新興宗教に入っている人達ですが、なぜ新興宗教に入るのでしょうか?自分の御先祖様の宗教は大事にしないのですか?理解できないです(宗教の自由だから、以外でお願いします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

宗教」に関するQ&A: 宗教カテの必要性

A 回答 (5件)

 たぶんね、ご先祖様の宗教はだめだからとか言われているのかも。


言葉巧みに勧誘しますから。
 新興宗教って家族をという観点より、個人を狙っているような気がします。「あなただけに」という甘い誘い文句でも有るのでしょうかね。

 だいたい、冊子とか勝手に放り込まれたりしているのを読んだりもするけど、正しいことの間に、なんで?という事が上手に入り込んでいますよ。気がつけば宗教の考え方に置き換わってしまっています。

 弱っている。誰かに助けを求めたいなど、心の隙間に入ってくるのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弱っている時など心の隙間を狙ってきますよね。入信した人は、あなたの御先祖様の宗教はダメと説き伏せられてしまったのかもしれないですね。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 19:57

 現状に不満を感じている場合、新しい価値観を提示してくれるのが魅力的に感じることはあるでしょう。

「自分たちだけが『正しい教え』を知っている」と思えるのも自尊心を満足させてくれるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自尊心を満足させてくれるんですね。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 20:04

 多くの場合、肥大した個を救う(もしくは救われた気にさせる)分かりやすい答が用意されているからです。


 伝統的な宗教の場合、割合に差はあれ祖霊信仰的要素を含み、自分が属する共同体への帰属感を保持させるという機能を持っているのです。しかし、共同体との関係をうまく築けない、もしくは関係を拒否した『私』の宙ぶらりんな状態にそれなりの意味づけをしてくれるなにかを求めたとき、後づけ的に意味づけするものとして新興宗教がその役割を果たしている訳です。
 しかし、問題の根幹は世界と個の関係の歪みにあるため、新興宗教に惹かれやすい人は結果として次から次へと新興宗教をハシゴするという傾向が見られるようです。

 余談。1980年代後半以降に生まれWebに親和的な人々に、究極的な思考停止を与えてくれる絶対的で一義的ななにかを強く求める心性が顕著に見受けられ、彼らの一部(ごくごく一部ではありますけれど)がイスラム原理主義に傾くというのもむべなるかな、というところもあります。…是とはしてませんよ、全然。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

救われた気にさせるような、分かりやすい答えが用意されているのですね。参考になりました。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 20:02

とりわけ日本の場合は、日本人の多くが、自分は宗教を持っていない(と考えている)からというのが大きいでしょう。



日本人は、自分が「無宗教」と考えている人が多いです。元日には神社へ初詣に行ったかと思えば、クリスマスを祝うことも普通に行われる。結婚式は教会や神前婚で、葬式は仏教式。そんなものだから、本来宗教行事であるものがただのイベントになってしまい、結果、自分にとって大切にする「神」がわからなくなってしまいます。

しかし「神頼み」という言葉もあるように、そういった人でも、迷い、どうしようもない状態に陥った時、"カミサマ"に頼りたくなることがあります(ない人もいるでしょうが)。
でも仏教も神道も、キリスト教も、何となくは知っているけど、別に信仰しているわけではない。そんな時、新興宗教が付け入る隙ができます。
宗教を信じている人というのは、良くも悪くも信じている宗教に対して"自信"を持っています。自分が精神的に弱っている時、あるいは今の世の中に疑問を感じている時、そんな人から神の救いを説かれたら…そのままそれを信じてしまう、ということも充分にあり得るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、日本人の宗教はイベント的になっているところがあるので、それが新興宗教の入る隙になっていそうですね。参考になりました。御回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 20:00

もともとの先祖からの宗教に対するう信仰心がないからだと


で、入る理由としては 群れたいからじゃないですか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

集団で群れる事で安心しているのかもしれないですね。御回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無宗教の人は新興宗教を信仰している人と結婚できるのでしょうか?

私は全くの無宗教(無神論に近く、もともと信仰することは好きではない。ご先祖様を敬う心はありますので、お墓参りは普通に行っています。)で、相手が新興宗教(仏教系。学会ではないです。)を信仰しているのですが、こういう状況で結婚するのは無謀でしょうか?
相手のご両親とほかのご兄弟も信仰しています。ただ、本人は「それほど熱心に振興していない」とのことですが。
相手のご両親から「パンフレット」を渡されて、激しくショックを受けました。
ただ、その相手を私は愛していることは確か。出会ってからの期間は半年くらい。付き合いだしてから2ヶ月くらいです。家族にはまだ信仰のことは話していませんが、周囲の人には反対する人が多いようです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 とても可能・不可能で割りきれる問題ではないですね。そもそも結婚とは、大なり小なり考え方(信条・思想も含めて)の違う他人との共同生活です。その違いをお互いが調整できればうまくいきますし、調整できなければ不満な結婚生活か離婚ということになるのだろうと思います。無宗教と宗教熱心との組み合わせは、極端な違いがあることがはじめからわかっているわけで、結婚生活がうまく行くかという点では大変でしょうね。
 宗教のことに限って言えば、相手が積極的であなたはニュートラルのようですから、「相手のかたがあなたに何を求めるか」それに対して「あなたがどこまで受け入れられるか」によるのではないでしょうか。
 相手からの要求は、「あなたの宗教観には干渉しない」かも知れませんし、「同宗教への入信強制と同レベルの信心」までいってしまうかも知れません。宗教ですから何がどこまでエスカレートするか、無宗教のあなた(私もそうですが)には予想できませんよね。よくよく相手のかたやご家族と話をして、宗教観の違いや自分にこれから求められることを十分確認する必要はあるでしょう。その上であなたに相手の要求を全て受け入れる覚悟とそれだけのキャパシティーがあれば大丈夫かもしれません。
 私は宗教が嫌いではありませんし大事なことだと思いますが、それを他人(家族も含め)に押付けることは受け入れられません。そういった点で「宗教の内容」も重要ですが「相手のかたの人格」が最も重要だと思います。相手のかたがあなたの人格や宗教観を尊重して(当然ですが)、宗教を押付けることなく、逆に相手の家族のあなたへの宗教の押付けから、あなたを守ってくれるようなかただと良いですね。それこそが「宗教家」なんだろうと思います。でもそれ位でないと、かなり一方的にあなたの精神的負担が大きくなるように思いますよ。
 ついでですが、結婚で相手との考え方は宗教観だけでなく様々な点で食い違ってきます。私の経験から、「子供と教育」、「妻の働き方」、「お金(浪費家orケチ)」、「住居(持ち家or賃貸)」などの点はできれば結婚前に相手の考え方をある程度把握して許容範囲かどうか確かめておく事をお勧めいたします。
 何はともあれ、うまくいくことを神様(何の?)に祈っております。

 とても可能・不可能で割りきれる問題ではないですね。そもそも結婚とは、大なり小なり考え方(信条・思想も含めて)の違う他人との共同生活です。その違いをお互いが調整できればうまくいきますし、調整できなければ不満な結婚生活か離婚ということになるのだろうと思います。無宗教と宗教熱心との組み合わせは、極端な違いがあることがはじめからわかっているわけで、結婚生活がうまく行くかという点では大変でしょうね。
 宗教のことに限って言えば、相手が積極的であなたはニュートラルのようですから、「...続きを読む

Q宗教にはまる人とはまらない人の違いは?

オウム、創価、統一教会といった宗教(団体)や、
江原や細木といった恫喝霊媒師等に脳みそ全部預けてしまう人と、
そういったものには近づかず自分なりの宗教観を持って生活する人
の違いって何でしょうか?
その人の生い立ち環境や教育、性格にどういった特徴があるのでしょう

おそらく正解というようなものは無いとは思うのですが、参考になる
ようなご意見を聞かせていただければと思っております。
確証はないですが、「引きこもり」になるならない、「自殺」する
しないタイプの人の違いにも通じてるような気もします。

