ハンバーガーや、ぽてちなど好きでたまりません。少々腹も出てきました。デブではないですが・・・。しかし、そういうジャンクフード生活をしてると、なんだか倦怠感というか、やる気がなく、集中力もありません。今、勉強をしなきゃならない時期なんですけど、あまり勉強もはかどらないような気も。
野菜ってまずいんですよね。ハンバーガーはおいしい。だったら後者を食う。あえてまずい野菜は食べたくない。濃い味っていいんです。
ですが、ジャンクフードスタイルからベジタリアンに変えた人が、気分が良くなったとか、からだがらくだとか、集中力が増したやらやる気がみなぎるなどなど・・・・

野菜中心に変えたら(まずくてもいやいや)、倦怠感とかとれそうな気もするんです。みなさんはどう思われますか?
ジャンクフード生活から、野菜中心生活に変えたら精神的にも全然違うものなんでしょうか?

やっぱりおいしいものはまずくて苦痛。
でも苦しい野菜を我慢して食べたら健康に。
おいしいものを食べて健康でいようってのは考えが甘い。
ラクな道はないってことですね。

A 回答 (1件)

野菜中心生活においしいたんぱく質を加えるととっても健康的ですよね。


野菜中心生活から、台所を失ってお弁当生活をいたしましたら、体を壊しながら高額支出をする羽目に…。買うと高いですよね。足は腫れてくるし、仕事は見つからないし、歩くのは一日中就職活動で歩きましたが、足の爪は色が変わるし、危機感があり、やっと定住できてやっと普通に痛くない足になりましたよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング