現在ある企業に取締役として参加しているのですが、
取締役を退任し、新しい会社を設立したいと考えています。
その際、現在の会社にある私への未払報酬と、
私の得意先に引き受けてもらった社債を新しい会社に移動したいのですが、可能なのでしょうか?
(=新会社で現会社の負債の一部を引き受ける)

もし可能な場合、どのような方法があるのでしょうか。
税理士に聞いたりネットで情報収集をしたのですが、
あまり一般的でないらしく、これといった回答を得られなかったため、
ここで質問させて頂いた次第です。
アドバイスを頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

現在取締役の地位にある会社に債務を残さないのであれば、免責的債務引受の手続を経るとよいでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなり大変失礼致しました。
現在会社に債務は残さないことになりますので、教えて頂いた免責的債務引受の手続について調べてみます。貴重なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 10:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の印鑑登録

会社の印鑑登録をしたいと思っているのですが、
印鑑と何か一緒に持っていくものがあるのでしょうか?また、その日に登録終了とかできるんでしょうか?素人の質問でスミマセン。

Aベストアンサー

追加補足します
法人は設立登記が完了して初めて誕生します。
法人設立(株式会社か有限会社と推測します)登記時に、法人届出印として法務局に登録する印鑑が、法人の実印(印鑑証明書)です。
設立登記を司法書士に依頼されるなら、司法書士さんに法人設立手順の説明を受けてください。
質問者さんが、これから社名(商号)や目的を決め、定款作成、資本金払込、設立登記とご自分でされるなら、概略は次の通りです。
事前調査・確認
事前に法務局で類似商号調査をして類似商号がないことの確認、及び定款目的の記載方法の適合性確認を受けます。
定款認証
これに基づき定款を作成し登記法務局管内の公証役場で「認証」を受けます。定款作成については公証役場に事前相談すれば指導してくれます。
資本金払い込み
あらかじめ依頼し承諾を得た金融機関に資本金を払込み、保管証明書の交付を受けます。
登記申請
登記申請書に、設立時の株主総会議事録(社員総会議事録)認証済み定款謄本、保管証明書等を添付し設立登記申請書を法務局に提出します。⇒法務局の相談窓口で書式ひな型や記載方法について指導してくれます(無料です)
この登記申請書の記載方法については法務局のHP「登記・供託インフォメーション」にアクセスし商業登記の項目をクリックすれば解説とひな型があります。

法人設立手順の詳細はご自分でされるなら、大手の書店で日本法令の設立登記書式・解説つきを購入されると良いでしょう。ただし、公証役場に2~3回、法務局に4~5回は足を運ぶ覚悟をしてください。
また、現在取引のある金融機関に資本金払込を受けてくれるかどうかの打診も忘れずにしておきましょう。最近は取引関係が薄い顧客の依頼は断られることが多いのが実態ですから。

追加補足します
法人は設立登記が完了して初めて誕生します。
法人設立(株式会社か有限会社と推測します)登記時に、法人届出印として法務局に登録する印鑑が、法人の実印(印鑑証明書)です。
設立登記を司法書士に依頼されるなら、司法書士さんに法人設立手順の説明を受けてください。
質問者さんが、これから社名(商号)や目的を決め、定款作成、資本金払込、設立登記とご自分でされるなら、概略は次の通りです。
事前調査・確認
事前に法務局で類似商号調査をして類似商号がないことの確認、及び定款...続きを読む

Q有利子を負い、会社負債が倒産した場合、代表取締役個人に発生するリスクを教えてください。

有利子負債を負っている状態で、会社が倒産した場合
そのときの代表取締役個人で、負わねばならない
責任、リスク、経済面の負担、懲罰といったものが
あるのか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

取締役が個人で負債の保証人になっていなければ経済的責任を負うことはありません。強いて言えば職を失うぐらいでしょうか。
ただし、倒産した会社に良くありがちなこととしては、取締役の不正行為が発覚し、株主等から損賠賠償請求を起こされる、といったこともあります。

