今妊娠中で出産予定はH21年8月10日です。

会社にはH20年3月20日入社

社会保険はH20年6月21日付で加入

予定日41日前のH21年6月30日付で退職
になります。

社会保険加入一年以上という条件がありますがこの場合は出産手当金の支給対象になるのでしょうか…??

どなたか回答お願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「出産手当金」



建前上はあくまでも産休をとって復帰すると言うのがスジなのでしょうが、退職してももらえる場合があるということです。
まあ、これについては非常に情報が錯綜していて一般的には間違っている方が多いようです。
つまり問題は出産予定日から42日前がポイントになってくるのです。
この日が退職日の前か後かで違ってくるのです。
従来は後であっても任意継続しているか脱退しても6ヶ月以内の出産であれば出産手当金はもらえたのですが、昨年4月の改正で後の場合は一切もらえなくなりました。
しかし前の場合はその時点で産休を取れば、出産手当金の受給資格が発生してしまいます。
またその後退職しても継続給付という形で出産手当金はもらえるのです。
この前者と後者をごっちゃにして、単に退職すると出産手当金はもらえないと錯覚してしまう方が多いようです。
つまり辞める日付によって、昨年の改正に引っ掛かってもらえなくなる場合ともらえる場合が出てくるということです。
ですから出産予定日の42日前に産休を申請して、出産手当金の申請をしてしまうのです。
そして支給の資格ができてから退職してしまえば、継続給付と言う形で出産手当金は支給されます。
またこの場合は退職日まで1年以上被保険者であることが条件です。

「出産育児一時金」

出産一時金は妻の方が任意継続の場合あるいはそれをやめて6ヶ月以内の場合(夫の扶養になっていても)はそちらの健保から出ます。
それ以外の場合は夫の健保から出ます(家族出産育児一時金)。
以上が原則です。
ただし健保(夫の)によっては、妻がやめて方6ヶ月以内でも出すと言うところはあります。
その場合は両方からはもらえませんが、どちらかを選択することが出来ます、例えば健保によっては付加金がついている場合があるので多いほうを選べると言うことです。
しかしそういう選択できる健保は多くなく、大部分は上記の原則に依るとことが多いようです。
それからもうひとつ受取代理制度というものがあります。
これは出産する前の段階で、必要な申請をすると、健保組合が出産にかかった費用として出産育児一時金を直接医療機関等に払う制度です。
つまり今までは一時的にせよまとまった金額を用意して、医療機関等に払わなければなりませんでした(出産育児一時金が支給されるのはその後)。
しかし直接支払われるので、その金額を用意する手間が無くなったということです。
もちろん費用の方が出産育児一時金よりも低ければ差額はもらえます。
ただし健保組合と病院の両方がこの制度に対応していなければ使えません(制度自体が新しいので対応していない健保組合や病院もあります)。

もう少し詳しく説明すると。
現在の勤務先で健康保険に加入しているなら、上記のように退職して6ヶ月以内なら質問者が現在所属している健保からが優先となります。

まず夫側の健保と、妻側の健保の出産育児一時金の金額を確認してください。
上記の出産育児一時金の説明を場合分けすると。

A.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万のみ
B.夫側の健保は35万のみ、妻側の健保は35万+附加金
C.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万のみ
D.夫側の健保は35万+附加金、妻側の健保は35万+附加金

Aの場合はどちらも金額が同じなのでどちらでもいいわけです、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
B場合は妻側のほうが附加金分だけ多いのですから妻側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先なのでそのまま妻側からもらえばいいのです。
Cの場合は夫側のほうが附加金分だけ多いのですから夫側からもらったほうが得です、ただ通常は妻側が優先です。
このときは夫側の健保に選べるかどうか聞くのです。
夫側の健保が

「あくまでも妻側の健保が優先であり、妻側の健保からもらえる状態であればこちらの健保からは出ない」

と言われたらあきらめて妻側の健保からもらいます。

もし
「どちらでもいいですよ、妻側の健保からもらわなければこちらの健保から出ます」

と言われたら夫側の健保からもらえばよいのです。
ただし恐らく妻側の健保からもらっていないと言う証明を出してもらって提出するように言われるかもしれません(二重取りを防ぐ為)。
Dの場合は附加金が夫側と妻側のどちらが多いかと言うことになります。
同じならAと同じ処理、妻側が多ければBと同じ処理、夫側が多ければCと同じ処理です。

>社会保険はH20年6月21日付で加入

予定日41日前のH21年6月30日付で退職
になります。

ということなら被保険者期間が退職時に1年以上になります。

>社会保険加入一年以上という条件がありますがこの場合は出産手当金の支給対象になるのでしょうか…??

質問者の方の場合は6月29日と30日に産休を取って退職をすれば、継続給付の対象になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございました。
産休取得者がいない会社でわたしも社長と何回も掛け合い、
なんとか月末で退職というのをもぎ取りました^^;

産休は社保庁等に申請しなくてはならないのでしょうか…
無知ですみません;;

お礼日時:2009/05/22 18:01

>産休は社保庁等に申請しなくてはならないのでしょうか…



例えば下記は協会(旧・政管)健保の例ですが、申請書の事業主の証明の部分でその月の出勤や欠勤やその他を書き込むのです。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/ …

そしてまた下記にあるように添付書類として出勤簿、賃金台帳のコピーなども必要です。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/9,0,123.html

協会(旧・政管)健保と組合健保によって請求用紙は異なりますし、請求先も協会(旧・政管)健保は協会健保の各都道府県支部、組合健保はそれぞれの健保組合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本日上記の用紙を二枚頂きました☆

解り易い親切な説明、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 14:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング