ネットでは、時折傍聴マニアのサイトを見かけます。
非常に頻繁に裁判を傍聴している方もいるようです。
裁判は平日の昼間に行なわれています。
傍聴マニアの方々は、どのような職業をしている方なのでしょうか?非常にナゾです。

自営業だったら時間が自由になりますが、そんなにも自由なのでしょうか?
フリーターならば確かに自由かもしれませんが、傍聴ばかりしている場合じゃない気もしますし・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

kappairoです。


お返事事遅くなりまして申し訳ありません。
私が傍聴する場合、時間的な遣り繰りをどうするのかとのお尋ねですが、その場合私は休日出勤した分の代休を使うとか、本当に傍聴したい裁判があれば、有給休暇を取得すると思います。(中小企業なので有休は取りにくいのですが・・・)。
さて話は変わりますが、一言で傍聴マニアといってもいろいろな人がいると思います。
わが国の法の世界には、「疑わしきは被告人の利益に」とか「推定無罪」という鉄則があり、刑事裁判の被告人となった人を有罪とするためには明確な物的証拠や強固な状況証拠、そして何よりも本人の自発的意思から発せられた自供等、総合的に勘案して「犯罪を犯したことが、合理的に疑いをさしはさむ余地がない。」という場合においてのみ、被告人を有罪とする事ができるとされています。
しかしながら、この崇高な法の理念が、実際の裁判運用上は必ずしも遵守されているとはいえない部分が多く、この為に「冤罪」を疑わせる裁判例を生み出すとともに、その反面犯罪の事実認定の誤りから、余りに犯罪被害者の被害感情から乖離した判決も少なからず見受けられます。
そういう「裁判の質」に対しては、私たちも不断に目を向けていかなければならないと思いますし、そういう意味では自分に直接的に関係ない裁判事案であっても、必ずしも「他人事」ではないと思うのです。
裁判の傍聴では、殺人とか強姦、強制わいせつ等インパクトの高いものに人気が集中するらしいですが、そういう傍聴者の中には「覗き見趣味的」な低次元の欲求を満足させている方がいることも事実でしょう。
それとは別に刑事事件、民事事件を問わず、非常に地道に裁判を傍聴し、わが国の司法の来し方・行く末を論じている方もおります。
「マニア」という一言でくくってしまうには、あまりにも単純ではない世界のような気がしております。
例えば、たまたま親の遺産で働かなくてもいいような自由人がそういう人々であったとしても、それはしょうがないと言うか、本質的な問題ではないのではないでしょうか。
無責任に、刑が確定していない人の情報をネットで公表して、社会に予断を与えるなどという行動は本当に論外だと思いますが、何かしっかりとした社会的使命感をもって傍聴を続けている人までひとくくりに「マニア」と言ってしまうことには、抵抗を感じます。
私の個人的な感情からすれば、平日昼中に裁判を傍聴して評論をお述べになれる方々はいいご身分だと思いますが、問題をそこに集約すべきではないのではないでしょうか。
だからこそ平日の昼間、本来時間的に自由にならない私たちが敢えて時間を作って裁判を傍聴(監視)に行く、ということもあながち馬鹿なことではないと思います。
ところで話題が飛躍しますが、最近板橋で刺殺・放火された超資産家のご夫婦のことをどう思われますか。

この回答への補足

多くの内容を含んだ回答をありがとうございます。
基本的に私は労働者階級的なスタンスなところがありますので、働かなくても不自由しない人たちには羨みの感情と、その裏返しで、遊んで暮らしている身分を許し難い感情があるのだと思います。

ですので、たいした家事もせずお友達との平日ランチを楽しみ、旦那の陰口ばかり叩く主婦達とか、許せません。

横道にそれましたが、傍聴者が仮に社会的使命感を持っていたとしても、社会的に貢献している事は非常に稀なのではないでしょうか。彼らは傍聴することしか出来ないのですから、不当な判決を目の当たりにした所で、ジャーナリストならまだ世間的に訴える事も出来ますが、そうでなければどうという事も出来ず、全くの自己満足のみで完結するだけだと思います。
ただの暇つぶしにしか思えません。
仮に美容師など、平日に休みがある方の趣味としての傍聴ならば、それはその方の趣味なので良いのですが、でも結局は野次馬・他人事の覗き見である事は基本的に変わらないと思います。なぜなら、当事者となんらかの関係がある訳ではないのですから。

