ペペロンチーノが好きで、時々作るのでオリーブオイルを買い置きしてあります。
開封したてのモノを使うと香りが良いように思うのですが
毎回開封したてとはいきませんので
使いかけのオリーブオイルの香りを保たせる保存方法を知りたいです

我が家では 冷蔵庫に保存していまして・・
そうすると冷えて固まるので、なんとなく香りが長持ちするような気がするのです

でも、この方法って 油を凍らせる→溶かすを繰り返すので
かえって良くないんでしょうか?
使い掛けで常温に置くより、香りが長持ちするように感じるのは
気のせいでしょうか?(^^;)
どなたか教えてください 宜しくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは



参考までにこちらをどうぞ
http://www.speranza.jp/houhou.html

http://www.bosco-olive.com/olive/qa.html#q9
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルの美白効果はありますか

エクストラバージンオリーブオイルでメイクを落としています。
オリーブオイルは美白効果はあるのでしょうか。
なんとなく色が白くなった気がするのですが、
オリーブオイルにそういう効能はありますか。
また、他の効能はあるでしょうか。

Aベストアンサー

オリーブ油が皮脂を溶かし、それを洗顔して落とせば、油分の少ない肌で白っぽく見えると思います。

国内のオリーブ会社の、搾油従業員の手が白くなります。
オリーブバージンオイルを手の甲に塗り、数分後にタオルでぬぐうと、そこだけ白くなっています。

光りは反射すると白く、吸収すると黒く見えます。
脂っぽい肌は光りの透過性が高く、黒っぽく見えます。
皮脂をオリーブ油で溶かし、洗い落とせば、白く見えます。
また、乾いた肌は白っぽく見えます。

また、皮脂の油脂には、酸化されやすい多価不飽和脂肪酸が含まれるので、1価不飽和脂肪酸のオリーブ油で置き換えるのは、健康的だと思います。

Qペペロンチーノににおすすめのオリーブオイルの銘柄

ペペロンチーノに使うのにおすすめのオリーブオイルを教えてください。
ピュアとエクストラバージンどちらがいいのでしょうか?
またおすすめの銘柄を教えてください。

Aベストアンサー

どちらでも大丈夫ですよ
エクストラバージンの方が香りや味が強いので、あの独特の風味が苦手な場合はピュアオイルの方がいいかもしれません。
苦手でなければ、エクストラバージンの方が加熱にも強いそうなのでそちらがよろしいかと思います。

私は価格や入手のしやすさ、味などのバランスでボスコのピュアオイルを使っています。

ちなみにうちではピュアオイルににんにくと鷹の爪を漬けたものを常備してますが、
ペペロンチーノだけでなくいろいろなお料理に使えて便利ですよ^^

Qオリーブオイルの採り方

オリーブオイルは味も好きだし、
オリーブオイルを大匙1杯そのまま毎日飲む健康法もあるそうで、せっかくなので、積極的に食卓に取り入れたいと思っています。
ところで、オリーブオイルは「そのまま」食物にかけなくても、熱しても成分や効能に変わりはないのでしょうか?

Aベストアンサー

オリーブオイルは一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が主成分で、加熱しても酸化しにくい油です。
オレイン酸はLDLコレステロールを下げ、HDLコレステロールを上げる働きがあります。

多くの植物油は二価不飽和脂肪酸のリノール酸が主成分で、不飽和結合が2つになると酸素と結合(酸化)しやすくなります。

酸化した油は有害有毒ですから、加熱油としてはオリーブ油が最適です。

オリーブ油には3種類あります。
温度をかけずに果肉だけを絞った(冷圧油)エキストラバージンオイル。

果肉を冷圧し、少量の活性炭などを加え、軽く加熱したバージンオイル。

果肉も種子も絞って精製加工したピュアオリーブオイルです。

3品とも食用に使いますが、バージンオイルは化粧品に、よく使います。

エキストラバージンオイルがない頃、バージンオイルをバターの代わりにパンにかけて食べましたが、健康的だと思います。

Qトマトをオリーブオイルに漬けると長持ちしますか

http://ameblo.jp/ami2007/entry-10626809869.html
こちらの方のブログでミニトマトをオリーブオイルに
漬けると長持ちすると書いてありますが、普通の
トマトでも持ちが良くなりますか?

