人気雑誌が読み放題♪

ゴルフを始めて6ヶ月、来週2回目のコースに出ようかと
考えているゴルフ初心者からの質問です。

一番基本になる事だとは思うんですが、
アイアンだとダウンブローに打つとかドライバーだと
打ち方が変わるだとか、最近練習をするにも基本的な情報を
頭に入れてから練習に励みたいと思っています。
(分からないと何が正しいのかも分からず、修正も出来ない状況です。。)

そこで、まずはクラブ別の打ち方を具体的に教えて下さい。
助けて下さい!

例)
1、ショートアイアンは○○○○に気を付けて○○の様に打つ
2、ロングアイアンは○○○○に気を付けて○○の様に打つ
3、ドライバーは○○○○に気を付けて○○の様に打つ
の様な回答をいただけると助かります。
※それぞれ打ち方を分けるにあたっての根拠などもいただけると
尚ありがたいです!

すみませんが教えて下さい!

A 回答 (4件)

スイングの基本は両足を揃えて立ち(気をつけの姿勢)


右肩の位置から左肩の高さの位置へ「振り切る」のが基本です

上記の姿勢でクラブをスイングすると
クラブヘッドの動く円形軌道の一番下がった位置(最下点)は
両足の真ん中に来ると思います
従って、ボールを両足の真ん中に置くと
クラブヘッドでボールを拾う形になります
FW(フェアウェイウッド)はこの打ち方になります
そして、ボールを一個分右にずらすと
クラブが降りてくる途中でボールに当たるダウンブローになります
アイアンの使い方は、この、ダウンブローが基本になります
ボールは地面にありますのでボールに当たった後
クラブは地面を削り取る形になりますね
ダウンブローになると、ボールにバックスピンが掛かり
ボールを上げようとしなくてもボールは上がります
ドライバーの場合は両足の真ん中よりボール一個以上
左に寄せて打ちます
クラブの最下点を過ぎて上に向かう時点で打つわけですね
ボールはテイーの上にありますので地面にクラブヘッドは触りません
これをアッパーブローと言います
バックスピンを少なくしてフケ上がりを防ぐ為に
この打ち方が最近の標準になっています

さて、両足を閉じたままでは飛距離が出ませんね
体重移動が不足するからですね
そこで、両足を大体肩幅の広さに広げます
すると、他の皆さんが仰られるようなボールの位置になっていく訳です

したがって、打ち方は皆同じ、異なるのはボールの位置だけ
となるわけですね

このことを理解しておけば皆さんのアドバイスも理解しやすいと思います

アドバイスまで
    • good
    • 0

>私はアイアンの時はクラブを立たせてテイクバックして


>上から振り下ろすイメージで打っています。(教わりました)
>ドライバーはクラブが長いのでアイアンよりはクラブを
>寝かせてテイクバックというイメージでスイングを
>若干変えて打っています。

kinuakiさんやhey_hey11さんが言われるようにクラブ別でスイングを変える必要はありません。アドレスでのスタンスに対する球の位置を変えたり、スタンス幅を変えたりすることで受動的に変わってしまうものだと理解してください。そこを能動的に行うと、ミスがどうしても増えると思います。確かにアイアンはダウンブロードライバーはアッパーブローと言いますが、それはアドレスにおける球の位置、スタンス幅を変えることによって変わってしまうと考えることです。
    • good
    • 0

打ち方はクラブで分けてはいけません。


必ず1つの打ち方にします。
普通の人は、クラブ毎に打ち分けることはまずできないと思います。
打ち方で一番気を付けることは、ボールを当てにいかないことです。
それと、飛ばそうとしないことです。
    • good
    • 0

打ち方、スイングはドライバーからショートアイアンまで同じです。


違うのは、構え、つまりボールの位置が違います。

またクラブもボール位置まで考慮して設計されています。

1.ドライバー:左足カカト線上付近
2.ショートアイアン:スタンスの中央線上
3.その他のクラブ:ロフトが立つに従って中央から左足カカト方向に少しずつ移動した位置

それから、初心者に共通することはスイングでボールを上げようとシャクッてしまうことが悪い点です。フェイスは上を向いていますからこの上を向いたロフトを信じてドライバーからショートアイアンまで同じスイングをすることです。

そうすれば、自然に以下の状態のインパクトが作れます。
ボールの位置が身体の中央になるほどにインパクト時点ではヘッドが下りつつある時にボールに当たります。
ドライバーだとヘッドが最下点を過ぎて少しアッパーになろうという段階でボールに当たります。

大事なことなのでもう一度言いますが、自分で上げようとせずにクラブに任せることです。

貴方は、構えだけチェックして後は振り切るだけです。

構えについて補足しますが、
打ちたいターゲット線と平行にスタンスすることが非常に大事です。
ボーリングやられたこと、ありますか? スパットを狙ってボールを投げますよね。
ゴルフでは、後方からスパットとして葉っぱなど見つけてボールとスパットを結んだ線と平行にスタンスすると正確に構えることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました!
立ち位置ですね。
とても参考になりました。
ありがとう御座います。

スイングで確認をさせていただきたいんですが、
全て同じスイングという事ですが、スイング部分を
もう少し掘り下げてお伺いします。

私はアイアンの時はクラブを立たせてテイクバックして
上から振り下ろすイメージで打っています。(教わりました)
ドライバーはクラブが長いのでアイアンよりはクラブを
寝かせてテイクバックというイメージでスイングを
若干変えて打っています。

その辺りは変える必要無く、スイングして良いのでしょうか?

お礼日時:2009/05/22 18:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャフトの硬さ(LかA)の選び方を教えて下さい!

ゴルフ初心者の30代女子です。
レディースクラブのシャフト硬さ、LかAかでどちらが良いのかわからず、
悩んでいます。HSは、ドライバーで平均35~36みたいです。

現在のスキルは、1年以内、ラウンド回数4回、ベスト123
現在使用中のクラブは、つるやゴルフでキャディバック込みのフルセット
新品で1万9800円だったもののおさがり。
練習には行けるのですが、なかなかコースに出る機会が少ないです。

先日、ショップでXXIOのドライバーとUTを試打したところ、
男性のベテラン定員さんにAシャフトの方が良いです。と言われ、
考えてもいなかったことだったので、悩み始めました。

「え?一般的にLですよね??? A?」と
理由を聞くと、第一にヘッドスピードのことを言われ、
その後は専門的なゴルフ用語でズバーーっと言われたので、
ちんぷんかんぷんでした。
そして、その定員さんが、AシャフトのXXIOを持ってきてくれたのですが、
打ってみると、定員さんにPC画面を見せられ、
「ほら、今のは距離は出ていませんでしたが、真っ直ぐコースの真ん中に打てていますね。」
と説明されました。
正直、試打したものの、Lと比べて決定的な良さ?が私にはわからず、悩んでいます。
Lじゃなくていいの?という先入観もあり、動揺してたせいもありました;

試打した状況を説明しますと、
レディースのXXIOかテーラーメイドのバーナー(白ヘッドの)で検討しており、
試打してみると、私にはXXIOの方が「イイ感じ」でした。
やっぱりXXIOにしよう!と思ったところで、ベテラン定員さん登場。
Aの硬さを進められ、混乱。

定員さんの説明では、
バーナーのLより、XXIOのLの方がシャフトが硬い。
だから、お客様(私のこと)は、XXIOの方がイイんですよ。と言われ、
XXIOでしたら、LよりAのシャフトの方がイイですね。
という流れです。

女子はしなやかなシャフトの方が飛ぶんですよね?
特に体力やパワーに自信があるわけでもないので、Aを進められても悩みます。

どなたかLとAの違い、何を基準に決めるのか(試打の体感?HS?打ち方??)
わかりやすいご説明をいただければと思います。よろしくお願いします。

ゴルフ初心者の30代女子です。
レディースクラブのシャフト硬さ、LかAかでどちらが良いのかわからず、
悩んでいます。HSは、ドライバーで平均35~36みたいです。

現在のスキルは、1年以内、ラウンド回数4回、ベスト123
現在使用中のクラブは、つるやゴルフでキャディバック込みのフルセット
新品で1万9800円だったもののおさがり。
練習には行けるのですが、なかなかコースに出る機会が少ないです。

先日、ショップでXXIOのドライバーとUTを試打したところ、
男性のベテラン定員さんにAシャフトの方が良いです...続きを読む

Aベストアンサー

シャフトの固さは、一般的にヘッドスピードで決めますが、あくまでも一般的なので、本来は自分が打ちやすいシャフトを使うのがいいのですよ

 店員さんは、ヘッドスピードを見て、セオリー通りに勧めただけです。 あくまでも決めるのは自分ですから、気にしないでいいんですよ

 でLシャフトの基準が、ヘッドスピード29-34 Aが32-37 Rが35-40 くらいだと私は認識してます。クラブによって違いがありますので、私が思う基準です。

 つまりヘッドスピード35.36というのは、Lでも打てるし、Aでも打てるし、Rでも打てるということになります。 では何を基準にシャフトを選ぶかというと。 打つときのタイミングです。 ゆったり打ちたい人は、柔らかいシャフトが好きですし、振り回したい人は(笑)固いシャフトではないと合わないわけです。

 
 柔らかいシャフトは、しなり戻りで飛びますが、曲がります。固いシャフトはしなりが少ないので、曲がりが少ないのですが、飛ばないことになります。 


 店員さんの言う「ほら、今のは距離は出ていませんでしたが、真っ直ぐコースの真ん中に打てていますね。」
と説明されました。


 ということです。 


 今はLで練習して、そのうちコースで曲がらない球を打ちたくなったときに、固めのシャフトを選択するという手もあります。ゴルフを始めて数年は、柔らかいシャフトでスイングを覚えたほうが、いいスイングが身に付くんではないでしょうか

シャフトの固さは、一般的にヘッドスピードで決めますが、あくまでも一般的なので、本来は自分が打ちやすいシャフトを使うのがいいのですよ

 店員さんは、ヘッドスピードを見て、セオリー通りに勧めただけです。 あくまでも決めるのは自分ですから、気にしないでいいんですよ

 でLシャフトの基準が、ヘッドスピード29-34 Aが32-37 Rが35-40 くらいだと私は認識してます。クラブによって違いがありますので、私が思う基準です。

 つまりヘッドスピード35.36というのは、Lでも打てるし、Aでも打てるし、R...続きを読む


人気Q&Aランキング