Aベストアンサー

私見ですが。

宗教には基本的に誰でもはまります。
どんなに強固な信念を持っていたって、科学が発展したって、死んだ後はどうなるのかとかココロとは何かとか運命とは何かといったことは納得できるように説明できませんし、もちろん自由に操作することもできません。人間は「わからない」ということを忌避する生物でありいろんなことに考えが及ぶ生物なので、世界とか人生とかいったことについて何らかの物語を求めます。科学の発展や未開地の探検がほぼ終わったことなどによって、大地が巨大な象の上に乗っているわけではないとかキリスト教の神様がみんな白人というのはおかしいとか、いろいろな宗教世界が描いてきた世界像の間違いが暴かれていきましたが、だからといって運命とか生死とか善悪とかいう宗教や哲学が扱っている様々な問題に対しては科学は回答を示せません。そして繰り返しますがわからないことをわからないとして放置できないのが人間の性質です。

日本は国教として神道を持っていたんですが、それを戦争の国威発揚に利用して負けたために現人神の役を担っていた天皇が人間宣言をするはめになって、神様の権威がかなり落ちてしまった。それで人は生まれる前何であって死んだらどうなるのかとかいった世界観について社会的なコンセンサスを持ち合わせていないのです。だからいろんな宗教が普及する余地がある。

実際に宗教にはまるかどうかは個々人の置かれている状況などに大きく依存します。生活の中で恋人にふられて絶望するとか不治の病に侵された場合は科学なんて屁のツッパリにもなりませんから、宗教に傾倒しやすいです。ぼくを含めて多くの人が宗教を無視していられるのは、死とか絶望とかいったことに直面していないからですが、半年後に絶対に世界が滅亡するなんてことになったら宗教が大ブームになるでしょう。

そういった環境要因を除外して個人の気質だけを問題にするなら、何事にも自分の信念を持つような思い込みの強い人の方が実は宗教にはまりやすいです。好き嫌いがはっきりしている人でしょうか。芸術家なんかがそういう特性で宗教に傾倒しやすいです。

しかし特に新興宗教団体なんかは、ぐずぐずしていて決断力が無い人を取り込むためのサークルのような構造を作っていますから、決断力が無い人が一度そこに取り込まれると、抜け出す決断ができないためにそこに居続けます。摂理の問題でこないだテレビでやってましたけど、宗教ですがどうですかというのではなくて、サークルだとか勉強会だとかいって勧誘します。オウムだってヨガの研究会でしたし。こういうグループに生活の多くの部分を依存すると、決断力が弱いタイプの人はおかしいかもしれないと思っても抜け出せません。そういう意味で意思の弱い人も宗教に取り込まれやすい。
考え方が中庸でバランスが取れている人は、極端な思想の宗教にははまりにくいと思います。
そんな感じでしょうか。

オウムだの摂理だの統一教会だの創価学会だのエホバの商人だの慧光塾だのといった周りに迷惑をかける宗教にはまったり、細木数子だの江原啓之といったデタラメを言う連中に惑わされたくなかったら、とりあえず適当に神道なり仏教なりキリスト教なりイスラム教なりを選んでちょっと勉強して信心しとくのがいいと思います。まあ日本だったら神道か仏教でいいんじゃないでしょうか。

私見ですが。

宗教には基本的に誰でもはまります。
どんなに強固な信念を持っていたって、科学が発展したって、死んだ後はどうなるのかとかココロとは何かとか運命とは何かといったことは納得できるように説明できませんし、もちろん自由に操作することもできません。人間は「わからない」ということを忌避する生物でありいろんなことに考えが及ぶ生物なので、世界とか人生とかいったことについて何らかの物語を求めます。科学の発展や未開地の探検がほぼ終わったことなどによって、大地が巨大な象の上に乗っ...続きを読む

Q新興宗教や洗脳の恐ろしさについて。

特に新興宗教などに多いと思うのですが、「新興宗教って恐ろしいな」とか「洗脳って怖いな」と思った方いらっしゃいますか?どのような経験でしょうか?
私が思ったのは幸せになると信じ込み高額の商品を買ったり、友達がどんどん離れていっても勧誘を続けたり、○○党に投票してといい続けた人がいます。