更にその「覗き見」を正当化させる為に、「正義」などを持ち出しそれを盾に個人情報を晒す人までがいて、その甚だしい勘違い振りが許し難いと思うのです。

「平日昼中に裁判を傍聴して評論を~問題をそこに集約すべきではないのではないでしょうか。」
との事ですが、犯罪者というのは基本的に無職であったり、暇な人が多いのは事実でしょう。仕事で忙しくしていれば、業務上過失でもない限り犯罪は起こさないのではないでしょうか。

働けない事情がある人は仕方ありませんが、学生でもないのに仕事をせず、その身分を不安にも感じず求職活動もせず遊んでいる事自体が有罪にすら感じます。

仕事もせずウロウロしている人というのが本質的に受け付けれず、気持ち悪いのかも知れません。


板橋資産家は、仮に殺人だったとしても仕方がないのではないでしょうか。お金を持っている人は、妬みの対象と充分なり得ますから、しっかりとした自己防衛が必要だと思います。
「お化け屋敷」などと噂されるほど敷地内がうっそうとしていたという事でしたが、充分なお金がありながら自宅管理が行き届いていなかったのですから、風水的にも良くありませんね(こういう資産がある人は、風水などは特に軽視すべきではありません)。

補足日時:2009/05/30 11:29
    • good
    • 0

傍聴マニアとひとことでいってしまえば、何かとてもマニアックで異常な趣味を持った人のように感じますが、今回裁判員制度が導入されたこととも関連し、本来我々国民は自分だっていつか裁かれるかもしれない日本の裁判制度についてはちゃんと興味を持ち、認識しておく必要があると思います。


裁判の傍聴を趣味とする人の中には、たしかに下世話なスキャンダルをめあてに、興味本位で裁判所に通い詰めている人もいるでしょうが、多くの人たちは裁判における人間模様を真剣に観察し、犯罪者・被害者双方の人生を見極めようとしています。
そういう意味では、裁判員制度が論じられる前から裁判というものにいち早く問題意識を感じておられた先駆者かもしれません。
傍聴マニアといわれる人は、確かに時間的に余裕がある人とか、それによってルポルタージュを執筆して仕事にしている人も多いですが、自分の自己責任で、例えばきちんと会社の営業ノルマを達成しながら、営業マンとしての自由裁量性をうまく利用して裁判を傍聴している人も多いです。
ただし、過去に司法試験などに合格できなかった人たちの「代償行為」となっており、判決に自分なりの見解を述べて自己満足しているようなケースもあるように、私個人的には感じます。
いずれにしろ、裁判を傍聴して何を感じるかは人それぞれの自由でしょうが、自分だっていつ裁判における被告人の立場に置かれるかもしれない現代の訴訟社会を考えれば、傍聴という手段でも裁判制度を監視していくことは大切なことだと思います。
裁判を自由に傍聴できるということは、裁判が公正に行われているかどうか、私たち国民にそれを監視する権利が与えられていることだと考え、その権利を大いに活用したらいいと思います。
私も傍聴をしてみたいです。
非常に大切な問題を投げかけてくださり、私も裁判傍聴について考えるきっかけになりました。
ありがとうございました。

この回答への補足

基本的に、傍聴行為は全くの他人事である筈です。ただ、それが何かしらの自分の生活に繋がっているのであれば、納得できます。
例えば、某交通問題ジャーナリスト氏のような場合、それは仕事に直結した行為ですのでマニアとは言えませんし、冤罪がまかり通る交通違反取締りシステムを監視する立場として、社会的にも非常に有り難い、素晴らしい職業だと思います。

しかし営業マンが頻繁に法廷に通うのも「多い」というのはなかなか信じられませんね。

『過去に司法試験などに合格できなかった人たちの「代償行為」』
と言う場合は、とてもありそうな気がします。なんだかそれは非常に納得できます。

中には自分のサイト上で、ニュースに取り上げられないような犯罪者まで実名で公表し、平然と当人を非難している方もおられます。全くの素人なのに、ジャーナリスト気取りでどうしてそんなことできるのだろう、仮に冤罪だったら、その行為に責任を持てるのだろうか。どうして裁判官と顔馴染みの法廷常連になる程に時間があるのだろうと思っていましたが、そういう歪んだ感情が根底にあるのかも知れないですね。

ちなみにkappairoさんは平日の日中にどうやって時間を取るつもりなのですか?

