補償工事について質問があります。
工事が完成し沿道家屋の事後調査を行ったところ1件だけ、工事の影響(掘削、振動等による地盤沈下)によって土間にクラック等の被害が発生・拡大していました。通常は金銭による補償を行うのですが、相手からは当社の施工による補償を求められています。施工する事は何等問題はないのですが、今後何かあったら責任を取るという一筆を入れろといわれています。相手は、土間の下の配管まで調査をしていないのだから影響が無いと言い切れないだろう。将来配管漏れがあったらどうするんだと言っています。
ここで質問ですが、
1.こういった補償工事の場合、瑕疵担保責任・期間は規定されていますか?
2.土間の配管については、機能的に問題が無いこと、調査は、土間を掘り起こしてまで行えないこともあり、対応出来ない旨を伝えたいのですが、どのように伝えればうまく伝わるでしょうか?
3.補償工事に当社の過失があれば対応せざるを得ないと思いますが、今後何らかの理由で地盤が下がったり、若しくは経年変化で被害が出た場合のリスク回避として、どういう文言を入れればいいでしょうか?
本来、こういったリスクを考慮すると金銭補償を選択したいところですが・・・。
面倒な話で申し訳ございませんが、よろしくご指導のほどお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おそらく、これまでの経緯にもよるのでしょうが、その相手さんの


要求があまりにも無茶な話なのであれば、相手さんは、既に、
質問者さんを悪質業者のようにみなしているのかもしれません。


法律云々というより、その相手の要求が今回だけで終わらない可能性も、
高いように感じます。

ですから、ズルズルと対応為されるよりも、弁護士に事件を任せた方
が良いと思います。その分費用はかかるのでしょうが、長期的に見て、
費用が抑えられると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスを頂きありがとうございます。
弁護士に相談する事も考慮し折衝していきたいと思います。

お礼日時:2009/05/25 08:53

本件について、あなたの信用とか他に勘案すべき事項がないのであれば


あなたが補償できる範囲、つまり
  補修個所、範囲
  補修工事仕様
  予定工事費用
  (迷惑料)
を通知してそれ以上は対応できないと通告すればいいだけではない
ですか。
あとは、迷惑料の上乗せの上限と、瑕疵担保が受けられない理屈を
考えておけばいいと思います。
相手が要求を押しこんできても、丁寧に「これ以上はできない」と
断りなさい。最後は裁判ですが、相手もむだなお金は使わないでしょう。

それから、あなたは施主さんですか?
こういう場合の対策相場は工事業界であるはずですから、工事業者に
任せたほうがいいのでは?工事請負契約にも責任負担があるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
アドバイスを参考に折衝していきたいと思います。

お礼日時:2009/05/25 08:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q瑕疵の責任および瑕疵による解除の意味

瑕疵の責任および瑕疵による解除が 無とは 

瑕疵の責任および瑕疵は 責任が有りませんまた直さなくてもよい
でよろしいでしょうか

Aベストアンサー

アパートの売主さんなら、現在の現状のまま引渡しをして、引渡し後には一切の土地建物の瑕疵の責任を負わないという意味です。解除も出来ない旨の記載もあるならば、発見された瑕疵が重大であっても売主にその責任は無く、買主はそれを以って契約解除などを主張できないという事です。

但し、瑕疵というのは、売主も知らなかった建物の欠陥ですから、以前に修繕したりした箇所があった(雨漏れの修理やシロアリの駆除、修繕など)場合は、後日の争議を避けるためにも、告知はしておいたほうが良いです。告知しておけば再度同様の欠陥が発見された場合も責任は負いません。

当然ですが、建物の欠陥を知っていて隠して告知しなかった場合は、免責の契約条項が合っても責任を免れませんし、この部分に現状欠陥があると告知して引き渡した場合は、その責任は負いません。

アパートなど所有者が居住しているわけではなく、入居者からクレームがこなければ建物の欠陥はわからないことがほとんどですから、瑕疵担保についてはあまり問題とはならないでしょう。

経験上、土地建物の瑕疵よりは入居者の入金状況の説明不足(家賃が遅れがちな入居者がいるなど)や敷金精算時などの後日のトラブルの方が多いです。現在入金管理を不動産業者などに任せているなら、そのようなことはありませんが、その辺りも偽り無く引き継いでください。

アパートの売主さんなら、現在の現状のまま引渡しをして、引渡し後には一切の土地建物の瑕疵の責任を負わないという意味です。解除も出来ない旨の記載もあるならば、発見された瑕疵が重大であっても売主にその責任は無く、買主はそれを以って契約解除などを主張できないという事です。

但し、瑕疵というのは、売主も知らなかった建物の欠陥ですから、以前に修繕したりした箇所があった(雨漏れの修理やシロアリの駆除、修繕など)場合は、後日の争議を避けるためにも、告知はしておいたほうが良いです。告知して...続きを読む

Q公共工事で当社は「電気通信工事」で請け負いました。工事の内容は、基礎工

公共工事で当社は「電気通信工事」で請け負いました。工事の内容は、基礎工事、作業土工(電気)などがあり、通常では「とび・土工」の建設業許可が必要なところですが、当社の請け負った業種が「電気通信工事」なので、一次下請けは「とび・土工」の建設業許可が無くても基礎工事など出来るのでしょうか
ちなみに、一次下請けは「電気工事業と電気通信工事業」の建設業許可を持っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本、「とび・土工」の許可がない業者は基礎工事できません。
なので、基礎工事をするには一次下請けの業者に「とび・土工」の許可がないとできません。

Q売買契約書に瑕疵担保の意味についてよくわかりません。

前質問に回答を受けながらお礼の返事せず失礼しました。売買契約書の確認に手間取り遅れました。瑕疵担保責任について条文ありましたが、前所有者に対して行うとしても、解体業者による過失であっても前所有者に対して責任を追及するのでしょうか。前所有者に、中古住宅解体ごみが地中にまだあるかもしれない場合はどのような瑕疵担保責任を問えばよいのでしょうか。現在基礎工事ほぼ完成しました。建設業者は、工事掘削中に解体ごみの掘り出しの報告を告げずに進めたため中止指示ができなかった。

Aベストアンサー

前の質問のURLくらい、自分で貼っておいてください。(私にやらせるんではなくて・・・)

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9143266.html


前の質問の補足を読むと、土地の売主が家を解体後、質問者さんに土地を売却したように思える。

>前所有者に対して行うとしても、解体業者による過失であっても前所有者に対して責任を追及するのでしょうか。

そうです。
土地の売主が解体業者にやらせた工事で、その土地に問題が生じた(可能性がある)わけですから、質問者さんが文句を言う相手は、解体業者ではなく売主になります。

Q事故(被害者)で働けない時の金銭面での補償

現在旦那の扶養に入っています。
結婚して遠方に引っ越しなど色々ありましたが落ち着いたのでバイトかパートをしようと情報誌を買ったり、電話してみたりと活動し始めました。
受かるかはわかりませんが、9月4週目からの短期のアルバイトをしようと思って決めていました。

貯蓄は多少ありますが以前の職場での1年分の税金と扶養になってなかった時の健康保険と年金色々合わせると結構高くなるので働かないと払えません。

しかし、1カ月前に追突された事故が原因なのかはわかりませんが首、背中が痛くなりました。
追突されすぐに痛くて病院へ行きましたが、数日で痛みもひき、もう大丈夫だろうと思って働こうと思ってた所です。
つい先日再度受診して、Drの診断では事故かたまだ1カ月で可能性は高いので事故としましょうと通院、リハビリをしばらくする事になりました。
今では息苦しく前屈もできずに下半身の着替えが大変です。

その時は体もたいした事なかったので、今は物損のままです。(甘くみてた所もあり・・・)
なのでこれから人身事故に切り替えをしようと思っています。

このような場合生活費が入ってこないので困りますが、何か良い対策はないのでしょうか?
よく通勤困難になってしまったら補償されると聞きますが、まだ活動中なので補償もされないだろうと困っています。
払えないとは言いませんがこれからのマイホームや子供が産まれてきた時の費用、貯蓄は正直手をつけたくないのです。
仕方がない事なのでしょうか?

