こんにちは、いつもお世話になります。

Cicero Classical Life and Lettersからの引用です。

キケロが故郷を愛した事を述べた文章の後で、

As Cicero remarks in his 'Laws', a member of such a community was a man of a two 'fatherlands', with the typically Italian affection for his native district but with greater and prouder loyalty to the imperial city, prizing 『her』 history and tradition all the more because he him self to the Roman pur sang was still something of a foreigner.

和訳すると、

キケロが'Laws'で述べているように、そのような地域社会の一員は、二つの故郷(を持つ)人だ、典型的イタリア人的な故郷愛と同時に、より強力な忠誠心を帝都に持つ。彼にとってローマのpur sangは異邦人として依然としてして大そうなものだった為によりいっそうその歴史と文化を重んじていた。

とかなるのだと思います。 日本語に訳すと、擬人法がherでもhisでも一緒ですが、この文章では何故herだったのでしょうか?

僕の乏しい擬人法の知識を総動員すると、、、映画などを見ていて、That's my girl.とか男が車に言っていたり、昔の船乗りは、大概船の事を、herと呼んでいるので、なんとなく「男が愛着を持った物を女性に例えているんだな~。」と理解しています。

質問:キケロは男なので、ローマを女性に例えているのでしょうか?

だとすると、キケロはローマに対して「ものすごい愛着を持っていた」事をこのherは暗示しているのでしょうか?

それとも、そんなに深い意味はないでしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

無生物は原則 it で受けていいのですが実際に使われている文では he や she で受けるものがあります。

現代英語では文法的な性別はおおむね自然の性別に一致しどちらにもなりうるもの(通性)を含めると男性・女性・通性・中性(無性)の4つがあります。他のヨーロッパ語と違って常識に従って代名詞を選べばいいので特に悩むことはないのです(付け加えると neuter「中性」と言うと男女ではないもう一つの性のように聞こえますが neuter はラテン語で neither のことであり「どちらでもない」という意味ですから「無性」と言った方が本来はふさわしいのです。同様に neutral「中立の」も2者の真ん中に立っているのではなく「どちら側にもつかない」ということです)。

無生物は it でいいのに、にもかかわらず he/she を適応するときはものの捉え方や文体などが影響します。
一つは車や船などで she を使うのはやはりそこに愛着が感じられるからです。冷静にそれらを工業製品ととらえるときや単なる統計のときは it を使います。
もう一つ、語のイメージによるものがあります。産み出すもの、育むもの、優しいものを she で受けることがあります。例えば factory, school, country, earth, city, night, moon など。逆に力強いもの、怖いものに he を使うこともあります。例:day, sun, death など。これらはかつて英語にあった名詞の文法性とは一致しないことがあります。「太陽・月」は古英語や現代ドイツ語とは性が逆です。
これらはやはり科学的や地理的な記述に用いられることはなく、質問の例では city を地理的な意味よりその歴史や人が住むところといったような人間臭い点に注目していると考えられます。もちろん it で受けても間違いではありません。city の語源であるラテン語の civitas(市民のコミュニティー)は女性名詞ですがこれとは別でしょう。同じ町でも oppidum は中性です。

同じ文の中に fatherland というのがありますが earth は mother earth ということがあります。同じ地面でも捉え方で性別も変わるのです。

このように英語の性は覚えるのはそう難しくはないもののあえて使おうとするとニュアンスや文体などが影響してきてかえってドイツ語などよりもややこしいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、こ、これは、英語の鉄人のご回答ありがとうございます。

>一つは車や船などで she を使うのはやはりそこに愛着が感じられるからです。

やっぱり、愛着でしたか! (映画で俳優が)愛でるような喋りかたから、直感でそう感じていました。

>もう一つ、語のイメージによるものがあります。産み出すもの、育むもの、優しいものを she で受けることがあります。

イメージも重要なんですね、必ずしも愛着とは限らないかったんですね! 了解しました。 ありがとうございます。

>これらはかつて英語にあった名詞の文法性とは一致しないことがあります。

古英語では、他のヨーロッパ言語のように、名詞に性があったんですか!? まったくその素養がないので、今回初めて知りました。

現代英語は、ルールというより、イメージなんでしょうかね?

>同じ文の中に fatherland というのがありますが

そういえば、motherlandという全く同じ意味の言葉もありますよね! こっちは女性名詞だ! やっぱり、捉えかたなんですね!

目からウロコです。

<このように英語の性は覚えるのはそう難しくはないもののあえて使おうとするとニュアンスや文体などが影響してきてかえってドイツ語などよりもややこしいのです。>

ドイツ語など喋れないのですが、文体、ニュアンス、イメージ等、色々関係している事が有る事を了解しました。 本当に勉強になりました。

それにして、知性ってカッコイイですね~! あ~羨ましいな~!

本当にありがとうございます。 これからも、よろしくお願い致します。

お礼日時:2009/05/23 20:14

 ヨーロッパの他の言語と同じように英語に「女性名詞」なるものが存在するという説は寡聞にして聞いたことがありませんが、女性(または男性)としての扱いをされる名詞は当然あります。



(1) 男性の扱いをされるもの=boy, manなど
(2) 女性の扱いをされるもの=girl, womanなど
(3) どちらでも良いもの=student, teacherなど
(4) どちらでもないもの=stone, windなど

 単数形の場合、(1)は「he」で、(2)は「she」で、(3)は「he/she」で、(4)は「it」で受けることは周知の大原則です。

 現代英語の場合、他のヨーロッパの言語と異なって文法上の性は自然界の性と一致するので、(1)(2)(3)については混乱することはありません。

 (4)の場合には、個人の主観や社会的な習慣によって「it」以外のもの、すなわち「he」や「she」で受けることがあります。

 お尋ねの「ローマ」についてです。もともとヨーロッパの都市の名前が「ラテン語の女性名詞」に由来していることが多いことが原因だと考えられます。

 ラテン語において語尾が「-a」で終わるものは女性名詞です。「Roma」だけでなく「America」もラテン語の女性名詞だと考えられますので、西洋の人たちにとっては「she」や「her」で受けても何の不思議もないという意識(または歴史や伝統)があるのでしょう。

 ただし、そのような用い方は少々古めかしいと感じる人もいて、ある言語学者は次のように指摘しています。

 We can use "she" for countries, nut "it" is more common in modern English.

 国以外の無生物について少し記しておきます。

 動物には、そのイメージによって「he」と「she」の両方が付けられます。普段は「it」で十分ななのですが、その対象となる動物が「personality」、「inteligence」、「feeling」などを持っていると考えられる場合には「he/she」を用います。一種の「擬人法」ですね。

 車やバイクは「she」が多いようですが、持ち主が女性の場合はどうなのでしょう。「he」を用いる女性がいても不思議ではありません。

 船は船乗りが「she」をつけることがありますが、一般の人は「it」を用いることが多いでしょう。

 ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>もともとヨーロッパの都市の名前が「ラテン語の女性名詞」に由来していることが多いことが原因だと考えられます。

そういえば、僕には想像もできないのですが、欧米の人達は、日本人が漢文を勉強するのと同じくらいに、学生時代にラテン語を勉強するわけですよね。

となると、やっぱり、普段の言葉にラテン語が影響してくるわけですね。

>We can use "she" for countries, but "it" is more common in modern English.

そう考える言語学者さんもいるんですね。 僕は、なんとなくこのshe好きです。

>車やバイクは「she」が多いようですが、持ち主が女性の場合はどうなのでしょう。「he」を用いる女性がいても不思議ではありません。

あんまり映画で、女性が主人公になるものが少ないので、僕の乏しい知識を総動員しても、分かりませんが、、、。(当たり前か、、、、。)

これから、映画を見る時は、女性が車になんて言うか注意して耳を傾けます。

>船は船乗りが「she」をつけることがありますが、一般の人は「it」を用いることが多いでしょう。

やっぱり、愛着があるかないかですかね?

改めてご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 12:08

女性名詞 (feminine nouns)、男性名詞 (masculine nouns) というのがあります。



車は知らないのですが、船も街も女性名詞です。
女性名詞は、代名詞 "she/her" で受けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>女性名詞 (feminine nouns)、男性名詞 (masculine nouns) というのがあります。

え? そんなものありましたっけ(知らなかった、、、ポリポリ)??? と思い早速文法書の索引で、女性名詞を探そうとすると、女性という項目を見つけて読んで見ました。

中性の「注」に、

船や愛車をsheで受ける事がある。また国名は地理的に見る場合はit、政治的に見る場合は、sheで受ける事が多い。(チャート式)

と書かれていました。

例文として、2つ載っていました。

France has increased her expert by 10 percent.

(これは確かに政治に関係がありそうです。)

England is proud of her poets.

(こっちは、 政治と関係あるというより、芸術文化と関係あるような、、、。)

なんか、もうちょっとちゃんとした文法書買わなきゃ、、、。と思いました。

>船も街も女性名詞です。

英和辞書では、可算名詞か、不可算名詞かは出てくるんですが、、女性名詞かどうかは出てきません、、どうやって調べるんでしょうか?

改めて、ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 18:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどこが擬人法?

こんにちは。国語か文学か迷ったのですが、長塚節さんの短歌についてということで、こちらで質問させていただきました。

快き夏來にけりといふが如まともに向ける矢車の花

という句の「まともに向ける」の部分が擬人法なのだそうですが、意味がわからないのでなぜ擬人法になるのかもわかりません。
どなたか意味を教えてください。

Aベストアンサー

まるで「気持ちの良い夏が到来したなあ」とでも言うかのように、真正面を向いて堂々と咲いている矢車菊の花

という句意です。
「真正面を向いて」の「真正面」が何に対しての真正面かは解釈によると思います。
太陽に対してかもしれないし、作者自身に対してかもしれません。
ただ、この表現が、あたかも矢車菊自身に意志があって、敢えて真正面を向いて咲こうとしているかのように言いなしているところが、「人でないものの動作を人の動作のようにたとえる」という擬人法の修辞技法に当たる、ということではないでしょうか。

擬人法といえば、「いふが如」の箇所ではないかなと、最初、思いかけましたが、これは、「ごと(く)」が明確に直喩を表しているので、ここを擬人法と取るのはやはり不自然ですよね。
「快き夏来にけりといひて」だったら、確かに擬人法ですがね。

「まともに向ける」を擬人法とするのも、かなり強引な解釈だとは思いますが、強いて言えば、上記のようなことだと思います。

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む

Q体言止め、比喩法、擬人法、直喩法、隠喩法をなどを教えてください

体言止め、比喩法、擬人法、直喩法、隠喩法、反復法、倒置法これらを中学生に分かりやすく説明したいです。いい例を教えてください!またそのページなどがございましたらそれも教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

中学生に教えるのなら、このサイトで十分理解で来そうに思えます。

http://www.ne.jp/asahi/melody/sakusi/index.html

左側上にある「コンテンツ」→「メロ先作詞の仕方」
http://www.ne.jp/asahi/melody/sakusi/howto/index.html
で「体言止~倒置法」まで、ご希望の項目を全て解りやすく解説してくれています。

サイト転載のみでごめんなさいね。
私も勉強になりました。(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/melody/sakusi/index.html,http://www.ne.jp/asahi/melody/sakusi/howto/index.html

QThey embraced and Wladek parted for what he prayed was his last night in the pri

他の方が文法を質問をされた英文です。内容は下記のようでした。

前文はワルディックがドクターにお礼としてブレスレットを渡そうとする。ドクターはブレスレットがワルディックの父から受け継いた高価な物であると知り必要がないと断る。ドクターはワルディックの腕にブレスレット着ける。そして握手をする。この後に続く文章でした。

They embraced and Wladek parted for what he prayed was his last night in the prison hut.

ワルディックが看守にブレスレットを見つけられはしないかと一晩中眠れなかった・・・と続いていました。

> They embraced and Wladek parted for what he prayed was his last night in the prison hut.

『二人は状況を把握した。そして、ワルディックは今日が牢獄で過ごす最後の夜となるように祈ることを諦めた。』


と訳してみたのですが異訳になりますか?

Aベストアンサー

>“二人は抱擁をしてワルディックは立ち去る”と“牢獄での最後の夜になるように祈ること”の句を如何しても結び付けることができません。

意訳すると
「二人が抱擁を交わした後、ワルディックは分かれて牢獄小屋に向かった。牢獄の小屋で過ごす夜は今日で最後になりますようにと祈りながら。」
ということだと思います。

要するに、ワルディックはすぐに牢獄小屋を出たいと願っているわけです。
文脈が分からないので丸っきりあてずっぽうの推測ですが、ワルディックとしては、ドクターが牢獄小屋から救い出してくれるかもしれないと期待しているのかもしれませんし、ひょっとしたら脱獄を考えている可能性もあります。

ここでのpartは、単純に「分かれる、別れる」という意味(自動詞)で、forは「期間・時間を過ごすために」の意味でしょう。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=part&stype=0&dtype=1

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=for&dtype=1&dname=1na&stype=0&pagenum=1&index=02815300
[1(2)のところ]

>“二人は抱擁をしてワルディックは立ち去る”と“牢獄での最後の夜になるように祈ること”の句を如何しても結び付けることができません。

意訳すると
「二人が抱擁を交わした後、ワルディックは分かれて牢獄小屋に向かった。牢獄の小屋で過ごす夜は今日で最後になりますようにと祈りながら。」
ということだと思います。

要するに、ワルディックはすぐに牢獄小屋を出たいと願っているわけです。
文脈が分からないので丸っきりあてずっぽうの推測ですが、ワルディックとしては、ドクターが牢獄小屋から救い...続きを読む

Q太宰治『人間失格』の擬人法

太宰治『人間失格』に「おい! とんだ、そら豆だ。来い!」という箇所があります。ここで換喩が使われているのはどうしてなんでしょうか?また、どうしてソラマメに擬人法を使っているのでしょうか?

Aベストアンサー

おそらくこういうことを聞いておられるのではないのだろうと思いながら、回答します。
ご質問が典拠があるものでしたら、それを明示してください。

手元にある佐藤信夫『レトリック感覚』を見てみると、換喩に関しては、アンリ・モリエの『詩学とレトリックの辞典』から引用されています。

---p.144からの引用---

換喩とは、「あるひとつの現実Xをあらわす語のかわりに、別の現実Yをあらわす語で代用することばのあやであり、その代用法は、事実上または思考内でYとXを結びつけている近隣性、共存性、相互依存性のきずなにもとづくものである」

-----

つまりものごとのあいだに類似関係を認めたものが「隠喩」であるのに対し、隣接関係を認めたものに対して働く比喩が「換喩」ということです。

この『人間失格』の場合、脈絡は

「腹がへったなあ」という堀木に対し、主人公は「いま、したでヨシ子がそら豆を煮ている」と答えます。ふたりは議論し、やがて腹がへった堀木がそら豆を取りに行く。
そこから堀木の「おい! とんだ、そら豆だ。来い!」という表現が生まれてくる。
つまり「そら豆を煮ているかと思ったら、とんでもないことになっていたぞ」という意味がこの言葉にあらわれているわけです。

ここにおける換喩は、まず「そら豆」という一語で「そら豆を煮ている」という行為全体を現わしている、というものがあるでしょう。

さらにここではもうひとつ、換喩には「原因と結果の隣接性」という関係を見て取ることができるでしょう。
「そら豆を取りに行った」→「とんでもない光景を見てしまった」
これは「そら豆」と「とんでもない光景」の類似による隠喩的な関係ではなく、原因と結果という隣接的関係である換喩のはたらきと見ることができます。


また「擬人法」(活喩)というのは、換喩の系列に属するものではなく、隠喩の系列に属するものとされます。

・「村は寝静まっていた」

という表現は、換喩ですが、ここでは「村」を擬人化しているわけではなく、その村の家々とそこに住む人々を指しているわけです。それを「村」という一語で示すことによって、村全体がしずまりかえった様をあらわしている。その表現と
・「ラジオが語りかけた」
のように、「ラジオ」を擬人化している表現のちがいがおわかりでしょうか。

ここでの「そら豆」は、「そら豆」を人間に喩えているわけではないと思うのですが。
もし回答がずれていたら、補足要求で。
その際、この箇所が擬人法であるというなら、その典拠をお願いします。

おそらくこういうことを聞いておられるのではないのだろうと思いながら、回答します。
ご質問が典拠があるものでしたら、それを明示してください。

手元にある佐藤信夫『レトリック感覚』を見てみると、換喩に関しては、アンリ・モリエの『詩学とレトリックの辞典』から引用されています。

---p.144からの引用---

換喩とは、「あるひとつの現実Xをあらわす語のかわりに、別の現実Yをあらわす語で代用することばのあやであり、その代用法は、事実上または思考内でYとXを結びつけている近隣性、共存...続きを読む

QShe of her was always hidden away Part of her was

She of her was always hidden away
Part of her was always hidden away

訳を教えてください。

Aベストアンサー

彼女の彼女は、いつも隠れていた。
彼女の一部は、いつも隠れていた。

Q漁夫の利、擬人法

漁夫の利で擬人法が使われているのはどこの部分ですか??

Aベストアンサー

【現代語訳】
趙は、今にも燕に攻め込もうとした。蘇代は趙の惠王に説いて言った、「今私が来るときに、易水で見たことです。どぶ貝が身を曝していたところ、鴫(しぎ)がやってきて、つついて食べようとしました。どぶ貝は貝をとじて、鴫の嘴をはさみました。鴫は貝に『今日も明日も雨が降らなければ、干からびて死んでしまうぞ』と言い、貝もそれに応え『今日も明日もものが食べられなければ、死んでしまうぞ』と言って、お互い離そうとしませんでした。そこに漁師がやってきて、ともに捕らえられてしまいました。今、趙は燕に攻め込もうとしています。長期に交戦することとなれば、両国は大いに疲弊することでしょう。ここで強国である秦が漁父となるを私は恐れるのです。惠王さまにも、そこを熟慮願いたいものです」、惠王は「なるほど」といって、すぐに派兵を止めた。
http://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%BC%81%E5%A4%AB%E3%81%AE%E5%88%A9
【解答】
どぶ貝と鴫(しぎ)が争って、ともに捕らえられる=両国が長期に交戦して大いに疲弊する

Qhe was exhausted after his sleepless night and beg

he was exhausted after his sleepless night and began to feel drowsy after just a paragraphs.

※sleepless:眠れない
※drowsy:眠い
※paragraphs:段落
を使って
日本語にしてください

Aベストアンサー

眠れない夜の後で彼はぐったりしており、一段落読んだだけで眠くなってきた。

Q擬人法なのでしょうか…

こんにちは。
家族でラーメンを食べに行ったときのことです。

私は猫舌なのでラーメンを放置して冷ましていました。
すると弟が
「麺が汁吸うぞ」
って言ってきたんです。
このときの「吸う」という単語の表現について家族と店内で話し合ってしまいました。
この「吸う」という単語は擬人法なのかそうじゃないのか。

教えてください。誰か。


ついでといってはなんですが
その時にもう一つ話しにあがった「紙が水を吸う」の「吸う」も一緒に回答していただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%AC%E4%BA%BA%E6%B3%95
によると、擬人法とは「動物あるいは生命のない物体に人間の特性を持たせる修辞技法」ということです。
そこで、「吸う」という動詞が人間の特性を表わす動詞かどうかですが、もうひとつの参考URL
http://ext.dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/101680/m0u/%E5%90%B8%E3%81%86/
から分かるように、今回の「吸う」という動詞の意味は「周囲の液体・気体を組織の内部に取り込む」であり、人間の特性を表す意味ではありません。

なので、ご質問の「麺が汁吸うぞ」は擬人法ではないと思います。
また、「紙が水を吸う」も同様だと思います。

QBETWEEN A and B, and BETWEEN A and C

BETWEEN A and B, and BETWEEN A and C
このような英文を書きたいのですが何か簡潔に書く方法はないか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何についてかによりますが、例えば
A's relationship between B or C
とかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報