境では外来ノイズなどによる
減衰がありますし、データの転送においてもFTPで直に転送するときよりもデータのロスが
大きいので、ここから更に何%かの速度低下が生じます。
このとき、先述の無線間の100%の速度に対して何%かの速度低下が生じることになります。
有線LAN上での上限を100%とするわけではありません。速度低下の度合いについては
電波干渉する要素としてどんなものがあるかにより異なりますので実際には何%下がると
いうことはわかりません。

知っている人は多くはありませんが、ブラウザの種類によって
マシンが使える速度をどれだけロスなく扱えるかは異なります。
また、測定サイトによってはパソコン自体の処理能力が影響することも
あるため信頼性が低いこともあります。
Javaを使って複数のデータセンタとの転送テストを行うタイプの測定サイト
のほうが比較的信頼性は高いかと思います。
http://netspeed.studio-radish.com/

様々な要因を一つずつチェックしていかなければ、今の状況が最適なのか
もっと改善する余地があるのかはわかりません。
それらをくまなくチェックしようという気はありますか?

フレッツサービスだったら宅内装置に直にLANケーブルで繋いだマシンから
フレッツ・スクウェアへアクセスし、サイト内の速度測定で測定を行ってみてください。
それがフレッツ網内での上限速度となり、インターネット網に接続する際に
幾分か減衰することになります。ここの測定結果が宅内装置までのおおよその速度上限となります。
それと比べて極端に速度が低下しているという場合はそれ以降の機器のスループットや
PC側の設定によるものです。

無線LANというのはまず規格上の上限値として54Mbpshやら300Mbpsと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報