アドバイスを頂きたいです。

現在旦那の扶養に入っています。
結婚して遠方に引っ越しなど色々ありましたが落ち着いたのでバイトかパートをしようと情報誌を買ったり、電話してみたりと活動し始めました。
受かるかはわかりませんが、9月4週目からの短期のアルバイトをしようと思って決めていました。

貯蓄は多少ありますが以前の職場での1年分の税金と扶養になってなかった時の健康保険と年金色々合わせると結構高くなるので働かないと払えません。

しかし、1カ月前に追突された事故が原因なのかはわかりませんが首、背中が痛くなりま...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、お身体をきちんと直すことを考えましょう。
 首や背中が痛い状態では、妊娠してもたいへんですよ。

>その時は体もたいした事なかったので、今は物損のままです。(甘くみてた所もあり・・・)
なのでこれから人身事故に切り替えをしようと思っています。

 事故から1ヶ月経っているので、人身事故への切り替えは難しいかもしれません。
 だからといって、治療費が出ないわけでも(実際に、治療費の負担を病院窓口ではされていないと思います)、慰謝料の請求ができないわけでもありません。
 相手方保険会社に、体調が悪くなったので、通院を再開する旨必ず連絡してください。

 治療期間と、「実治療日数×2」を比較し、少ない方を通院期間とし、それに、4200円をかけて(乗じて)、自賠責保険慰藉料(慰謝料)を計算します(限度は、120万円)。
 また、主婦にも一日5700円の休業損害があります。
  http://www.jiko-wakayama.net/category/1337319.html

 現在の貴方の状態が、休業損害に該当するかどうかは保険会社に問い合わせをしましょう。

 とにかく、保険会社へ通院再開と、現在のお身体の状況を連絡すること、きちんと通院してお身体を直すことが大切です。

 お大事に。

まずは、お身体をきちんと直すことを考えましょう。
 首や背中が痛い状態では、妊娠してもたいへんですよ。

>その時は体もたいした事なかったので、今は物損のままです。(甘くみてた所もあり・・・)
なのでこれから人身事故に切り替えをしようと思っています。

 事故から1ヶ月経っているので、人身事故への切り替えは難しいかもしれません。
 だからといって、治療費が出ないわけでも(実際に、治療費の負担を病院窓口ではされていないと思います)、慰謝料の請求ができないわけでもありません。
 相手方保...続きを読む

Q瑕疵保証期間について

注文書に記載されていた「瑕疵保証期間」とは、どういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

瑕疵(カシ)というのは、キズ、欠陥、不具合、といった意味です。

民法第五百七十条  売買ノ目的物ニ隠レタル瑕疵アリタルトキハ第五百六十六条ノ規定ヲ準用ス但強制競売ノ場合ハ此限ニ在ラス

瑕疵担保責任というのが民法で定められています。
要するに、対象物件を買ったときにはわからなかった欠陥などがあとで判明した場合、売主は瑕疵の修復をしたり、損害が発生した場合には損害賠償金を支払う必要がある、ということです。

契約に定める「瑕疵保証期間」は、売主が瑕疵担保責任を負う期間を定めているものと思います。

民法上は、買主が瑕疵を知ってから1年以内が瑕疵担保責任期間とされています。

Qスプリンクラーの設置配管工事に資格は必要ですか?

水源は井戸ポンプです。自己の店舗、アパート、グループホーム等にスプリンクラーを設置するには法をクリアする配管設計図のみを専門家に依頼すれば配管設置工事自体は自己で出来ますか?配管については十分な経験が有ります。ダメならどん資格を持つ工事業者に依頼する事になりますか。

Aベストアンサー

消防法の専門家です。

まず配管工事については、消防設備士の資格は必要ありません。ただし、工事そのものは消防設備士の有資格者が設計した図面等を着工届けとして消防に提出するとともに、設置工事後に有資格者に試験を依頼し、設置届けを消防に提出したあと消防による検査を受ける必要があります。

ですので、工事は消防設備士じゃなくてもできますが、結局消防設備の有資格者がずっとついている必要があります。

またグループホームには水道直結型の簡易型スプリンクラーが認められていますので、井戸でも大丈夫だと思いますが、規模も図面もない状態では責任をもったことは言えません。
また個人住宅や共同住宅(高層ビルを除く)にはスプリンクラーの設置義務自体がありませんので、任意に勝手につける場合なら、ご自由になさっていただけばいいと思います。当然消防への届出も必要ありません。

Q瑕疵担保について質問です。不特定物に瑕疵担保責任が適用されるか、されな

瑕疵担保について質問です。不特定物に瑕疵担保責任が適用されるか、されないかという論点がありますが、この論点そのものに疑問があります。
不特定物の売買の場合、履行がされるに先立って給付対象の特定がされなければならないはずです(民法401条1項)。
ということは、債権者(買主)はその瑕疵物を受領した時点でそれは「特定物」になっているのではないでしょうか。
すると、契約責任説において、不特定物にも瑕疵担保が適用されたとして何の意味があるのでしょうか。

法律学小事典の『種類売買』の項目にはこう書かれてあります。
「・・・種類売買には瑕疵担保責任が適用されないという考えもあるが、判例は、買主が目的物を受領した後は瑕疵担保責任を適用する(最判昭和36・12・15)」

これを読むと、まるで買主が受領してもその不特定物は特定されず不特定物のままであったかのようです。

この点について、どう理解すべきかご教示ください。

Aベストアンサー

ちょっと,こちらが質問を誤解していたようで,かなり端折った表現になってしまったので改めて・・・

まず,特定物売買においては,瑕疵ある物でも特定が生じます。
これについては,いわゆる特定物ドクマの議論ですね。
一方,不特定物売買においては,瑕疵ある物では特定が生じないとされています。
要するに,不特定物売買(種類売買)の「特定」というのは,瑕疵のない不特定物であることが前提になるわけです。

この違いが,瑕疵担保責任の法的性質の対立になるわけです。
ご指摘の判例については,結論部分しか書いてないので,「判例は法定責任説じゃなかったのか??」という疑問が出てくるのも無理はありません。
ただ,判旨を読み進めると,判例としては「不特定物売買(種類売買)でも瑕疵担保責任を追及できる」とは断言していないのがわかります。

そもそも,裁判所は学説の当否を決する場ではなく,具体的事例における妥当な解決を目指す場です。
だからこそ,従来の学説にない新たな理論を打ち立てたり,一見すると従来の対立する学説がごっちゃになった結論を導くこともあります。

ちょっと,こちらが質問を誤解していたようで,かなり端折った表現になってしまったので改めて・・・

まず,特定物売買においては,瑕疵ある物でも特定が生じます。
これについては,いわゆる特定物ドクマの議論ですね。
一方,不特定物売買においては,瑕疵ある物では特定が生じないとされています。
要するに,不特定物売買(種類売買)の「特定」というのは,瑕疵のない不特定物であることが前提になるわけです。

この違いが,瑕疵担保責任の法的性質の対立になるわけです。
ご指摘の判例については...続きを読む

Q施工者は工事監理者を兼任できますか?

どうも。

建築工事等において施工者は工事監理者を兼任できますか?
例えば、あるゼネコンが、建物新築の設計・工事を一括して請負う様なケースを想定しています(つまり工事監理者として第三者が介在しないということ)。

兼任できるのだとすると、
工事監理者は会社で言うところの監査役的な位置づけのイメージがあるので、監督する側(監理者)と監督される側(施工者)が同一となってしまい、問題があると思うのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

建築設計に必要な資格及び工事監理に必要な資格は、建築士
工事施工管理に必要な資格は、建築士又は建築施工管理技士

ゆえに
建築施工会社で建築設計事務所登録をしている会社なら、兼任できると言う事です。
小さな規模の会社で有るほど、兼任して施工している会社があります。

法律上は、兼任しても建築士の資格が有れば問題ありません。

理想としては、設計、工事監理、工事施工管理を別々にするのが望ましいですが、工事途中で設計変更が起これば、工事施工管理者は、工事監理者を通して設計者に承諾・承認を得る事が建築関連法及び建築工事仕様書の中で決められています。

ご参考まで

Q中古マンション 瑕疵保証期間がないのは普通?

こんにちは。
中古マンションを東京都内で購入を考えています。
連続書き込みになって申し訳ないです。

いくつか探しているところ、「瑕疵担保責任は負いません」という事が
明記されたマンションを見つけました。(築8年のマンションです)

これは、瑕疵担保期間が存在しない事を意味しているのでしょうか?

新築には必ずある瑕疵担保期間ですが、
中古にも多少なりとも存在するかと思っていましたが
無いのが普通なのでしょうか?
(宅建業法上、2年はあるとどこかのサイトで見たような。。。)

それとも、こういう不動産は避けたほうがよろしいのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

>そうするとほとんど瑕疵責任はないものなのでしょうか?

これは契約条件次第です。
特に特約をしなければ、民法の規定で「発見から1年の間」となりますし、特約は売り主・買い主相互の協議で決めることは可能ですから。

売り主が、提示した条件(瑕疵担保無し)でなければ売らない場合もあれば、売値によっては、妥協して1年程度ならつけるという場合もあると思います。
逆につかないならもっと負けろという交渉もありと思います。要は売り主と買い主は対等の立場で交渉し、両者の合意があればいいのです。

但し、中古の場合危険なのは売り逃げしてしまうひともまれにいることです。

マンションの場合、買い手が全所有者の権利を引き継ぎますので、全所有者が支払った修繕積立金の権利を引き継ぎます。逆に未払い分も引き継いでしまいます。
本来は未払いした前所有者に請求すべきですが、権利を引き継いだ現所有者に請求することも許されています。よって管理組合は前・現所有者のどちらにも請求できるようですが、実際問題として身近にいて請求しやすい現所有者に請求することが多いようです。

また、私有部分から生じた損傷はたとえ前所有者の管理に問題があった場合でも、現所有者の責任になるようです。
これは例えば、前所有者が配管を詰まらせるような使用をしていて、それが原因で購入後に水漏れが発生して階下の住民に損害を与えた場合などの損害賠償責任がかかってくるということです。

また、瑕疵担保がある場合でも、転居先を連絡せず雲隠れする人もまれにいるようなので、間に入る業者だけでなく(これも重要)、売り主についても信頼できる人かどうかをチェックすることをお勧めします。

#2です。

>そうするとほとんど瑕疵責任はないものなのでしょうか?

これは契約条件次第です。
特に特約をしなければ、民法の規定で「発見から1年の間」となりますし、特約は売り主・買い主相互の協議で決めることは可能ですから。

売り主が、提示した条件(瑕疵担保無し)でなければ売らない場合もあれば、売値によっては、妥協して1年程度ならつけるという場合もあると思います。
逆につかないならもっと負けろという交渉もありと思います。要は売り主と買い主は対等の立場で交渉し、両者の合意...続きを読む

Q電気工事によるパソコン被害の補償について(2)

 QNo.3198099で質問したものですが、もう一度初めから書きます。
 
 私は工務店の社員で現場管理が仕事で、今日、ある店舗付き住宅の外壁工事を担当していたのです。

 工事中、店舗用外部コンセントを取り外した際に、絶縁処理が不十分だった為に1店舗(介護保険の割り当てや、そのための工事プランを作成、発注、管理する会社、かな?)のブレーカーが落ちてしまったのです。
 