Q印鑑登録証明書の印鑑を紛失した時

今度一人暮らしをするために連帯保証人で親の実印と印鑑登録証明書が必要なのですが、印鑑登録証明書に登録してある印鑑を無くしてしまいました。
区役所に行けばいいのでしょうか?
どこかで印鑑を買ってそれで新たに印鑑登録できますか?
また印鑑登録が終わり新しい印鑑の印鑑登録証明書をもらうのにどのくらいの日数がかかりますか(最短で)?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に実印はどんなものでも構いません。(シャチハタはダメですが)
ただし、三文判だと悪用のおそれがあるので、実印向けのものの方がいいでしょう。
登録自体はすぐに済みますので、自治体にもよりますが最短で翌日、遅くても3日以内には発行可能だと思います。

印鑑が盗難で悪用されている危険もあるため、念のために親さんの資産の確認(土地の登記や銀行口座)をしたほうがいいでしょう。
だいたい3ヶ月以内の印鑑証明が有効と言うところが多いので、3ヶ月は気を抜かないでください。

Q転換社債(転換社債型新株予約権付社債)

基本的なことですが、以下の例文の意味がわかりません。

20X1年4月1日、L社(決算日は3月31日)は額面1000円の転換社債を額面100円当たり100円で100万円発行した。この転換社債も転換価格は100円で、転換請求期限の20X2年3月31日までに、普通株式10株(1000円÷100円)に転換することができる。転換社債の保有者が転換を望まない場合は、同日、1000円(額面)の現金で償還される。尚、L社は20X2年3月31日償還を迎えるゼロクーポンの普通社債をすでに発行しており、20X1年4月1日において、こちらは額面100円当たり95円で取引されている。

そもそも、転換社債の額面1000円というのが良くわかりません。転換社債には額面1000円というものは存在しないと勝手に思っているのですが、私の認識違いでしょうか。

非常に困っています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

転換社債には、最低取引単位として10万円、50万円、100万円の3種類の券種が使われています。

私も昔、実際に設定時に買ったのは50万でしたよ

実際に流通している額面には(東証へ上場している額面)
額面10万円、額面50万円、額面100万円、額面200万円、額面300万円、額面400万円又は額面500万円が存在します


他の上場だと
実際にのを貼り付け
7. 社債に関する事項
(1) 社債の総額 金3,000,000,000円
(2) 各社債の金額 金100,000,000円の一種
1億円のも存在するの額面は一概にいえません

このCBで言えば
額面1000円ってことになりますね

ただ、額面1000円は実際には発行する時は小さくする、事務経費が割合が増加するので現実には存在はしませんが・・・・
発行することはコストの問題を度外視しれば可能です

過去に実際の発行された最小は10万円だと思いますすので
机の上の空論の話ですね

転換社債には額面1000円というものは存在しないと勝手に思っているのですが、私の認識違いでしょうか。

 存在することは可能ですが・・・現実的には存在しない言うことですね
 机の上の問題なので気にしなくて良いです
 

転換社債には、最低取引単位として10万円、50万円、100万円の3種類の券種が使われています。

私も昔、実際に設定時に買ったのは50万でしたよ

実際に流通している額面には(東証へ上場している額面)
額面10万円、額面50万円、額面100万円、額面200万円、額面300万円、額面400万円又は額面500万円が存在します


他の上場だと
実際にのを貼り付け
7. 社債に関する事項
(1) 社債の総額 金3,000,000,000円
(2) 各社債の金額 金100,000,000円の一種
1億円のも存在するの額面は一概にい...続きを読む

Q印鑑登録証明書

印鑑登録証明書を代理で取得したいのですが、印鑑登録証を取得する場合とは違い、委任状は必要ないですよね?
ということは、印鑑登録証と身分証明書と印鑑の3点を役所へ持っていけば印鑑登録証明書を取得することは可能ですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ふつうは印鑑登録証があればOKです。