あと、味の方は油っぽくなりませんか?そのまま
サラダなどに入れても食べられそうですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
onlyjunsukeさんの質問が気になって気になって、、、このブログを見てみました。

気になるのが・・・・”プチトマトをオイル等を入れた容器を軽く振ったりひっくり返したり”と言う所です。

プチトマトの方が普通のトマトより皮が厚いと思うんです。
だから振っても大丈夫。
しかし普通のトマトは振っている間に皮が破けてしまいそうです。
そうするとトマトの水分が大量に出てしまい、水っぽくなりそうです。
トマトのマリネとしてなら半日くらい冷蔵庫で寝かせば美味しくなりそうですが。。。。。
なので日持ちはしないと思います。

油も大さじ3杯位と書いてあるのでそんなに脂っこくないと思います。

この回答の後、私も作ってみます!(収穫したプチトマトを洗ってあります)

どうしても普通のトマトで試してみたいなら、、、このブログの方に質問してみてはどうでしょう???
(もしくは今、大量のトマトが家にあるなら、、、トマトソースにして冷凍したり、まるごと冷凍してもOKです。
スープやカレーの隠し味時使う時に冷凍のまま鍋に入れるだけど簡単に皮は剥けてしまうのでまるごと冷凍もお勧めです。

こんにちは。
onlyjunsukeさんの質問が気になって気になって、、、このブログを見てみました。

気になるのが・・・・”プチトマトをオイル等を入れた容器を軽く振ったりひっくり返したり”と言う所です。

プチトマトの方が普通のトマトより皮が厚いと思うんです。
だから振っても大丈夫。
しかし普通のトマトは振っている間に皮が破けてしまいそうです。
そうするとトマトの水分が大量に出てしまい、水っぽくなりそうです。
トマトのマリネとしてなら半日くらい冷蔵庫で寝かせば美味しくなりそうですが。。。。。
...続きを読む

Qオリーブオイルオススメ活用法を教えて下さい!

安くて何かと美容効果が期待されているオリーブオイル!!私はお風呂上がりに保湿のために使ったり、メイク落とし、毛穴ケアにも使ってます。

みなさんのオリーブオイルオススメ活用法を教えて下さい!

後、最近オリーブオイルになにか混ぜると効果アップするかなーと思ったのですが・・・

例えば、ローズヒップをオリーブオイルに漬けて使えばいいのかなーって単純に考えちゃうんですが、なにかオリーブオイル+○○といった感じのオススメも有ったら教えて下さい。

Aベストアンサー

この質問とは、少々的外れになってしまいますが、オリーブオイルを使った石鹸があるのをご存知でしょうか。オリーブオイル石鹸のすばらしさは、肌に優しく、アレルギー反応がでないことです。私は、今まで様々な石鹸をためしてきましたが、これほど肌がきれいになる石鹸はありませんでした。まず、一週間ほどで皮膚の上のぶつぶつが消え、一ヶ月で顔のニキビが全てなくなりました。洗髪にも使っているのですが、2週間ほどでフケ、かゆみがピタリとなくなりました。
 値段も600~10000円までありますが、トルコ産のものが、低価格で使い心地も良いです。
 東急ハンズで多種取り扱っているので、機会があれば是非一度おためし下さい。

参考URL:http://takuki.com/aic/70.htm

Q開封したワインの酸化防止にオリーブオイル?

友人から聞いたのですが、開封したワインにオリーブオイルを少し入れておくと、ワインの酸化を防いでくれるという話を聞いたのですが、本当なのでしょうか?
どのような理由、根拠なのかがわからず、ワインの味に影響を与えてしまうのではないかと考えてしまいます。
友人曰く、イタリアやフランスでは当たり前のようにオリーブオイルを入れているとのことなのですが、このような話を聞いたことがある方、いましたら教えてください。

Aベストアンサー

pirokore さん、今晩は。

誤解が生じるといけないので一言。

ワインには防腐剤は入っていません。殆どのワインには酸化防止剤が添加されています。これはワインの醸造過程で不必要な酸化を防止するために僅かに入れるもので、長期の熟成中や抜栓後の酸化を防ぐ量は入っていません。

またオリーブオイルが表面に浮くことで酸化を防止するのはNo1さんのおっしゃるとおりですが、オリーブの香りがワインに移るので風味が変化します。油を使うのでしたら葡萄の種油が適していると思います。

抜栓後の酸化を防ぐ方法としてバキュバン等の真空にして保存する栓、小瓶に移し密栓する方法、これらを冷蔵庫に入れ保管するなどが有効です、1週間程度は持つでしょう。

蛇足ですがごく一部の若い高級ワインの中には抜栓後より1晩たったほうがむしろ美味しいという例外もあります、殆どのワインは開けたてが一番美味しいので早く飲んでください。

Q抗議。なぜ日本人は、パンにオリーブオイルをつけないんだ?

本日の朝日新聞be面で、オリーブオイルの広告だと思いますが、
抗議。
なぜ日本人は、
パンにオリーブオイルをつけないんだ!
(イタリアじゃみんなやっているのに)
とあります。

日本のイタリアンレストランで良くパンにオリーブオイルをつけて食べているのを見かけます。私もつけています。
しかし、イタリアのレストランでパンにオリーブオイルをつけて食べているのを一度も見たことがありません。
(延べ7週間イタリア旅行、最北ミラノ、最南シチリア)
一般家庭でパンを食べる時にオリーブオイルをつけるのでしょうか?
(フォカッチャなどを作るのにオリーブオイルを使うのはわかります)

Aベストアンサー

私はイタリアじゃなくて、スペイン在住なんですが、スペインもイタリア
同様、オリーブオイルの生産・消費国として有名です。

特に、南部に行くと、カフェで朝ごはんにトーストを注文すれば、
頼まなくてもオリーブオイルと塩が一緒に出てきます。バターや
ジャム出てきません。

また、ミシュランで星を持っているようなレストランでは、パン用
に数種類の高級オリーブオイルを別々の小皿に、少量づつ出してくる
のも珍しくありません。産地やオリーブの種類によって、全然味が
違うので、味の違いを楽しむもよし、お好みのオリーブオイルのみ
を選んで食べるもよし、という感じでしょうか。

逆に、ごく一般的な昼のランチなどをやっているレストランでは、
パン用のオリーブオイルを出す店は少ないです。かといって、バター
も出ません。

一般家庭では、義母(スペイン人)が「今日は、食欲無いわぁ。パン
にオリーブオイルで済まそう。」と言って、夕食にそれだけ食べて
いたことがあります。日本人の、ごはんに漬物とか、そんな感覚だと
思います。イタリアでも、そうなんじゃないでしょうか?

私はイタリアじゃなくて、スペイン在住なんですが、スペインもイタリア
同様、オリーブオイルの生産・消費国として有名です。

特に、南部に行くと、カフェで朝ごはんにトーストを注文すれば、
頼まなくてもオリーブオイルと塩が一緒に出てきます。バターや
ジャム出てきません。

また、ミシュランで星を持っているようなレストランでは、パン用
に数種類の高級オリーブオイルを別々の小皿に、少量づつ出してくる
のも珍しくありません。産地やオリーブの種類によって、全然味が
違うので、味の違いを...続きを読む

Q美味しく香りの強いオリーブオイルを教えてください

美味しく香りの強いオリーブオイルを教えてください
以前、イタリア土産で、グリーン色の香りが刺激的なまでに強いオイルをいただき
火を通さずに、パンにつけたり、サラダにかけて食していました。
現在、調理用には手に入りやすいBOSCOを使っているので、使い分けたいと思っています。
他のブランドも少しづつ試してますが、価格のせいか(1000円前後)、どれもマイルドで物足りません。
都内で手に入りやすく、価格も2500円を超えない程度で、おススメがあれば教えてください。
カルディ、ピーコック、信濃屋、紀伊国屋、成城石井は、わりと近くにあります。
通販でもかまいません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

価格的に微妙ですが、ARDOINO のFructus
苦味、渋みは弱めですが、フルーティな香りがあります。 
パンやサラダ系におすすめです。
http://item.rakuten.co.jp/italiaya/exo-003/
ザ・ガーデンでもっと小さいビンを売っていたと思います。

Qバージンオリーブオイルと、2番絞りオリーブオイルの違いはどこにあるので

バージンオリーブオイルと、2番絞りオリーブオイルの違いはどこにあるのでしょうか?

香りや味は明らかに違いますが、栄養価・健康効果はどうでしょうか?
それさえ問題なければいいんです。オリーブオイルのシンナー臭さが大嫌いなので、、、。

Aベストアンサー

バージンオリーブオイルと2番絞り以降のオリーブオイルの違いは酸価の違いで、この値がバージンオリーブオイル以降になると高くなるようです。 酸価とは、オリーブオイル中に含まれる脂肪酸(リノレン酸)が遊離している度合いをいうそうで、酸価が高いほど一般的に味が悪くなるそうです。 詳しくは下記サイトにて。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Foodpia/1024/syokuzai/oliveoil.html

Qオリーブオイル pH

食用オリーブオイルのpH値を教えて下さい

Aベストアンサー

様々な要因で一定せず、何とも言えません。

そもそも何のためにお知りになりたいのでしょう?pHの定義はお解りですか?#1さんのお答えの通り、本来pHは水に対して定義されるもので、純粋な油には水素イオンも水酸イオンも含まれませんから理論上pHは7です。

現実にはオリーブ油をはじめとする食用油には僅かに水分も含まれますし、油分子のアルキル直鎖(炭素原子が一列に連なった分子構造)の先端の一部が空気中の酸素や調理中の加熱によって酸化されて親水化していることもありますから、理論通りには行かず実測pHは変化します。

しかしそのpHがどのくらいになるかは、以前ごま油でやったことはありますが測る度に値が変わり、何が本当なのかわかりませんでした。例えば鉄の鍋やフライパンで加熱した油なら鉄イオンの影響で少し高くなり、そこに水道水の炭酸カルシウムが入ると・・・などと微量の不純物や空気の影響までも大きく受けて複雑な変化となるようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報