私は2年前、業務向上を目的に、
プライベートで語学学校と貿易実務の学校へ通いました。
お陰で、私は業務効率が上がりましたが、当時会社には言っていませんでした。(会社が費用を負担してくれる制度がないと思っていたから)

しかし、今になって、会社側は
「そんなこと早く言っていれば技術習得費として出してあげたのに~」
と。

当時、学校からもらった領収書は個人名義で、一部まだ手元にあります。
これらの費用を会社に請求するには、どうしたらいいでしょうか。

仮に、学校に会社名義で再発行してもらうよう交渉しOKだった場合、
日付は2年前のものでも、会社に請求できるのでしょうか。

月数万円の費用なので、もし会社に請求できるなら、請求したいです。

宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

決算の月がありますので、普通は、無理ですね。


ひとつ案があります。そのような理由で、その領収書を学校に相談して、日にちを書き換えてもらえれば、助かります。
一度お願いしてみてはいかがなものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご提案ありがとうございました!

日にちを書き換えてもらえるか、学校に相談してみます。

お礼日時:2009/05/22 17:16

普通の会社では2年前の領収書は落とせないと思います。


うちの会社は4半期決算なので、3ヶ月以上たった領収書は落とせません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか・・・・・・。
うちの会社が“普通の会社”じゃないことを祈り、相談してみます。

ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/22 17:23

経理の人間から言わせてもらうと、


同一決算期内であれば対応するかもしれませんが、
2年前ということで、おそらく前々期の経費となっているはずのものなので、
イマサラ持ってこられても・・・となります。
経費は基本発生ベースなので、
2年前のものは2年前に精算すべきだからです。
とはいえ、会社によっては認めてくれるところもあるので、
ダメモトで相談してみるのはアリだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、ダメモトで相談してみます!

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 17:17

「そんなこと早く言っていれば技術習得費として出してあげたのに~」



今言ってももらうのは無理と思われます。相談する価値はありますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか・・・。一か八か、相談してみます!

ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/22 17:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収書の発行期限について

領収書の発行期間について質問いたします。
当方、美容室を営んでおりまして、本日お客様から「9月に来店した際に支払った金額の領収書を頂きたいのですが可能でしょうか?」と聞かれました。
かなり時間が経っていますし、発行して良いのか悪いのか判断に困ってしまいました。
法律上の規定など、ご存知の方がいらしたらお力を拝借できないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あくまでも私の勤めていた会社(某大手全国チェーン)の例ですが。

レシートなどの支払いの証明があれば、発行は可能です。
ただし、この場合の日付はレシートでのお買い上げ日付です。つまり、お客様がお支払いされた日。質問者さんのケースなら9月の日付。
レシートがない場合は丁重にお断りします。レシートもないのに、お客様の口頭での申し出で領収証の発行が可能なら、いくらでも不正、裏金が出来てしまいますもんね。
レシートをお渡ししている以上、レシート紛失うんぬんはお客様の手落ちです。店に責任はありません。小売店のレシートはそのままで領収証として通用します。もし、レシートを紛失したと偽って店に領収証の発行を申し出たら、二重発行になり、経費の不正請求に繋がります。
ただ、レシートをもらっていないと主張されたら、ケースバイケースで対応していました。そのため、私は店長時代には、絶対にレシートはお渡しするようアルバイトまで徹底させていました。

あくまでも、金銭管理に厳しい私の会社に事例ですが、一般的にも通用するルールでしょう。

ただ、法的なことはわかりません・・・。

あくまでも私の勤めていた会社(某大手全国チェーン)の例ですが。

レシートなどの支払いの証明があれば、発行は可能です。
ただし、この場合の日付はレシートでのお買い上げ日付です。つまり、お客様がお支払いされた日。質問者さんのケースなら9月の日付。
レシートがない場合は丁重にお断りします。レシートもないのに、お客様の口頭での申し出で領収証の発行が可能なら、いくらでも不正、裏金が出来てしまいますもんね。
レシートをお渡ししている以上、レシート紛失うんぬんはお客様の手落ちです。店に...続きを読む

Q会社の立替え経費を提出期限までに出さないと無効ですか

営業職のサラリーマンですが、業務で利用した駐車場代や備品の購入代金を立替え経費の提出期限までに提出できませんでした。
6月分の経費を7月5日(5日が日曜のため実質4日が期限)までに提出する事になっているのですが業務が特に忙しく7月2日(直行直帰)3日(直行直帰)4日(交代で取る休日でしたが翌日の仕事の準備で会社には行きました。しかし、元々プライベートの予定があり休日にしていたので経費精算の計算をして提出書類を作成する時間が無く翌日の準備だけをして帰宅しました)5日(日曜で会社も休みですが休日出勤で現場に出ました)
6日の月曜日に経理担当者に業務が忙しく2日、3日と帰社することができなかった旨を伝え6日中に提出するので受理してもらえるよう頼んだところOKの返事をもらいました。
しかし6日の夜に提出すると経理ではなく総務の人間から期日を過ぎているので受理できないと突き返されました。
金額は約3万円で自腹になるには決して安い金額ではありません。
しかも業務でかかった費用であり、期日内に提出できなかったのも特に忙しかった業務のせいなので、会社が払わないと突き返した事に到底納得できません。
このようなケースの場合、会社に支払いを要求することはできないのでしょうか。

営業職のサラリーマンですが、業務で利用した駐車場代や備品の購入代金を立替え経費の提出期限までに提出できませんでした。
6月分の経費を7月5日(5日が日曜のため実質4日が期限)までに提出する事になっているのですが業務が特に忙しく7月2日(直行直帰)3日(直行直帰)4日(交代で取る休日でしたが翌日の仕事の準備で会社には行きました。しかし、元々プライベートの予定があり休日にしていたので経費精算の計算をして提出書類を作成する時間が無く翌日の準備だけをして帰宅しました)5日(日曜で会社も休み...続きを読む

Aベストアンサー

これは純然たる社内問題ですね。
法律的には不当利得返還請求権など、請求できる根拠はあります。少額訴訟など、手間が掛からず可能な行動もあります。しかし、そのような強い行動に出ることをお勧めするほど、3万円は高い金額とはいえないでしょう。
失うもののほうがはるかに大です。

なお、そもそも労働法(賃金)の問題ではないですから、監督署に出向いても意味はありません。

経理の人がOKしていたからといって、これは期日を過ぎても事務処理をやってあげるという意味に過ぎず、精算をしてもらえる根拠にはなりません。
少々遅れただけで精算を認めないというのは、総務の権限濫用のようにも思えるのですが、これまでにもいろいろあっての強い態度なのでしょうし、ご質問の内容からだけではなんとも判断できません。
それよりも、質問者様において、最初から当然に経費をもらえるはず、という意識があるなら、それは結果としてマイナスに働くはずです。
業務が特に忙しく、というのは、少なくとも提出先に対してはいいわけにもならないでしょう。
なんといっても期日に遅れたことは事実ですからね。総務の人にしてみれば、6月中に処理できたはず、と思っているのかもしれませんし。

とりあえず、期日に出せなかった理由、精算を必要とする要望書書を作って、総務に上げてみる(拒否された場合、さらに上に提出する)というのはどうですか。
理由については、いいわけのような内容をくどくど書かず、簡潔に、かつお詫びも含めることです。
できるだけ平和に進めましょう。それが賢いビジネスマンというものです。

これは純然たる社内問題ですね。
法律的には不当利得返還請求権など、請求できる根拠はあります。少額訴訟など、手間が掛からず可能な行動もあります。しかし、そのような強い行動に出ることをお勧めするほど、3万円は高い金額とはいえないでしょう。
失うもののほうがはるかに大です。

なお、そもそも労働法(賃金)の問題ではないですから、監督署に出向いても意味はありません。

経理の人がOKしていたからといって、これは期日を過ぎても事務処理をやってあげるという意味に過ぎず、精算をしてもらえ...続きを読む

Q営業交通費・経費の精算に関する法律

経費精算について質問です。

特に営業職に多いと思うのですが、
営業用交通費や経費・交際費の精算方法は会社の規定があると思うのですが、
法律でなにか決まっていることってあるのでしょうか?

例えばいくら仕事の為の経費とはいえ、1年たてば時効とか、
例えば3月が決算の会社なら4月になれば前年度の経費は精算できないとか・・・。

うちの会社は(どこでもそうなのかもしれませんが)必要以上に経理のおばさんがうるさいのです。
お金のことですからきっちり精算するのは当然ですが、
人間本当に忘れてしまうとき、うっかりしてしまう時って必ずあります。

そういうときに「こういう法律・こういう規則だから精算できません」
「みんな規則を守っているのであなただけ特別あつかいできません」と言われれば納得できるのですが、
「うっかり忘れるあなたの脳みそ腐ってるんじゃない?」と感情的に精算を拒否されるのがどうも納得できません。
他の人に聞くと機嫌のいい時は何も言わず精算してくれるそうです。
今回私が精算できなかったのは、GWの為イレギュラーなスケジュールになり、
申請日を間違えたからです。
これまでは遅れることなくちゃんと精算してきました。
イレギュラースケジュールで1日間違えてしまったのです。
法律・規則でというなら諦めますが、感情的になられて精算してもらえないのはさすがに理不尽です。
感情論には理屈で対抗してやろうと思っています。

もし何か法律で決まっていることがあるなら教えてください。
ちなみに締切日を間違えた私が悪いのは自覚しているので
「間違えるほうが悪い」というご意見はお控え下さい。
それと「感情的になって精算しない経理が悪い。上司などに相談すべき。」というのもわかっていますので、そういうご意見もお控え下さい。

長々と事情を書きましたが、あくまでも経費精算に関する法律について教えてください。

経費精算について質問です。

特に営業職に多いと思うのですが、
営業用交通費や経費・交際費の精算方法は会社の規定があると思うのですが、
法律でなにか決まっていることってあるのでしょうか?

例えばいくら仕事の為の経費とはいえ、1年たてば時効とか、
例えば3月が決算の会社なら4月になれば前年度の経費は精算できないとか・・・。

うちの会社は(どこでもそうなのかもしれませんが)必要以上に経理のおばさんがうるさいのです。
お金のことですからきっちり精算するのは当然ですが、
人間本当...続きを読む

Aベストアンサー

1です。

 法律が無いといったのは民法の話ではありません。
 まあ、2、3の方も書かれていますが、払うと決まっている物を払わなければ債務不履行です。時効の定めもありますね。あとは就業規則という契約書が有効かどうかという判断でしょう。
 会社が出張を命ずる以上、そのために掛かった経費を実費弁償するのは当たり前のことでそうでなければ、手当か何かで一律支給しておかなければ出張を命ずることなどできないでしょう。これを支払わなければ債務不履行などということは明白だと思います。
 おばちゃんの機嫌でどうにかされては困ります。決算をまたいでも関係はありません。
 さらに理由のない不払いであれば労働基準法で労働基準監督署に訴え出ることもできるはずです。

 私は経費精算に関し特化した法律はないと言いたかったのですが。
 会社が旅費などの経費をどこまで社員に支払う義務があるかどうか、また精算方法についての決められた法律(就業規則のガイドラインのような法律)などはないような気がしますということです。

 そもそも質問者の方が民法についてお尋ねだとは思いませんでしたが。民法を持ち出すと私人の契約の間で抵触しない方が珍しいと思うのですが。

 なお、不払いのおばちゃんを責めるということは、結局そのおばちゃんが上司に相談し、結局は会社を責めることにしかならないのは事実でしょう。おばちゃんの意見=会社の意見であるのならば話は別ですが。

1です。

 法律が無いといったのは民法の話ではありません。
 まあ、2、3の方も書かれていますが、払うと決まっている物を払わなければ債務不履行です。時効の定めもありますね。あとは就業規則という契約書が有効かどうかという判断でしょう。
 会社が出張を命ずる以上、そのために掛かった経費を実費弁償するのは当たり前のことでそうでなければ、手当か何かで一律支給しておかなければ出張を命ずることなどできないでしょう。これを支払わなければ債務不履行などということは明白だと思います。
 ...続きを読む

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q決算をまたいで精算した領収書について

決算をまたいで精算した領収書について

8月決算の法人です。

(まだ決算処理は終わっておりません。税理士へ提出前です)

個人で立て替えた8月の日付けの領収書が22万円あります。
毎月、立替した月末に精算をしていました。

しかし、8月だけは、取引先から、今月の振込みを少し待ってほしいと
お願いされ、預金残高の不安から、22万円を精算しませんでした。

9/21に売掛が振り込まれていたので、ようやく精算をしました。

9/21に精算をしたので、9月の帳簿に記載します。
でも、8月の日付の領収書です。

この場合、8月の決算で処理されるのでしょうか?
それとも、来期にまわされるのでしょうか?

教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>9/21に精算をしたので、9月の帳簿に記載します…

現金の動きはたしかに 9月の帳簿ですね。

>この場合、8月の決算で処理されるのでしょうか…

計上するのはお金の精算日ではなく、支払わなければならない事由の生じた日です。
収入側についても同様でこれを「発生主義」といい、決算のイロハです。

>個人で立て替えた8月の日付けの領収書が22万円あります…

会社側から見たら
【○○費 22万円/未払金 22万円】
で 8月決算です。

>9/21に売掛が振り込まれていたので、ようやく精算をしました…

【未払金 22万円/現金 (or当座預金等) 22万円】
が次期決算です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報