積雪が1.5m程度の山間部に住んでいます。家の西側が小石だらけの緩やかな傾斜地になっており、土が流れるのでそれを防ぐための植物を探しています。この土地は家の西面に隣接しているのと冬期には屋根からの雪が直接落下するので樹木は適さないと思います。お薦めがあればご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

土留めにはイネ科の草が良いです。

これから種が取れますから、家の近くの雑草の種を集めて蒔いたらよいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。家の周りで探してみましょう。

お礼日時:2009/05/22 15:22

グランドカバーにも使われる「コグマザサ」はいかがでしょう。


ササ類の中では丈が低く、見た目もいいですし、手に入りやすいと思います。

参考URL:http://kawasakimidori.main.jp/webzukan/kogumazas …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
家の極く近くなので地下茎が延び過ぎるないかが一寸気になりますが、
検討します。

お礼日時:2009/05/22 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?

大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?
ネット上で見られる植物図鑑はたくさんあるのですが、高解像度の画像で、植物の細部まで鮮明に見られるようなネット上の植物図鑑をどなたかご存知ないですか。

Aベストアンサー

こんなウェブサイトがありました。

知多半島植物図鑑
http://chitanavi.co.jp/picturebook/

ブラウザいっぱいに高解像度の植物の写真を表示します。
植物図鑑と言うには、掲載されている植物の数が少ない気もしますが、見た目は非常にきれいです。
あと、ズームレンズ機能みたいのも付いていますので、写真を部分的に拡大して見ることも可能です。

Q軒下約1.5メートルの地面に植える葉のきれいな樹木

 軒下に新たに樹木を植えようと考えています。
 この軒下は、西向きで、しかも、軒の角になっていて、直射日光は差し込みません。
 分かりやすく図面で示すと次のとおりです。
 この●が軒で、それぞれ南側と西側に伸びていて、◎の軒の角の軒下に樹木を植えようということです。
 この軒は、
 この軒下は、深く、西側に約2メートル張り出し、南側に約1メートル張り出しています。
 ですから、◎地点は、西側に向かって、約1.5メートル軒から内側の地点になります。
 この地面の土壌は、乾燥していて、しかも、硬くなっています。この軒下は、土が白くて雑草は一切生えていません。
 およそ、樹木は育たないような場所なのですが、それでも、高さ30センチメートルの種類の分からない樹木が1本だけ育っています。
 この樹木、あまり目立たなくて綺麗でもないので、この樹木の代わりに葉っぱの綺麗な樹木を植えようと考えた次第です。
 私は、最初、アオキを植えようかと考えましたが、アオキは、湿った土壌がいいということでしたので、諦めました。
 アオキのように葉が綺麗で、しかも、乾燥と日陰に強いお薦めの樹木はありませんか。
 葉の綺麗な樹木が見当たらなければ、サボテンでも植えようと思います。


   ◎●●●●●●  → 南
   ●●●●●●●
   ●
   ●
   ●
   ●
   ●

西

 軒下に新たに樹木を植えようと考えています。
 この軒下は、西向きで、しかも、軒の角になっていて、直射日光は差し込みません。
 分かりやすく図面で示すと次のとおりです。
 この●が軒で、それぞれ南側と西側に伸びていて、◎の軒の角の軒下に樹木を植えようということです。
 この軒は、
 この軒下は、深く、西側に約2メートル張り出し、南側に約1メートル張り出しています。
 ですから、◎地点は、西側に向かって、約1.5メートル軒から内側の地点になります。
 この地面の土壌は、乾燥していて、しかも...続きを読む

Aベストアンサー

サボテンは無理ですよ。直射日光が当らず西日だけ当る場所では育ち
ません。またサボテンが生育する土質ではありません。
サボテンではウチワサボテンの一種なら地植えは可能ですが、ただし
ウチワサボテンには芒刺(ぼうし)と言う独特な刺があり、この刺に触れ
ると刺が抜けにくいので、あまり勧められません。
雪深い地域や寒冷地域では育ちません。

書かれた図面では何が何だか分かりません。説明はされていますが、
それでも分かりません。図面は必要ないように思えます。

希望されているのは土質を選ばず、西日に強く日陰でも育つ樹木だと
思います。条件が厳し過ぎますから該当する樹木は無いでしょう。
それでは回答にならないので、とりあえず日陰に強い樹木を幾つか書
こうと思います。ただこの中には西日に弱い物や土質を選ぶ種類も含
まれています。あとは自分で図鑑などで調べて下さい。

ヒイラギ、ヒイラギナンテン、アオキ、イヌツゲ、サカキ、マンリョウ、イチ
イ、ヤツデ、アジサイ、イヌマキ、クロガネモチ、ツバキ、サンゴジュ、
モッコク、ドイツトウヒ、シャリンバイ、ジンチョウゲ、センリョウ、モチノキ、
など

サボテンは無理ですよ。直射日光が当らず西日だけ当る場所では育ち
ません。またサボテンが生育する土質ではありません。
サボテンではウチワサボテンの一種なら地植えは可能ですが、ただし
ウチワサボテンには芒刺(ぼうし)と言う独特な刺があり、この刺に触れ
ると刺が抜けにくいので、あまり勧められません。
雪深い地域や寒冷地域では育ちません。

書かれた図面では何が何だか分かりません。説明はされていますが、
それでも分かりません。図面は必要ないように思えます。

希望されているのは土質を選ばず...続きを読む

Qインターネット上で閲覧できる植物図鑑のサイトを教えて下さい。

名前がうろ覚えで申し訳ないのですが、枝も葉も食べることのできる食用植物「シズ」が写真入りで掲載されている、インターネット上で閲覧できる植物図鑑をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

できれば、公式サイトを教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「シズ」という和名や科名で調べてみたのですが見つかりませんでした。
インターネット上の植物図鑑を紹介します。

ハイパー植物図鑑
 http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/plant/plant.html

デジタル植物図鑑
 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/96plant/new.plant.html

ガーデンエクステリア植物図鑑
 http://www.shinnikkei.co.jp/exterior/zukan/

Q 8年前地植えした1才藤がまだ一度も咲いていません。家の西面50cmx

 8年前地植えした1才藤がまだ一度も咲いていません。家の西面50cmx150cmくらいの地面で回りは通路の舗装と家の土台に囲まれておりかなりの悪条件です。(西向きだけあって西日は強烈に当たっています。)
 根元は太さ8-10cmもあり、毎年ものすごい勢いでツルが伸び2階雨戸に入り込んだり電線に絡み付いたりと手入れが大変で、咲かないのであれば切ってしまおうかとの思いが頭をかすめます。
咲かせることはできますでしょうか?

Aベストアンサー

伸ばし放題では花は咲きません、剪定が必要です。

参考URL:http://www.geocities.jp/e55amg_sinagawa/page035.html

Q熱帯植物図鑑

日本語で書かれた熱帯植物図鑑(書籍)にはどんなものがありますか。できれば新しいのを紹介してください。

Aベストアンサー

「花図鑑観葉植物・熱帯花木・サボテン・果樹
(草土出版)2000.9」ISBN:4-7952-9570-0
などはいかがでしょう。

現実には、ほとんど刊行が無いですね。

国立国会図書館「NDL-OPAC」で
「件名」の欄に『熱帯植物』と入れてサーチしてみて
ください。
東京都立図書館も同様です。詳細検索にして「件名」から検索します。

 「件名」は図書館の図書分類で共通用語になっていますから、タイトルor書名で見つけられないときに使うテクニックです。

参考URL:http://opac.ndl.go.jp/Process

Q小石だらけの空き地に どんな野菜を植えたらいいでしょうか?

 4年前 空き地にフェンスした時 業者(夫の知人)が 河原の砂利を入れて整地しました。私は畑にしたいから 畑用の土を入れてと言ってたのに・・・
 今までは砂利のまま コンフリー、はぶ、紫蘇、ハーブ植えてました。草よりましかなと。花や野菜を植えたいので 先週から 少しずつ 小石取り除いてます。(小石ばかりです)
 気長に砂利を取り除き 堆肥を入れながら 畑にするつもりです。今 砂利だらけの土地に植えるのでしたら どんな 野菜がいいのでしょうか?それとも まだ土作りした方がいいのでしょうか?
 

Aベストアンサー

#3さんへ

>No.2の方が薦める大根やにんじんなど根菜類は、やめた方がよいでしょう

薦めてませんよ。もう一度よく読んでいただきたい。
「長芋や長ねぎ、大根、ニンジンなどを植えるのでなければ、土の層はそれほど厚くなくても何とかなります」
つまり、土の層が薄い場合、長芋や長ねぎ、大根、ニンジンは不向きだと書いたつもりなのですが、分かりにくかったでしょうか?

誤解のないよう、補足させていただきました。

質問者さんへ

#3の方が書かれる葉物野菜も良いと思います。
秋から冬にかけては虫もつきにくいので。
(逆に、春~夏に小松菜など植えるのはやめたほうが良いです。モンシロチョウの格好のエサになりますし、筋っぽくて固くなりがちです)

#2で書いた豆類についていえば、スナックエンドウがお勧めです。スーパーなどで売っているものは、実入りが十分でなく、「さやえんどうの少し大きいもの」という感じですが、ご自宅で十分実が大きくなるまで育てると、甘くてみずみずしくて、とても美味しいです。自家製のスナックエンドウを一度食べたら、スーパーで売っているものは貧相で食べる気になりませんよ。
エンドウは連作障害が出やすく、一度植えると5~6年は間を空けないといけませんので、最初の年に植えてみるのも良いかと・・・。

#3さんへ

>No.2の方が薦める大根やにんじんなど根菜類は、やめた方がよいでしょう

薦めてませんよ。もう一度よく読んでいただきたい。
「長芋や長ねぎ、大根、ニンジンなどを植えるのでなければ、土の層はそれほど厚くなくても何とかなります」
つまり、土の層が薄い場合、長芋や長ねぎ、大根、ニンジンは不向きだと書いたつもりなのですが、分かりにくかったでしょうか?

誤解のないよう、補足させていただきました。

質問者さんへ

#3の方が書かれる葉物野菜も良いと思います。
秋から冬...続きを読む

Q植物の図鑑

植物の図鑑で、いいものはないでしょうか?
子供向けというよりは、本格的なものです。

図は、写真のものでも、絵のものでもいいものがあれば教えてください!

Aベストアンサー

植物の図鑑といえば牧野先生でしょう。

北隆館という出版社から復刻も含めて出版されています。プロ使用に十分耐えます。

参考URL:http://www.hokuryukan-ns.co.jp/books/zukan.html

Q畑に小石は必要? 取り除いた方がいい?

畑の土作りについてです。

先月中古で家を購入し、庭に畑が出来るスペースがありましたので、土を耕してこれから野菜を育てようと考えています。
石灰入れたり、腐葉土入れたり、1ヶ月ほど下準備はしてきました。

これから野菜(トマト・トウモロコシ・芋・ナス、等)を育てようと思っていますが、土がどうしても現状「玉」になってしまいます。
一見、石の様な塊が沢山出来ています。

ふるいにかけてみると、ちょっとの量の土から大量の小石が出てきます。

これらの小石は取り除いた方がいいんでしょうか?

小石を取り除くと、土はサラサラになります。
近所の畑を見ると、土は同じようにサラサラっぽいです。

小石が入っていると排水が良くなる、とかあるんでしょうか?

地道に小石を取り除いていくのも、かなりの労力を要しますので、
それでもやるべきかどうか迷っています。

ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

細かい石まで全て取り除いてしまうと、固まりやすい土になっていまします。
それに、作る作物次第ですが、根もの野菜(大根やニンジンなど)でない限り、石があっても影響はありません。
目安としては、根もの野菜を作るところ以外は、1cmくらいまでの石はあった方が良いです。
むしろ、細かい石が多く入った山砂をドッサリ入れると大変良い土になります。
私は100平米の畑でやっていますが、2cm以上の石は、耕すたびに取り除きますが、それより小さなものは取りません。
大根やニンジンを作るところも山砂と牛糞をドッサリ入れてフカフカの土にしておけば、1cmくらいの石はあってもかまいません。
成長する時に押しのけて行きます。
土が固いと形が悪くなるだけで、問題はありません。

Q植物図鑑を眺めたりする人と出かける場所について

友人で植物図鑑を眺めたり、釣をしたりするのが好き人がいます。
どういうとこに行ったりすると相手は喜ぶのでしょうか?
水族館とか博物館でも相手は喜ぶのでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

友人の方とは少し違いますが、私も釣りや昆虫が大好きです。

植物なら博物館か植物園で、個人的には都内なら夢の島熱帯植物園などがお勧めです。
遠出してもいいんだったら、近場の山や湿地などで珍しい植物を見るというのも面白いです。
釣りなら水族館でOKですが、海釣りをするのであれば地元の魚の展示が充実している江ノ島水族館などがお勧めです。
あと、食事などのついでに一緒に釣具店に行っても喜ぶと思いますよ。

こういう趣味を持つ人は、もちろん個人的に近場の博物館や植物園にすでに行っていると思いますが、何度行っても面白いと思いますし、結構いつでも期間特別展示なんかがやっていますので、それに同行しても喜んでもらえると思います。

面白い話が聞けるかと思いますので、是非楽しんでください!

Q大きめのフルイに残った小石、根

去年の秋から育てていたコウタイサイ、ワケギの使った土を再利用する予定です。
何度かいろんなサイトを見たりこのサイトで相談して分かった事は
(1)プランターの土を上から2cm位の土は取り除き
手で育て後の植物を抜き取り、鉢から土を取り出す。
(2)手で大きな石、残った根、鉢底石など取れるものを取り除く
(3)乾かしてから大きめのフルイにかける
(4)細かいフルイにかけフルイに残った物を使い
網を通した細かな土は処分
(5)(4)のフルイに残った土(私の場合はバケツ)に入れて
熱湯を流し入れて混ぜ、最後に苦土石灰を入れて酸度を調整してから黒いビニールに入れて熱消毒する。
(6) (5)の土4割に腐葉土2割、赤玉土2割、培養土を2割位で土を作ります。
間違っていたらお教えください。

これらの中で気になった事があります。(3)の大きめのフルイで残った物を鉢底用に取っておくと聞きました。
小石、木屑、軽石などは分かるんです。ただこの中には
細かい根や土の塊が混ざってます。それらを取り除くのもやっかいなもので前までは捨てることにしてたんですが「鉢底用だと使った方が良い」と思ってます。

この鉢底用に使うのもそのままで良いのでしょうか?
細かいフルイで残った土は熱湯、苦土石灰、太陽の熱消毒をしましたが同じように別の黒い袋に入れ苦土石灰、熱湯消毒すべきですか?(熱湯だと土の塊は粉々になると思います。)
それとも鉢底用だとそのまま入れても構わないのでしょうか?

去年の秋から育てていたコウタイサイ、ワケギの使った土を再利用する予定です。
何度かいろんなサイトを見たりこのサイトで相談して分かった事は
(1)プランターの土を上から2cm位の土は取り除き
手で育て後の植物を抜き取り、鉢から土を取り出す。
(2)手で大きな石、残った根、鉢底石など取れるものを取り除く
(3)乾かしてから大きめのフルイにかける
(4)細かいフルイにかけフルイに残った物を使い
網を通した細かな土は処分
(5)(4)のフルイに残った土(私の場合はバケツ)に入れて
熱湯を流し入れて...続きを読む

Aベストアンサー

消毒して入れるのがベストですが、そのまま使用しても特に問題はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報