現在、戸建ての新築を考え中の者です。
 レンガは半永久的にメンテナンスフリーということで建築後の維持費を考えて外壁にレンガを使用する会社に依頼しようと考えていますが、「木造住宅にはレンガが重いので徐々に家が歪んでくる」という話を聞きました。そうなのでしょうか?ほかに外壁をレンガにした場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
 この会社では乾式工法、積み上げてビス止めしています。
 専門の方、また実際レンガの家にお住まいの方、ご回答よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

nabitumaさん、早速のご回答ありがとうございます。


私、質問者のmorry2009ですが、パソコンの調子が悪く、IDも変更したため、すっかり返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
この会社で使用するレンガは、おっしゃるとおり普通のレンガとは違うようで、材料が土ではなく天然石のようです。レンガと同様の性質を持ち施工金額もサイディングに比べ高いのですが、耐火性、メンテナンスフリー、そして何よりもレンガの風合いが気に入ったのでこの会社で施工しようと思います!
どうもありがとうございました。
    • good
    • 1

ほんもののレンガではないのですね。


ほんもののレンガならデメリットは重量、施工金額というのがありますが、外壁ようの模擬レンガならその製品の施工例も多いようならば他の窯業系のサイディングと変わりないので問題ないと思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハンドメイドの暖炉画像を探しています

現在、独りで山小屋を建築中です。
出来上がったら石又はレンガで大型の暖炉を造る予定です。
石又はレンガで出来たハンドメイドの暖炉画像を探しています。
海外、国内といません、是非参考にしたいと思っています。

Aベストアンサー

下記ではどうですか
http://images.google.co.jp/images?q=%92g%98F&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5

参考URL:http://images.google.co.jp/images?q=%92g%98F&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5

Q木造軸組工法での住宅新築時の外壁防音について

木造軸組工法での戸建住宅新築を予定しています。

1Fリビングをホームシアターとしても使用するつもり(別室への変更は考えていません)なのですが、隣戸への防音対策として、二重サッシ化と次の順番による外壁構造を考えています。

屋外
窒業サイディング16mm
合板
ロックウール40K 90mm
石膏ボード15mm
遮音シート
合板
壁紙
屋内

ボード、シート等の順番などで、「こうした方が防音効果が高い」といったことがあればお教えいただけないでしょうか。
また、コストをあまりかけずに効果を高める方法があれば、それもお教え願えないでしょうか。

なお、コスト重視の防音を考えており、浮き室構造など本格的な防音は考えていません。「防音するなら完璧にしないと効果がない」という話も聞いていますが今回はその方向ではなく、「コストありきで少しでも音漏れを防ぐには」という視点でのアドバイスをいただければ助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 屋内の壁紙と合板の間にPBを2重で貼ってはいかがでしょうか。少しは違うと思います。部屋がその厚み分ほんの少し狭くなってしまいますけど。あとは窓にシャッターでしょう。

 隣の家に漏れる部分は風などもありますの離れていればそれほどシビアでも無いとは思います。まあ、音量によるでしょうけど。

Q赤レンガにツタが絡まっているところが見れる場所

(できれば古い)雰囲気のある赤レンガにツタが絡まった壁を写真に撮りたいと思います。
関西で撮影可能な場所をご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
もしその赤レンガの壁の写真の画像が見れるURLがありましたら記載してくださると嬉しく思います。

Aベストアンサー

神戸のにしむら珈琲北野坂店はどうでしょう?

http://r.tabelog.com/hyogo/rstdtl/28000175/

Q高性能在来木造工法(MEP工法)について

新築計画中で会社を選んでいるところなのですが、

ブライトホームの高性能在来木造工法(MEP工法)の評価というのはどのようなものなんでしょう?