補足日時:2009/05/24 09:14
    • good
    • 0

はじめまして、つい熱が入って中傷してしまうことがありますが、お許し下さい。



>傍聴マニアの方々は、どのような職業をしている方なのでしょうか?非常にナゾです。

多分、統合失調症の方と思われます。実際にそういうことが趣味?興味?する癖がある病状です。

統合失調症の方には、失礼ですが2級以上の人は生活保護で暮らしている人が多いです。

なので、仕事をしていないです。
一日一人で暇な生活をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中にはそういう人もいるという事でしょうか。確かに、時間的にはかなり余裕がありそうです。

統合失語症と聞くと、あの静かな法廷で静かに傍聴する行為は苦手なイメージがあるのですが、それを得意とする方もおられるのでしょうか。また、自分のサイトで自分なりの意見を書き込んだりするのも得意なのでしょうか。あまり良く知らないもので。

お礼日時:2009/05/24 09:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 裁判を傍聴していて(刑事事件)

 裁判を傍聴していて(刑事事件)
気になる事がありました。

・未成年の傍聴て何か制約とかがあるのでしょうか?

 たまたま、傍聴した裁判に小学生ぐらいの女の子が
母親と傍聴していて裁判の関係者かと思ったのですが
 他の裁判もいくつか傍聴していたので 関係者じゃなさそうでしたので・・・

・裁判官が判決を言たあとに「尚 本裁判の費用は被告人の負担とする」と
言っていたような気がするのですが
・この費用の内訳てどんなもの?
・どの程度 負担するのですか?

Aベストアンサー

>・未成年の傍聴て何か制約とかがあるのでしょうか?
有りませんが、「静かに」傍聴ができることが条件です。

>・裁判官が判決を言たあとに「尚 本裁判の費用は被告人の負担とする」と
言っていたような気がするのですが
・この費用の内訳てどんなもの?
・どの程度 負担するのですか?
訴訟費用は、事件で異なります。
負担は「ありません」し、判決がそうなっても「免除手続き」をします。
国選弁護人の費用も、「免除手続き」をすれば「無料」になります。
国選は「無料」なのではなく、無料にして貰うのです。

Qナゾってナゾ?

ナゾってナゾ?

Aベストアンサー

ナゾ自体はナゾではありません。
ナゾのナゾがナゾなんです。

Q裁判の傍聴と弁護士の探し方について

裁判の傍聴に行きたいと思っていますが、刑事事件の傷害致死や殺人、もしくは婦女暴行等の刑事裁判だと、傍聴した人のことを『俺は見世物じゃない、傍聴してんじゃないぞ』的な逆恨みといいますか、人相を覚えられて復讐されることもあるのでしょうか?

傍聴の際にサングラスをして法廷で傍聴していたら、裁判所からサングラスをはずす様にとか注意されますか?

また、傍聴の際にサングラスをしている人を、裁判所や、他の傍聴人や犯人は、どう感じますかね?つまり、怖がってサングラスをしていると気がつかれるのか、変わった人だと思われるのか他、どういう印象をもたれるでしょうか?

傍聴の際に帽子をかぶって法廷で傍聴していたら、裁判所から帽子をぬぐ様にとか注意されますか?

刑事事件は必ず弁護士がつくと思いますが、腕の良い弁護士だと思ったら、自分が民事裁判の原告になろうと思っていますが、その際の弁護を依頼できないか、法廷を出た弁護士に話しかけても良いでしょうか?

自分の民事裁判の事案を得意分野としている弁護士を見つけるには、どうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

>人相を覚えられて復讐されることもあるのでしょうか
いちいち覚えていられないのでは?