Aベストアンサー

 私も恐いなと思ったこと,いくつもあります。
 
宗教の講演などがある場合,宗教の名前を言わずに,別の名前で誘うこと。

 宗教の講演で信仰者が参加する場合,「お布施」として一定の金額(結構高額)を請求する事。貧富の差に関係なく救ってくれるのが本当の宗教じゃないの?払えない人は来るなってこと?って思います。素直に「参加費」とすればまだかわいいものを・・・。

 あと,学生の時に友達と公園でお弁当を食べている時にあった出来事です。
 小さい男の子を連れた母子が「ちょっといいですか?」と声をかけてきました。道でも聞かれるのかと思って話を聞くと,宗教の勧誘でした。
「この宗教に入っていたお陰で,事故に遭って車は大破したのに運転手は無傷で,500km先の自宅まで歩いて帰ってきたのよ!」と真剣に話しているのです。我慢し切れず友達と大笑いしました。それをラッキーと言うなら,そもそも事故るなよ・・・。(ーー;)
そして,「この子は,宗教のお陰で血友病が治った」とも・・・。その時,打ち合わせていたかのように無邪気な子供が「○○様ありがとう!」と教祖の名前を言ったのです。あぁ~,この子はこれらの話を全て信じて育っていくのね。恐ろしい・・・。┐('~`;)┌

 現在普通に使われてることわざが聖書から生まれたものだったり,前向きに生きるための糧となることを説いていたりすることもあるので,全否定するつもりはないんですが,「あんたが信じるのは勝手だけど,押し付けるのはやめてちょうだい」って思います。本当にいいものなら自ずと人は集まってくると思うので,強制する時点でダメじゃん!って思います。
 でもそれは,会員には新会員を集めるノルマがあるらしいからなんだそうですよ。それも恐ろしくないですか?

 私も恐いなと思ったこと,いくつもあります。
 
宗教の講演などがある場合,宗教の名前を言わずに,別の名前で誘うこと。

 宗教の講演で信仰者が参加する場合,「お布施」として一定の金額(結構高額)を請求する事。貧富の差に関係なく救ってくれるのが本当の宗教じゃないの?払えない人は来るなってこと?って思います。素直に「参加費」とすればまだかわいいものを・・・。

 あと,学生の時に友達と公園でお弁当を食べている時にあった出来事です。
 小さい男の子を連れた母子が「ちょっといいで...続きを読む

Q霊友会ってどんな宗教ですか

母が最近、霊友会という宗教に入ったらしく自分の部屋でお経を読んだりしています。私の家は昔からの日蓮宗大谷派で私の父はお寺の総代も務めた人です。そんな中、父がいなくなった寂しさもあるのだと思いますが、母は話し相手ができて楽しいと言っています。只私の妻がそういう宗教が全く嫌いで受け付けません。仏壇がありながら違うお経を唱えている母を見ると悲しくなります。
霊友会とはどんな宗教なんですか?人の話しによると仏壇も往く往く取られてしまうとも聞きました。妻がお父さんが天国で悲しんでいると毎日家な中が重苦しいです。
ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

以前、私の身内も霊友会に入会していた関係で
私も活動をしていたことがあります。
# 今はまったく活動していないです。

霊友会は、ご先祖様の供養を行う宗教法人です。
東京の六本木に「本部」と呼ばれる
巨大な釈迦殿(しゃかでん)があったり、
伊豆大島の法の山の中にも何泊かして泊り込みで
修行をするような場所「弥勒山」(みろくさん)があったりします。

活動の内容などは「支部」によって違うようです。
私がいたのは「第26支部」と呼ばれている支部で
もっとも「霊友会らしい」と呼ばれていたらしく、
下記で詳述する「導き」に最も力を入れていました。

この霊友会では、世に言う勧誘活動を「導き」と呼びます。
26支部の場合は、誰か一人を導くことで(つまり入会させることで)、
ひとりのご先祖様を成仏させることができるという考え方で
活動を行っていました。
26支部の方ならみな、ある1枚の紙を持って活動していると思います。

自分自分の罪や咎(とが)は、過去のご先祖様から
未来の子孫に永遠に続くのである。
それが導きによって救われるのだから、これはありがたいことである。

というような感じの内容です。
つまり、導きという勧誘活動によって、
自分の先祖供養や、自分自身が背負っている罪や咎を
なくしていこうという考え方です。

私が思うに、世間を騒がせている様々な宗教と比べると
かなりおとなしめの宗教法人です。
高価なつぼや鏡を買わされたりすることはありません。
月会費も1ヶ月一人500円です。
日本最大の別の宗教法人では、お布施(要するに寄付)の制度をとっているそうで、
「金額=気持ち」の表れとされているのとは対照的です。
なぜなら、俗世間の金額が必ずしも信仰心の表れではなく、
また経済的に苦しい人たちでも活動できるように、との考え方から
そうなっているそうです。

お母様は、おそらく亡くなられたお父様のために始めたのだと思います。
おそらく、毎日(かな?)、唱えているお経とは
「あおきょうかん」と呼ばれるもので、
表紙には「朝夕のおつとめ」と入っていませんか?
# まあ見る気も起きないと思いますが…。
それが霊友会の基本的なお経です。
他にも私が知る限り3種類あります。
それは、「導き」によって入会した人がいっぱい増え
それによって自分の苗字を冠した「準支部」や「支部」を
作れたりしたときに読むようになるお経です。
(入会した人を子と呼びます。入会させた人を親と呼びます)

その親(つまり入会させた人)をさかのぼっていくと、
必ず「○○支部」のように
ある方の苗字を関した「支部」の支部長と呼ばれる方がいます。
たとえば、田中さんなら「田中支部」のような感じです。
そのような方のところで月1回程度「法座(ほうざ)」と呼ばれる
会合を行います。
みんなで支部長宅の仏壇(霊友会の仏壇も法座呼ぶのです)に向かって
お経を上げ、それが終わると
みなで導きの状況や、自分の体験談を報告しあいます。

おそらく、上記で私の知っていることは書き尽くしたと思いますが、
要するに、「お経を上げる」ことと「勧誘活動」の2つが
基本的な活動内容です。
決して人を拉致したりはしません。

私の場合、母親の強い勧めによって
強制的に入会させられ、勧誘活動もさせられましたが、
# 社会人になってからはしていないです。
こういう場合、自分から「やる」と決めた人間を諭すのは
相当難しいです。
ご本人が飽きるまで放っておくのが一番かと
経験上思います。

長文、失礼いたしました。

こんにちは。

以前、私の身内も霊友会に入会していた関係で
私も活動をしていたことがあります。
# 今はまったく活動していないです。

霊友会は、ご先祖様の供養を行う宗教法人です。
東京の六本木に「本部」と呼ばれる
巨大な釈迦殿(しゃかでん)があったり、
伊豆大島の法の山の中にも何泊かして泊り込みで
修行をするような場所「弥勒山」(みろくさん)があったりします。

活動の内容などは「支部」によって違うようです。
私がいたのは「第26支部」と呼ばれている支部で
もっとも「霊友...続きを読む

Q相手の家族が宗教にはまってたら、結婚やめますか

宗教の自由は尊重したいのですが…

統○教会とか創○学会とかエホ○の証人とか、
世間的にちょっと…なところの方だった場合


宗教を別にすることを条件に結婚しますか?

それとも将来の子供のことを考えて結婚やめますか?

Aベストアンサー

結婚やめます。

宗教にハマる人や迷信深い人というのは
親から抑圧的教育を受け思考が奴隷化されている場合が多いと思われます。

そういう人は自分で考える習慣がなく、すぐ人に利用されます。
絵に描いたような負け組です。

そして、教育は親から子に必ず受け継がれていきます。

宗教にハマっている人が結婚相手に近い家族(祖父母、両親、兄弟)だったら
結婚相手が負け組思考を植えつけられて育った可能性大です。

もっとも避けるべき相手だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報