室町期の加賀守護、富樫政親の辞世の句、
「五蘊(ごうん)もと空なれば、何者か、借りて来たらん、借りて返さん」
この句を現代語で言うとどうなるのでしょうか。是非教えてください。
この句に至るまでの簡単な経緯は、室町末期、加賀国で守護家富樫氏の後継者争いで、一向宗と手を結んだ政親が勝利。その後一向宗と政親が激突。様々な策を行使して戦うも、結果として、守護の富樫氏が敗北。力戦の果て、自刃。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

五蘊は(たしか)般若心経にでてくる言葉で「身体や心を構成する五つの要素」といった意味だったと記憶しています。


般若心経の説く教えにおいては、「その五蘊自体もその本質においては空である(色即是空?)」ということになっています。
なので、そういった点から類推すると、政親は「私という存在は元来”空”であり、この体もどなたからか借りてきたものである、ならば(今から自刃することにより)それをお返し申し上げよう。それだけのことだ」といった心境で句を詠んだのではないでしょうか?
細切れの知識からの単なる推測ですが、ヒントにでもしていただければ・・・と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼のメールが遅れてしまい、ごめんなさい!五蘊が仏教用語だとは思いませんでした。これでかなりわかってきました。もう少し質問を続けてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 00:14

随分前の質問だからもう見ていらっしゃらないかな…。


調べてみたところ『官知論』の一節のようです。
詳しくは参考URLをご覧下さい。
(ご質問の一文は
16 高尾城落城のこと、また富樫政親の自害のこと
というところにあります。)

それはともかく現代語にすると、ということですが
>借りて来たらん(参考URLでは借て来ぬらん)
この"らん","ぬらん"はそれぞれ"らむ","ぬらむ"で
辞書を引くと推量をあらわす助動詞
とあるのでniraさんの訳が近いでしょうか?
もっと古文を真面目にやっておけば良かった…。

参考URL:http://rokuro.tripod.co.jp/i-kanchiron00.html
    • good
    • 0

前半はniraさんに賛成。

後半は反語ではないでしょうか。高校の古典の授業風に直訳すれば「何者が借りて来るだろうか、借りて返すだろうか。いや、そんなことは誰にもできない」。つまり「肉体はもともと空なのだから、借りてきたり返したりできるものではない」ということではないでしょうか(この解釈のほうが理屈は通ると思うのですが)。「肉体は借り物」という類型的発想を超えた、澄み切った心境を表している、ということになるのかな。
原文は漢文だろうと思われますが、これで全部なのですか? もともとどこに載っているものでしょう?(加賀一向一揆を題材にした軍記物ですか?)よろしかったら教えてください。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼のメールが送れてしまい、ごめんなさい。私の思い描いていた政親像にかなり近い回答をいただきました。ありがとうございます。原文はなんなのかはよくわかりません。「信長の合戦」という文庫本に加賀一揆の説明があり、その中に記載されていたものです。

お礼日時:2001/03/20 00:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「秀句は1句あればいい。3句もあれば大家である」は誰の言葉?

生涯、秀句は1句あればいい。3句もあれば大家であるといえる。
という趣旨のことをいったのは松尾芭蕉ではないかと記憶しているのですが……正しい話者と、正しい言を、お教えください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「翁凡兆に告て曰、一世のうち秀逸三五あらん人は作者、十句に及ぶ人は名人なり」

 芥川龍之介『芭蕉雑記』の「四 詩人」より。

 芥川は出典を明示していません。凡兆が編集した『猿蓑』か、『書簡』か何かだろうと思います。ちなみに、『去来抄』『三冊子』『旅寝論』はざっとみたところ、ありませんでした。でも、熟読すればあるかも(でも、三冊とも芭蕉のことを、「師」「先師」と読んでるんで、ちがうかも)。

 情報が充分じゃなくてすみません。芥川が写し間違いをしてる可能性だってありますしね(大丈夫だと思うけど)。

 でも、言った相手が凡兆だってことが、なんとも示唆的ですね。

 付けたりに、堀辰雄さんの『雪の上の足跡』に出てくる凡兆の句を、

 鷲の巣の楠の枯枝に日は入りぬ

Q翻訳家 川村哲郎氏と中上守氏について

SFやファンタジーなどの翻訳をされている川村哲郎(かわむらてつろう)氏と中上守(なかがみまもる)氏は同じ人ですか?それとも別人ですか?

お二人の経歴が良く分からないのですが、どちらも昭和5年(1930年)生まれの東大文学部卒(中退?)と略歴にあります。[それだけしか情報がありません]
同一人物の本名とペンネームの関係かなとも思ったのですが、全く別人のような気もしますし、訳が分からなくなりました。

Aベストアンサー

同じ人です。川村哲郎が本名で、中上守は筆名です。
ご存命なんでしょうかね。

Q加賀千代の俳句

加賀千代の俳句だったと思うのですが、
意味が「どんな状況でも梅は咲き、春は春」といった情景の
句ってありますか?
正確な俳句をご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

梅咲や 何が降ても 春ははる

http://haikukan.city.hakusan.ishikawa.jp/izanai/chk030.aspx?onbtn=0&hkID=1029

↑でしょうかね。

検索できるようですから、お試しくださいませ。

http://haikukan.city.hakusan.ishikawa.jp/izanai/CHK010.aspx

Q宗祇

とくちるも またれし花の 心哉 
この歌の、「とく」の部分がわかりません。どういう意味があるのでしょうか?教えていただけませんか?

Aベストアンサー

形容詞の「疾(と)し」でしょう。

だから、「はやく」とか「すぐに」にあたると思います。

Q東野作品の加賀恭一郎シリーズ

最近、東野圭吾氏を贔屓にして読み始めました。中でも加賀恭一郎という刑事に興味を持っています。それで、加賀恭一郎が出てくる作品を教えていただきたいのです。
「眠りの森」「嘘をもうひとつだけ」「悪意」「どちらかが彼女を殺した」「卒業-雪月花殺人ゲーム」は読んでおりますので、これ以外で出ている作品を教えていただければ幸いに思います。

Aベストアンサー

「私が彼を殺した」を忘れてはいけませんよ~ (^^)

「どちらかが~」と同じように、最後まで犯人が明かされません。さあ、挑戦! 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報