最近ドラムのチューニングを始めた者です。
本などで一通りのやり方は見たのですが、ヘッドを均等に張る作業について詳しく知りたいので質問させていただきます。特にスネアサイドがうまくチューニングできず困っています。
ヘッドが均等に張れているかを確認するにはどうすればよいのでしょうか。というか、均等に張るにはどうしたらよいのでしょうか。

スナッピーをはずした状態で、ヘッド中央をミュートし、マレットで各ボルト近辺を叩いて音程を確認する、というのが一般的なようですが、正直音の違いが全く分かりません。これは耳ができるまで根気強く続けるしかないのでしょうか。ためしにボルトを1箇所1回転させても違いが良く分かりませんでした。指でヘッドを押してみるというのもやってみましたが、押さえる角度や向きで全く感覚が変わってしまい、あてにならないと感じました。またまた試しにボルトのねじ山がいくつ見えているかを数えたら、10~14個とばらばらでした。均等に張る≠同じだけボルトを締めると考えてよいのでしょうか。また目標とする張り具合はシェルとの共鳴を考えて設定するのがベターでしょうか。

なんとなくチューニングできたかなと思っていざ叩いてみると、ものすごいノイズがでたり、音抜けがすさまじく悪かったり、音のまとまりがサヨウナラ状態だったりと、とても曲中で使えるような状態になりません。

あきらめてチューニングメーターを買おうかとも考えていますが、このままおとなしく引き下がるのも悔しいのでどうかアドバイスをお願いいたします!初心者なのでおかしなことを言っているかもしれませんがご了承ください。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おかしなことは言ってないと思いますよ。


スネアサイドの場合はスナッピーが鳴らない状態で全てを均等なチューニングにできる製品はうんと限られます。
現在の殆どのスネアにはスネアベッドと呼ばれる微小なザグリがエッジに施されているので均等にチューニングしてもスネアベッド周辺はピッチが低くなります。さらにフープがダイキャストだったりプレスでも強度の高いものだとスネアベッド周辺だけ余計に締めてもヤワなプレスフープのようには部分的なテンションが上がりませんのでスネアベッド周辺のピッチが低くなる傾向がより強くなります。
スネアサイドに限定すればピッチよりスナッピーの反応の仕方とテンションの関係で考えればよく、締め付けの偏りは点対象と線対象の位置にあるボルト近辺の音をなるべく同じにするようにする程度で大丈夫です。
    • good
    • 0

>ボルトを1箇所1回転させても違いが良く分かりません



まあこれは慣れの問題である程度は分かってくると思いますが、一度に1回転はやりすぎです。

あとチューニングキーを1か所ではなく対角線に2個使って、角度で言うと10度~15度くらいずつ順番に均等に締めていきます。一度に締める角度が大きくなるほど各ネジのチューニング誤差が大きくなって収拾がつかなくなります。

スネアのチューニングは、繊細なものです。あせらずぼちぼち練習して下さい。
    • good
    • 0

楽器屋に持っていって教わったほうが早いと思うのですが・・・。



基本的にチューナーを使います。ネジは対角線上に張ります。なので、一箇所締めたら反対側も同じだけ閉めます。極端に偏っている場合はヘッドが波打つの一目瞭然ですが、ヌケが悪いのは皮が死んでるということも考えられますが、多分張りが弱いのでしょう。

新品を下ろす場合などは、一回靴下を履いて乗っかって皮を伸ばす必要があります。これをやらないとドラムに座るたびにチューニングキー片手に子一時間と言う運命が待っています。

また、スネアは裏側もしっかりしてやらないと、蛇腹がすべり、蛇腹を使っていない情けないあの音とシャリシャリという音に更なる苦悩をします。

こんな具合にドラムは全部そうですが、スネアは特に悲惨な目に遭いやすい太鼓なので一度はできる人にじかに教わることをお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスネアのチューニングで・・・

チューニングが下手なのか、スネアを叩いた後にキャイーン(倍音?)という音が鳴ってしまいます・・・。
スネアはラディックのLM402で、ヘッドも何も変えていません。
原因は何でしょうか?
また改善策も教えていただきたいです。
あと、このスネアは基本的に「カンッ!カンッ!」といった甲高い音ですか?
分かる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もラディックのメタルを30年位使っています。
キャイーン的音は、チューニングのせいだと思います。
倍音では無くて、不協和音が出ているのだと思います。
倍音は深みとかひろがりに必要です。

「カンッ!カンッ!」といった感じは、ラディックの特徴です。
金属音的残響も、ロールなどでは、非常に魅力的だと思っています。
しかしながら、上記も踏まえると、ラディックはチューニングが難しいとも感じています。

何も変えていないとのことですけど、一旦スナッピーもヘッドも外して、セットし直したらいかがでしょうか。

1.まず、打面のヘッドを装着します。
その際にボルトは均等に少しずつ締めていきます。
ある程度の経験が必要になりますけど、ボルト毎の音程がかけ離れたものとならないように、チューニングしていきます。
時折、手のひらでヘッドの中央を強く押すようにして、ヘッドを馴染ませます。
この段階では、あまりピッチを上げる必要はありません。

2.次に裏面のヘッドを張ります。
打面と同じようにしてセットします。
やはり、あんまりピッチを上げる必要はありません。

3.上下のバランスを調整します。

a.裏面の各ボルト位置でのピッチを少しづつ丁寧に調整します。
この時のコツは、低いピッチのボルトを締めていくことです。
打面と比べて「高すぎるのでは」と思う位で構いません。

b.裏面のピッチが大体そろったら、打面を調整をします。
やはり、低いピッチのボルトを締めていきます。

c.両面の調整
(1)打面のピッチを、自分が好きなものに調整します。
(2)裏面のピッチを、打面より高いピッチに調整します。
(3)上記の(1)と(2)を繰り返します。
補足:私の場合、裏面はかなりハイピッチです。

4.スナッピーを装着、調整
打面を軽く叩いてみて、「ゴンゴン」とかの場合は、スナッピーの締めすぎです。
これは好みにもよります。

いい音が出るまでには時間がかかります。
胴とヘッド、スナッピーがお互いに馴染むと、いい音になります。

以上、あくまでも私の経験です。
ご自身でも研究なされて、サウンドを作られますように。

私もラディックのメタルを30年位使っています。
キャイーン的音は、チューニングのせいだと思います。
倍音では無くて、不協和音が出ているのだと思います。
倍音は深みとかひろがりに必要です。

「カンッ!カンッ!」といった感じは、ラディックの特徴です。
金属音的残響も、ロールなどでは、非常に魅力的だと思っています。
しかしながら、上記も踏まえると、ラディックはチューニングが難しいとも感じています。

何も変えていないとのことですけど、一旦スナッピーもヘッドも外して、セットし直し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報