「TwinT発振回路で発振がなぜおきるのか」と、TwinT発振回路とTwinTフィルタ回路の移送回路の違いについて教えてください。

A 回答 (1件)

TwinT発振回路で発振が起こるのは、LCR発振とまったく同じことです。


Lに相当する部分が、トランジスタになっているだけのことで、後はまったく同じことです。

TwinTフィルタの場合には、いわゆるパッシブフィルターと同じことで、CRの特性でLPF(ローパスフィルター)やBPF(バンドパスフィルター)を構成できることでしょう。

移送(位相?)回路については、フィルターそのものが伝達関数を決定付けるのものが、CR(コンデンサ・抵抗)定数に依存しており、同じく発振回路も発振定数がCR(コンデンサ・抵抗)定数に依存しているだけのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解かりやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 01:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング