痔になりやすい生活習慣とは?

腕時計を買おうと思うんですが、僕が買おうとしてる腕時計はチタンベルトとステンレススチールがあって、チタンベルトはステンレススチールより一万円ぐらい高いです。
そこで質問なんですが、チタンベルトは軽くて、錆びにくくて、耐久性が良いと聞きますが、実際つけてみてそんなに違いがあるものなんですか?一万円も多く払ってまでチタンにする必要があると思いますか?
僕の買う時計は四万円位する時計でこれからずっと使い続けるると思うので、買ってから後悔したくないんで、回答よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

ステンレススティールはスポーツウォッチに使われることが多いようです。



AllAboutメンズスタイル 「素材」から最新トレンドをチェック
https://allabout.co.jp/gm/gc/195678/all/

A 回答 (7件)

私は金属アレルギーの面から、チタンを選びました。


あなたに金属アレルギーがないのなら、あとはお好みです。

多くの方が書いておられますが、軽い、錆びにくい、丈夫、見た目、あと、着けた時のヒンヤリ感が少ない、などがあります。

重量…個人差で気になるかならないかもありますし、軽いをよしとするか、軽いのを安っぽいと見るかにもあります。

錆びにくい…ステンレスも鉄と長時間ひっついていると錆が移ることもありますが、時計ではそのような状況は考えにくいですね。

丈夫さ…キズがつきにくいといっても、コンクリートなどと擦れるとやはり多少の傷はつきます。ステンレスと比べると丈夫なのは確かですが。

見た目…私の時計はガンメタっぽい色ですが、ステンレスの光沢とどちらが安っぽいと見るかは好みです。

ヒンヤリ感…冬場など、はめた時のヒンヤリ感は少ないです。気になるかどうかですけど。

ちなみに私の時計は、アーミータイプのクロノグラフで盤面とチタンの色合いもよくマッチし、非常に気に入っています。
    • good
    • 29

私はステンレススチール(SS)で十分だと思いますけど、軽い・アレルギー等は皆さんが仰ってる通りです。



でも私から見れば腕時計の重さ(差)など微々たるもの、余程~ハードな仕事・肉体労働をしているのなら気になるかもしれませんけどね。

私はチタンの色が好きじゃないので買う時はSSを選びます、文字盤が際立ちますし強度も十分!痒くなった事もありません。自動巻きの時計なんかは元々重いですし、気にしていたら私が使ってるパネライなんかは絶対無理ですから。

まあ1番簡単な方法は自分の「好きな方・気に入った方」、普段の服装を想像して「使いやすい方・合わせやすい方」を選ぶ事。それがシンプルで後悔のない物の選び方じゃないですかね、時計は長く使える物ですから例え1万多く出したとしても無駄な出費にはならないはずですよ。
    • good
    • 12

チタン製の時計を7年使ってますが、


他の人も書かれているように軽いですし、
なにより、丈夫です。

私の時計はフェイスが大きいため、
よくいろんなところにぶつけましたが、
ぶつかった相手(車、家の壁等)に傷がつくことはありましたが、
7年たった今でも時計は無傷です。
    • good
    • 13

 金属アレルギーが起こりにくい。


 軽い。
    など利点が有ります・・・が加工がしにくいので高価になってしまいます。

 金属アレルギーの人は皮ベルトにすれば・・・と思われますが、皮の加工にも金属系の物質が使われるので金属アレルギーがでてしまうのです。
    • good
    • 7

ダメ押しですが、チタンをお勧めします。



軽いだけでなく、夏に汗をかいたときなどもかゆくなり難いんですよ。
もちろん個人差があると思いますが、アレルギー反応を起こしにくいからなんだと思います。

それとチタンは丈夫です。長く使うならチタンをお勧めします。
    • good
    • 21

腕に付けられると分かりますが、非常に軽いですよ(ケースもチタンでないと駄目かも?)。

一度、試してみてからにした方が良いと思います。
    • good
    • 20

こんにちは



それでいてアレルギーが起きにくいです
軽いですよチタンお勧めいたします
ただ色味が黒っぽくなりますので
見た目で判断されてもいいですけど
軽いのはチタンです
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるので

ソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるのでしょうか?

メーカーの説明を読むと、光に当たっている限り、半永久的 (?) に1秒の狂いも無く動き続けるように感じるのですが、本当のところ、どうなのでしょうか?

このカテでも同じようなQ&Aがあったのですが、半永久というのは言い過ぎだという回答が多かったです。

仮に現在の技術で半永久が可能となったとしても、針式(アナログ式)の時計は可動部分があるため、何年かすると補修の必要が出るように思うのですが、それはどうでしょうか?

もうひとつ

ソーラーじゃなく、普通の電池タイプの腕時計の場合、メーカーの説明で電池の寿命が3年とか5年とかの表示があるのですが、購入した製品があと何年の寿命なのか確かめる方法ってあるのでしょうか?

実際の店頭にはそんなに古い製品は無いという話を聞いた事がありますが、もし買って半年で電池切れになり、クレームをつけても、「残念ですが、あなたが購入したのは、あと半年しか寿命が残っていない時でした」 と言われたら、どうしようもないように感じます。

本当に買ってから3年とか5年は確実に電池はもつのでしょうか?

ソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるのでしょうか?

メーカーの説明を読むと、光に当たっている限り、半永久的 (?) に1秒の狂いも無く動き続けるように感じるのですが、本当のところ、どうなのでしょうか?

このカテでも同じようなQ&Aがあったのですが、半永久というのは言い過ぎだという回答が多かったです。

仮に現在の技術で半永久が可能となったとしても、針式(アナログ式)の時計は可動部分があるため、何年かすると補修の必要が出るように思うのですが、それはどう...続きを読む

Aベストアンサー

ソーラー電波アナログ腕時計を3年数ヶ月愛用してます。
勿論、1秒の誤差なしで動作中ですが、それ以前に購入したソーラー・クォーツ・アナログ腕時計は購入後8年程度経過して現在もノンストップで動作中です。
寿命になりそうな部品は、内蔵バッテリーとソーラーパネルと考えられますが、8年以上の使用実績がないので私の場合は未知数です。
8年の使用実績から、私の予想ですが20年は使えると思ってます。

他に、酸化銀電池を使用するアナログ・クォーツ腕時計を3つ持ってます。
いづれも電池寿命は3年程度ですが、古い初期の物は40年近く経ちますが、現在も動作します。
但し、途中で幾つも腕時計を購入してるので、電池切れを何度かさせてるので連続動作ではありません。

同じ時期に購入したグランド・セイコー自動巻腕時計は約40年間に2度分解掃除をしてますが、現在も健在で動作します。
それ以前の時計は紛失しました。
これ等を総合的に考えると腕時計本体は40年間は自動巻でもクォーツも使える結論です。
時計本体より先に金属バンドがダメになる印象です。
尚、電池式クォーツ腕時計の内蔵電池は「購入時はモニター電池」です。
時計メーカーが製造時に装填するので購入時に1年経過してれば、3年の電池寿命の物は残り2年になります。
電池切れで新品電池を装填した時はメーカー発表の電池寿命は保証されます。
私の場合は、どんな腕時計でも5~10年で「飽きる」ので腕時計に何10年の寿命は期待してません。
それでも40年は動作してる現実があります。

ソーラー電波アナログ腕時計を3年数ヶ月愛用してます。
勿論、1秒の誤差なしで動作中ですが、それ以前に購入したソーラー・クォーツ・アナログ腕時計は購入後8年程度経過して現在もノンストップで動作中です。
寿命になりそうな部品は、内蔵バッテリーとソーラーパネルと考えられますが、8年以上の使用実績がないので私の場合は未知数です。
8年の使用実績から、私の予想ですが20年は使えると思ってます。

他に、酸化銀電池を使用するアナログ・クォーツ腕時計を3つ持ってます。
いづれも電池寿命は3年程度...続きを読む

Q安っぽく見える腕時計と安っぽく見えない腕時計の違い

今回初めて質問させて頂きます、宜しくお願いします。
僕はスーツを着る仕事をしているのですが、お客様と会うこともあり、一応マナーかと思い腕時計を着用しております。
ただ、僕はプライベートでは腕時計を使用する事はなく、仕事時の腕時計についても時間を確認する為のツールと割り切り、量販店で袋に入って売っていた適当な物(金属ベルトで白い背景のもの。確か千円くらいだったと思います)を着けています。
すると先日上司から「高級な時計をする必要はないが、見るからに安っぽい時計はやめておいた方がよい」と指摘されました。

実際安物なので安っぽいのは当たり前だと思うのですが、では安っぽく見えない時計ってどういう物なのでしょう?時計に興味がないので見るべき所がわからないのです。
先輩に聞いた所、オシアナスを奨められたのですが、高すぎて予算に合いませんでした。
それならセイコーの時計を買っておけば大丈夫だろうと言われ、一度お店に見に行ったのですが、どれも同じ様に見え、それでも価格には相当の開きがあり、安い物はやはり安っぽく見えるのだろうか?じゃあいくら以上の物を買えば…と迷うばかりでした。

そこで皆さんがこの時計は安いであろう、と見抜くポイントみたいなのがあれば教えて欲しいです。
同じ様なシンプルなデザインでも、こういうのはそれなりの値段がする。この値段以上の物なら間違い無い。などです。

20代のサラリーマンが着けていると好ましいと思われる具体的な商品名もあれば教えて欲しいです。
予算は頑張って3万くらいまでと考えております。これでは厳しいでしょうか?
宜しくお願いします。

今回初めて質問させて頂きます、宜しくお願いします。
僕はスーツを着る仕事をしているのですが、お客様と会うこともあり、一応マナーかと思い腕時計を着用しております。
ただ、僕はプライベートでは腕時計を使用する事はなく、仕事時の腕時計についても時間を確認する為のツールと割り切り、量販店で袋に入って売っていた適当な物(金属ベルトで白い背景のもの。確か千円くらいだったと思います)を着けています。
すると先日上司から「高級な時計をする必要はないが、見るからに安っぽい時計はやめておいた方が...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私は、腕時計マニアというほどではありませんが、幼い頃からメカ好きでしたので子供時代には柱時計や目覚まし時計を分解しては親に怒られてましたので、腕時計にも興味を持ってます。

ですから、高校入学時に自動巻きの「セイコー5」を買ってもらった時は嬉しかったです。

ですが、セイコー5の精度に不満を持ち始めて、社会人になって直ぐに初任給より少し高かった「グランド・セイコー」を自分が稼いだ給料で買った時も嬉しかったですね。

この、グランドセイコーはお気に入りで長年愛用してますが、ある時に会社の接待で高級クラブに招かれた際に「お客さんの腕時計を見れば、だいたいの年収と社会的地位が分かる」とホステスさんに言われたことにショックを受けました。

なぜなら、一緒に同伴した同僚はロレックスでしたが、私は単なるセイコー腕時計と見られたようで、明らかにロレックス腕時計をしてた同僚が上位の立場と扱われたからです。

この、影響も強かったようで、私も売値50万円(定価70万円)のロレックス腕時計を年末賞与の残金で衝動買いしてしまいましたが、自動巻き腕時計としての精度はグランドセイコーにロレックスは及ばないことを知り、セイコー腕時計に改めて誇りを持つようになりました。

以来、ソーラー電波腕時計やダイバーズ腕時計もセイコー製を買って愛用してますが、やはりセイコー腕時計は品質が良いです。

勿論、シチズンやカシオの腕時計も品質は良いと思いますが、腕時計を良く知らない人は「単純にメーカー名で判断する」ので、失礼ながら3万円までの予算ならセイコー製のクォーツ腕時計あたりが安っぽくは見られないです。

ただ、もう少し予算があれば4万円弱で買えるソーラー電波腕時計(セイコー・スピリット)あたりがお勧めになりますが、万能の腕時計はないと思ってください。

いくら、高価な腕時計でもスポーツにはドレス・ウォッチは似合わないですし、仏事に派手な腕時計は失礼になります。

また、ビジネスや冠婚葬祭の場にもダイバーズウォッチは似合いません。

従って、おとなしめなデザインの腕時計がビジネスの場には無難です。

こんにちは。

私は、腕時計マニアというほどではありませんが、幼い頃からメカ好きでしたので子供時代には柱時計や目覚まし時計を分解しては親に怒られてましたので、腕時計にも興味を持ってます。

ですから、高校入学時に自動巻きの「セイコー5」を買ってもらった時は嬉しかったです。

ですが、セイコー5の精度に不満を持ち始めて、社会人になって直ぐに初任給より少し高かった「グランド・セイコー」を自分が稼いだ給料で買った時も嬉しかったですね。

この、グランドセイコーはお気に入りで長年...続きを読む

Qステンレス と ステンレススチールの違いを教えてください

質問タイトルのままですが・・・

違いについて教えて欲しいと思いました

何でも良いのでお願いします

購入の際の参考にしたいです

Aベストアンサー

>ステンレススチールのキッチンバサミを買うのと
>ステンレス18-8は どちらが良いのだろう
>というところで悩み 質問させていただきました

ステンレス18-8とは#4さんの回答のURLにあるように、SUS304の事で、非常に広く一般的に使用されているステンレス(鋼)です。

「ステンレススチールのキッチンバサミ」・・・これはたぶんSUS440系のステンレス(鋼)と思われます。

「どちらが良いのか」と言う質問には使用用途が異なるので回答出来ないと言う事です。

SUS304は金属組織がオーステナイト系(簡単に言うと城の石垣状)で非磁性体です。金属表面に耐食性の酸化皮膜が形成されていて、サビを寄せ付けません。

SUS440系は熱処理等を加え金属組織がマルテンサイト(針状組織)に変化し、磁性体になり磁石に張り付きます。この金属はステンレスとは言えどサビます。

Q【グランドセイコー】より長持ちする機構は

人生で最後の時計となるような、
自分にとって大切な腕時計を買おうと思っています。

時計はグランドセイコーを買うつもりなのですが、
その際、ムーブメントを、メカニカルにするか、
スプリングドライブにするかで迷っています。

メカニカルとスプリングドライブ、
どちらも非常に長持ちしてくれるとは思いますが、
機構としてどちらがより、長期間の駆動に耐えると思いますか。

時計は、自分で装着する楽しみもありますが、
いつか自分が亡くなる際に子供に渡したいですし、
子供に渡した後も、少しでも永い期間、正常に動いていてほしいです。

電気駆動箇所のないメカニカルの方が安心であるようにも思いますが、
精度を保ったまま長期間の駆動に耐えるのはスプリングドライブかなと
思ったりもします。

どっちも長持ちするから大丈夫、というご意見も多いかと思われますが、
強いていうならどっちか、というニュアンスでお教えいただけると
大変ありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。拙い知見と主観になりますがよろしくお願いします。

>メカニカルとスプリングドライブ・・・どっちも長持ちするから大丈夫、というご意見も多いかと思われますが、強いていうならどっちか・・・。

SEIKOにお伺いが一番と思いますが・・・一個人のニュアンスで(苦笑)

先ず、初期不良などの問題があるのですが、この点は機械の個体差(出来不出来)もありますので言及は避けます(機械モノです。人間同様完璧はないので。ただ初期不良の繰り返し等はメーカーでもきちんと対処するよう依頼するしかない)。
あくまで、構造・機構としての考えです。またメンテナンス・修理等全般をSEIKOで診断・判断・対応することを前提とします。

主観は、現状では厳密には分からない、断言できないのでは?です。確かにフルメカニカル(略:MCとします)と電子部品込みのハイブリッドのスプリングドライブ(略:SDとします)と根本の相違もあるのですが・・・素人感覚です。

理由
(1)グランドセイコー(略GS)の補修部品(またはモジュール)の保有・管理次第が全てのため。

どんなに優秀な機械でも時には故障します。現代のGSの機械式では本当に少なくなったにせよ、過去初期不良はありますし(事例を見てる)、完璧は無いと思います。ただご存じのようにGSの構造や部品だけでなく組立・生産管理や品質全てのレベルがとても高いのは安心材料です。
ただ、故障時の対応として一番は補修部品の有無に尽きます。

・スプリングドライブ(SD)の構造
http://www.webchronos.net/sp/2012/06/gs_2/

・フルメカニカル(MC)(8振動.10振動)の構造
http://www.webchronos.net/sp/2012/06/gs_4/

日常や定期的にきちんとメンテナンスを実施していてもトラブルや傷みやすい部分の断定は不適切ですが敢えて弱いポイントは・・・調速機構部分です。主要部品は
MC:(テンプ・カンギ車・ひげぜんまい・アンクル等)
SD:(水晶発振子・IC・ステータ・コイル・ローター等)
なお駆動用のぜんまいは切れない方が当然良いですが、基本消耗品です。

どちらもパーツ保有が無ければ恐らく修理は困難です。それはSEIKO独自のパーツで他社代替えは困難。特にSD。
MCは歯車部品類と共に、機構の中では繊細な動作と運動量の調速機構。歯車・部品だけでなくひげぜんまいもSEIKO独自・自社製で社外互換が無いです。近代のひげぜんまいは常用ではそう切れないと狭い範囲で聴きますが・・・可能性の無理なツッコミ。ひげぜんまいは汎用・自社製含め世界で数社しか製造されてません。
(自分の知見で互換性有りましたら誤りですみません。あくまで性能含めオリジナルを確立・保証できる条件としてです)

(2)特にSDの耐久性がまだ未知数。

いきなり乱暴な!の話です(承知しての話し)。
MCは機械の型式が変わり進化しつつも、長年のキャリアがあります。設計思想や根柢の技術含め大昔からの積み重ね。
一方SDは主要はメカニカルですが、一番は調速部分の特異な構造の経年実績が、手巻きの市販(1999年)以降としても約16年。自動巻き(2004年)から約11年。振り返ると10年は経過してますネ。でも機械式はこの程度普通です。
もちろん過酷な耐久試験を設定し、長年の開発技術や経験を踏まえて余寿命評価をされているでしょう。そして特にこの電気系統は一般クオーツより省電力化しています。電子部品の電気的強度・耐力次第ですが、根本のパワーが低い方が部品への負担が軽くより安全サイド・長寿命に繋がります。

ただこの点の実際の実績評価は今後?と思います。昔と違い余寿命評価は更に進化し、クオーツ技術・機械機構技術としても確固たる実績があると思います。しかし過去にない特異性としての見方です(偏見とは思わないで欲しい)。機械モノ全般ですが経年や使用内容や評価する個数によって先が見えない事もあります。部分部分では実績の積み重ねでも完成品としての評価が出るのは経年後のある時期とも・・・(厳しめですが、経年使用の耐久実績評価は工業製品すべてに共通ではと)。
もちろん、メーカーとして自信があるから製品化して発売しバーゼル他様々な時計業界で評価されてると思います。数個限定のスペシャルでは無い、ある種高級ながら大量生産品です。技術と確信があるから時計のデザインやモデルを変えてもムーブメント量産できますしネ。一方販売中も常にメンテナンスや不良をレビューしながら地道な改良や改善を行うのもメーカーであります。

♪----------♯----------♭---------♪

少しネガティブなお話になりましたが、実際は設計・開発・生産の全ての次元が現代の技術ですし極々高く普通に利用していればそう問題は無いと思います。愚例で1999年のSD初号機・手巻きを現在も所有してます(中古購入品)。普段使いではないですが未だ全く問題ないです。トラブルに見舞われていないせいもありますが、上記の話しは杞憂とも個人的には感じてます。最悪時?パーツさえあれば交換で永年使える・・・結局はメーカーの補修部品次第と思ってます。
(組み立て技術や全体の傷み具合の診断は、基本SEIKOでの対応としてが前提)

○----------×----------△----------□

これより、どちらが長持ち?とは一概には言えないと思う次第です。

MCのヒゲぜんまいの伸び縮み(金属の弾性変形)による金属疲労に伴う折損や、テンプ・カンギクルマ周りの機構・作動を考えれば、SDは一定の駆動で疲労には強いでしょうし、外部からの衝撃にも優位ですネ。精度管理も含めると補修部品がありメンテナンス可能ならSDが機能的には断然優位です。また、ムーブメント全体から特に調速機構等の経年変化による精度の変化を考慮すると性能(精度)維持としても優位かと思われます。

但し、仮にSDの特に電気系統の補修部品が無くなると、MCの型式(9S系でもハイビート等様々)によりますが生産数も多い事から補修部品の保有数や代替えがまだ対応が容易かと想定します。
でも・・・SEIKOの顔ですから、ムーブメント生産終了後でも代替え案も検討されているかもしれません。ムーブメント品質ありきの姿勢の時計ですしネ。
ただこの部分は、あくまでSEIKOの方針や管理下なので素人の憶測の域です。

さらに敢えて極論・・・補修部品も無くなり、それでも補修して維持される(メーカーの製品保証は当然切れます)なら、現状はMCの方が一歩上です。
最後の手段で、例えばボロのMCの同型・同仕様でもコンディションの良いムーブメントからパーツ取りする事も・・・SDより生産数が圧倒的に多く入手も優位。
なお本当の最終手段で部品を改造やオリジナルを一品製作もありますが、相当の技術を持つ時計師・技術者さんでお金と時間をかけないと難しいですし、スペック・オリジナリティは出来上がり次第もあります。アンティーク時代とはまた違う現代の時計なので実質は製作も形状や寸法公差・精度や現代の特殊材質等もある場合より困難で、現実的ではない?とも想定します(あくまで最後の最後まで存続の極論です)。現代の機械式時計の設計思想は部品自体の不具合時、基本補修部品(パーツ、アッセンブル交換)です。

どちらを選ぶにせよ乱暴ですが大ざっぱには機械式ですし、自社オリジナルの技術と特別な造り込みの塊です。私も現実では電気品の寿命予測の困難さや修復の困難(ムリ)さに拘るなら何も考えずMCなのですが、SDはその点微妙な立場と思ってます。ムーブメントの構造や拘りは同社の他モデルや世界的にも別次元ですネ。それで、結局は補修部品の問題が無いなら、永年のレベル設定にも関わるのですけど、常用範囲ではSDが優位と思ってます。
本当に永久的?ならば?MCでしょうけど・・・今後のSEIKOの対応次第でしょうネ。ご本人のお考えや嗜好性の判断の領域かと思います。

主観の長文愚答ですが参考になれれば幸いです m(__)m

PS・・・余談ですが、案外オーバーホールやムーブメントは直せても、外装パーツが無いのでメーカー対応が出来ない場合もあります。消耗品扱いのパーツは良いですが、風防やベルトやその時計固有の部品の場合修理不可もあります。参考まで。

はじめまして。拙い知見と主観になりますがよろしくお願いします。

>メカニカルとスプリングドライブ・・・どっちも長持ちするから大丈夫、というご意見も多いかと思われますが、強いていうならどっちか・・・。

SEIKOにお伺いが一番と思いますが・・・一個人のニュアンスで(苦笑)

先ず、初期不良などの問題があるのですが、この点は機械の個体差(出来不出来)もありますので言及は避けます(機械モノです。人間同様完璧はないので。ただ初期不良の繰り返し等はメーカーでもきちんと対処するよう依頼...続きを読む

Qグランドセイコーと、普通の安い5~6万のセイコー、

時計に興味ない人がみてグランドセイコーのほうが高いと分かるものでしょうか?
会社にしていく時計用として、初めグランドセイコーを考えていたのですが、時計に関心ない人が見たときに、
グランドセイコーと、安いセイコーは同じにみえないでしょうか?

Aベストアンサー

時計好きですからGSは確かに良い時計だと思いますが、実際に腕にしてみて普通の人も
良い時計をしているなと見えるのは40万円以上のマスターショップ限定モデルの
フェイスが40mm近いモデルから上ですね。

タレントの加藤浩次さんがグランドセイコーの最高峰 スプリングドライブのクロノグラフをしていますが
好きでなければ気が付きもしませんし、ただのごつい時計にしか見えないと思います。
http://watch.daygate.com/katokouji.html

むしろ一般人の時計も好きでない人から見れば1~2万円のWIREDの方がお洒落な
良い時計をしているように見えるかもしれませんね。
http://item.rakuten.co.jp/nanaple/agaw401/
http://item.rakuten.co.jp/10keiya/31695/
時計が好きでなければ皆さんそれぐらいの価値観で、好きでなければ時計に目もいかないでしょう。

日頃ROLEXやTAG HEUERなどをしていますが、飲みに行ったりしても時計など
褒められたことなど一度もありませんよ。
どんな人によく見られたいか分かりませんが、飲み屋の女の子などでしたらGSなどは
それこそおっさん時計にしか映らないでしょう。

SEIKOの最上級のGSだからよく見えるのではなく、手頃な価格でも一般の人が見ても
お洒落で良い時計をしているなと思えるモデルはたくさんありますよ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/jackroad/tg065.html
http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/hamilton_jazzmaster/H32585531
http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/hamilton_jazzmaster/H32612735
http://www.bluek.co.jp/fs/tokei/TAGCV7A13BA0795/

時計好きですからGSは確かに良い時計だと思いますが、実際に腕にしてみて普通の人も
良い時計をしているなと見えるのは40万円以上のマスターショップ限定モデルの
フェイスが40mm近いモデルから上ですね。

タレントの加藤浩次さんがグランドセイコーの最高峰 スプリングドライブのクロノグラフをしていますが
好きでなければ気が付きもしませんし、ただのごつい時計にしか見えないと思います。
http://watch.daygate.com/katokouji.html

むしろ一般人の時計も好きでない人から見れば1~2万円のWIREDの方がお洒...続きを読む

Qチタン製の腕時計は、傷つきやすい?

軽くて、丈夫、ということで、チタン製の腕時計を、プレゼントしました。
<http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B004TD6U6M/ref=mp_s_a_19?qid=1325426204&sr=1-19>
シンプルなデザインですが、きちんとしたメーカー品で、決して安物ではない、と、思ってました。
ところが、まえから使ってる、ステンレス製のものよりも、こまかいきずが、つきやすいみたいです。
まえのは、けっこう、ごつい感じですが、一応、国内メーカー品です。
<http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00272NBO6/ref=mp_s_a_1?qid=1324615555&sr=8-1>
チタン製のほうを、ぜんぜん普通に、むしろ、たいせつに使ってくれてるそうです。
チタン製のものは、ステンレス製の腕時計より、きずが、つきやすいのでしょうか?
わたしは、ステンレス製のものしか、使ったことは、ないですが。

Aベストアンサー

こんばんは。

 チタンは軽くてアレルギーフリーなので時計の材質に適しています。ご質問の硬度はシチズンのHPで見ると純チタンだとステンレスに劣り、チタン合金だとステンレスの2倍くらいになるようです。チタンにいろいろな金属を混ぜて合金化することで硬度が上がるんですね。
 ご質問のセイコー製品はHPで見る限り純チタンを採用していますのでステンレスより傷つきやすいです。前からご使用のカシオの製品はステンレスにイオンプレーティングを採用していますのでさらに差が広がったみたいですね。
 シチズンではこの性質をカバーするためDURATECTという技術を導入しています。これはとても堅くて傷つきにくいですよ。HP書き込んでおきます。ここに金属の硬度が出ています。ご参考までに・・・。

参考URL:http://citizen.jp/technology/duratect.html

Q機械式ではなく敢えてクオーツを?

新社会人の男(24)です。
現在は研修中の身です。そして半年後の研修期間の終わりに合わせて、
社会人として今後使い続けていく時計を買おうと思っております。

自分で整理した私の好みを列挙すると
・日本人であることにアイデンティティを感じているので、できれば国産が良い
・長く使える落ち着いたデザインが良い
・今使っている(バイトの初給料で買った)時計がセイコー(スピリット)である
という観点からグランドセイコーを買おうと思っております。

しかしGSの中でさらに、機械式かクオーツかで悩んでいます。

一般的な時計の格としては、機械式の方が上とされていると思います。
多少時間がズレたり手間がかかるのはむしろ持ち味、OHすれば一生使える、
ムーヴメンツのアナログ感が・・・など。
時計雑誌を見ても、OKWaveでも高級時計を持つ方の大多数はそういう意見と思います。

しかし私はあえてクオーツの方に心が傾いています。理由としては、
・自分が電気情報の技術系なので、時計に電池が使われてるのはある意味自分らしい
・クオーツ腕時計の市販化こそ日本の時計がスイス時計メーカ群の経営に強烈な打撃を与え、世界の時計市場を一変させた技術だから(これを成し遂げたのはスプリングドライブでもキネティックでもなく、純粋なクオーツ)
・つまり日本人であることを誇りにGSを選ぶのであれば、機械式よりもクオーツを選ぶ方が考えに一貫性がある
という感じです。
ちなみに今一番いいなと思っているのは SBGX065 です。

ただ私が唯一心配しているのは、時計の寿命です。
クオーツの場合、ムーヴメントが壊れたらムーヴメントごと交換するしかないため
「寿命=メーカにパーツの在庫がある期間」ということになると思います。
GSならば心配しなくても良いでしょうか?

また世間ではやはり「機械式が至高」という傾向のほうが強いと思います。
今回の「機械式ではなくあえてクオーツ」という考えに対する異論などありましたら
是非お聞かせください。

よろしくお願いいたします。

新社会人の男(24)です。
現在は研修中の身です。そして半年後の研修期間の終わりに合わせて、
社会人として今後使い続けていく時計を買おうと思っております。

自分で整理した私の好みを列挙すると
・日本人であることにアイデンティティを感じているので、できれば国産が良い
・長く使える落ち着いたデザインが良い
・今使っている(バイトの初給料で買った)時計がセイコー(スピリット)である
という観点からグランドセイコーを買おうと思っております。

しかしGSの中でさらに、機械式かクオーツかで悩ん...続きを読む

Aベストアンサー

GSに関しては、クオーツの精度の高さが世界的に評価が高かったので本来価値としては
クオーツのほうが上だと私は考えいます。
グランドセイコーは、セイコーの中でも専門のメンテナンス工房があったり過去の(40年前のGS)でも部品交換、OHをしてくれました(今はどうか知らないけど)

セイコーを買うならGS以外はお勧めできません。

精度、精密で言えば「技術のシチズン」が上だと思いますが、GSに限っては違うと思っています。

QSEIKOのGPSと電波の腕時計について

これまで使っていた腕時計が壊れてしまい、新しく購入することになりました。

今考えている腕時計がこちらの2つ。どちらもSEIKOです。

(1)アストロン SBXA003
http://www.seiko-watch.co.jp/p_search/detail/do.php?no=SBXA003

(2)ブライツ SAGA111
http://www.seiko-watch.co.jp/p_search/detail/do.php?no=SAGA111

腕時計として見た目はどちらも好きですが、GPS、電波のそれぞれのメリットや欠点が今一つわからないです。今回新しく買うためどちらを選ぶか悩んでいます。使うのは国内のみです。

時計詳しくなくてすみません。回答お願いします!

Aベストアンサー

harapeko_rider さん。はじめまして。40代おっさんです。よろしくお願いします。

電波式とGPS…

難しいですネ。私自身はシチズンの世界初の電波時計(1993年)を未だ利用してますが日常の不便も無く使えます(国内で自動・強制受信どちらも機能アリ)。
現代のモデルはもっと性能UPしているでしょうから、国内の不便はそうないと思います。
一方GPSはその名の通りで国内外どこでも衛星通信での時間調整ですから、海外の電波時計が使えない地域等含めた場合はこちらが断然有利ですネ。ちょっと調べたら、GPSでも自動受信(1日1回)はする様です。

そうなると先進技術や将来性を考慮してGPS?となります。機能面だけを重要視したら…よって、アストロンが選択肢になると思います。

しかし…私の場合ですが…ふと思うのが、日常使用で付加機能に特別な差異が感じない場合は、どちらも基本的に精度は日々の常用一緒ですから(数値の細かいお話は別にして)、デザイン性と使い勝手に目が移ると思います。

アストロン…
http://www.10keiya.com/item/65300.html

直径47mmですが、選ばれているのはチタンなのでブレス仕様でも軽量です。ケース自体はスッキリ洗練された形状と思いますし、一方の文字盤はとても彫りが深く立体感があります。12本のインデックスが印象的です。外装は大きいのでパッと見のインパクトはとてもありますネ。

ブライツ エクゼクティブライン
http://bizmakoto.jp/style/articles/1202/01/news077.html

直径43mmと小ぶりのステンレスですが凝縮感の迫力があります。それは添付のURLを見て頂くと分るように、ケースの構造がブロック構造で再度の仕上げもザラツ研磨等でデザイン含め凝っています。ケースとしての凝りが上に思います。
また、ベゼルのサファイヤガラスカバーで、セラミックよりも透過性で美しいのもあります。ダイヤルはアストロンほどではない従来の意匠ですが、彫が深く立体感はやはりあります(ケースの厚さが3mm薄くなっているのもありますが)
重量感があるので(ブライツが176g、アストロンは135g)腕に合うか?重くないか?です。最近の時計で170g台も結構見ましたが、貴方の腕に合うかどうか?です。外径、厚みの大きさ的にはブライツの方が小ぶり(といっても結構元々大き目?通常の3針等は40mmぐらいも多いです)で見た目も腕のりも馴染むと思いますが…。

大振りだけど軽量で最新技術のGPSとダイヤルデザインのアストロンか、従来の電波式とダイヤルデザインですが、ケースや全体のデザインのまとまりと、そう大きくなくも凝縮感と高級感のあるブライツか…。
アストロンは、SEIKOのフェイスブックにも有名人の利用例が載っていますのでそれも参考になるかもです。

私なら、こうしたアプローチを考えました。でも、個人の一例ですので…。

長文愚答でございますが、ご検討の一手になれば幸いです。失礼しました m(__)m

追伸…余談ですが、アストロンでもSBXA035という新しいシリーズがあります。ケースがステンレスですが従来より凝っていてベルトがラバー、又は革ベルトですが重量はチタンのアストロンとそう変わらないです。ただ、ケースが凝っていることと、風防のサファイヤガラスが凝っている(エッジが曲面でドーム型)が出ています。一度現物見られてはと存じます。ガラスの形状はかなりインパクトがあります。
http://www.seiko-watch.co.jp/astron/nds/

harapeko_rider さん。はじめまして。40代おっさんです。よろしくお願いします。

電波式とGPS…

難しいですネ。私自身はシチズンの世界初の電波時計(1993年)を未だ利用してますが日常の不便も無く使えます(国内で自動・強制受信どちらも機能アリ)。
現代のモデルはもっと性能UPしているでしょうから、国内の不便はそうないと思います。
一方GPSはその名の通りで国内外どこでも衛星通信での時間調整ですから、海外の電波時計が使えない地域等含めた場合はこちらが断然有利ですネ。ちょっと調べたら...続きを読む

Qソーラー腕時計の内蔵電池は何年持つの?

電池が切れたのを機会にソーラー電波腕時計を買おうとしています。ソーラーは電池交換不要と書いてあります。でもよく考えると、ソーラーで集めた光を電気に変えて何らかの内臓電池に蓄電しているはずです。その電池は何年持つのでしょうか?この内臓蓄電池を3年くらいで交換しないといけないのでは意味がありません。10年くらいは持つのでしょうか?

Aベストアンサー

購入後7年近くたちますが故障・電池交換等ありませんし、時計自体止まるような気配もないです。安定して動いてます。電波時計機能やストップウォッチ機能など一切ないシンプルなモデルです。ただ、蓄光部分(ルミブライト)は購入したときと比べるとずっと暗くなり持続時間も短くなりました。

10年もたてば電池より先にパッキン寿命がきます。また内臓蓄電池は20年で約20~40%の性能低下があるとされています。もっとも20年もたてばこれまた電池より先に機械部分のメンテナンスが必要です。ソーラー部分は腕時計の場合風防によって守られているので10年くらいは問題ないと思います。

Q時計の寿命について

機械式時計はメンテナンスさえしっかりしていれば100年は持つと聞いたことが
あるのですが、クォーツ時計はメンテナンスをした上でどれくらい持つのでしょう?
勿論、安物ではなくグランドセイコーのような高級クォーツ時計の場合です。
50年くらいは無理ですか?
どうせ買うのであれば一生使いたいのですが…。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「クォーツ時計はメンテナンスをした上でどれくらい持つのでしょう?勿論、安物ではなくグランドセイコーのような高級クォーツ時計の場合です。」

グランドセイコーかザ・シチズンなら、概ね一生修理できるはずです。

ただし、
「質問者様が定期的なメンテナンスを欠かさず」
「飽きずに一生使い続ける」
ことが必要です。

グランドセイコーの場合、メーカーが「製造中止後30年間修理に対応します」と言っています。質問者様が仮に30歳であれば、60歳の定年までは使えることが確実、ということになります。その後も、可能な限りは修理に応じてくれるでしょうから、実際は質問者様の一生を通して使えるでしょう。

また、シチズンのザ・シチズンは、「生涯修理対応」を宣言しています。修理可能年数でいえば、こちらの方がさらに上です。ただし、時計としての評判では一
般にはグランドセイコーの方が良いみたいです。

クォーツ時計が壊れる可能性が一番高いのは「技術のない者が電池交換したとき」と言われます。長く使いたいなら、電池交換は必ずメーカーに依頼して下さい。電池交換の作業を間違わないのは当たり前ですが、同時に時計の点検もして、修理が必要ならその旨言ってくれますので安心です。

また、金属バンドの時計は、時々時計全体を水で洗わないと汚れが溜まり不潔になり、最悪の場合はステンレスがさび付きます。こうなると、いくら修理できると言っても不快で使い続けられません。

グランドセイコーやザ・シチズンは、防水性能が高いので、時計全体を水洗いして問題ありません。特に夏は、定期的にハンドソープなどで時計全体を良く洗ってください。「時計を一生使う」にはこれが大事です。

# いくら防水時計でも、メガネ屋の店頭にある超音波洗浄器に丸ごと入れてはいけません。壊れてしまいます。

「クォーツ時計はメンテナンスをした上でどれくらい持つのでしょう?勿論、安物ではなくグランドセイコーのような高級クォーツ時計の場合です。」

グランドセイコーかザ・シチズンなら、概ね一生修理できるはずです。

ただし、
「質問者様が定期的なメンテナンスを欠かさず」
「飽きずに一生使い続ける」
ことが必要です。

グランドセイコーの場合、メーカーが「製造中止後30年間修理に対応します」と言っています。質問者様が仮に30歳であれば、60歳の定年までは使えることが確実、ということ...続きを読む


人気Q&Aランキング