妻の実家の土地に家を建てました敷地面積は40坪です。もしも妻の父親が亡くなり私の妻がこの土地を相続する事になった場合、相続税は幾らぐらいになるのでしょうか?お教えください。ちなみに土地は愛知県で坪単価は約350000くらいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

相続税は、亡くなった方のすべての財産(預金や株券など)を元に計算しますので、


土地だけでは判断できません。
また相続を受ける権利がある人(法定相続人)の数によっても計算が変わります。
生命保険金も一定額を超えると、財産額に加算されます。

ただ、一般的には他に特に財産がなければ、さきに「chihiさん」が書かれている
「非課税枠」に収まると思いますので、相続税はかかりません。

もし、お父様が他にも財産をお持ちなのであれば、一度税理士に相談されることを
お勧めします。
お父様の土地の上に、aiai2144さん名義の建物が建っていると、地代などを
払っていなければ、相続評価的には「更地扱い」となって、一番高い評価になって
しまいますが、専門化のアドバイスを受けて対策をすれば、ある程度税額を軽減することが
できるかもしれないからです。

ただし!!【ここが結構重要】
世の中の税理士の80%は、相続税に関してあまり詳しくないor積極的でない、という
話もありますので、「資産税に特に強い税理士」に依頼しないとちゃんとしたアドバイスが
聞けない可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございます。たいへん参考になりました。おそらく義父は、他にも山や土地を所有していると思います、一度妻にそれとなく聞いてもらいます。それと、私は義父に土地代を支払っていません、これは「更地扱い」になり相続評価が高くなると言う事ですよね、う~ん、やはり一度専門家の方に聞いてみます。また判らない事があったらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/19 23:35

現在、遺産にかかる基礎控除としてその額は、5,000万円+1,000万円X法定相続人の数であり、その金額まで相続税はかかりません。

なお、土地の評価額は、税務署が定めているときは、路線価になります。路線価がないときは、固定資産税評価額から算出します。また、評価方法は複雑ですが、「日経マネー」などの特集記事などで概略を知ることもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございます。一度税務署に足を運んで路線価、または、固定資産税評価額を調べてきます。また判らない事があったらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/19 23:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「配偶者控除」と「配偶者に対する相続税額の軽減」

相続税の事を勉強しているのですが
・「配偶者控除」
・「配偶者に対する相続税額の軽減」
と言うのは、言い方が違うだけで同じ意味、法律でしょうか?

Aベストアンサー

お勉強中ですか。
それじゃストレートな答えを書くと勉強にならないですからヒントだけね。

「配偶者控除」と「配偶者に対する相続税額の軽減」はそれぞれ法律の中にかかれた用語で、同じものを指し示す場合は、同じ用語を使うことが原則となっています。

「配偶者控除」と「配偶者に対する相続税額の軽減」がそれぞれどの法律に用いられている用語か調べれば、簡単に答えは出ます。

まずはググってみましょう。

Q土地の相続と「敷地面積の最低限度」で困っています。

土地の相続と「敷地面積の最低限度」で困っています。

今年に入って両親が他界し、実家の土地(199m2)を兄弟二人で相続することに
なりました。当初は、今ある実家を取り壊し、土地を二つに分筆して、それぞれに家を
建てようと思っていたのですが、調べたところ当該地区には「敷地面積の最低限度」と
いうものがあり、100m2より小さい規模で分割した敷地については建築物を建築する
ことができないことがわかりました。

役所にも確認したのですが、ピッタリ2等分した場合は99.5m2ずつとなりますの
で、どちらにも建物が建てられないとのことです。あと1m2足りないんです…。

そこで、質問です。

1.土地を兄弟の共有名義にし、家を長屋(いわゆるメゾネットタイプ。1棟なんだ
  けど、中は完全に分かれていて、それぞれに玄関、トイレ、バス、キッチンがある)
  として建てることはできますか?

2.こうして家を建てたのち、いつか土地を分筆して、兄弟で土地の所有権を分ける
  ことはできますか?

3・ただし、仮に2の方法で分筆できたとしても、片方あるいは両方は将来的に家を
  建築することができず、売り手が付かないことが想定されます。これを避けるため
  の、もっと他に何かよい兄弟での遺産分割方法はありませんか?(そもそも、この
  ような土地は手放すべきとか…)

ちなみに、道路への接地等は分筆してもまったく問題ありません。
いろいろネットで調べてみたのですが、ピッタリ適合する例がありませんでした。
ご教示いただけると幸いです。よろしくお願いします。

土地の相続と「敷地面積の最低限度」で困っています。

今年に入って両親が他界し、実家の土地(199m2)を兄弟二人で相続することに
なりました。当初は、今ある実家を取り壊し、土地を二つに分筆して、それぞれに家を
建てようと思っていたのですが、調べたところ当該地区には「敷地面積の最低限度」と
いうものがあり、100m2より小さい規模で分割した敷地については建築物を建築する
ことができないことがわかりました。

役所にも確認したのですが、ピッタリ2等分した場合は99.5m2ずつとなりますの
...続きを読む

Aベストアンサー

1につて

一敷地一住宅が原則であり
一住宅であれば
長屋であろうが共同住宅であろうが
カウントは1ですので
可能です。

2について

分筆行為は関係なし。

3について

100m2より小さい規模で分割した敷地については

http://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/27,11207,121,html
こんな場合は建築不可

Q相続税と重加算税と配偶者控除について

年6ヶ月前に父が亡くなりました。相続税について理解していませんでしたので、申告書に分かる範囲の内容で提出したところ、2年6ヵ月後に申告漏れがあり、悪質な隠蔽行為に該当すると判断され、重加算税を課せられることになりました。いろいろ、税務官にお話を聞き、配偶者控除(1億6000万まで)があることを知り、今から、配偶者控除制度を適用できないか?と聞いた所、重加算税が課せられた場合、配偶者控除制度は適応できないといわれました。知識が無く、税務官に相談しなかった事を反省したいます。相続税と重加算税と配偶者控除について詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスを頂けないでしょうか?お願いいたします。

Aベストアンサー

相続税の重加算については、一応下記に実務運営指針がでています。
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/sozoku/000703-2/01.htm
 これによれば、
以下「不正事実」というがある場合として
(1) 相続人が、帳簿、決算書類、契約書、請求書、領収書その他財産に関する書類について改ざん、偽造、変造、虚偽の表示、破棄又は隠匿をしていること。
(2) 相続人等が、課税財産を隠匿し、架空の債務をつくり、又は事実をねつ造して課税財産の価額を圧縮していること。
(3) 相続人等が、取引先その他の関係者と通謀してそれらの者の帳簿書類について改ざん、偽造、変造、虚偽の表示、破棄又は隠匿を行わせていること。
(4) 相続人等が、自ら虚偽の答弁を行い又は取引先その他の関係者をして虚偽の答弁を行わせていること及びその他の事実関係を総合的に判断して、相続人等が課税財産の存在を知りながらそれを申告していないことなどが合理的に推認し得ること。
(5) 相続人等が、その取得した課税財産について、例えば、被相続人の名義以外の名義、架空名義、無記名等であったこと若しくは遠隔地にあったこと又は架空の債務がつくられてあったこと等を認識し、その状態を利用して、これを課税財産として申告していないこと又は債務として申告していること。

 明らかに、隠蔽の意図をもって申告しなかったような場合の他人名義の預金は重加算対象であろうし、無職の配偶者が自己の名前で持つ生活用預金などは、これらの重加算の対象にはなりません。
 これらは、最終的には調査官の心証にもよる場合もあり、グレーな部分っていうのは確かにあるのです。

 さて、重加算の場合には、重加算税と別に延滞税も問題となってきます。
 通常、延滞税の計算は。期間計算が1年で頭打ちとなるのですが、重加算の場合には、この頭打ちがなく、2年だったら2年分の延滞税が起算されるので,かなりこちらも負担が大きくなります。
 
