我家の玄関ホールの照明器具は天井直付けの直径22cm程度のダウンライトです。
このたびある事情によりそのダウンライトを撤去し直径30Cm程度の丸型直付けの照明器具に変更することとなりました。
ダウンライト撤去後の位置に取り付けられればダウンライトが埋め込んであった
直径20Cm程度の穴は隠れますがそれが出来ない位置に新たな器具を取り付けなければならないのです。
ちょうど「雪だるま」のように二つの円が少し重なりつつずれる予定です。
そこで新たな器具と同心円に直径65Cm程度の板状のもので幅広のふちをつけて穴を隠そうと考えています。
安価な部材で加工のしやすいものを皆さんに御教授して頂きたいのです。
私が考えているのは既成の木製の丸テーブル位しか思い浮かびません。
例えば意外なところでたらいの底を使ったらどうかとか、何々のこの部分を使ったらどうかというようなお知恵が欲しいのです。
なるべく安価で加工のしやすいものまたは加工のいらないものがベストです。
ドーナツ状のものでも場合によってはOKです。
皆様よろしくお願いいたします。

我家にはジグソー・電機ドリル・ルーター等DIY器具はあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私なら6mm厚くらいの化粧合板を買って、自由形状の板をデザインを工夫して切り出します。

色をどうしようか、光沢は?とか輪郭面の仕上げなどにもデザイインが工夫できるでしょう。ジグソーがあるのなら切り出すのも割りと簡単でしょうね。楽しいDIYの時間になると思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
6mm厚なら加工しやすそうですね、丸テーブル部材でほとんど決めかけていましたが厚さが厚すぎるかなぁとも思っていました。
参考にさせていただきます。

補足日時:2009/05/23 12:54
    • good
    • 0

金属板なら、レーザーNC加工できる工場に相談すれば、どんなものでも簡単に作ってもらえます。

金額もそんなに高いものではありません。

既製品でと言うことなら、手すりの設置などで使う穴あきプレートとかエンドキャップはどうでしょうか。ステンレス部材扱ってるとこなら、持ってます。

この回答への補足

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

補足日時:2009/05/29 16:49
    • good
    • 0

1さんがおっしゃるように


この文面だと、板とおっしゃるのが普通では無いでしょうか?
ジグソーも有ると言うことは、ご自分で加工されると
読み取れます。
既成の丸テーブルも高価ですよ。

板に塗装して、一体化したパターンが自然だと思います。
白が良ければ、白い真四角の板でもいいですし、
アクリルを貼り付けてもいいですし、
円に切ったりするのは、簡単で一番手軽だと思います。
安価でありながら、既成が欲しいとなると
デザインもありますし、難しいですよね。

この回答への補足

そうですね…。
ありがとうございます
参考にさせていただきます。

補足日時:2009/05/23 07:06
    • good
    • 0

ドラム缶のふたがちょうどそのくらいですね。

でも加工は木より難しい。。。
http://www.k-yamako.co.jp/200kan1.html
(下の緑のドラム缶参照)

ドラムつながりで楽器のドラムの一番大きいやつ(バスドラム)の皮(ヘッドといいます)は24インチのがちょうど60cmです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp? …

やっぱりテーブルやちゃぶ台の天板が無難ですかね・・・
http://www.rakuten.co.jp/ii-kaguyahime/1730096/1 …

(我ながら発想が貧困だ...
    • good
    • 0

ジグソーがあるのなら板を丸く切ればいいだけですけど?

この回答への補足

単純明快な回答御礼申しあげます。
汎用品で代用品があればとの思いからの質問です。
回答ありがとうございました。

補足日時:2009/05/22 15:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭素鋼とS45Cの説明

炭素鋼とS45Cの違いとは何ですか?
また、炭素鋼とはどのようなもので、S45Cとはどのようなものですか?
回答をお願いします。

Aベストアンサー

※炭素鋼
鉄と炭素の合金のことである。炭素含有量が、最低で0.02[mass%]含まれるものを指す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E7%B4%A0%E9%8B%BC

※S45C
炭素の添加量が0.45質量%の場合は,「S45C」と表記される。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD_LEAF/20050808/107437/


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%BC
世間一般の人が鉄というとSS材のことで、SC材は鉄より強い性質があり、
軸など強度が求められる場所で使われることが多い。

Q直径5cm×2m程度の破竹を真直ぐにする方法は?