あとは、申請書をきちんと埋められないとだめです。

市町村によってどこまでも要求するかわかりませんが、登録者の住所氏名はもちろん、生年月日を要求するところもあります。

Q取締役退任時の有給消化について

親会社で3年働いた後、グループ会社の経営陣として、株も出資して5年ほど経営をしていたのですが、この度親会社に統合されることになりました。
この度の統合に伴い代表Aと私は退任の後、退職という形でグループを去ることにしております。
代表Aと私は1月末で退任、会社は3月末まで別の人間が入った後に解散となるようです。

ここで、有給休暇について質問ですが、私には有給休暇はないと言われました。

・役員はないといわれたのですがそれはありえるのでしょうか。
・親会社に勤めていた頃の有給は残っていないのでしょうか。

私も代表Aも、休日返上で働いておりましたので、有給無しで即退職は若干心残りです。

Aベストアンサー

>・役員はないといわれたのですがそれはありえるのでしょうか。

【取締役の場合】
取締役に労働者性はありませんから、労働基準法が定める有給休暇の対象外に
なります。
【兼務役員の場合】(取締役総務部長等)
従業員部分がありますので、労働性が認められます。よって労働基準法上の
有給休暇はあります。
他の従業員と同一の規定で運用して問題ないと思われます。
 ※役付役員(常務取締役・専務取締役・副社長等)は兼務役員にはなれません。

よって、質問者さんが兼務役員か、そうでないかが分かれ目になります。

>・親会社に勤めていた頃の有給は残っていないのでしょうか。

質問者さんが、出向によって現在お勤めの会社の取締役になられているのか、
転籍によって現在の会社にお勤めなのかによって回答が変わります。
出向であれば、親会社に”籍”がありますから、親会社の規定がそのまま摘要
されます。よって退職されるのであれば残っている有給休暇を使用する事も可
能です。
しかし、転籍の場合は一旦親会社を退職されていますので、親会社の”籍”が
ありません。よって退職後に過去の有給休暇を請求しても認められません。

ご質問文だけでは、どちらの形態であるかが分かりませんので、ご自身の状況に
当てはめてください。

>・役員はないといわれたのですがそれはありえるのでしょうか。

【取締役の場合】
取締役に労働者性はありませんから、労働基準法が定める有給休暇の対象外に
なります。
【兼務役員の場合】(取締役総務部長等)
従業員部分がありますので、労働性が認められます。よって労働基準法上の
有給休暇はあります。
他の従業員と同一の規定で運用して問題ないと思われます。
 ※役付役員(常務取締役・専務取締役・副社長等)は兼務役員にはなれません。

よって、質問者さんが兼務役員か、そうでないかが...続きを読む

Q印鑑登録について同じ苗字の印鑑を2つ持ってますひとつは印鑑登録されています 証明書もあります

印鑑登録について

同じ苗字の印鑑を2つ持ってます
ひとつは印鑑登録されています
証明書もあります。

二つ目の方はまだです
印鑑登録などできるのでしょうか?

Aベストアンサー

印鑑登録(市町村役場で一つしか登録できません)された印鑑は【実印】と言い、無暗に使うものではありません。
実印は、重要な契約等で使い、印鑑証明書を添付します。

大抵の人は、実印の他に銀行印・認印(三文判)・受領印(シャチハタ等)等、複数の印鑑を使い分けます。

Q取締役の退任に伴う仕訳について

期中に取締役が退任することになり、退職金を支払うことになりました。毎期【役員退職慰労引当金】を積み立てていて、それを取り崩して支払うことになりました。支払時の仕訳は下記の通りです。
【役員退職慰労引当金】 ○○○/当座 xxx
雑収入 ▲▲▲
この雑収入と言うのは、保険会社に別で積み立てていた保険を名義変更して個人名にして退職金とした為、一旦当社に入って、退職金として支出したと言う意味合いです。

上記の仕訳ではB/S上の動きのみでP/Lには反映されないのですが、P/L上の特別損益で表現する場合は、どのような仕訳をしたら良いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

役員退職金は、その確定した時点において税法上損金算入が認められていますので、
P/L上でその総額が表記されるようにします。
また、雑収入も法人税申告書の付属明細書で、明細を記入するよう求められています。
従って、貸借消去して総額が表記されないようなことはなるべく避けたいものです。

#1の方と(1)、(2)は同じですが
引当金の取り崩し処理は

  役員退職慰労引当金/役員退職慰労引当金戻入

とします。この戻入は特別損益のうちの特別利益ですが、税法上 益金不算入で、
従って差し引きすると、引当金分の退職金の経費が損金と認められることになります。

Q印鑑登録証明

これから、就職する会社に
身内2名の印鑑登録証明の提出を言われました。

印鑑登録証明は、
悪用されたり、するのですか?

何か気を付けなければいけないことはありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

会社就職にあたり、身元保証人に印鑑証明書を提出する理由は「身元保証人が実在する人物であることを明らかにする」ためで、私自身も甥や姪の身元保証人として、過去に何度も印鑑証明書を取ってますが、何の問題も起きてません。

これは、身元保証人欄に三文判で架空の人物名を記入されても、イザの時に身元保証人が架空の人物だったら会社側は困りますが、身元保証人欄に「実印」の捺印と実印であることを証明する「印鑑証明書が添付」されてるなら実在する人物が身元保証人になってると会社側も信用出来ます。

その為の印鑑証明書ですから悪用することは会社側は全く考えてません。

なお、印鑑証明書を悪用されるとしたら「白紙委任状」に実印を捺印することです。

この場合は白紙委任状に何を記入されるか分からないので悪用されると財産を失うなど怖いので要注意ですが、身元保証人欄に実印の捺印と印鑑証明書だけでは実印の効力を悪用することは出来ません。

ちなみに、就職に際して本人の「住民票や戸籍抄本の提出を求める会社」もありますが、この場合も本人の氏名や生年月日などに偽りがないかを確認する目的で悪用することは会社側は全く考えてません。

むしろ、身元保証人欄に三文判で良い会社や身元保証人の要らない会社の方がヤバイ会社が多い感じです。

こんにちは。

会社就職にあたり、身元保証人に印鑑証明書を提出する理由は「身元保証人が実在する人物であることを明らかにする」ためで、私自身も甥や姪の身元保証人として、過去に何度も印鑑証明書を取ってますが、何の問題も起きてません。

これは、身元保証人欄に三文判で架空の人物名を記入されても、イザの時に身元保証人が架空の人物だったら会社側は困りますが、身元保証人欄に「実印」の捺印と実印であることを証明する「印鑑証明書が添付」されてるなら実在する人物が身元保証人になってると会社...続きを読む

Q一度、代表取締役を退任して2年後に再度就任

 飲食店を経営していた法人が、店舗を売却したため、休業状態になり、その際に代表取締役も退任し、退職金を支払いました。
 その2年後に、その法人がまた、店舗を営業することになりました。
 以前、退任して退職金をもらった代表取締役が、再度、この法人で代表取締役に就任し、役員報酬をとることについて、税務上の問題は発生しますか?

Aベストアンサー

休業したときにどのような手続をしていたかによります。

退任により登記簿上も他の人と代わり抹消されている場合。
この場合は、退職の事実が確認できるので問題になりません。

登記はしていないか、代表者を辞めただけである場合。
この場合は、休業中の申告を誰の名前でしていたかなど退職していたのか否かが問題になります。退職していないとなれば、役員賞与として法人の損金不算入と給与所得として個人の課税が行われることとなりきわめて不利です。
また、申告をしていないと2年間提出していない場合は、青色申告の取り消しとなりますから欠損金の繰越ができなくなります。

状況がわからないと同じ会社で事業を再開するのは、不利だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報