最新閲覧日:

室町期の加賀守護、富樫政親の辞世の句、
「五蘊(ごうん)もと空なれば、何者か、借りて来たらん、借りて返さん」
この句を現代語で言うとどうなるのでしょうか。是非教えてください。
この句に至るまでの簡単な経緯は、室町末期、加賀国で守護家富樫氏の後継者争いで、一向宗と手を結んだ政親が勝利。その後一向宗と政親が激突。様々な策を行使して戦うも、結果として、守護の富樫氏が敗北。力戦の果て、自刃。

A 回答 (3件)

随分前の質問だからもう見ていらっしゃらないかな…。


調べてみたところ『官知論』の一節のようです。
詳しくは参考URLをご覧下さい。
(ご質問の一文は
16 高尾城落城のこと、また富樫政親の自害のこと
というところにあります。)

それはともかく現代語にすると、ということですが
>借りて来たらん(参考URLでは借て来ぬらん)
この"らん","ぬらん"はそれぞれ"らむ","ぬらむ"で
辞書を引くと推量をあらわす助動詞
とあるのでniraさんの訳が近いでしょうか?
もっと古文を真面目にやっておけば良かった…。

参考URL:http://rokuro.tripod.co.jp/i-kanchiron00.html
    • good
    • 0

前半はniraさんに賛成。

後半は反語ではないでしょうか。高校の古典の授業風に直訳すれば「何者が借りて来るだろうか、借りて返すだろうか。いや、そんなことは誰にもできない」。つまり「肉体はもともと空なのだから、借りてきたり返したりできるものではない」ということではないでしょうか(この解釈のほうが理屈は通ると思うのですが)。「肉体は借り物」という類型的発想を超えた、澄み切った心境を表している、ということになるのかな。
原文は漢文だろうと思われますが、これで全部なのですか? もともとどこに載っているものでしょう?(加賀一向一揆を題材にした軍記物ですか?)よろしかったら教えてください。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼のメールが送れてしまい、ごめんなさい。私の思い描いていた政親像にかなり近い回答をいただきました。ありがとうございます。原文はなんなのかはよくわかりません。「信長の合戦」という文庫本に加賀一揆の説明があり、その中に記載されていたものです。

お礼日時:2001/03/20 00:18

五蘊は(たしか)般若心経にでてくる言葉で「身体や心を構成する五つの要素」といった意味だったと記憶しています。


般若心経の説く教えにおいては、「その五蘊自体もその本質においては空である(色即是空?)」ということになっています。
なので、そういった点から類推すると、政親は「私という存在は元来”空”であり、この体もどなたからか借りてきたものである、ならば(今から自刃することにより)それをお返し申し上げよう。それだけのことだ」といった心境で句を詠んだのではないでしょうか?
細切れの知識からの単なる推測ですが、ヒントにでもしていただければ・・・と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼のメールが遅れてしまい、ごめんなさい!五蘊が仏教用語だとは思いませんでした。これでかなりわかってきました。もう少し質問を続けてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 00:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