破竹(Φ5cm×200cm程度)を真直ぐに修正し、小屋の屋根材料に利用したいと考えています。バーナーで加熱するのが良いと思いますが・・・青竹の撥水性を損ねることなく、耐天候性を保ちつつ、」加工するには、どうすればよいでしょうか?何方か詳しい方ご指導お願いします!!・・・陰干しし、ペンキを塗ろうとは考えています。

Aベストアンサー

2~3年物を選び、冬前に伐採するのが最も水分量も栄養分も少なくて腐食しにくいのですが、竹の表面にはシリコン油があるので、陰干ししてもなかなか水分が抜けず(数年)、屋外で使うと微生物にやられやすいです。同じくこのシリコン分のおかげで、青竹には水性・油性問わず塗装も食いつきません。
「油抜き」すると乾燥もしやすいですが、今度は耐候性が期待できません。

そこで、熱処理します。
節を抜いた青竹を100℃程度の熱風に数時間あて、乾燥と同時に表面に油分を染みださせて「自己コーティング」します。黄味の強い竹色になり、耐久性はかなり向上します(さすがに5年も10年もノーメンテってわけにはいきませんが)。
更に茶色く変色しますが、「燻す」のも手軽です。節を抜いてドラム缶やトタンで覆い、焚火の煙を通す感じ。燻し竹を作るわけですね。

~~~

曲がりを矯正するに矯め木を使います。
http://freestone.jpn.org/fml/rod/rod35.shtml
内部までまんべんなく加熱する必要があるため、バーナーよりも遠赤効果の高い炭火か電熱器(ストーブ)の方が使い良いです。

2~3年物を選び、冬前に伐採するのが最も水分量も栄養分も少なくて腐食しにくいのですが、竹の表面にはシリコン油があるので、陰干ししてもなかなか水分が抜けず(数年)、屋外で使うと微生物にやられやすいです。同じくこのシリコン分のおかげで、青竹には水性・油性問わず塗装も食いつきません。
「油抜き」すると乾燥もしやすいですが、今度は耐候性が期待できません。

そこで、熱処理します。
節を抜いた青竹を100℃程度の熱風に数時間あて、乾燥と同時に表面に油分を染みださせて「自己コーティング」しま...続きを読む

Qs45cのアーク溶接

車用部品を製作の為、s45cでの旋盤加工の発注をする為に、図面製作中なのですが、旋盤加工後、アーク溶接にて溶接予定でいました。
今日、ネットで色々調べていた所、s45cの溶接は、余熱?等の前処理が必要で、単純に溶接しても、すぐに溶接が外れるとの文章を目にしたのですが、本当なのでしょうか?

その部品自体、最大で1~2トンの力がかかりそうな部品ですので、強度をssよりも上げたいのですが、もし、s45cでは、溶接困難でしたら、他の材質に変えたいと思うのですが、何か良い材料はありますか?

Aベストアンサー

溶接技術の宝庫↓

車用部品で、しかも1~2tonの重量が掛かる・・・
動体で振動を伴う部分での使用に際してなので、
充分な材質特性知識&溶接知識は必要です。公道ですよね??
自己責任の範囲を超えぬ様、まずは特性からどうぞ↓↓
「長いURLですがピンポイントだと思います」

http://www-it.jwes.or.jp/search/usearch.jsp?p_Query=s45c&p_Cond=1&bnrui_no1=7&bnrui_no2=&p_Action=Search&p_DefGrp=D_QA&line_num=10&act=search

Qプロリペアで直径3cm厚さ3cm程のスイッチ部品つくれますか?

プロリペアで直径3cm厚さ3cm程のスイッチ部品つくれますか?型枠材もふくめて・・

Aベストアンサー

プロリペアって、プロの修理屋さんの事ですかね?

樹脂部品としたら…

壊れた部品の復元なら、「元の部品を切った貼ったで形を復元 → 復元した部品から型を取る → 型に樹脂を流し込む」って感じでオリジナルに近いものを作る感じです。
リペア屋さんて言うよりは、リビルト屋さんに近いと思います。
強度的に問題ないなら、「切った貼った」の段階で完成ですね。これならリペア屋さんでも対応できそうなところがありそうです。

