主人のかばんから、昨年支払いされた持ち株会の配当金の
明細書が出てきました。
これは今から確定申告しても大丈夫でしょうか?

配当金は76,000円ほどです。

年末調整は済んでおり、総支給500万円 源泉徴収税83,100円
国税庁の確定申告作成で、入力していくと
還付金9,171円となります。
配当にかかった所得税は5,400円ほどなのですが、払った以上に
帰ってくるということで良いのでしょうか?
それとも入力作成方法が間違っているのでしょうか?
もし合っているとすれば申告したほうが良いということですよね。

質問だらけで申し訳ござませんが
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>これは今から確定申告しても大丈夫でしょうか?


もちろん大丈夫です。

>配当にかかった所得税は5,400円ほどなのですが、払った以上に帰ってくるということで良いのでしょうか?
いいです。
配当所得を申告すると「配当控除(配当の10%の金額)」というものを受けられ、その分を所得税額から引くことができます。
ですので、配当から源泉徴収された所得税より多く戻ってきます。

ただし、配当所得を確定申告すると、住民税もその配当分の所得が給与所得にプラスされて計算されます。
住民税の「配当控除(配当の2.8%の金額)」が所得税より少ないのと、もともと源泉されている税額が所得税より少ないため、住民税は申告する前より多くなってしまいます。

でも、所得税で戻ってくる金額以上にふえることはありませんので差し引きすれば得ですが、確定申告した場合に所得税で戻ってくる額がそのまま得になるわけではありません。
    • good
    • 0

確定申告をすると住民税も課税されます。


住民税の源泉徴収税額は3%ですが、住民税の税率は10%ですので
76000×0.1-76000×0.03=5320円
で5320円がかかってくることになります。
もちろん所得税の還付と差し引きすれば得ですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受取配当金の源泉税の計上時期について

初めまして。企業で経理業務を行っている者です。
自分が担当している業務の中で不明な点があったため質問させて頂きます。
2004年度の3月末に、私が勤めている会社の子会社で配当決議が行われ、2005年4月に配当金が入金されました。
私の会社では継続適用を条件に配当決議日に配当金の収益計上を行っています。
この場合に1.源泉税の計上を受取配当金の計上時に行うのか、それとも2.入金時に行うのかで悩んでおります。

仮に配当を100受け取ったとして、1.の場合は
・2005年3月末(2004年度) 配当決議日
未収入金 80 / 受取配当金 100
源泉税  20
・2005年4月(2005年度) 入金時
現金   80 / 未収入金   80

2.の場合は
・2005年3月末(2004年度) 配当決議日
未収入金 100 / 受取配当金 100
・2005年4月(2005年度) 入金時
現金   80 / 未収入金   100
源泉税  20

今は2.で処理を行っているのですが、これはどちらが正しい処理なのでしょうか?
根拠条文等も教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

初めまして。企業で経理業務を行っている者です。
自分が担当している業務の中で不明な点があったため質問させて頂きます。
2004年度の3月末に、私が勤めている会社の子会社で配当決議が行われ、2005年4月に配当金が入金されました。
私の会社では継続適用を条件に配当決議日に配当金の収益計上を行っています。
この場合に1.源泉税の計上を受取配当金の計上時に行うのか、それとも2.入金時に行うのかで悩んでおります。

仮に配当を100受け取ったとして、1.の場合は
・2005年3月末(2004年度) 配当決...続きを読む

Aベストアンサー

法人税法基本通達 16-2-2
(未収利子又は未収配当等に対する所得税の控除)
では1.の場合も認めると言う規定で
原則は入出金日処理です。
1.2.とも認められているのですから、現在2を採用しているのでしたら変更せず、継続することが要請されるでしょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/16/16_02.htm

QREITとETFの配当金は確定申告で配当控除の対象になりますか?

毎年、課税所得が330万円以下なので、株式の配当金について確定申告を行い総合課税にして還付を受けていますが、ETF(日経225)やJ-REITの配当金も同様に配当控除の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

J-REITはなりません(投資法人)が、ETF(特定株式投信信託)はなります。

Q配当金に係る源泉税の住民税部分

配当金に係る源泉税を取り戻すため確定申告しようと思っていますが、
国税分は申告で還付されますが、住民税はいつどのような形で還付されるのでしょうか?

確定申告すれば、翌年分の住民税から控除されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>確定申告すれば、翌年分の住民税から控除されるのでしょうか…

翌年分の住民税が発生する人は、本来納めるべき税額から前払い済みの分を引き算です。
源泉徴収とは、仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用なのです。

一方、わずかな株の売買以外は無職とか、仕事をしていてもごく低所得とかで翌年分の住民税がゼロの人は、6月下旬か 7月早々に預金口座へ振込という形で還付されます。

-----------------------------------------

皆さんむずかしいことを長々と書いておられますが、お聞きになりたかったことはこういうことではありませんでしたか。

Q少額配当とそれを超える配当が混在した確定申告

1回5万円以下の配当以外に5万円を超えるものが1、2あるのですが、誤って配当収入をまったく確定申告しない年がありました。
それでも5万円超の配当に対応する収入に見合う住民税の徴税通知が届きました。きちんと市の徴税担当は見ているものだなと思いました。

そこで確定申告不要制度について改めて確認したいのでお教えください。

1.少額配当(A)とそれを超える配当(B)が混在する場合、確定申告不要制度というのはすべての配当が少額配当である場合にしか使えない制度なのか、それとも「B」だけを選択的に申告すればいいという制度なのでしょうか。
手引きにはそこのところが書かれてなくて判然としません。
課税所得額が330万円以下の場合は「A+B」の全部を申告した方が還付が多いので、迷わず全部を申告すればいいのでしょうが、住民税増額へのはねかえりが、2つのやり方で違うようであれば「B」だけ申告する意味がありそうです。

2.「B」だけ申告すればいいケースと、「AとB」のすべて申告するケースの双方で、「住民税の特例」における「配当割額控除額」の欄はどのように書けばいいのでしょうか。

3.「B」だけ申告した場合、住民税への影響(7.2%分増税になる)は「B」の所得増分だけに限定されると理解しておけばいいのでしょうか(すなわち「A」部分は3%の源泉徴収で済まされるという理解)。冒頭に書いた過年度の事例から考える限り、この理解でいいように思うのですが。

以上、細かくて恐縮ですがよろしくお願いします。

1回5万円以下の配当以外に5万円を超えるものが1、2あるのですが、誤って配当収入をまったく確定申告しない年がありました。
それでも5万円超の配当に対応する収入に見合う住民税の徴税通知が届きました。きちんと市の徴税担当は見ているものだなと思いました。

そこで確定申告不要制度について改めて確認したいのでお教えください。

1.少額配当(A)とそれを超える配当(B)が混在する場合、確定申告不要制度というのはすべての配当が少額配当である場合にしか使えない制度なのか、それとも「B」だけ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.少額配当(A)とそれを超える配当(B)が混在する場合、確定申告不要制度というのはすべての…

【この制度を適用するかどうかは、1回に支払を受けるべき配当等の額ごとに選択することができます】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm
とのことですから、一つ一つ自由に選択できるということです。

>2.「B」だけ申告すればいいケースと、「AとB」のすべて申告するケースの双方で、「住民税の特例」に…

確定申告に含める分だけ書けばいいのではありませんか。

>3.「B」だけ申告した場合、住民税への影響(7.2%分増税になる)は「B」の所得増分だけに…

はい。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q配当金源泉税の還付??

昨年1年間での株式取引が損益通算するとマイナスでした。
損については来年以降の益の時に繰越控除するために申告しようと思っています。

一方で配当金もあり、それについては源泉所得税で税金を納めています。
株式取引の損と源泉税を通算して源泉税が還付されるみたいなことを聞いたことがある
のですが、このような制度があるのでしょうか?上述の損失の繰越控除とはまた違う制度
でしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q_A_…です。

>…提出できなかったことについて「やむを得ない事情があると認めるとき」は、必要書類の提出があった場合に限り認めるとのことなのです…

そうですか、私も「法令・通達」をすべて読み込んでいるわけではないので断定的なことは申し上げられませんが、「期限後申告ではダメというルールはない」と認識していました。

つまり、仮に、「平成25年分、平成26年分、平成27年分、平成28年分」の申告書をいっぺんに提出しても、「平成28年分の株の利益」に対して「平成25年分の株の損失の繰越控除」を適用することが可能ということです。

もちろん、「納税が伴う期限後申告」については、「無申告加算税」「延滞税」がかかるのは言うまでもありません。(青色申告の特典なども制限されます。)

『確定申告を忘れたとき』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
『青色申告と申告義務』(2009.01.24)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d146.html

>本当に今年の3/17までに出さなくても大丈夫なのでしょうか?

私自身は「大丈夫」と認識していますが、判断を下すのはあくまでも「税務署(長)」で、納税者との見解が一致しない場合は、「国税不服審判所」や「裁判所」が判断することになります。

ですから、まずは「最寄りの税務署」に確認されてみてください。

『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm
『税務上の取扱いに関する事前照会に対する文書回答について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai/bunsho/gaiyo01/01.htm

ちなみに、回答者の言葉を裏付けがないまま信じてしまう方が少なくないので、naohana_2005さんのような方は逆に安心です。

*****
(参考・再掲あり)

『期限後でもしておこう!株取引の確定申告|All About』(更新日:2013年10月08日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14673/
『申告期限後の株式等の譲渡損失の繰越|株式会社ビスカス』(2009年05月07日)
http://www.all-senmonka.jp/zeikin/shotokuzei/post_165.html
『更正の請求期間の延長等について』
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/encho/index.htm
>>…平成23年12月2日以後に法定申告期限が到来する国税について、更正の請求ができる期間が法定申告期限から原則として5年に延長されました。…
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html

※ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

Q_A_…です。

>…提出できなかったことについて「やむを得ない事情があると認めるとき」は、必要書類の提出があった場合に限り認めるとのことなのです…

そうですか、私も「法令・通達」をすべて読み込んでいるわけではないので断定的なことは申し上げられませんが、「期限後申告ではダメというルールはない」と認識していました。

つまり、仮に、「平成25年分、平成26年分、平成27年分、平成28年分」の申告書をいっぺんに提出しても、「平成28年分の株の利益」に対して「平成25年分の株の損失の繰越控除」を適用...続きを読む

Q確定申告後の配当金の税金

こんにちは。
過去さかのぼって5年間の確定申告はできると勉強して分かったのですが、4年前と5年前は働いていて確定申告済みなのですが(年収200万くらい)今になって申告しなおしたら株の配当金の税金の分は戻ってくるのでしょうか?

去年は働いていなかったので(年収100万以下)配当金の税金の分は確定申告後戻ってきたのですが、年収200万円の時に既に
確定申告しているのに、今やる意味があるのか
この程度の金額で申告して得するのか、はたまた
逆に税金を多くとられてしまうのかどなたか教えていただけませんか?
因みに株は60万円分配当金は年間手取りで14000円
税金で持っていかれる分は年間1400円です。

また税務署の方に申告したほうが徳なのか否か聞いても
教えていただけるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

14000円の配当にかかる所得税は
14000×0.05=700円
すでに払った所得税
1400×0.7=980円
配当控除額
      1400円
差し引き
1680円の還付になる。
翌年の地方税は
14000×0.1=1400円
既に払った税額は
1400×0.3=420円
配当控除
14000×0.018=252円
差し引き
 +728円 (増加) 
総合すると
-1680円+728円=954円得する。
しかし、質問者が国民健康保険をかけていると、掛け金の所得割がその分ふえます。(所得割が6.81%ならとんとんです)
 修正の確定申告を出す場合は当年の確定申告を出してから1年未満に出す必要があります。

Q配当金に係る源泉税について

専業主婦の妻が所有している株式の配当金を得た場合に関してです。
妻は収入ゼロなのでこれに係る源泉所得税は還付されると聞いたことがあるのですが、
本当に還付されるのでしょうか?

還付される場合過去にさかのぼって還付する手続きはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

Q_A_…です。

>株の売却益についても同じように還付されるんでしょうか?

はい、「株の売却益」は、(源泉分離課税ではなく)「申告分離課税」の対象なので、「所得税の過不足の精算手続き(所得税の確定申告)」で申告ができる所得になります。

つまり、「所得税の確定申告」によって「所得控除」を適用した税額で精算できるということです。

精算の結果、「納め過ぎの所得税(および住民税)」があれば、「国(および市町村)」から還付されます。


*****
(参考)

『申告分離課税制度|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2240.htm
『源泉分離課税制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2230.htm
>>源泉分離課税制度とは、他の所得と全く分離して、所得を支払う者が支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、【それだけで所得税の納税が完結する】というものです。
---
『確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>【所得税の】確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。
---
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
『所得控除の方法・仕方―所得控除の順序|WEBNOTE』
http://shotokuzei.k-solution.info/2007/07/post_53.html
---
『確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A>Q5 給与所得者等で還付申告をしていなかった場合、何年前までさかのぼって還付申告をすることができますか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q05

***
『確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

Q_A_…です。

>株の売却益についても同じように還付されるんでしょうか?

はい、「株の売却益」は、(源泉分離課税ではなく)「申告分離課税」の対象なので、「所得税の過不足の精算手続き(所得税の確定申告)」で申告ができる所得になります。

つまり、「所得税の確定申告」によって「所得控除」を適用した税額で精算できるということです。

精算の結果、「納め過ぎの所得税(および住民税)」があれば、「国(および市町村)」から還付されます。


*****
(参考)

『申告分離課税制度|国税庁』
http://...続きを読む

Q譲渡損益と配当金の損益通算と確定申告

昨年、株で損をしたので、譲渡損失と配当金の損益通算をしようと思いますが、
確定申告の時、譲渡損失と配当金の損益通算をすると、
来年以降も譲渡損失と配当金の損益通算しないといけなくなりますか?
また、申告する時は、取引した証券会社(すべて源泉徴収ありの特定口座)や配当金すべてを申告しなければいけませんか?一部の証券会社の分だけを申告するというのはできませんか?

Aベストアンサー

>来年以降も譲渡損失と配当金の損益通算しないといけなくなりますか…

今年 (去年分) から 3年間の内に黒字が出て累積損失が 0 になるまで、毎年続けて申告する必要があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1474.htm

配当金は、必ずしも譲渡損と通算する必用はなく、従来どおり申告しないことや「総合課税」として申告することを選択してもかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

>申告する時は、取引した証券会社(すべて源泉徴収ありの特定口座)や配当金すべてを…

源泉徴収ありの特定口座と、配当金については、取引ごとに申告するしないを選択可能です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q配当金の税率

株式配当金の税率について質問します
現在10%ですがいつから10%
になったんですか

Aベストアンサー

こんばんは。
一定の上場株式等の配当金の源泉徴収率は、原則として20%(所得税15%・住民税5%)ですが、
平成15年の4月1日から所得税が10%になりました。
平成16年の4月1日から所得税が7%住民税が3%になりました。
平成20年の4月1日から原則に戻ります。

Q株の配当金を確定申告するべき?(主婦で収入なし)

3年間収入がなく、(主人はあります)
私名義の株が年間手取りで14,000円程入ってきます。
(小額ですが^^;)
この場合確定申告したほうが徳なのでしょうか?
もし、申告したらいくら返ってきて、いくら市民税を払うことになるのでしょうか?また過去3年程さかのぼることができるのか、
また6年前から3年間働いていたのですが、確定申告するときに
株のことは何も触れずに申告し済みなのですが、
それも申告したほうがいいのでしょうか?
税務署に行けばいいのでしょうか?どなたか教えてくださいm_ _m

Aベストアンサー

>この場合確定申告したほうが徳なのでしょうか…

お書きの条件に関する限り、申告すべきでしょう。

>もし、申告したらいくら返ってきて…

14,000÷0.9×0.07 = 1,088円

>いくら市民税を払うことになるのでしょうか…

0 円。

>また過去3年程さかのぼることができるのか…

5年前の分まで。

>6年前から3年間働いていたのですが、確定申告するときに…

配当金は総合課税
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
で、しかも申告の有無を選択できます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

>株のことは何も触れずに申告し済みなのですが…

配当金をだまっていたことは、何の問題もありません。
しかし、配当金からの源泉税の還付を目的に申告する場合は、他の所得も含めて税額計算をします。
他の所得の多寡により、申告によった追納になることもあり得ます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>この場合確定申告したほうが徳なのでしょうか…

お書きの条件に関する限り、申告すべきでしょう。

>もし、申告したらいくら返ってきて…

14,000÷0.9×0.07 = 1,088円

>いくら市民税を払うことになるのでしょうか…

0 円。

>また過去3年程さかのぼることができるのか…

5年前の分まで。

>6年前から3年間働いていたのですが、確定申告するときに…

配当金は総合課税
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
で、しかも申告の有無を選択できます。
http://www.nta.go.jp/tax...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報