メーカのHP以外に書かれているHPが見つけられなかったので、一般的な意見が知りたいです。

http://www.brighthome.co.jp/~syohin/koho/default.htm

Aベストアンサー

平たく言えば金物工法の木造軸組みに、パネル工法でパネルに断熱材があるというものですね。
このような工法は色んなところから出しているので特に目新しいものではありません。

まあ全体としては性能が出しやすくよいやり方だと思いますよ。

それよりは施工実績が重要なのですが、見たところ平均でC値も1.0をきっているようですからまあまあでしょう。
断熱性能も寒冷地(北海道など)でなければ十分かと思います。

QGIMPで、読み込んだ画像に、ある画像の柄で塗りたい

御世話になります。

GIMP for Windows  v2.8.18 このソフトで、次のようなことをやりたいのですが、
手順がわかりません。


① 黒線にて書かれている正立方体(サイコロみたいな形)絵(JPEG)を
  GIMPで読み込む。
  白地に、黒線で、正立方体が書かれている状況となります。

② GIMPに、読み込んだ、正立方体が表示される。

③ 正立方体は、3面の面が見れる状況(右側面、左側面、上面) 背景は、白色。

④ レンガ模様の画像(JPEG)を、GIMPに読み込む。

⑤ 木目模様の画像(JPEG)を、GIMPに読み込む。

⑥ 縞模様の画像(JPEG)を、GIMPに読み込む。

  ※ これらの模様は、個人で準備した画像となります。

⑦ 正立方体の右側面には、レンガ模様で、塗ります。

⑧ 正立方体の左側面には、木目模様で、塗ります。

⑨ 正立方体の右側面には、縞模様で、塗ります。

⑩ 最後に背景を、薄水色で、塗ります。



このようなことをやりたいのですが、わかりません。
宜しく、お願いします。

御世話になります。

GIMP for Windows  v2.8.18 このソフトで、次のようなことをやりたいのですが、
手順がわかりません。


① 黒線にて書かれている正立方体(サイコロみたいな形)絵(JPEG)を
  GIMPで読み込む。
  白地に、黒線で、正立方体が書かれている状況となります。

② GIMPに、読み込んだ、正立方体が表示される。

③ 正立方体は、3面の面が見れる状況(右側面、左側面、上面) 背景は、白色。

④ レンガ模様の画像(JPEG)を、GIMPに読み込む。

⑤ 木目模様の画像(JP...続きを読む

Aベストアンサー

やろうとしていることはこれですね。画像処理というよりお絵かきに近いと思います。GIMPでも可能と思いますが分からないならもっと簡単なソフトをお勧めします。
https://medibangpaint.com/

サイコロみたいな形に仮の色を塗っておき別レイヤーにそれぞれの模様を貼り付けて先ほど塗ったレイヤーにクリッピングすると添付のようになります

Q木造(在来工法)で考え中

色々と回りましたが、結局木造が一番いいと思って再検討始めました。
大手で行くと住友林業かな?と思うのですが、値段が高いし(値段の
割りに国産材じゃない)ので他も色々見てみようと思っています。

三重県に住んでいますが、他にお勧めメーカーあれば教えて下さい。
2X4、鉄骨系は考えていません。

お勧めする理由があれば、理由もお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして

専門家でもないのに、上から目線みたいになってしまうのですが、
お許しください。
私個人の意見ですが、
木造って仰っておられるわりに、住○・・・
っで値段の割りに国産じゃないし・・・
一方で2×4もダメ・・・
みたいな言葉が出てくるということは・・・
正直、工務店はお勧めできません。
なぜか?
工務店は玉石混合の世界です。
良い所は予想を超えいいですが、悪い所は予想を超えて悪いです。
これを見極められますか?
質問者さんは、家に対してこだわるがありますよね。
つまり、期待が大きいですよね。
ともすれば、工務店でも上質グループでなければダメ・・・
裏返せば期待はずれ、大失敗を引くリスクが高い。
今の状態では、私個人としては質問者さんが既にお調べになった大手メーカーをお勧めします。

それでも、なお工務店も・・・ならば、
もう一度、2×や鉄骨も視野に入れ調べられるのがいいと思います。
(心の中で木造と決めているにしても・・・)

ちなみに、三重県の南では、比較的安くて良いヒノキが手に入りますし、引っ張りだこの良い造作屋さんもいらっしゃいます。
拙宅の2F床材は、三重のヒノキです。

がんばってください。

はじめまして

専門家でもないのに、上から目線みたいになってしまうのですが、
お許しください。
私個人の意見ですが、
木造って仰っておられるわりに、住○・・・
っで値段の割りに国産じゃないし・・・
一方で2×4もダメ・・・
みたいな言葉が出てくるということは・・・
正直、工務店はお勧めできません。
なぜか?
工務店は玉石混合の世界です。
良い所は予想を超えいいですが、悪い所は予想を超えて悪いです。
これを見極められますか?
質問者さんは、家に対してこだわるがありますよね。
つ...続きを読む

Qレンガ積みとレンガブリック 違いについて

レンガの門柱、花壇、袖壁等、「レンガ積み」と「コンクリートブロック+レンガブリック貼り」とでは
どう違うのでしょうか?見た目には共にレンガ造りに見えます。
業者さんからはレンガ積みしか提案されませんでしたが、もし安いなら後者のほうが
よかったです。ブリックを貼るほうがコスト的にも安いでしょうか。
もし安いなら何故そちらを提案してくれなかったのでしょうか。
予算オーバーでレンガをあきらめた部分もあります。

Aベストアンサー

レンガブリックはレンガの薄いものを貼りつけるという工法だと思います。
まずはブロックを積みそれからブリックを貼りつけて目地を埋め仕上げるという工程です。
たかさがひくい、曲面を利用する等の設計であれば工程の少ないレンガ積の方が安いと思います。
高さが高いものだと組積工法のレンガ積は向いていないので鉄筋を入れたブリック貼りの工法になると思います。
コストが掛けられないならばコンクリートブロックのままで工事を終了して後はDIYでブリックを貼っても楽しかったかもしれませんね。

Qまだらレンガの積み上げ方?

時々、三つくらいの色のレンガが、ランダムに積み重なった壁があります。(床でもよいのですが)
このレンガの模様は、どのように決定されているのでしょうか?
「適当」にくんでいるだけでしょうか?

Aベストアンサー

列や段によって配合率を適当に決めて、適当に組んでいきます。

Qレンガの敷き方

レンガの敷き方
知り合いからレンガを貰ったのですが、
庭に敷く方法で質問します。
今までで、レンガを敷いているところを
3軒みましたが、2通りの方法がありました。
1)単に庭の土をレンガ分位、掘ってレンガを
 敷き詰めている(2軒)
2)土を掘るところまでは、同じですが、
 レンガを敷く際に、レンガ用の接着剤(モルタル?)を
 塗りながら、敷いていました。

掘って敷くだけで良いのでしょうか?
レンガ用の接着剤を使った方がいいのでしょうか?
その場合、レンガ用の接着剤は何と言う名称で探せば
あるでしょうか?
(ホームセンターで聞いて見たのですが、結局分かりませんでした)

Aベストアンサー

 DIYでアプローチを作ったレンガワーク経験者です。
 他の回答者さんが言われている通り、ホームセンターの書籍コーナーで本を立ち読みするのが一番わかりやすいです。下地にモルタル(砂とセメント)を使うかどうかは地盤や目的次第だと思います。地盤が柔らかいとレンガが沈んでしまいますし、レンガの上に車を駐めるのならコンクリート(砂とセメントとジャリ)+ワイヤーメッシュで下地を作る必要があります。
 レンガを敷き終えたら隙間を埋めるのに珪砂(ケイシャ)という砂を使います。珪砂をレンガの上にまき、ほうきで掃いて隙間に砂を入れるとレンガが動かなくなります。
 ちなみにレンガをもらったと言うことですが何個あるのでしょうか?うちでは2m×5mで1パレット(約800個)使いましたけど...

Q耐震工法 制振工法、免震工法どれが一番?

家が頑丈ならそもそもゆれないものでしょうか?
制振装置などいらない、と(1)の営業マンに言われました。
基礎が持つのか?疑問なのですが、どの工法がいいのでしょうか?

(1)住林のBF工法やセキスイハイムは堅いし丈夫なので制振装置は不要、
(2)ヘーベルハウスは制振の形状記憶合金
三洋ホームや積水ハウスやミサワホームはブリジストンのゴムで制振
(3)一条工務店ではオプションで高いはらうとべリングなどで家が動く免震装置も
あります。
(昔の石のうえに柱がのってた家がこれかな)

Aベストアンサー

耐震工法はすべての基本です。
そのため、制震工法は「耐震工法+制震工法」、免震工法は「耐震工法+免震工法」で建築されることになります。
以下、面倒ですので「耐震工法」「制震工法」「免震工法」とさせていただきます。

この中で最も地震に対して安全性が高いのは「免震工法」です。
免震工法は地盤と建物の縁を切る工法です。
そのため、理想的には地震により地盤がどれほど揺れようとも建物には揺れが伝わらないことになります。もっとも現実的には大地震時の揺れが中地震の揺れになる程度ですが。
そのため「どれが一番」とのご質問であれば「免震工法が一番」と回答させていただきます。
しかし、免震工法には以下のようなデメリットがあります。
・狭い敷地をフルに活用することはできません。
 地震時には地盤と建物が別の動きをします。
 そのため、建物周囲にある程度の空間を残す必要があります。
・軟弱な地盤の場合、建設できないことがあります。
 建物が不等沈下をおこすと建物が基礎からずれてしまいます。(大げさな言い方ですが…)
・建築費が高くつきます。
 免震装置以外にも、水道管等、建物内外をつなぐ設備には費用が余分に必要となります。
・地盤面から1階床の高さが、耐震住宅、制震住宅よりたくさん必要です。
 基礎~建物間に免震装置を組み込みますので、どうしても1階床が高くなりがちです。
・車いす配慮のスロープ、ビルトインガレージ等の設計はかなり難しくなります。
 地盤と建物が別に動きますので、建物内外を結び付けるような設計は難しくなります。
・台風時には建物が揺れるかもしれません。
 地盤と建物の縁が切れていますので、強風時には建物が揺れる可能性があります。
 そのため、台風時には建物を固定する装置がついています。
 (一条さんの場合は、免震の機構上不要かもしれません。)
このように「免震工法」はオールマイティーではありません。
しかし、条件をクリアできれば地震時に「家具の転倒」も少なく、安全性は非常に高い工法です。

一方「制震工法」は「免震工法」ほど、劇的な効果はございません。
言葉通り「地震を制限する」工法ですので、建物の変形が小さくなる効果があります。
「地震時の建物損傷を少なくすることができる」ことが、大きなメリットです。
値段的にも「耐震工法+α」程度でハウスメーカー・工務店さんは提案されていると思います。
また「免震工法」の様ないろいろな条件もないはずです。

最初にも書きましたようにすべての基本は「耐震工法」です。
地震時の安全性を重視されるのであれば、まず「耐震」を充分に考慮してください。
仮に、性能表示制度「耐震等級」の「等級3を満足する耐震工法」と「等級1を満足する制震工法」が同価格ならば、私は「等級3を満足する耐震工法」を選びます。
「等級3を満足する耐震工法」と「等級3を満足する制震工法」であれば、「等級3を満足する制震工法」を選びます。

何にしろ「この工法が最高」はございません。
(あれば、すべてのハウスメーカー・工務店さんが採用されます。)
他の方の意見も踏まえていただき、「keikolee55」さんにとってのベストの工法を選択願います。

耐震工法はすべての基本です。
そのため、制震工法は「耐震工法+制震工法」、免震工法は「耐震工法+免震工法」で建築されることになります。
以下、面倒ですので「耐震工法」「制震工法」「免震工法」とさせていただきます。

この中で最も地震に対して安全性が高いのは「免震工法」です。
免震工法は地盤と建物の縁を切る工法です。
そのため、理想的には地震により地盤がどれほど揺れようとも建物には揺れが伝わらないことになります。もっとも現実的には大地震時の揺れが中地震の揺れになる程度ですが。
その...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報