ヨットやボートのバッテリー切替スイッチですが、
メインバッテリとサブバッテリを積んだ船のメインスイッチは、
ロータリー式で、「OFF」/「1」/「1+2」/「2」、の4段階の切替ができるようになっています。
「1」はメインバッテリ。「2」はサブバッテリです。
そこで、素人ながらの疑問があります。
1+2(メイン・サブ両方使用)のスイッチポジションですが、
バッテリ同志はどういう接続になるのでしょうか?
単純に並列接続になるのでしょうか?
そう考えると、スイッチの端子(接点)の仕組みがどうも想像できません。
スイッチ側プラス端子=A
メインバッテリ側プラス端子=B
サブバッテリプラス側端子=C
とすると、OFFはいいとして、
「1」は、AとBを接触
「2」は、AとCを接触
「1+2」は、Aと(BとC)を接触となりますよね。
そうすると、配線上、Bプラス端子とCプラス端子は常に接続されているので、
「1だけとか「2」だけとかは、不可能に思えるのです
単純ですが、かしこいスイッチの仕組みになっているのしょうか?

A 回答 (3件)

No.2 です。


いえいえ。こういうことです。
(図)
「バッテリー切替スイッチ(メインスイッチ)」の回答画像3
    • good
    • 2
この回答へのお礼

パズルを解いた気分です!
なるほど。こうなっているとすると、納得がいきます。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/22 17:56

単純にON/OFFするメカスイッチだとすると、


例えば4位置で2回路連動するスイッチで、
以下のように接続されてれば実現できます。

回路1はバッテリ1と消費機器のON/OFF、
回路2はバッテリ2と消費機器のON/OFFです。


位置  回路1 回路2
OFF OFF OFF →両方OFF
1   ON  OFF →1のみON
1+2 ON  ON  →両方ON
2   OFF ON  →2のみON

この回答への補足

頭が悪くて、うまく想像できません。
要は、ON-OFFするリレー回路のような感じでしょうか?
スイッチそのもの単純な作りっぽいです。
内部にリレー回路があるような感じはしません。
スイッチの外にも回路的なものはありません。
スイッチそのものは、物理的に「接触-非接触」だけで機能しているようです。

補足日時:2009/05/22 17:05
    • good
    • 0

実際の回路は分からないのであくまで推測ですが、添付回路のようになっているのでは?

「バッテリー切替スイッチ(メインスイッチ)」の回答画像1

この回答への補足

ダイオード(一方通行)ですね。
私も初めそうかな?と思ったのですが、
そうすると、オルタネータからの発電電流が、バッテリ側に行けないかな?と思うのです。

補足日時:2009/05/22 16:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサブバッテリーとメインバッテリーの切り替え方

みなさん教えて下さい。
これから、サブバッテリーの搭載を考えてます。
充電はエラー社のサブバッテリーチャジャーSBC-002の使用を考えてます。

で、質問ですがサブバッテリーとメインバッテリーの動作切替はどのようにしたら良いでしょうか?

使用方法は、エンジンオフでもナビ(DVD視聴と音楽の為)使用と
インバーター取付しての100V使用です。

どちらも、エンジンON,OFF関係なく使用したいので電源の切替が必要となります。
できれば、エンジンスイッチで自動切換えにしたいのですが、簡単な回路図等教えて下さい。

100Vや200Vの配線等は仕事でしてるのですが、車の電気は余り詳しくなく教えて下さい。

Aベストアンサー

単純に
(+)--ダイオード→--(+)----
メインバッテリ    サブバッテリ    機器
(-)----------(-)-----

の様に接続するだけですダイオードは10~20Aの容量のものが良いでしょう
充電の状態でサブバッテリの電圧は メインバッテリより0.7V程度下がりますが 充電中は13~15Vになりますから、問題にはなりません

エンジンを停止すれば メインバッテリからサブバッテリへ若干電流が流れる可能性ありますが、心配ならばサブバッテリへのダイオードをACC等キーを切ったときに電源が供給されないところ端子に接続すればよろしいでしょう
バッテリの充電のバランスが崩れても問題ありません
(24V仕様車でバッテリ2個直列の場合には、バランスが崩れると故障の原因になりますが)

ダイオードの容量が小さいと充電電流で熔断する可能性があります

電気に詳しいようですから 詳細は検討してください

釈迦に説法ですが サブバッテリの出力にヒューズをお忘れなく

Qサブバッテリー2台の充電システム

お世話になります。
キャンピングカーのサブバッテリーを2台積んでいて
添付図のようなシステムを組もうと思っているのですが、ACチャージャーと走行時チャジャーはそれぞれ大丈夫でしょうか?
バッテリー1台に1つずつあった方がよいのでしょうが、
コストが結構かかるのと
結局並列につながったバッテリーをどうやって2つの充電器で充電するのか?
とか問題があるので..
わかる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.1の方が勘違いをされているようなので…

配線図の結線が間違いないのだとすると同一容量・規格のサブバッテリーは並列結線されていますのでただ単に容量が2倍になったにすぎません。

よってこのままの配線で運用できますし実際に私もこのシステムで組んでいます。

サブバッテリー容量があまり大きくないバッテリー単一での運用ならばディープサイクルバッテリーを採用してもいいとは思いますが、私の経験上高価なディープサイクルバッテリーを運用しても意味がありませんでした。
終末電圧を迎える前に各種電子機器(ACコンバータなど)のバッテリー保護回路が働き、フル容量使えないからです。
DC-DCコンバータからACコンバータを駆動して…ってことも考えましたが各コンバータの効率を考えますと本末転倒になります。
よってごく普通の安価なバッテリーを私も2個並列に使ってます。

SBC-001Bですが、走行用バッテリー電圧を監視し規定電圧以上になるとサブバッテリー側に電流を振るのですが走行用バッテリーが古かったり、車の電装品(エアコンやデフォッガ、ヘッドライトなど)を多く作動するとサブバッテリーに充電されにくくなります。

私は車両用バッテリーそれぞれの端子からブースターケーブルで車両後部まで配線し、12V+-それぞれのカプラを別個に増設、サブバッテリー+端子は常時接続で-端子はサブバッテリー充電時のみ接続。
車両用バッテリー-端子のみ工具不要の着脱可能な接続とし、サブバッテリーに行く-配線のみ常時接続にします。

つまりエンジンを始動し、エンジンがかかった状態でサブバッテリー-端子をカプラで接続(この時からサブバッテリーにも充電開始)し、走行用バッテリーの-端子を切る(走行用バッテリーの充電はされない。サブバッテリーが走行用バッテリーとして機能しつつ車両オルタネータが電圧監視しながら充電)使い方をしています。
若干ながら急速充電にもなりえるのですが、サブバッテリーの放電が深い(テスター電圧で判断)ならば車両-端子もつなぎっぱなしでゆっくり充電ののち切り替えています。
AC充電器とSBC-001Bが不要になります。

NO.1の方が勘違いをされているようなので…

配線図の結線が間違いないのだとすると同一容量・規格のサブバッテリーは並列結線されていますのでただ単に容量が2倍になったにすぎません。

よってこのままの配線で運用できますし実際に私もこのシステムで組んでいます。

サブバッテリー容量があまり大きくないバッテリー単一での運用ならばディープサイクルバッテリーを採用してもいいとは思いますが、私の経験上高価なディープサイクルバッテリーを運用しても意味がありませんでした。
終末電圧を迎える前に各種電...続きを読む

Qディープサイクルバッテリーの電圧低下は何Vまで大丈

ディープサイクルバッテリーの電圧低下は何Vまで大丈夫ですか?

独立型ソーラー発電で台湾製のlongというバッテリーを使っています
最近あまり充電できてないので
電圧を計ってみたら9.5Vまで下がって
ました、日中にパネルに日光が当たっている時は13.5Vくらいに上がって携帯とか充電出来るんですけど日が落ちるとすぐ切れます、ディープサイクルバッテリーは繰り返し充電放電出来ると思っていたのですが、これはうっかり放電し過ぎたのですかね?もうこのバッテリーに充電は出来ないのでしょうか?
またもう無理だとしても、日中には
使えるので日中に使用したとして
なんか危険とかありますか?
もう使わない方がよいですか?

Aベストアンサー

ディープサイクルバッテリーも車のバッテリーも鉛バッテリーは放電終止電圧は1セル当たり1,8V(もしくは1,75V)です。12Vのバッテリーなら10,8V(10,5V)で、これ以下の電圧になったら使用を止めて下さいということです。
これはバッテリーの化学反応からくる制約で、これ以下の電圧になると電極の劣化が進んで見掛けの容量が減っていき、やがて寿命を迎えます。
バッテリーの説明書で大電流放電時の終止電圧が9,6Vとしている物もありますが、これは少しでも容量を多く見せるためなので、常用してはダメです。使用後は間髪入れずに充電しなければアッという間にバッテリーを壊してしまいます。


http://www.ymt7.net/item/bt5/


上の製品のデータでは100%放電を繰り返したは200回、50%放電では500回繰り返し使えるとなっています。これは毎日充放電すると(太陽光発電と組み合わせた場合)それぞれ6,5ヶ月と13ヶ月となり、理想的な充電でもそんなに長く使えることは無いでしょう。

***もうこのバッテリーに充電は出来ないのでしょうか?
もう寿命だと思います。回復する方法はありません。

***日中には使えるので日中に使用したとしてなんか危険とかありますか?
バッテリーはどんどん劣化していきますから、そのうち充電電流も流れなくなります。チャージコントローラーが正常ならバッテリーナシと感知して出力を遮断するので特に影響は無いのかもしれませんが、正常な部品が使われていないのはいいことではないので、バッテリーは交換するべきです。

鉛バッテリーは使い終わったら即充電して常に満タンして保存するのが正しい使い方で、太陽光発電と組み合わせて昼に充電して夜使い、次の充電は翌朝からと、放電状態を一晩放置するのはバッテリーにとってとても過酷な事です。ディープサイクルバッテリーはいろいろ改良が加えられてだいぶ使いやすくなりましたが、元々持っている特性を変えることはなかなかできません。

ディープサイクルバッテリーも車のバッテリーも鉛バッテリーは放電終止電圧は1セル当たり1,8V(もしくは1,75V)です。12Vのバッテリーなら10,8V(10,5V)で、これ以下の電圧になったら使用を止めて下さいということです。
これはバッテリーの化学反応からくる制約で、これ以下の電圧になると電極の劣化が進んで見掛けの容量が減っていき、やがて寿命を迎えます。
バッテリーの説明書で大電流放電時の終止電圧が9,6Vとしている物もありますが、これは少しでも容量を多く見せるためなの...続きを読む

Q12Vバッテリーを2個繋いで・・・

よろしくお願いします。

現在、車庫には12Vのバッテリーが1つあります。
車庫の外にはソーラーパネル(12V充電用)が1枚あり
バッテリーに繋いであります。

普段は照明などの電源をそのバッテリーから取っているのですが、
このたびソーラーパネルと12Vバッテリーをそれぞれ一つずつ追加で購入しました。(合計バッテリー2個、ソーラーパネル2枚になりました)

上記と同じようなシステムをもう1セット作ろうと思いましたが、考えてみれば電源を”2口”取る事が全くないので、どうせなら12Vのバッテリーを並列に繋いで
容量アップを図ろうと思いました。

バッテリーの繋ぎ方と材料で質問です。

2個のバッテリーをそれぞれA、Bとします。
AのプラスとBのプラス
AのマイナスとBのマイナス

つまりプラス同士、マイナス同士
これを繋いでA(もしくはB)から電源を取得すれば
『並列つなぎ』なので電圧は12Vのままで
※(1)容量だけが単純に2倍になったということでしょうか?

※(2)2つのバッテリーを繋ぐ線はどんなものを使えば良いのでしょうか?

併せて※(3)メリットとデメリットなどアドバイスがあればよろしくお願いします。

回答は※(1)~※(3)で教えて頂けると有難いです。

よろしくお願いします。

現在、車庫には12Vのバッテリーが1つあります。
車庫の外にはソーラーパネル(12V充電用)が1枚あり
バッテリーに繋いであります。

普段は照明などの電源をそのバッテリーから取っているのですが、
このたびソーラーパネルと12Vバッテリーをそれぞれ一つずつ追加で購入しました。(合計バッテリー2個、ソーラーパネル2枚になりました)

上記と同じようなシステムをもう1セット作ろうと思いましたが、考えてみれば電源を”2口”取る事が全くないので、どうせなら12Vのバッ...続きを読む

Aベストアンサー

並列接続は,止めたほうがいいです。

(1) 容量は,1.2倍から1.5倍程度です。
 http://jamano.org/RENT1/outdoor/kaizou/electo/batt_ment.html
(3) 寿命が,ほぼ半分になります。
 http://www.laslon.com/qa/qa_30.html

Qバッテリーの並列接続はOKか?

太陽光発電(100Wクラスの小さい物)をしようと思っています。
12V30Ah程度のバッテリーが安いのでこれを使おうと思います。
30Ah程度では、容量が少ないので、これを2個並列に繋いで
60Ahにしようと思っています。
ここで、質問なんですが、
「バッテリーの並列接続はしない方が良い、痛みが早くなる。」
という文をどこかで読んだ記憶があります。
その一方で、「並列接続して運用している」という話も聞きます。
1.並列で接続しても大丈夫でしょうか。
2.並列で繋ぐ時に感電するでしょうか。(火花が飛ぶ?)
お暇な時にでも回答下さい。

Aベストアンサー

No.2の hattydayo です。
部品は,どこまで準備できているのでしょうか。下記は,これからそろえる
と仮定しての場合です。

発想を変えてみませんか。
並列接続をしたいのではなく,容量を増やしたいのですよね。
欲しいのは,12VDCではなく,100VACですよね。

並列接続で,容量が2倍になると仮定して(実際は1.4倍程度ですが)
・12V30Ahの並列接続より,12V入力インバータで100V
・12V30Ahの直列接続より,24V入力インバータで100V

上記2つの容量は,同じです。(何も容量増やす→並列では,ありません。)
鉛蓄電池の並列接続は,問題大ですが,直列接続は,全然問題ありません。
太陽電池の直列接続も,通常は,問題ありませんし,24V対応の物も,
普通にあります。

充電コントローラ・インバータも24V対応の製品があるようです。

12V用がそれなりに準備されているなら,
12V充電コントローラが2個あれば,直列接続のバッテリおのおのに,接続す
ることも可能ですし,インバータも12V用をどうしても使用したければ,能率
は,落ちますがDC-DCコンバータで24Vから12Vに変換することも考えてもおも
しろいでしょう。

No.2の hattydayo です。
部品は,どこまで準備できているのでしょうか。下記は,これからそろえる
と仮定しての場合です。

発想を変えてみませんか。
並列接続をしたいのではなく,容量を増やしたいのですよね。
欲しいのは,12VDCではなく,100VACですよね。

並列接続で,容量が2倍になると仮定して(実際は1.4倍程度ですが)
・12V30Ahの並列接続より,12V入力インバータで100V
・12V30Ahの直列接続より,24V入力インバータで100V

上記2つの容量は,同じです。(何も容量増やす→並列では,あ...続きを読む

Qディープサイクルバッテリの充電方法

デルコのボイジャーを購入しようと思うのですが、カーバッテリー用充電器では、きちんと充電できない(満充電が不可能?)らしいです。
手持ちには、6~20V(MAX20A)可変安定化電源と、シュルツ製636+充電器がありますが、こういったものでは充電できないものでしょうか?
何分お小遣いに不自由しておりますので、できるだけ安く上げたいと思いますが、変な充電器でバッテリー寿命を縮めるのも嫌なので、もし、専用の充電器が必要なのであれば、そのようにご教授いただければ有難いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

充電池には、定電流充電と
定電圧充電の2種類があるそうです。

私が持っているディープサイクルバッテリー
(無停電化電源装置用)は
可変安定化電源の電圧を調整することにより、
充電できるとの事でした。
デルコの連絡先は、変りませんが、
国産メーカーでしたら、
どこもとっても親切に(専門的なぐらい)
教えていただけましたよ。

私も、専用充電器買うお金を、電話代だけで、
節約する事ができましたので、頑張ってください~。

Qサブバッテリーの配線について

初めて質問させていただきます。
輸入車バンに乗ってますが、仕事中の休憩やこれからのキャンプシーズンに向けてサブバッテリーの搭載を検討しています。
走行充電システムにはニューエラー社のサブバッテリーチャージャーというのを検討してます。
接続が簡単そうにみえるのですが、私としましてはイグニッションキーをACCの位置でサブに繋がるようにしたいのですがどのような配線にすればいいでしょうか?(リレーを配線?)
サブにディ-プサイクルバッテリーを使う予定ですが車内への設置は問題ないでしょうか?(設置場所の関係で)
DIYでの設置に挑戦したいのですがあまり電装系につよくないので(HID取り付け、キーレス取り付け等簡単な作業くらいのレベル…)、業者に任せた方がよいか等アドバイス願います。

Aベストアンサー

No2です。私の経験を書かせて頂きますね。
>オーディオにノイズとはどのくらいのレベルなんでしょうかね。ラジオにノイズが入るとかではなくCDなどすべてに入ってきちゃうんでしょうか?

バッテリーチャージャー作動時のみノイズが入ります。配線の仕方にもよるのでしょうが、ネットで検索してみるとほとんどの方がノイズに悩まされているようです。
私の場合は、ラジオ、CD、MDに関係なく、オーディオの電源が入っている状態ではびーびー鳴ってます。仕方なくオーディオONのときはリレーでバッテリーチャージャーをOFFにしています。


>しかし一番手頃で経済的なのがニューエラ-社製のものかと思ったのですが、他のメーカーで同価格帯でよさそうなのはご存知ないでしょうか?

ノイズは多いですがニューエラー社のものが一番良いと思います。カー用品店などに売っているシガーライターからサブバッテリーを充電するものは全くと言っていい程充電されないみたいです。


>充電量もこまめに車に乗るくらいでは足りないと思ってまして、充電器の購入も検討してました。

オプティマのイエローを使ってるのですが、充電量が100%~70%程度まで使用してバッテリーチャージャーで走りながら充電するのは良いのですが、残量が50%を切ると充電しずらくなるようです。さらにこのバッテリーは残量0%にしても何度も復活できる特性があるのですが、0%まで使いきってしまうとバッテリーチャージャーだけでは相当の時間走行しないといけないので厳しいですね。減り過ぎたら家庭用100Vの充電器で満充電にしてから出発するようにしてます。経験ではオプティマ専用充電器じゃないとあまり充電できませんでした。普通のシールド型対応の一般充電器で70%くらいが最高でしょうか?これだとすぐに満タン表示になって充電が止まってしまいます。

No2です。私の経験を書かせて頂きますね。
>オーディオにノイズとはどのくらいのレベルなんでしょうかね。ラジオにノイズが入るとかではなくCDなどすべてに入ってきちゃうんでしょうか?

バッテリーチャージャー作動時のみノイズが入ります。配線の仕方にもよるのでしょうが、ネットで検索してみるとほとんどの方がノイズに悩まされているようです。
私の場合は、ラジオ、CD、MDに関係なく、オーディオの電源が入っている状態ではびーびー鳴ってます。仕方なくオーディオONのときはリレーでバッテリーチャ...続きを読む

Q船外機の燃費ってすごいらしい?

2ストの船外機、140馬力の燃費はどのくらいなのでしょうか。
20~24フィートの船体だとして、3時間くらいの巡航だと、いかがでしょうか?
スピードは20ノット~25ノット程度。
やはり、100リットルは当たり前に、消費するものですか?

Aベストアンサー

私の船、ヤマハUF20、で、2サイクル90馬力付いてます。ポイントまで20分~30分ぐらい。全開で約30ノットで走りますと、大体25リットルぐらいなくなります。
船の重さ(荷物、人間含む)空気抵抗(スパンカー、キャビン等)、波の状態によってかなり燃費は変わります。
私の場合でも、アクセル半分ぐらいで、20ノットぐらい出ます。それぐらいで走ると燃費はかなり良くなります。(50パーセントOFFぐらいか?)
波が出てくると、頻繁にアクセル操作しますので燃費は悪くなります。

90馬力の話ですので参考までに・・・

しかし、140馬力だと、走り方や船にもよりますが、3時間で100リッターぐらいは必要でしょうね。

Qソーラーチャージャーとバッテリの接続

ボートですが、12Vバッテリのことなので、このカテゴリに質問しました。
ボートにソーラ充電を付けた場合について質問します。
尚、過充電には対策済みです。
メインバッテリ(M)と、サブバッテリ(S)があり(MはSの2倍の容量です)、
万が一Sが上がっても、エンジン始動が出来るために、
Mは主にスタータモータ駆動用で、
Sは停泊中=非充電状態での漁探・GPSやラジオの使用。
として使っています。
また、M・Sの切替スイッチがあり、エンジン始動はMのみで、走行中(オルタネータ充電中)はM+Sで、
停泊中はSのみ。として切り替えて使っています。
ただ、Sバッテリーの使用頻度が多いため、ソーラバッテリーチャージャーを装着しようと思います。
及び、自動車のようにエンジンをかける頻度が圧倒的に少ないので、Mの自然放電も気になるので、M・S双方をソーラで補充電したいのです。
そこで、Mバッテリ+Sバッテリ+ソーラをただ単に並列に接続するだけでいいのでしょうか?
気になるのは、バッテリの充電状態が、M>Sであるとき、
M側の電流がSに流れて、充電状態がM=Sになろうとしないかな?と思うのです。
ソーラでフル充電されれば良いのですが、すぐには満充電されません。
と、いうことはせっかくMが充分な充電状態にあるのに、S側に体力(?)を奪われることになるのでしょうか?
そうだとすれば、M・S間にダイオードをつけて、M→Sの放電を避けることができそうなのですが、
その場合、どんなダイオード(規格や容量?)をどの部分につければ良いかおしえていただけませんでしょうか?
また、私が考える方法以外に良い方法があればお教え下さい。
(アイソレータの装着以外の方法で)
よろしくお願いします。

