4月から新社会人になり、親の扶養から外れ同時に自分で医療保険にはいることになりました。いろいろ資料を取り寄せてはみたのですが、どうにもよくわからなくて・・・・
両親もあまり得意ではない分野のようで、周りの人に聞いてもわからないので、どなたか教えていただければと思います。

現在、22歳独身です。
病気の既往歴もなく健康なのですが、今のうちに何か入院保障などメインの保険に入ろうと思っています。正直私がいなくなって生活に困る人はいないので、死亡保障などはなくてもかまいません。保険料が障害一律のもの、何年かごとに返ってくるもの、いろいろありますよね?しかし収入にそれほど余裕があるわけではないので、月々の保険料はそんない払えないのが実情です。最低限の保障で良いかな、と考えているのですが、私ぐらい(20代前半)の場合、皆さんどのような保険に入っているのでしょうか?また、保険料の比較をしてくれるサイトなどありましたら、教えていただければと思います。

勉強不足で申し訳ないのですが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どの保険がいいかではなく、どの保障が必要かを先に考えましょう。


あとは、それに合う商品を探していけばいいのです。

病気やけがが心配なら、医療保険。
最低限の保障でいいと思うなら、入院日額5千円でいいでしょう。
加入している健康保険に高額療養費という制度があるので、1ヶ月100万円の医療費がかかっても自己負担分は87430円です。
大部屋は落ち着かないからイヤだとか、将来医療費が上がるかもと考えるなら、1万円にあげることも選択肢です。

あとは保障日数。1回の入院で何日間まで給付されるかです。パンフを見れば、60日、90日、180日などいろいろ。当然長くなるほど、充実している保障、ただし保険料は高くなります。

若いうちは長期入院はあまりありません。
だから60日保障で十分というのはひとつの考え方。
高齢になれば、入院が長期化しがちです。短期入院なら何とかなるけど長期になるとお金が心配というのなら、保険料の安い今のうちに長期入院に対応する保険を契約しておくという考え方もあります。

保障期間は一生涯保障するものから期間を決めて保障するものまでありますが、できれば一生涯保障するものがお勧め。
保障期間が10年など期間を決めているものは、10年ごとに保険料がアップします。年をとって病気が心配になるころ、保険料が高くなって解約ということもあるかもしれませんよね。

何年かごとに戻ってくる保険は、お勧めしません。
戻ってくるお金は保険会社からのプレゼントではなく、契約者が払う保険料に含まれています。その分、保険料は高くなるというわけ。
だったらその分自分で貯金したほうが、いつでも自由に使えていいのでは?

女性向けの保険で、「女性特有の病気には手厚く」となっているのも不要です。病院が女性の病気だけ高い医療費を請求するわけではありません。保障が手厚くなっているのは、その分の保険料を余分に払っているからです。
「○大疾病なら・・・」という保障も同じ。ケガで長期入院するかもしれないし、年をとれば風邪をこじらせて肺炎で長期入院するかも。心配なら、すべての病気・ケガの保障を充実させるべきです。

結論:入院給付金(日額5000円~)と手術給付金のみで生涯保障するシンプルな医療保険を。選ぶポイントは、給付日数で。
同じ条件の保険でまよったら、保険料で判断してもOK。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

給付日数に関しては考えていませんでした。
ありがとうございます。

>同じ条件の保険で迷ったら、保険料で判断してもOK
とのことでしたが、保険会社の大きさとか安定性はあまり関係ないということでしょうか・・・?
確かに今の時代、どこでもあまり大差ないように思われますが。

お礼日時:2009/05/28 18:50

やっぱり複数の所へ相談したほうがよいと思います。


こんなサイトもあります。(参考)

参考URL:http://xn--68jx26gqfdz46bc6b2x8bg6s.net
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに、一社だけだと不安ですよね。
両親にも相談して、検討したいと思います。