 すぐ復旧して、頭を下げて、終わったと思っていたのですが、3時間ほどして会社に電話がかかってきました。

 「顧客ごとの介護プランを管理するソフトが立ち上がらなくて、エンジニアを呼んだら立ち上がるようにはなったが、肝心の今月のプランデータが出てこない、まだ修復中だが、大きな被害になる可能性がある。」
と言われました。エクセルを使ったソフトらしいです。

 この時点で1回目の質問をしましたが、慌てていたのでソフトウェアの弁償についてのみ質問しました。

ここからが本題です。

このあと、謝罪に行ったのですが、そのとき言われたのは、

 ・データの修復結果はエンジニアからの回答待ち→すぐ修復できない深刻な状況(午前中に来たしいエンジニアが午後にはいなかったが、まだ返事できないと言うことは何か持ち帰ったのだろうか?)

 ・このデータは国に送信するもので、これがなくなると国からの支払いが認められない→従業員の給料が2ヶ月遅れる(なぜ2ヶ月遅れるのかはよく分からなかった)

・ウチの事務所だけでなく関連業者全てに波及する大問題(金銭的に)

・もしものときは事業者保険に入ってるんだろうからそこから払ってくださいね。(ウチは労災しか入っていない。ていうか事業者保険って何だ?)

あと、「データってのは保存してれば消失することはないらしい」と言うと、「保存してなかったから」と言われた。(代表者に)
 ブレーカーが落ちたとき、慌てて「保存してないデータありました?」と聞いたときは「ないです。」と言ってたのに。(従業員が)

 立場的に相手がおかしな事を言ってもあまりつっこめなかったのですが、ちょっと不当な感じもします。

 質問ですが、これはどうしたらいいのですか?
もちろん私のミスで、責任はありますが、室内ブレーカーが落ちただけでそこまでの責任を追及されるものですか?

 多大な請求をされても呑むつもりはありませんが、裁判すると負けるの? ということです。

 QNo.3198099で質問したものですが、もう一度初めから書きます。
 
 私は工務店の社員で現場管理が仕事で、今日、ある店舗付き住宅の外壁工事を担当していたのです。

 工事中、店舗用外部コンセントを取り外した際に、絶縁処理が不十分だった為に1店舗(介護保険の割り当てや、そのための工事プランを作成、発注、管理する会社、かな?)のブレーカーが落ちてしまったのです。
 
 すぐ復旧して、頭を下げて、終わったと思っていたのですが、3時間ほどして会社に電話がかかってきました。

 「顧...続きを読む

Aベストアンサー

少し前に関東で大停電(クレーン船の高電圧線への接触事故)を引き起こした三国屋建設さんの判断を引用しますと、あなたには責任あg無いように思います。今回の事故も三国屋建設同様に故意ではなかったのでしょうから。

また、顧客ごとの介護プランを管理するソフト(エクセル)とのことですが、重要なデータ管理をするのであれば、エクセルなど使っているようでは壊れてもしょうがないと思います。少なくとも強固なデータベースソフトを使うべきかと思います。
また、パソコン本体には大容量の無停電電源装置等を取り付け、停電に備えることが最低限の防衛策であったと思います。

あと、2ヵ月後・・・とのことですが、私が思うに多分レセプト処理(国へ介護行為を行ったことについての金銭の請求)の支払いが2ヶ月後のことだからではないかと想像しています(確証はありません)。

今回の件は、あなたには色々と非が無いような気がしています。
特に三国屋の件ですら賠償責任が無かったことが大きいと思います。

参考URL:http://www.mikuniya-web.co.jp/jiko/jiko_text/keisai/060817.pdf

少し前に関東で大停電(クレーン船の高電圧線への接触事故)を引き起こした三国屋建設さんの判断を引用しますと、あなたには責任あg無いように思います。今回の事故も三国屋建設同様に故意ではなかったのでしょうから。

また、顧客ごとの介護プランを管理するソフト(エクセル)とのことですが、重要なデータ管理をするのであれば、エクセルなど使っているようでは壊れてもしょうがないと思います。少なくとも強固なデータベースソフトを使うべきかと思います。
また、パソコン本体には大容量の無停電電源装...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報