質問が、1から作るって事だとすると
樹脂の塊から削り出すってことになります。3次元のモデルデータが必要になります。
試作屋さんの仕事になります。

Q水冷したS45Cの再加熱について

水冷し、マルテンサイト相にしたS45Cを620℃で再加熱したら、パーライトとフェライト(おそらくフェライトバンド)になっていました。S45Cの変態温度は727℃であるのに、なぜでしょうか?ちなみに真空雰囲気で冷却し、常温になるまで1時間ほどかかりました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

良い経験をなさいました。固体内の拡散速度を考えることになります。
最初にS45Cをオーステナイト化したときに、均一なオーステナイト相になっていなかったと考えるべきです。事実そうです。それで焼入れしてマルテンサイトを得たときにも炭素濃度には局所的な揺らぎが残っていたのです。この組織を620℃に持ってきたときには、それが極短時間ならば局所的には微細な炭化物とα鉄とに分離したはずです。ところが620℃でかなりの長時間を与えますと、組織の背後にあった炭素濃度の揺らぎが表れてきて、炭素の濃淡が出発材と同じ程度に「見えて」くるのです。厳密にはセメンタイトの形状が少し乱れます。これら処理を繰り返せば「セメンタイトの球状化処理」に繋がります。ご勉強ください。
考えるべき要素は「1、固体内の拡散は遅い」「2、異相界面には表面張力が無視できない」でしょう。

Q大きな隙間(2cm×50cm程度)を埋める方法

台所にネズミが出るようになり、
進入経路を探した所、壁と流し台の裏から入ってきていました。
1週間で20匹も捕獲する勢いです。

どうにかして塞がないと、いつまでも進入してきそうです。
この家はまともな建築でないらしく、
大家が大工で自分で建てたのだそうですが
床がナナメって立て付けられていたりして
流し裏もそれと同様に適当なつくりなようです。

計ったところ、幅2cm、高さ50cm程度ですが
これをどうやって塞げばよいのか思案中です。
正面から見ると、

[コンロ台][シンク]
[壁] ★[流し台 ] ←この★の部分の奥壁に隙間

上にはコンロ台があり、奥まっているので手は入りますが
潜って作業はできません。
テープ張りでは、簡単に破られそうな気もしますし、
隙間パテでは乾く前に崩れそうですし。
木を打ちつけるにしても、狭いため難しそうです。

日曜大工はほとんど経験がないため、知恵がまわりません。
何か良い方法を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

私が対応するとしたら...

・ホームセンターのステンレスの金網を買ってきて

・くるくる丸めて押し込む

・その前を板か段ボールで押さえる

ずぼら対応ですが...(笑)。

Qワッシャーの材質について(S45C、SUS304、SUS420J2)

ネットでワッシャーを買おうと思うのですが、材質を下記の中から選べるようになっています。
一番品質が優れている材質はどれでしょうか?

S45C
SUS304
SUS420J2

また、S45Cの表面処理は「四三酸化鉄皮膜」と「無電解ニッケルメッキ」という2種類があるようですが、それぞれ品質や見た目にどのような違いがあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

品質はみなほぼ同じです

材質の違いです

炭素鋼で炭素の添加量が0.45質量%の場合は,「S45C」と表記さます
http://www.neji-nakamura.co.jp/mame2.htm

SUS304
SUS420J2
http://mizumoto-mm.co.jp/chain_j/CH01-1_.html


使う用途により使う場所が違うだけです

屋外では
SUS 又は 溶融亜鉛めっき など 腐食に強い物


大きな力が掛かる
SUS420J2 や 高炭素鋼の物

などを選り分けて使うことに成ります

Q直径5mm程度のスチール棒の切断方法・工具について

スチール製の網棚を買ったんですが、いくつか気に入らない部分があり、そこだけ切断したいと考えています。直径3~5mmの棒状の部分です。近所のホームセンターに片っ端から問い合わせたのですが全て断られてしまったので、自力でどうにかしようと思うのですが、そのような工具というのは容易に購入できるのでしょうか?またおおよその相場も知りたいです。ニッパーやペンチのような形状のものをイメージしています。どなたか経験豊富な方がいらっしゃいましたら、ぜひご教授お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。DIYが趣味のものです。コスト的にはNo.5さんの言うとうり、金ノコ(ある程度高い物)がいいと思います。安い金ノコは刃の焼き入れが甘いので、すぐに切れ味が悪くなります(切れなくはありませんが、力を入れないと切れないので異常に疲れます)金銭的に余裕があればNo.1さんの言うボルトクリッパーが楽です(3~5mmだと大きい方がいいです)いずれの場合も切断したら、切り口を『鉄工ヤスリ』(5本セット位の方がいいです。後々色々使えますので)で研磨して、バリを取って(スチールでしたら簡単に研磨できます)切り口でケガをしないように加工した方が安全です。頑張って下さい。

QS45CとSC45の違い

S45CとSC45の違いを教えてください。
色、強度等おねがいします。
初心者なので名前が似ていてよく間違えます。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

Sが頭に付くと、スティールで鋼(鉄を成分調整し、指定の強度を持たせたもの)を表し、
次のアルファベットは成分、もしくは、作り方を表します。
S45Cは0.45%の炭素が混入してあるということです。
SCのCは、#1さんの言われる通りキャスト(鋳造)のCです。
ねずみ鋳鉄はFC、ダクタイルはFCDとなり、45はその引っ張り強度を示しています。
1平方ミリで450Nの引っ張り強度があります。(伸びないってことじゃないです。降伏点に達しないってことです)
S45Cは一般的に平鋼や丸棒で売られ、加工します。
SC45は型に流して、自動車の部品など、複雑な形状を必要とするものに使われます。この場合焼きが入ってしまうので、焼きなましして、指定の硬度まで下げて加工できるようにします。

Q直径25㎜の穴に、直径24.5㎜の丸棒は通りますか?

金属加工の経験者様に御聞きします。
直径25㎜の穴に、直径24.5㎜の丸棒は通りますか?
①通らない。
②擦りながらキツキツ入る。
③簡単に入り隙間が出来る。

また、
通常、直径25㎜の穴に、丸棒をガタつきなく(隙間)差し込むには、丸棒を何ミリに製作するものでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

③簡単に入り隙間が出来る。
金属部品加工の分野で0.5ミリの余裕は、いわゆる「スポスポ」です。

どういう仕上がり、機能、を期待すして設計するのかによります。
はまるかどうかだけで言えば、0.1ミリでも隙間があればはまります。
穴加工が一般的なドリル刃なのか、環状刃物なのか、機械での切削仕上げなのか。
材料の材質、厚みはどのくらいなのか。
手ではめ込んでピッタリ、とか、プレスで圧入してピッタリ、とか。
棒は、固定するのか、取外しするのか、とか。
穴に貫通して回転やスライドなどの動きをするのかどうか、とか。
などの諸条件で寸法が変わってくると思います。

そこまで言わない、と言う話なら
例として、条件によりますが、通常の鉄鋼ドリル刃の10ミリで軟鋼に穴あけして、その穴に一般的な磨きの10ミリ丸棒がほぼぴったりとはいって動いたりします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報