こんばんわ。意味がわからないのでご教授願います。 
 今、省エネのために、空調機のファンをINVを介して10Hzで動かしています。INVの一次側の電流値は、周波数を下げれば下げるほど下がりますが、INVの二次側の電流値は周波数を下げると、ある所で上昇に転じます。これは負荷トルクとモーターのトルクのバランスが問題だと思いますが、INVの二次側の電流値を最小にした場合、力率、効率、消費電力、安定性などの関係はどのようになっているのでしょうか?また消費電力はINVの一次側と二次側は同じになるのでしょうか?空調機の風量や冷房能力などは度外視でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご質問の中身が多岐に渡っているので、どう回答すべきか焦点が定まらないのですが、とりあえず次のように整理しておきます。

全て2次側です。
(1)周波数と電圧の関係:周波数fを変えると電圧Vも変える必要がある。簡単なケースでは、V=af+b のような関数とする。
(2)電圧と無効電流の関係:電圧が高くなると無効電流も増える。
(3)電圧と有効電流の関係:出力が同じであれば、電圧が高くなると有効電流は減る。(理由:電力∝電圧×電流)
(4)ファンの出力は回転数の3乗に比例する。従って10Hzでは無負荷に近い。
(5)周波数を下げてゆくと途中から電流が増えだしたとなると、理由は(2)しかない。つまり、低周波数域における電圧が望ましい電圧よりも高いために無効電流が多くなったものと推測される。
(6)よって対策としては、V=af+b の関係式でいえば、a値を増加し、b値を下げる方向で調整する。(10Hzでb値を、60Hzでa値を調整。これを何度か繰り返す。)
(7)負荷が不変として電流を下げたときの諸量は概ね以下のとおり。力率:向上 効率:僅か向上 消費電力:僅か減少 安定性:低下
(8)INVの一次電力=2次電力+INV損失(ほぼ一定)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどよくわかりました。回転数だけを変えているんではなかったんですね。勉強になりました。

お礼日時:2009/05/29 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング