遺族年金は65歳以上の方(母)が亡くなった場合、子には支給されないのでしょうか?
父も20年前に他界し、子供は全て成人しており母は国民年金に加入しておりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 遺族年金の受給の仕組み



http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikum …

 成人していれば無理ですね。成人しているということは自分で年金を納めて行かなければいかない立場です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
65歳で1度も国民年金をもらっていない状態での死亡なのですが、
何も恩恵を受けれないということになるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/23 01:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺族年金と老齢年金

今年65才(女)の年金について教えてください
知人の夫が半年前に亡くなり遺族年金(年額150万円位)を受給しています
彼女は国民年金に400カ月程加入(他はなし)していていてそちらは満額支給されると思いますが
そうすると遺族年金は減額支給されるのでしょうか
いろいろ検索し調べましたがよくわかりません
今の遺族年金支給額と誕生日以降の老齢年金+遺族年金支給額に大差がでるでしょうか?

Aベストアンサー

情報が不足しておりますので、こちらの勝手な条件設定で回答を書きますが、その前に・・・

> 今年65才(女)の年金
昭和20年の生まれと言う事は推測できますが、4月1日以前か、4月2日以降なのかで、「経過的寡婦加算」と言う加算額が異なります。

> 知人の夫が半年前に亡くなり遺族年金(年額150万円位)を
> 受給しています
公的年金からの遺族給付には「遺族基礎年金」(国民年金)・「遺族厚生年金」(厚生年金)・「遺族共済年金」(公務員等の共済)がありますが、どの制度から幾ら貰っているのかが不明です[尤も、遺族基礎年金ではない事は確かですね]。
また、「遺族厚生年金」だと考えた場合、「中高齢の加算」594,200が含まれているのかどうかで、答えは同じであっても金額が違ってきます。
更に、「中高齢の加算」を受けていた者が65歳に達する場合、「経過的寡婦加算」を考えなければなりません。
【社会保険庁HPより抜粋】
◆ 中高齢の加算について
次のいずれかに該当する妻が受ける遺族厚生年金には、40歳から65歳になるまでの間、594,200円(年額)が加算されます。これを、中高齢の加算額といいます。
○ 夫が亡くなったとき、40歳以上65歳未満で、生計を同じくしている子がいない妻
○遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子のある妻(40歳に達した当時、子がいるため遺族基礎年金を受けていた妻に限る。)が、子が18歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は20歳に達した)ため、遺族基礎年金を受給できなくなったとき。
◆ 経過的寡婦加算について
次のいずれかに該当する場合に遺族厚生年金に加算されます。
○ 中高齢の加算がされていた昭和31年4月1日以前生まれの遺族厚生年金の受給権者である昭和31年4月1日以前生まれの妻が65歳に達したとき
 
> 彼女は国民年金に400カ月程加入(他はなし)していていて
> そちらは満額支給
『そちら』とは老齢基礎年金の事と解しますが、昭和20年4月1日以前生まれだとして、この方の加入可能年数(注)は40年(480月)なので、年金加入歴が「国民年金400月」のみと言うのが本当ならば、老齢基礎年金は減額支給となります。
  平成21年度の満額798,100円×400月÷480月
  ≒66万5千円
(注)国民年金の被保険者となっていられる期間のこと。
 国民年金の保険料徴収が施行されたのが昭和36年4月1日なので、その日前に20歳になる者は、60歳到達までの間に加入できる期間が40年に達しないので、加入可能年数は40年より短く設定されている。

さて、本題
・女性は昭和20年4月2日生まれ
・国民年金に400月加入で、他に加入実績や免除期間は無い。
 ⇒80ヶ月間の保険料未納と言う事。
・現在受給しているのは遺族厚生年金。
 「中高齢の加算」あり
このような条件で考えると、次の事が判る。
 1 現在受取っている約150万円の遺族厚生年金は
  ・本来の年金額 90万円
  ・中高齢の加算 59万4200円
  このような内容となる。
 2 65歳に達すると、中高齢の加算59万4200円は支給終了。
 3 65歳に達すると
   ・「経過的寡婦加算」が21万8千円 支給開始。
   ・老齢基礎年金が約66万5千円 支給開始。
 4 今回の場合、65歳以降の受給パターンは「本人の老齢基礎年金」+「遺族厚生年金」のみ。
以上の事から、65歳以降の推定年金額は178万3千円
 ・本来の遺族厚生年金 約90万円
 ・中高齢寡婦加算    21万8千円
 ・本人の老齢基礎年金 約66万5千円

当たり前の事ですが、一番確実なのは、本人が年金事務所(旧 社会保険事務所)に出向き、年金相談を受ける事です[お友達同行でも構いません]。

情報が不足しておりますので、こちらの勝手な条件設定で回答を書きますが、その前に・・・

> 今年65才(女)の年金
昭和20年の生まれと言う事は推測できますが、4月1日以前か、4月2日以降なのかで、「経過的寡婦加算」と言う加算額が異なります。

> 知人の夫が半年前に亡くなり遺族年金(年額150万円位)を
> 受給しています
公的年金からの遺族給付には「遺族基礎年金」(国民年金)・「遺族厚生年金」(厚生年金)・「遺族共済年金」(公務員等の共済)がありますが、どの制度から幾ら貰っている...続きを読む

Q亡くなった母の遺骨を四十九日まで置くことについて

先日母が亡くなり、葬儀を済ませました。母は一人暮らしをしていてアパート住まいでした。母の遺言で四十九日までは自分の部屋に遺骨を置いてほしいということでしたが、二人の子どもは仕事があり、少し離れたところに住んでいるので夜は母のアパートに行ってお線香をあげたりお花の水をかえたりしていますが、日中は母がひとりでアパートで居るようでかわいそうでなりません。そこでいま考えているのが土日は母のアパートで過ごして線香をたむけ、平日は娘の家に遺骨を持ってきて供養しようと思うのですが、遺骨をそのように移動してよいものなのかどうか、わかりませんので、アドバイスをいただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

全ては質問者さんのお気持ちしだいだと思いますが、仮に遺骨はアパートに在っても、
お母様は質問者様達といつも一緒にいらっしゃると思います。
寂しい思いはされていないと思います。

お元気な頃の写真などを写真立てに入れ、ご自宅の居間に飾られたら、どうでしょうか、
写真の笑顔を見てると、少しは気がまぎれるかも知れません。

Q遺族年金と自分の60歳からの厚生年金保険の受給について

現在59歳(昭和25年2月生まれ)で遺族年金を受給しています。
自分の「年金見込み額のお知らせ」に
60歳から自分の厚生年金の特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の年間支給額が記載されていました。
これを遺族年金(寡婦加算含む)と併せて受給することはできますか?
62歳からは報酬比例部分+定額部分になっていますが、この時点ではどうなりますか?
また65歳から老齢厚生年金+老齢基礎年金が支給されますが、ここではどうなりますか?
社会保険事務所の年金相談では2つの年金は支給されないと言われたのですが、周囲やこのコーナーの質問でも支給されると思われるのでお尋ねします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

65歳までは「一人一年金の原則」により、
老齢厚生年金か、遺族年金のどちらかのみしか受給できません。
(通常は金額が高いほうを選ぶことになります)
62歳になって遺族年金よりも自分の老齢厚生年金が金額が高ければ、
そこで老齢厚生年金の方を選んで切り替える「選択届」を出すことに
なります。
 65歳になると、自身の老齢基礎年金+老齢厚生年金+
遺族厚生年金から老齢厚生年金の支給額を引いた差額があれば、
その差額を受けることになります。
 したがって、2つの年金が受給できるのは65歳以後になります。

Q亡くなった父の関係のお中元...

昨年末に父を亡くしたのですが、その父がお付き合いしていた関係の方々へのお中元について、どうしたものかと考えております。 母は今、鬱状態になっており、そういった事を考えられないと言いますので、我々娘で何とかしなければ...と思うのですが。
今後もお世話になりそうだと確実にわかる方はいいのですが、これを機会に品物のやりとりはもうお終いにしてもいいかな?と思われる方の方が断然多いのです。 そういう場合、こちらから葉書かなんかで、その旨を先にお伝えした方が良いのでしょうか? その文面もどうしたものか?
恥ずかしながら、なんせ常識がないので、失礼な事をしてしまいそうで困っています><
どなたか教えていただけませんでしょうか...

Aベストアンサー

>恥ずかしながら、なんせ常識がないので、失礼な事をしてしまいそうで困っています><
気遣ってどうするべきか悩んでいるとい言うことは、常識があるということですよ。

さて、お中元ですが、送り主であったお父様が亡くなられたのですから、お母様と関わりのない方については、止めてしまって構わないと思いますよ。
(11月頃になると、年賀状欠礼を出されるでしょうから、お父様のご逝去をご存知ない方もそれで判ると思います)
ただ、お母様とも関わりのある方は続けられ方が良いと思います。その場合は大黒柱を失われたのですから、無理のないよう、お父様の生前より減額されて構いません。

Q遺族年金と厚生年金の両方はもらえますか?

義父が事故でなくなり、現在無職の義母(64歳)が遺族年金をもらうこととなりました。義母は長く会社勤めをしていましたが60歳で退職し、義父は国民年金に加入していました。子供は共に成人しており、義母だけが遺族年金の受給対象者です。

ここで質問なのですが、義母が65歳になった場合、遺族年金と義母の厚生年金の両方を受け取ることはできるのでしょうか?またその場合で支給額が変更になるといったことはあるのでしょうか?

逆のケース(父が厚生年金、母が国民年金)の場合は載っていたのですが、それがそのまま該当するのかわかりません。
教えていただけますか。

Aベストアンサー

No.1です。
労災保険の遺族補償年金とも併給されますが、
社会保険の年金が全額支給され、労災保険の年金が一定の率で減額します。
一定の率は、質問者(義母)さまの場合、遺族補償年金が80%~88%に減額されます。
80%~88%の幅は、厚生年金保険単独・国民年金単独・厚生年金保険と国民年金両方とで変わって来ます。

Q亡くなった母の供養について

数年前に母を病で亡くしました。
家庭事情が複雑で、どこの宗派で葬儀をすればいいか、ということで、ひと悶着ありましたが、母方の実家の曹洞宗で弔うことにしました。
葬儀はつつがなく終わりましたが、しばらくたって、親戚からこんな事を言われました。

「亡くなった人の魂は、供養すればするほど、天国で位(?)が上がって幸せになれるんだよ」

…供養すればするほど、って、要はお布施等を僧侶や寺に払うことになりますよね?
その時は「地獄の沙汰もカネ次第」かよ、と、ものすごく気分が悪くなりました。

そういうと、祈ったり念仏を上げるのに金は掛からない、と反論されましたが、カネは掛からなくても時間は掛かるし、お経も本を「買わない」とわかるわけありません。(読み方を教わるのにもお金は掛かるでしょうし)

もともと、宗教に対して批判的ではありましたが、この件で、一気に不信感を煽られました。
仮に天国なり地獄なりがあったとしても、そこでどう扱われるか、など、亡くなった本人の生前の行いが問題であって、なんで親子とはいえ他人の所業で扱いが変わるのか、理解に苦しみます。

宗教とはいえ「慈善事業」では無いのでしょうから、おカネを集めるのに色々算段しなくてはいけないことは理解しますが、前述の母の件はあまりに酷すぎます。
本当に日本の宗教の実態は、ここまでアコギなのでしょうか。

数年前に母を病で亡くしました。
家庭事情が複雑で、どこの宗派で葬儀をすればいいか、ということで、ひと悶着ありましたが、母方の実家の曹洞宗で弔うことにしました。
葬儀はつつがなく終わりましたが、しばらくたって、親戚からこんな事を言われました。

「亡くなった人の魂は、供養すればするほど、天国で位(?)が上がって幸せになれるんだよ」

…供養すればするほど、って、要はお布施等を僧侶や寺に払うことになりますよね?
その時は「地獄の沙汰もカネ次第」かよ、と、ものすごく気分が悪くなり...続きを読む

Aベストアンサー

私は父を小学生の頃亡くしました、
人生で初めての「死」と言うものでした。
母の悲しみに比べれば子供の私はのん気な者でしたが、
ある意味人の死と言うものに対しては冷静な自分がいます。

他の方の質問にも書いたのですが、
私は父の仏壇に向かって手は合わせてはいません。
父の仏壇の前で父の事を出して母と笑い、
私なりに母を大切に思っていれば父も満足なんじゃ…と勝手に解釈しています。
付き合いの浅い天邪鬼な娘でしたから実父なら分かってくれるでしょう。
さすがに田舎に帰り墓の前では手を合わせますが、
フラフラ出歩くのが好きだった父の事ですから一箇所に止まる事はないと思われます。(笑)

私も「金次第」と言うのが好きではありません、
大金を出せば立派な戒名がもらえるなど弱みに付け込んでいるとしか思えません。
昨年は父の33回忌でした。
初めの頃は父の兄弟がまだ元気と言う事もあり普通に行いましたが、
母と私だけで田舎に帰り墓参りをしただけです。
お坊さんを呼べばいいんでしょうが、
知りもしない人からお経を上げてもらったって嬉しくはないだろうし、
母と私が顔を出す以上に父にとって嬉しい事はないと思います。

よく言いますよね、
墓を建てないとバチが当たるとか供養しないと成仏しないとか。
邪険にせず親を大切にし自分なりに出来る事をしていれば
実の親がバチなんて当てる訳ないって思っています。
お金を出さないからって
実の子を地獄にたたき落とす親がいるのなら見てみたいものですよ。

今年老いた母1人になりましたが、
母を大切にし心配をかけない様にするのが
思いを一杯残して死んでいった父に対する一番の供養かな?と思っています。
周りから見ると親不孝な子供でしょうけど…。
これで父が満足しているのかどうかは聞けないので分かりませんが…。

>「法事を営まないのは先祖を軽んじているからだ」
そう言う人間にはそう思わせておけばいいんですよ、
法事に呼ばれて飲んで食って騒いだりしたい人もいるでしょうし。
供養の行い方など人それぞれだと思います。

私は父を小学生の頃亡くしました、
人生で初めての「死」と言うものでした。
母の悲しみに比べれば子供の私はのん気な者でしたが、
ある意味人の死と言うものに対しては冷静な自分がいます。

他の方の質問にも書いたのですが、
私は父の仏壇に向かって手は合わせてはいません。
父の仏壇の前で父の事を出して母と笑い、
私なりに母を大切に思っていれば父も満足なんじゃ…と勝手に解釈しています。
付き合いの浅い天邪鬼な娘でしたから実父なら分かってくれるでしょう。
さすがに田舎に帰り墓の前では手...続きを読む

Q遺族年金の計算

はじめまして。
遺族年金の計算できるサイトや相談室などをご存知の方が
いらっしゃったら教えていただけませんか?

結婚をして生命保険の死亡保障金額を計算しようとしているのですが、
どうも遺族年金の支給額がよく分かりません。
29歳の会社員で子供はまだいませんが、2~3年のうちに欲しいと
考えています。妻も同じ29歳で今は専業主婦です。

すみませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.fps-net.com/fp/fp_nen/fp_nen00.html

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/nenkin/izoku.htm

相談は、お近くの社会保険事務所や市の国民年金の窓口で相談できます。

参考URL:http://www.gostarnet.jp/izknen.htm

Q亡くなった方に母の日のお花を贈りたい

母親のように慕っていた方が昨年他界しました。
しかし毎年母の日にお花を贈っていたので今年も仏前に供えるために送りたいのです。
ただ、その方のお家は遠方のため配送していただくしかありません。
このような場合、あて先はどなたの名前にすべきでしょうか?
送り先にはその方のご主人や娘さんがいらっしゃいます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご主人と娘さんの連名を宛名にされたら如何でしょうか。
一筆、お手紙を添えられれば、より心がこもると思います。
私も昨年母を無くし、後でそれを知った方からお花を贈られたことがありました。
とてもうれしくありがたく感謝しています。

Q再申請で、遺族年金が減額されました。

母の遺族年金についてつたない文章で申し訳ありませんがぜひ教えてください。父が61歳で亡くなり、遺族年金の手続きをして現在母が受給して5年になります。昨年8月に父が独身時代(18歳から1年間)に働いていた時期があったことを母から聞き、社会保険事務所で再申請を行いました。その時の担当の方のお話では「数百・数千円の世界だと思うが年金額が増える、今までの分をさかのぼって数ヶ月後に未払い分をお振込みする」ということでした。昨年の12月に通帳を確認したところ、通常の振込金額198000円が89000円しか振り込まれておらず、社会保険事務所に確認したところ「8月の再申請で支給金額が198000円から187000円に減額。再申請した18歳~の1年は若いこともあり給料も安かったので結果的に保険額が安くなってしまった。今まで支給していた過払い分を今後の支給金額から(3回分)差し引かれる」との話でした。
 書面などの通知も一切なく、勝手に支給額を減額・過払い分と称して年金から差し引く社会保険庁の姿勢に怒りさえ感じます。どうして年金を払っている期間が長くなったのに年金金額が減額されるのか納得できません。担当の方には私が無知識なためたちうちできず、納得できるような説明を教えて頂けるとたすかります。
 

母の遺族年金についてつたない文章で申し訳ありませんがぜひ教えてください。父が61歳で亡くなり、遺族年金の手続きをして現在母が受給して5年になります。昨年8月に父が独身時代(18歳から1年間)に働いていた時期があったことを母から聞き、社会保険事務所で再申請を行いました。その時の担当の方のお話では「数百・数千円の世界だと思うが年金額が増える、今までの分をさかのぼって数ヶ月後に未払い分をお振込みする」ということでした。昨年の12月に通帳を確認したところ、通常の振込金額198000円が89000円し...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。最近そういう事例がいくつか生じているようです。老齢厚生年金や遺族厚生年金の計算方法はややこしいし例外規定が多いので、そうなる原因は複数あるみたいです。関連する新聞報道のサイトを貼りますので、お心当たりがあれば文中のキーワードで調べられてはいかがでしょうか。あるいは遺族厚生年金の「みなし300」に関連するかもしれません。それにしても黙って減額するなんてひどいですね。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080109-00000056-san-soci

Q実家の母が末期ガンで、葬儀について言ってきました。 父は既に亡くなっており、父方が天理教(父も信仰は

実家の母が末期ガンで、葬儀について言ってきました。 父は既に亡くなっており、父方が天理教(父も信仰は薄く葬儀だけ天理教でした感じでした)で、葬儀は天理教で行いましたが、母は(実家は仏教)天理教が嫌だし、葬儀も仏教でしたいし、天理教の墓(父が購入して父が眠ってる場所)には入りたくないと行ってきました。実は父が生前はあまり仲良くなかったです。
お墓のある場所も私は県外で実家からもかなり遠いので、実家に帰った際もなかなかお墓参りには行けていないのが実情でありますが、お墓は父の兄(私から見て叔父)が見てくれている感じです。 父が亡くなって(18年前)からは、父方の親戚とは、縁遠くなっているのですが、父が生前は叔父にはお世話になってるので、母がお墓に入らないとかは言えない感じなのですが、本人がそういう風に言ってきたので、どうしたらいいものかと思っております。
私は、正直信仰心が全くないので、母が言うなら、それでもいいかなと思うのですが、お墓が別とか、夫婦別の葬儀とかそういう簡単に考えていいものなのかと、分からないので、教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

実家の母が末期ガンで、葬儀について言ってきました。 父は既に亡くなっており、父方が天理教(父も信仰は薄く葬儀だけ天理教でした感じでした)で、葬儀は天理教で行いましたが、母は(実家は仏教)天理教が嫌だし、葬儀も仏教でしたいし、天理教の墓(父が購入して父が眠ってる場所)には入りたくないと行ってきました。実は父が生前はあまり仲良くなかったです。
お墓のある場所も私は県外で実家からもかなり遠いので、実家に帰った際もなかなかお墓参りには行けていないのが実情でありますが、お墓は父の兄(...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんに「遺言」を書いてもらいましょう。正式なものではなくていいので。

そこに、「自分の葬儀について」「お墓について」を正直に書いてもらいましょう。

叔父には、母親が亡くなってから見せてください。母親も「どうせ死んだ後に見られる」のならば「書きにくい」事はないでしょう。また、あなたも「故人の最後の意思なので」と話を通しやすいかと。

あと、墓は「樹木墓」や「合祀墓」などが最近はあります。実家の墓でなくてもいいのでは?


人気Q&Aランキング