さて、対策ですが、悪意の無かったこと、知識の無かったことを調査官に訴えるくらいしか、ちょっと思いつきません。
 たぶん実際に悪意は無かったのでしょうから、お母様も同行されて、情に訴えてみてはどうでしょうか。

相続税の重加算については、一応下記に実務運営指針がでています。
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/sozoku/000703-2/01.htm
 これによれば、
以下「不正事実」というがある場合として
(1) 相続人が、帳簿、決算書類、契約書、請求書、領収書その他財産に関する書類について改ざん、偽造、変造、虚偽の表示、破棄又は隠匿をしていること。
(2) 相続人等が、課税財産を隠匿し、架空の債務をつくり、又は事実をねつ造して課税財産の価額を圧縮していること。
(3) 相続人等が、...続きを読む

Qマンションのベランダに施工するウッドデッキの施工?単価もしくは坪単価について

知人が、マンションのベランダにウッドデッキを敷き詰めたいと言っているのですが、
ホームセンターで売ってあるような床材を敷き詰めるような方法や、
簀の子パネルを敷き詰めるような方法ではなく、
ある程度、ちゃんとしたウッドデッキにしたいと言ってます。

それでエクステリアの会社などの施工費(材料含む)を調べているのですが、
ピンからキリまであり、決めかねています。

ホームセンターより上、有名エクステリアメーカー等よりは下、の
中くらいのものを求めてる気がするのですが、
このようなウッドデッキの施工?単価(もしくは坪単価)の相場は
どれくらいなのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ウットデッキの作り方は、色々ありますがメーカーのウットデッキもいいですがホームセンターも捨てたもんじゃないですよ。わたしもウットデッキを施工していますが、材料は、ホームセンターで買い付け作っています材木の種類は、SPF2X4,2X6とかを使用しています塗装は、キシダデコールを使用しています一般にエクステリア会社は、加工するのが大変なのでメーカー品を使ったりしますけど私はホームセンターの材木を加工して作ったほうがいいと思いますよもし自分では無理かなと思ったら工務店もしくは、大工さんに相談してみてください。ちなみに、エクステリアメーカー品だと工事費込みで、1坪当たり12万ぐらいで、専門屋、大工さんだと8万~10万ぐらいだと思います。値段は、業者によってバラバラですが高いからいいとか、安いからだめだとかは、あまりそういう判断は、しないほうがいいと思いますよ。
まずは、業者の見積もりを取って打ち合わせを、しっかりして見て下さい。
最後に、安い業者でもしっかりやってくれる業者は、ありますよ1坪あたり5万ぐらいだったら安いでしょう!自分で、作るのであれば1坪当たり3万ぐらいかかると思いますよ!それでは、がんばってください。

ウットデッキの作り方は、色々ありますがメーカーのウットデッキもいいですがホームセンターも捨てたもんじゃないですよ。わたしもウットデッキを施工していますが、材料は、ホームセンターで買い付け作っています材木の種類は、SPF2X4,2X6とかを使用しています塗装は、キシダデコールを使用しています一般にエクステリア会社は、加工するのが大変なのでメーカー品を使ったりしますけど私はホームセンターの材木を加工して作ったほうがいいと思いますよもし自分では無理かなと思ったら工務店もしくは、大工さん...続きを読む

QFP三級 相続税の配偶者控除について

相続税についていまいち理解できていないので教えて下さい。

≪設問≫
Aさんの相続に係る課税遺産総額が7,200万であった場合の相続税の総額はいくらか。

●法定相続分に応ずる取得金額
0~1000万以下…税率10% 控除額0
1000万~3000万…税率15% 控除額50万
3000万~5000万…税率20% 控除額200万
5000万~10000万…税率30% 控除額700万

(法定相続人)
妻B、子C、子D

≪解答≫
①妻Bの法定相続分:7200万×1/2=3600万
②①にかかる相続税:3600万×20%-200万=520万
③子C、Dの各法定相続分:7200万×1/4=1800万
④③にかかる相続税:1800万×15%-50万=220万

相続税総額
520万+220万×2人=960万


≪質問≫
計算の仕方は問題ないのですが、配偶者控除ってどこで出てくるんでしょうか。
1億6000万か法定相続分いずれか高い金額まで相続税はかからないと勉強しましたが、相続税は一度計算して出してから、払わなくてよし、とするのですか?