お礼日時:2009/05/24 22:31

保険には大きくわけて「生命保険」「入院保険」があります。

過去に病歴がないということと、22歳という年齢から、どんな保険にでも自由に入れます。「入院保険」は、一般的に病気や事故で入院が必要になったとき、1日○円という形でお金がもらえます。その場合のポイントは、(1)まず入院費用としていくらくらいあれば、安心できるか。(2)保険の料金の希望金額が上限いくらか。(3)あとがん保険というものあり、がんで入院したときに日額として支給されるもの。これは血縁にあまりにがんに罹った人が多い場合は考えてもいいです。(4)「入院保険」の会社はいくつもあり、その会社の中でもさまざまな種類がありますので、ネットで資料をたくさん取り寄せ、面倒くさがらず、入院支給金額と月々の保険金額を比べて計算してください。死亡時にもお金が出る保険もあります。諸条件をしっかり読んで決めてください。絶対セールスマン(ウーマン)のいいなりに入ってはいけません。ただ、おおむねの保険会社を決めることができたら、そこへ連絡すれば営業の人が飛んで(実際には各種交通機関を使って)きます。で、こちらの条件を簡単に説明して、その条件に合うプランをできるだけたくさん注文をつけて出してもらいましょう。嫌な顔したら、その場で帰ってもらいましょう。まず間違いなく、後日、そのプランも持ってその人が嬉しそうにやってきます。
次に「生命保険」ですが、こちらの方が古くからあった、いわゆる保険というやつです。最近は「入院保険」がメディアに登場することが多く、ちょっと地味な感じになっているように見えますが、私は生命保険派です。最初に入ったのが、明治生命(明治安田生命)の保険で死亡時3000万、入院時一日5000円というものでした。怖いことを言って申し訳ないのですが、私には若い時から自殺願望がありましたので、自分が死んだときに親に金を残してやりたいという理由で入りました。16歳でした(深くは聞かないでください。もう働いていました)。次に入ったのが私が22歳の時、つまり結婚した時です。住友生命です。途中、死亡時や入院時の料金を増やしましたが、いまも(48歳です)その保険のままです。安い入院保険にも入りたい気持ちはあるのですが、途中で病気をしたので思うようなものに入れませんが。私の生命保険は死亡時5000万(事故の場合7000万)、入院費一日7000円です。これでも私は満足しているわけではありません。死亡時はもう少し欲しいのと、入院時はせめて10000円は欲しいです。
で、あなたはいま22歳ですが、未婚なので、安めで条件のいい「入院保険」に入っておけばいいと思います。入院費10000円をめどにされたらいいと思います。死亡保障も加算金が高くなければつけてもいいですね。それから将来ご結婚された時に「生命保険」に加入されたらどうでしょう。そのときこれまでかけていた「入院保険」をどうするかは、どちらが得かということと、あなたの経済状態によります。基本的に「生命保険」には入院時の保険もついていますので、そちらでまかなえると思われれば、これまでの入院保険を解約されるといいでしょう。
最後に、家族のいる場合、死亡時にお金を残す必要が多くなると思いますが、この死亡保障が高いのです。「生命保険」の弱点というか長所というか。ですから死亡と入院などをお考えなら、普通、「生命保険」ということになるのですが、支払い金額が高くなるのは否めません。でも私の場合はどうしても死亡保障が欲しいので、「生命保険」ということになってしまいます。もし経済的に許すのであれば、よぉ~く計算されて、「生命保険(死亡時メイン)+入院保険(入院時メイン)」も有りですね。もうこれは好みと月額、そして諸条件とのにらめっこです。一家の主人ともなれば死んだら金を残さねばならず、病気をしても家計に負担をかけたくない。そんな感じです。
それと言い忘れましたが、とくに「生命保険」の場合、加入時の年齢によって毎月の保険料が全然変わってきます。一般的に言って若いほど安いんです。それも頭に入れてお考えください。またですね、「入院保険」のテレビなどでバンバン宣伝している会社が私は将来的にちょっと心配です。これは私の杞憂でしょうか?保険好きの男。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変詳しく説明していただいて、とても勉強になりました。

やっぱり、入院保険で考えてみようと思います。入院するとなると、どれぐらいお金が必要なのか、それさえもよくわからなかったので、日額1万を基準として検討します。

めんどくさがらず、ちゃんと資料を集めてみようとおもいます!ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:28

老婆心ながら



医療保険、今では本当にたくさんありますよね。私も加入の際には色々な会社の資料を取り寄せて悩みました。

最終的には住友生命に決めました。
やはり資料だけではよく理解ができません。
なので会社に出入りしていたセールスレディーに声をかけて
色々と相談して決めました。
やはり、自分の希望(特約や無事故ボーナスや毎月の保険料)を言って、次に会う時にはそれに見合った良いカンジのプランをいくつか揃えてくれるのが助かりました。
自分の希望に合ったものを探すのは大変だったので、セールスレディー登場で一気に楽になりました。
ネットでの比較も画期的だとは思いますが、細かな疑問や質問に答えてくれませんし・・・
私はセールスレディーに「この保険は少し良いな…と思った」と
集めた他社の資料を見せた時に
「これ確かに良いですよね。でも毎年保険料上がるタイプですよ」とか、一長一短部分を色々と教えてもらえた時に、セールスレディーのありがたみを感じました。

ネットや資料も良いけれど、セールスレディーも良いですよ。

ただしセールスレディーの人柄にもよると思いますので、ご家族やご友人などがお世話になっている方を紹介してもらうのがベターです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
セールスレディーですか!確かに資料見ただけじゃ全然わからないんです。

両親とか、少し年上の方に聞いてみたいと思います!ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング