もう割り切るしかないでしょうか?
僕はバスケットを中学の時にやっていたのですが、イジメにあってろくに練習できずに終わってしまった過去があります。当時はとても後悔しました。それで高校に入りまたバスケ部にはいりました。中学みたいなこともなく普通に練習して、少しづつですが上手くなっているのを実感してました。なにより普通に練習できるのがうれしくてたまりませんでした。しかし家庭の事情で1年の時にやめてしまいました。そして今大学のサークルで週1でバスケをしているのですが、やっぱり周りの人たちは中学も僕みたいなことはなく普通にやって、高校もやってきたやつらが多くてやはり上手いです。それでプレー中に思ってしまうのが、「中学の時普通に出来ていればこんなレベルじゃないのになぁ」っておもってしまいます。バイトもしなくてはいけないので部活には入れませんし、自主的に練習する暇もありません。週1のサークルで上手くなるぐらいしかないんです。プレー中にそんな考えが浮かんだ時は悲しくなります。でもこういう場合、もう仕方ないから、ここまでたどってきた人生が今この状況なのだからと思って割り切るしかないでしょうか?そう考えると中学の、時間がたくさんあった時期を潰した昔のやつらがとても憎く感じますが・・・。皆さんの意見をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして、


yoppykz9さんはバスケットがうまくなりたいのですか?
それとも、バスケットが好きで、これからも社会人になっても
続けていきたいのですか?

私の、娘は中学・高校とバスケット部でしたが、
一度もレギュラーにはなれませんでした。
<ちなみにへたくそです。>
それでも、
練習でもバスケットをできる喜び、
部のメンバーとのコミュニケーションが取れることが、
とても好きだったようで、
専門学校に入ってからは、
体育の時間のバスケットのみですが、
喜んでいます。
バスケットのある日は、
失敗した話や、うまくできた話、
ファールしてしまった話などなど、

あぁぁ!子の子は本当にバスケが好きなんだナァと感じます。
上手にやるバスケはプロにまかせ、
楽しむバスケをされてはいかがですか?

うまくできなくてもいいじゃないですか!
逆にストレスになりえません。
楽しむことが大切ですよ。
    • good
    • 0

貴方はバスケットが好きなんですね。


そして、中学の時イジメにあい、部活を辞めざるを得なかったのは非常に悔しくて、(高校の時も課程の事情で辞めざるをえなかたのも)残念な事でしたね

ただ、貴方の気持ち解らなくもないですが、割り切るというより考え方を変えた方が良いかと思います。(マイナス思考→プラス思考へ)
もし貴方がプロの選手を目指す程の腕前ならば、過去の外因による練習時間の削減を色々と思い悩むのは解りますが、そうではないのですよね?

色々あったけど、今、好きな事(バスケ)ができる現状に喜びを感じてはいかがでしょうか?

向上心を持ちつつ、今に幸せを感じる。
こういう思考が出来れば社会に出た後も貴方の人生を豊かにしていくと思います。
    • good
    • 0

なにかをやろうとするとき,上手くなりたいと思うのは当然でいいことだと思いますが,あなたの質問はこだわりすぎて逆効果になっている感じがします。

バスケは楽しみとか週1回の運動で健康を保つためとか考えたほうがいいのではないでしょうか。サークルとは「下手の横好き」の集まりであることに意味がある場合も多いと思います。上手くなりたいとしか考えていなかったら,大学時代に選手になれなかったというしこりだけが残りますが,好きで続けていれば,将来,町内スポーツ大会の人気者のお父さんはエライというふうになれます。どちらが自分を生かす人生でしょうか。

また,無理して部活に入っても,さらに上手い部員ばかりで,こんどは「バイトさえしてなけりゃ,みんなに負けないのに」などとさらに不満がでてくるかもしれません。そんなことばかり考える人生は損です。ちなみに,私は53歳です。自分の損な経験からついおせっかいをしました。
    • good
    • 0

バイトしながら部活はできる



中学の時ケガして、それで終わったかもしれないんだし、過去の事をあれこれ言ってもしょうがない、下手な奴はそのまんま下手なんだし(練習しても変わらない(^_^;
    • good
    • 0

過去はこだわっても仕方ありません。


世の中にはあなたより不幸な人はいっぱいいますよ。
まず、五体満足な体に生んでもらった親に感謝をしましょう。
あなたに、与えられた時間を精一杯生きましょう。
一日一日少しでも成長する自分を実感してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報