また別件で、問題の中で子CはA(被相続人)の死亡保険金5000万の受取人になっています。
(自筆証書遺言、内容の明記はなし)
これの控除額を問う問題で、通常通り法定相続人3人×500万=1500万が解答でした。
これは受取人が誰であれ、一度相続遺産として合計され、法定相続分(妻1/2、子1/4×2)で分けるのでしょうか。
受取人が子Cで指定されているなら、まるまるCの相続分なのかと迷ったのですが。
(その場合、控除も3人分引いていいのかどうか、など)


以上、FP3級の試験でそこまで追求はされないと思いますが、単純な疑問です。
宜しくお願いします。

相続税についていまいち理解できていないので教えて下さい。

≪設問≫
Aさんの相続に係る課税遺産総額が7,200万であった場合の相続税の総額はいくらか。

●法定相続分に応ずる取得金額
0~1000万以下…税率10% 控除額0
1000万~3000万…税率15% 控除額50万
3000万~5000万…税率20% 控除額200万
5000万~10000万…税率30% 控除額700万

(法定相続人)
妻B、子C、子D

≪解答≫
①妻Bの法定相続分:7200万×1/2=3600万
②①にかかる相続税:3600万×20%-200万=520万
③子C、Dの各法定相続分:7200万×...続きを読む

Aベストアンサー

>1億6000万か法定相続分いずれか高い金額まで相続税はかからないと勉強しましたが、
お見込みのとおりです。

>相続税は一度計算して出してから、払わなくてよし、とするのですか?
相続税はお書きのとおり、まず、法定相続分どおりに相続したものとして、それぞれの相続人ごとに計算します。
それを合計したものが相続税の総額です。
問題は「相続税の総額」です。
なので、この問題の解答は、お書きのとおりです。

なお、各相続人の相続税は、この総額を実際に相続する割合で按分します。
なので、妻は「配偶者控除」を受けるでしょうから、通常なら妻の相続税は「0円」です。
なお、妻は「相続税の申告書」を提出しないと控除は受けられません。

>また別件で、問題の中で子CはA(被相続人)の死亡保険金5000万の受取人になっています。
(自筆証書遺言、内容の明記はなし)
これの控除額を問う問題で、通常通り法定相続人3人×500万=1500万が解答でした。
そうですね。
正確には、もともと課税対象分には含まない「非課税分」ですね。

>これは受取人が誰であれ、一度相続遺産として合計され、法定相続分(妻1/2、子1/4×2)で分けるのでしょうか。
お見込みのとおりです。
5000万円から非課税分の1500万円を引いた3500万円を他の遺産額と合計し、そこから「基礎控除(4800万円)」を引いたものが「課税遺産総額」で、それを法定相続分どおりに取得したものとして税額を計算するということです。

>受取人が子Cで指定されているなら、まるまるCの相続分なのかと迷ったのですが。
いいえ。
実際にはCが相続するんでしょうが、相続税の計算上は前に書いたとおりです。
各相続人の税額は、前に書いたとおり実際に相続する割合で按分します。

参考
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/18.pdf

>FP3級の試験でそこまで追求はされないと思いますが
お見込みのとおりです。
されません。
ところで、FP3級の試験を受けるんでしょうか?
28日が試験日ですね。
がんばってください。
なお、私は2級を受けます。

>1億6000万か法定相続分いずれか高い金額まで相続税はかからないと勉強しましたが、
お見込みのとおりです。

>相続税は一度計算して出してから、払わなくてよし、とするのですか?
相続税はお書きのとおり、まず、法定相続分どおりに相続したものとして、それぞれの相続人ごとに計算します。
それを合計したものが相続税の総額です。
問題は「相続税の総額」です。
なので、この問題の解答は、お書きのとおりです。

なお、各相続人の相続税は、この総額を実際に相続する割合で按分します。
なので、妻は「配偶...続きを読む

Q土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

このたび、60坪の土地を購入し、建坪40坪程度の家を建てることにしました。
土地は、ほぼ長方形で2面が道路に接しています。
建物も、長方形(総2階)になる予定です。

その場合、庭はどの程度の広さになるのでしょうか?

具体的には、

車1台(ポート付)
自転車4台(ポート付)
洗濯干し
ガーデニングスペース

を設置したうえで、犬が遊ぶスペースが確保できるのかが気になっています。

実体験等、お聞かせください。

Aベストアンサー

最初に総2階で延床40坪と書いているので、建坪20坪で計算しますね。

60坪の土地に建坪20坪、この時点で残り40坪

家は、境界線にぴったりはできないので、3面は隣地から30cmほどスペースを空けるとして約3坪で残り37坪

車1台分のスペースで約7坪、あと30坪
自転車4台分で約2坪、あと28坪
洗濯干しで1坪、あと27坪
ガーデニングで駐車スペース分くらいとっても、残り20坪

元々の建坪くらいはガーデニングを除く庭として残せます。

Q相続税の配偶者控除について

父、母、子一人。父の財産は土地(評価額2億円)のみ。
父が死亡後、子が土地を相続。

そして 子が代償分割として
1億円を母に支払った。

この場合、母に相続税の配偶者控除は
認められるでしょうか。

Aベストアンサー

認められます。

Q95坪のうち、住まいの残り57坪近くのカーポート・エクステリア部分の土地の重機掘削についてお聞きします。

来月、大手のハウスメーカーでの新築着工にとりかかります。見積もりの金額も高く、カーポート・エクステリア部分の契約はしていません。そのせいか土の重機での掘り上げは家の建設部分だけで、そちらはしませんと言われてしまいました。他の専門外構業者に設計図を見てもらい、そちらの方が見積もりもかなり安価だったのです。雑草取りなど毎日が大変な労力で、瓦礫や根も深く、個人では到底無理があると思い、重機の件を質問すると、1m2あたり2万になると聞き、びっくりしています。田舎なのにそんなにかかるものなのでしょうか?着工時に、作業担当者の方又は現場監督に直接交渉してみてはいけないのでしょうか?それとも高くてもハウスメーカーに頼んだ方がよいのでしょうか?金額の用意に不安があるのです。得策があれば同じ経験、もしくは専門の方にお聞きしたいのです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私はそのような仕事をしています
掘削作業は地形、場所、取付道路などにより重機やダンプの大きさなどを決めます。
私は東京ですので残土処分は高く付きますが
地方であれば無料とか考えられます。

残土の量を計算してみて下さい
57坪に深さを掛ければ発生土量が決まります。
@\6,000~\10,000ぐらい考えられます。

草取りなどはしなくていいです。

Q相続税の配偶者控除について

父が亡くなりました。母は健在で、子は私と弟です。基礎控除は、8000万円と思うのですが、遺産総額はざっと計算すると7500万円です。しかしながら、2年前に1000万円ほどの出金があります(7500万円には含まれない)。これが、母への贈与なのか、何かに使われたのか、不明です。母は、多少認知症かかっており、発言もあいまいで、母の預金通帳に振り込まれた形跡もありません。相続財産は7500万円であれば、申告は不要と考えています。
※居住用財産等、特例を使えるものはないと思っています。
<質問1>
この場合、1000万円の贈与の認定の可能性がありますので、申告はしておくべきでしょうか。(実際に、現在判明していない母の銀行口座に振り込まれている可能性もあります。)
<質問2>
もし、申告しないで贈与が確定し、加算され、8500万円となった場合、修正申告時に何かデメリットはあるでしょうか?たとえば、配偶者控除は使えない等。

アドバイスいただければ幸甚です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

適当、無責任な回答がつきますね。ネット回答とはこの程度のものでしょう。
税理士に相談すべきことですが、お困りのようですから。
まず、1、000万円の行方については、調べましょう。
口座から振込してるのでしたら、金融機関に協力してもらえば、どこに振り込んだかはわかります。
それで「何かを買ったのか」「贈与行為をしたのか」がわかります。

何かを買ったというなら、それが残っていれば相続財産になります。評価額がいくらになるかは購入したものによります。
贈与をしたというなら、その贈与を受けた者が贈与税の申告をすることになります。
ここで「相続財産に加算されるので、贈与税の申告はいらない」という回答がありますが、間違いです(※)。
相続開始日以前3年間の贈与が相続財産に加算されるのは「相続人となった者」だけです。
相続人とならない者(法定相続人にならないもの、遺贈を受けないもの)が、相続開始日3年前以後に贈与を受けていても、相続財産への加算にはなりません。
つまり、贈与を受けていた者は、贈与税の申告をして納税する義務があったがしてないという話になります。

さて、1、000万円が贈与だったとして、それを受けた者が法定相続人だったとします。
まず1、000万円の贈与を受けた事実についての贈与税の期限後申告、それについての納税、無申告加算税、延滞税の納付義務が発生します。

相続税の申告時にこの1、000万円を加算します(相続発生3年前以後の贈与の相続財産への加算)。
相続税申告では、上記の贈与を受けた者は、納税すべき相続税から、上記の贈与税の本税額を限度として控除します。
ここで、贈与税のほうが大きくても還付はされません。


質問2へ。

1、000万円がどこに行ったのかを解明しないで、相続税申告義務がないとして申告をしない選択をしたとします。
税務調査では、被相続人の預金は丸裸にされます。
おそらく「1、000万円がどこに行ったのか」は解明されます。相続人が解明できないものでも、彼らは国税調査権で解明をします。

さて、贈与行為があったとします。以下のとおりです。
1、贈与を受けた者に贈与税の申告をするように指導が入る。

2、贈与を受けた者が相続人なら、相続財産に加算しての相続税申告義務があるかないかの検討がされる。
申告義務があるなら、申告をするように指導されます。

3、贈与税の期限後申告をした者については、相続税の負担が減少します。
が、別途贈与税の本税、無申告加算税、延滞税は負担しなくてはいけません。
 相続税の申告で控除されるというのは、贈与税の課税がなくなることではないので「本来すべき申告をしたら、どういう納税がされているべきか」は追求されるということです。


相続開始と同年に相続人に贈与があった場合には、贈与税の申告が不要。

適当、無責任な回答がつきますね。ネット回答とはこの程度のものでしょう。
税理士に相談すべきことですが、お困りのようですから。
まず、1、000万円の行方については、調べましょう。
口座から振込してるのでしたら、金融機関に協力してもらえば、どこに振り込んだかはわかります。
それで「何かを買ったのか」「贈与行為をしたのか」がわかります。

何かを買ったというなら、それが残っていれば相続財産になります。評価額がいくらになるかは購入したものによります。
贈与をしたというなら、その贈与を受...続きを読む

Q実父が亡くなった折、100坪程度の田舎の一軒家を相続しましたが、土地は

実父が亡くなった折、100坪程度の田舎の一軒家を相続しましたが、土地は他人の土地(借地権)で、相当手入れをしないと家屋はボロボロで住む事も出来ない状態でした。費用は毎月約1万円を町役場に払い続けて10年近くたちますが、雑草処理等で費用もかかる為、手放したく思い役場に相談したところ、更地に戻してくれ。との事でした。解体には数百万かかり、一介のサラリーマンではその費用捻出も出来ません。場所は茨城で交通の便もけっして良いとはいえませんが、隣近所は新築の家を建てておりそれなりの住宅街が形成されていますので、まったくニーズが無い訳では無いとは思いますが、私たちはマンションに住んでおり今後も全く住みかえる予定がありません。なんとか人に譲るなり権利を売却するなりの方法は(これ以上お金をかけずに)無いものでしょうか。不動産関係にお詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授願いたく宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

借地で地主は市ということですか。
それなら市で言われたとおり、自費で解体して更地にしなければ返却はできません。

唯一かすかな光が差しているのは、近年、古民家の再生に興味を持っている個人や団体が一部にいます。
そんな人・団体の目に留まれば、無償で引き取ってくれることも考えられないわけではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報