ウィキペディアの武田信繁の項目に、

「息子を信濃の名族望月氏の養子にするなど、武田家による信濃支配の要として信濃国人衆との結びつきが強く、当時武藤家を継いでいた真田昌幸は、次男に信繁(幸村)と名付けている。そのため長らく発生していなかった信濃武士の反乱が、信繁死後に頻発するようになる。 」

との記述がありますが、これはどういうことでしょうか?
信繁の死により、抑止力が無くなったと言う解釈で良いのでしょうか?
もしそうなら、それは何故ですか?
反乱が頻発した理由が分かりません。どう言った経緯なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

結論から言いますと、これはウィキペディアの欠点が露呈した「誤った記述」と考えます。



第四次川中島合戦の後、武田家の信濃支配は揺らいでおりません。川中島地方を完全に支配化に入れ、北方の飯山城や野尻城を攻める、あるいは三国峠を越えて上野に進出して箕輪城を攻略するなど、武田家の勢力が増したことはあっても衰えたことはありません。

そもそも、信濃武士の某が武田家に背いたとして、武田家の圧倒的な戦力に対抗して「独立勢力」になれるわけがありません。武田家と対抗し得るほかの大名家に寝返って援軍を得るのでなければ直ちに叩き潰されてしまいます。

武田家が諏訪頼重を滅ぼして信濃に進出して以来、信濃の武士たちと戦うことが何度かありましたが、いずれも武田家と対決できる大名家への寝返りです。

1) 諏訪西方衆の反乱:小笠原長時への加担。小笠原長時が塩尻峠の戦いで武田に敗れ、鎮圧

2) 佐久の武士の反乱:上野の関東管領・上杉憲政へ加担。上杉憲政の派遣した援軍が小田井腹の戦いで武田に敗れ、鎮圧

第四次川中島合戦の後、信濃の侍が寝返る相手(援軍を期待できる相手)は上杉謙信以外にいなくなりました。その上杉家が、信濃からほぼ勢力を失って国境の飯山城(上杉謙信の本拠地である春日山城から程近い)を死守している状態ですから、どこにも寝返ることはできず、どこからも援軍は来ません。
ですので、史実にあるように
「第四次川中島合戦の後、信濃の侍で武田信玄に叛いた者はいない」
状況となったわけです。武田家に叩き潰されると分かっている状況で、武田家に叛くほどバカな信濃侍はいません。

武田の信濃での戦いについては、下記の本が詳しいです。
「武田信繁の死後、信濃の侍の反乱が増えた」
などという事実がないことが良く分かります。

武田信玄の古戦場をゆく―なぜ武田軍団は北へ向かったのか? (集英社新書)
安部 龍太郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4087203654/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
記載内容が具体的に分かりにくかったのですが、そもそもそのような事実は確認されていないと言うことですね。
そうすると、ウィキの執筆者はどこからそのような情報を入手したのでしょうか?
根拠も無く記事を書くと言うのはあまり考えられないと思うのですが……完全な誤認なのでしょうか。
勉強になりました。

お礼日時:2009/05/25 09:43

No.2です。


当時のことは第四次川中島合戦の戦況さえ、知る資料が殆どないような状態で、断片的資料から推察するだけで細かいことは分かりません。
真田の関する話では、永禄七年奥信濃の戦場から帰って直ぐの清野刑部左衛門に直ちに上野に出陣し、真田幸隆に従うよう命じました。
さすがにこれには不満があったようで、信玄がなだめる書簡を送っています。
総大将というものは辛いものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この時代の史料は少ないのですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/27 20:12

信玄が信濃を制圧したのち、ずっと平穏でいたわけではありません。


面従腹背の国人衆はおりました。
第四次川中島合戦のあとで、信玄の戦力が低下した時と、長子の義信を誅殺し家中が割れた時には、反乱と云うほどではないが騒乱はありました。
後者の永禄十年信玄は部下の将士から起請文を取り、長野の生島足島神社に奉納しました。   次記の一節があります。
「一つ、諸卒逆心を企つと謂えども、それがしにおいては信玄様御前を守り、忠節仕る事。」
信玄に従った信濃国人衆は「信州先方衆」と呼ばれ各地の合戦に駆り出され、部下達は負担の重さに不満でした。
永禄五年には大井高政に逃亡した部下の成敗を命じた記録があります。
諸将の反乱はありませんが、部下の騒動はありました。
信玄が出るほどでなく諸将により鎮圧されました。
ウィキは誇張ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
時代を考慮すれば、反乱はあるべくしてあったのだろうとは思うのですが、それが「信繁死後」と限定されていることが不可解でした。
ご回答を参考にするならば、「川中島後=信繁死後」と言えますから、そこから書かれた記事かもしれませんね。
「頻発」と言うくらいですから、「反乱」についての定義がブレているのかもしれません。
勉強になります。
ちなみに、鎮圧した将がどなただったかと言うのは明らかになっているのでしょうか?

お礼日時:2009/05/25 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真田幸村(信繁)の「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候え」の意味

真田幸村(信繁)の「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候え」の意味


この言葉の意味ってなんすか?

おしえてください。

あと、候えはこうえ
で読み方あってますか?

Aベストアンサー

 読み方は完全に間違っています。そうらえ。旧仮名遣いだと「さうらへ」になります。丁寧語です。
 
 直訳すれば、「関東勢は百万もいらっしゃるのに、(勇ましい)男子は一人もおられませんね」意訳すれば、「関東勢百万の武者の中に、勇敢な兵士は一人もおられないのか」となります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E7%B9%81#.E5.A4.A7.E5.9D.82.E5.A4.8F.E3.81.AE.E9.99.A3

Q真田幸村の認知度ってどのくらいなのでしょうか?

先日、上田市出身の友人と真田幸村の話になり「真田幸村はどのくらい有名なのか?」って話し合ってました。

その時は、
●学校の歴史の授業では「ほとんど触れられない」に等しい。
●主役・脇役様々な形でNHK大河ドラマや歴史小説、ゲームで扱われる。
●日本の戦国時代に興味・関心の無い人は、一生知らずに死んでいく可能性が高い。

などの点から、
・蜂須賀小六、結城秀康、服部半蔵レベル。
・伊達政宗も学校で触れられないかもしれないから、伊達政宗レベル。
・ひょっとしたら楠木正成や新田義貞も同レベル。
などなど・・・・楽しい一時を過ごしました。

教!gooの皆様は真田幸村の認知度(対象は20代から30代、男女問わず)をどのように例えられますか?
暇なときで構いませんのでお願いいたします。

Aベストアンサー

30代前半・女性です。
私自身はTV番組の一番古い記憶がNHK大河ドラマや時代劇で、歴史好きの部類に入ると思っています。

真田幸村は、歴史好き・時代劇好きでもなければ「それ誰?」ってくらい知られていないと思います。

幸村といえば大阪夏の陣が真っ先に思い浮かぶのですが、大阪夏の陣は授業等で知られていても、幸村は一般には存在そのものが知られてないかと。かといって、蜂須賀小六や結城秀康よりは認知度高いかな...。
大阪夏の陣で家康に関連してお名前お目にかかることも少なくはないので、家康などの大物に関連して名前が出てくるってとこで、服部半蔵・柳生一族くらいかな?と。
もしくは、忠臣蔵四十七士のうちの一人か、同じく忠臣蔵の吉良側人物レベル。
今放送されている大河ドラマの時代に当てはめたら、那須与一ってところではないでしょうか。

実は私自身、真田幸村が一般(同年代、20代後半~30代前半の歴史に特別関心ありませんって人たち)には何一つ知られていないと知ってかなりのショックを受けた一人です。
10年ちょっと前にNHKで(大河ドラマではないですが)「真田太平記」放送されていたのだけどな...。
伊達政宗は大河ドラマで主役で放送されていたからか、幸村よりは認知度はるかに上で、最低限、政宗の名前くらいは知られてました。

30代前半・女性です。
私自身はTV番組の一番古い記憶がNHK大河ドラマや時代劇で、歴史好きの部類に入ると思っています。

真田幸村は、歴史好き・時代劇好きでもなければ「それ誰?」ってくらい知られていないと思います。

幸村といえば大阪夏の陣が真っ先に思い浮かぶのですが、大阪夏の陣は授業等で知られていても、幸村は一般には存在そのものが知られてないかと。かといって、蜂須賀小六や結城秀康よりは認知度高いかな...。
大阪夏の陣で家康に関連してお名前お目にかかることも少なくはな...続きを読む

Q武田信繁殿について

家訓に基づいて武田信繁殿を尊敬しておりますが、余り参考書がありません。小説でも学術書でも結構ですので、信繁殿の実態に迫れる書籍をご存知でしたら教えてください。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

PHP文庫 小川由秋 さんの「武田信繁」は

いかがでしょうか?

Q天正10年 真田昌幸の決断

天正10年春、甲州武田家の命運が最早尽き掛けようかとしていたその時、真田昌幸は主君勝頼に自身の知行地上州岩櫃への下向を進言しました。
結局これは実らず、一門衆小山田信茂の持ち城郡内岩殿へと赴き、小山田の痛烈な裏切りに会い武田滅亡を早める事となりました。

良く巷にて聞く話は「この時勝頼は選択を誤ったのだ。」と云われますが、
私が思うに、上州に赴いたところで結果は同じだったという事は考えられませんか?
真田もやはり自領の民を守るため勝頼の首を差し出したのでは? と考えます。

歴史のIFはタブーですが、皆さんはどの様に推察されますか?
それとも、昌幸が本気で勝頼を戴き武田家存続のため奮闘する用意があったという証拠文献は残っているんでしょうか?

Aベストアンサー

勝頼の首を差し出す事が絶対無いとは言いませんが、私としてはその可能性は低いと思っています。

まず、主君の首を持って降ったとして、それが必ず敵方に受け入れられるかどうかわかりません。
殺してはいませんが、上杉家家臣の妻鹿田新助は上杉龍若丸の身柄を北条氏康に引渡して降り、氏康から所領安堵を得ようとしましたが、氏康はその不義な行為に怒り妻鹿田新助を処刑しました。
逆の例も勿論あり、朝倉景鏡は主君の首を手土産に織田信長に降り、所領安堵を得ています。
戦国時代ですから主君を裏切る事は珍しい事ではありませんが、必ずそれが受け入れられるわけではありませんし、その主君の身まで手にかけるのはリスクが大きいような気がします。
裏切るなら何もそんな事はしなくても木曾や穴山のよう早く裏切った方がよいように思います。
智謀の将である真田昌幸ならその辺のリスクは計算に入れていると思うのですが。
ちなみに小山田信茂は勝頼を殺したわけではありませんが、織田信忠にその遅すぎる裏切り行為を嫌われ咎められ処刑されています。

それから真田昌幸は岩櫃城のそばに勝頼を迎えるための館を大急ぎで建ています。この館の跡は石垣だけですが現在も残っていて、そこに説明書きの看板が立ててあります。勝頼を殺すつもりならそのような館は建てなかったように思います。ちなみにその館は後に寺として一時期利用されたそうです。

それと真田昌幸は自領の民を守るために戦を避けるタイプでは無いように思います。例えば第一次上田合戦の場合、この時、属していた徳川が北条と講和をし、その講和条件において真田の沼田の領地が北条に属する事になり、徳川から引渡しを命じられました。
これに怒った昌幸は徳川と手を切り戦になります。沼田の地は真田の領地になってからの年月はまだ浅い地でした。本当に領民の事を思うなら戦はせず北条に引き渡していたでしょう。しかし、昌幸は領民を動員して戦をしています。

こうした事から私は真田昌幸は勝頼を本気で受け入れる気があったと思っています。
ただ、それが全て武田家のためかと言うと微妙です。
それまでの武田家の中には親族衆や有力な譜代の武将が多くおり、真田家が武田の中で突出した力を持ったり勢力を広げるのは無理でした。
しかし、多くの者が裏切ったおかげで、岩櫃城に勝頼が来てくれれば武田家の主導権を昌幸が握る機会が出てきます
真田家だけでは大きくなる事は難しかったでしょうが、しかし、武田の御輿を担いでいれば、それを利用する事ができます。
数多くの武将が武田を裏切ったとは言え、腐っても鯛というか、武田に共感を寄せる者はまだ残っていました。
それを昌幸が利用できる大義名分を手に入れられます。
勝頼よりその嫡男、信勝を前面に押し立てる手もあります。武田家をこれだけ弱体化させた勝頼を大人しくさせる、真田のいいように操る事は無理では無いように思います。
主君を傀儡にして勢力を広げた、力を強めた武将の例は戦国時代には数多くあります。
その例に真田昌幸が倣ったとしても不思議ではありません。
つまり武田の旧領回復を名目に主君を担いで、実際は真田の勢力を大きくするという事を真田昌幸が考えていたとしても私は驚きません。
この時、武田家の危機ではありますが、それを利用する好機でもあるのです。
上杉の援軍も望めます。
特に真田の領地の隣の北信濃は一向門徒の多い地域で武田が長年保護してきました。反織田の気風の強い地域であり武田への共感の強い地域です。まず、こうした地を味方につけ上杉と共に戦えば、真田からすれば必ずしも絶望的というわけではないと考えても不思議ではないと思います。

まあ、本当に武田家のためを思って勝頼を迎え入れようとしたという事も考えられますが。

勝頼の首を差し出す事が絶対無いとは言いませんが、私としてはその可能性は低いと思っています。

まず、主君の首を持って降ったとして、それが必ず敵方に受け入れられるかどうかわかりません。
殺してはいませんが、上杉家家臣の妻鹿田新助は上杉龍若丸の身柄を北条氏康に引渡して降り、氏康から所領安堵を得ようとしましたが、氏康はその不義な行為に怒り妻鹿田新助を処刑しました。
逆の例も勿論あり、朝倉景鏡は主君の首を手土産に織田信長に降り、所領安堵を得ています。
戦国時代ですから主君を裏切る事は珍...続きを読む

Q真田幸村を

倒したのは誰????

Aベストアンサー

越前松平家の西尾宗次という武将です。
当時の戦いでは武将は勝っても負けても恥にならないように、
同クラスの武将と戦うという暗黙の了解がありましたが、
真田幸村と西尾宗次ではクラスが合いません。
真田幸村という徳川家にとって宿敵のような武将の首ですが、
報償が非常に少なかったというのも謎です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B0%BE%E5%AE%97%E6%AC%A1


人気Q&Aランキング

おすすめ情報