ボートですが、12Vバッテリのことなので、このカテゴリに質問しました。
ボートにソーラ充電を付けた場合について質問します。
尚、過充電には対策済みです。
メインバッテリ(M)と、サブバッテリ(S)があり(MはSの2倍の容量です)、
万が一Sが上がっても、エンジン始動が出来るために、
Mは主にスタータモータ駆動用で、
Sは停泊中=非充電状態での漁探・GPSやラジオの使用。
として使っています。
また、M・Sの切替スイッチがあり、エンジン始動はMのみで、走行中(オルタネータ充...続きを読む

Aベストアンサー

>Mバッテリ+Sバッテリ+ソーラをただ単に並列に接続するだけでいいのでしょうか?

駄目でしようね。

>ソーラでフル充電されれば良いのですが、すぐには満充電されません。

ソーラーで、フル充電する事は机上計算では可能ですが、現実的には不可能です。
バッテリー設置ボックス周りの外気温を25度の一定温度にする必要がありますし、他にも色々条件があります。

>私が考える方法以外に良い方法があればお教え下さい。

ソーラーは、自然放電以上の充電は不可能です。
が、自然放電を100とした場合に65前後に抑える効果はあるようですね。
まぁ、一種の気休めですが・・・。
堀江さんのヨットのような、艇全体を覆うソーラーだと充分可能ですが・・・。

バッテリーは、バッテリー液を充填した時点から劣化が始まります。
完全放電は劣化(消耗)でなく、バッテリー内電極に硫酸鉛が付着し電気が流れなくなった時点が劣化(消耗)です。
この硫酸鉛は「電気消費量<電気充電量」の場合に、化学変化でバッテリー液に溶けて無くなります。
残念ながら、ソーラー発電では容量が足りず不可能です。

私がYAMAHA23MkIIを持っていた頃は、自宅で充電した「持ち運び式充電器」を持って乗船・セーリングを行なっていましたね。

どうしても!と言うなら、#1の回答にあるように「メイン・サブ双方に、ソーラーを付ける事」です。

>Mバッテリ+Sバッテリ+ソーラをただ単に並列に接続するだけでいいのでしょうか?

駄目でしようね。

>ソーラでフル充電されれば良いのですが、すぐには満充電されません。

ソーラーで、フル充電する事は机上計算では可能ですが、現実的には不可能です。
バッテリー設置ボックス周りの外気温を25度の一定温度にする必要がありますし、他にも色々条件があります。

>私が考える方法以外に良い方法があればお教え下さい。

ソーラーは、自然放電以上の充電は不可能です。
が、自然放電を10...続きを読む

Qバッテリーの使用可能時間を計算する方法

バッテリーの使用可能時間を計算する方法を教えて下さい。

例えば、蓄電容量80Ahのバッテリーフル充電時に消費電力100Wの電化製品を使用した場合、何時間使用可能かを出す計算式です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 蓄電容量80Ahのバッテリー

バッテリの定格電圧が不明だと、そこから何ワットの電力が取り出せるかは解りません。定格1.2Vのエネループと、24Vの車用バッテリーとでは、同じ1000mAhでも取り出せる電力は20倍も違います。と言うことを踏まえて考え方を。

1)バッテリから取り出せる電力量[Wh]=バッテリーの定格電圧[V]×畜電容量[Ah]

2)機器の消費電力量[Wh]=機器の消費電力[W]×3600 ※電流は1秒あたりの量なので

3)機器の動作時間[h]=バッテリから取り出せる電力量[Wh]÷機器の消費電力量[Wh]

余談)機器の消費電力[W]=電源電圧[V]×消費電流[A]
∴100V用の機器ならば、消費電力÷100=消費電流となる。800Wの電子レンジの消費電流は8A

実際には一般家電製品は交流100Vですから、直流のバッテリから供給するためには、インバータなどによる変換が必要となります。ここでの変換損失が10%程度見込まれるので、バッテリの実力値そのままというわけにはいきません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報