>サングラス、帽子
裁判官によっては指示するかもしれません。
http://www.courts.go.jp/kengaku/botyo_tebiki.html

>腕の良い弁護士だと思ったら、自分が民事裁判の原告になろうと思っていますが、その際の弁護を依頼できないか、法廷を出た弁護士に話しかけても良いでしょうか?
問題はありませんが、おそらく拒否されるかと。
刑事事件が得意だからといって、民事事件も得意だとは限りません。

>自分の民事裁判の事案を得意分野としている弁護士を見つけるには、どうしたら良いでしょうか?
弁護士会に相談されては?
http://www.nichibenren.or.jp/

Q武器マニアor歴史マニアの方、ご紹介ください

 武器に関する本やサイトを探しています。
 面白いコラムをご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

 探しているポイントは、

・中世・古代のヨーロッパ・中国・日本(5世紀~17世紀頃)
・産業革命以後は対象外
・ファンタジー系オンリーのところは(申し訳ないですが)対象外
・(できれば)防具や、その武器が存在した時代の背景などにもスポットを当ててあるところ
・(欲を言えば)開発されたはいいが、ろくすっぽ役に立たなかった奇抜な武器なども紹介してあるところ

 こんなところです。
 武器に焦点を当ててあれば、歴史本・歴史サイトでも一向に構いません。
 色々厳しい注文ですが、これは? と思うものをご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 若干古いので、絶版かもしれませんが・・・

 新紀元社から出ている「Truth In Fantasy」のシリーズの中の一冊「幻の戦士たち」が、お探しの条件に近そうです。古代ギリシャの鎧から、ルネサンス後期の装備まで紹介されています。
 中国の装備についても紹介されています。
 (日本については、紹介されていないのですが・・・)

 ファンタジーの解説書の体裁を取っていますが、中身はとっても濃いので、一読の価値があると思います。

 手持ちは、ご紹介した本だけなのですが、このシリーズは、ほかにも色々と出ていて、探してみるとおもしろいと思います。パラパラとチェックしただけでも、「武器と防具」(日本編・中国編・西洋編)もありますし、「武勲の刃」も、お探しの情報が掲載されていそうです。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

Q裁判員裁判判決の傍聴について

裁判員裁判を傍聴をしたいと思っているのですが裁判員裁判の判決傍聴は抽選になることが多いのでしょうか?政令市にある裁判所に行こうと考えています。裁判の時間って事件内容によって違うのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判所の傍聴はだれでも出来ます。
ただ傍聴席の数には限りがあり、超えた場合に抽選になるだけで、
超えなければ全員みることが出来ます。

Q飛行機模型マニアの間でも有名な飛行機模型マニアの方をご存知でしたら教えて下さい。

 飛行機模型マニアの間でも有名な飛行機模型マニアの方をご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三遊亭金葉、石坂浩二、中野D児(もとAV男優、バンドマンでもあります)なんか良く知られていますね。

私も飛行機模型(プラモ)が大好きで、模型歴はかれこれ35年になります。今はハセガワ1/48飛燕を製作中。

名前は忘れましたが、台湾人のジャーナリストで大のドイツ機ファンがいて、この前NHKのBSで特集やってました。(名前が思い出せない!)

Q裁判傍聴~初心者でも傍聴出来ますか??

裁判の傍聴に興味がある20代女です。

地方に住んでいて、機会があれば東京や大阪へ行き裁判傍聴してみたいと考えているのですが…

有名な事件などは傍聴券配布による、抽選だと知りました。
私が興味ある事件は、一時期少しだけワイドショーなどで特集されていたような5年近く前の事件で、今は風化気味です。

なんだか、傍聴券交付の為だけに並ぶバイトとかもあるみたいだし…
ただの一般人が少し有名な裁判を傍聴するのは難しいのでしょうか?


もう1つ質問なんですが、
「午前9時40分までに指定の場所で並ばれた方に先着順で傍聴券交付します」などあるのですが、
指定の場所など、初心者が行ってすぐわかりますか?

裁判傍聴が趣味の方は何時間前くらいに行ってるものなんでしょうか?


色々質問ありますが…よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

>私が興味ある事件は、一時期少しだけワイドショーなどで特集されていたような5年近く前の事件で、今は風化気味です。

9時40分までに行けば大丈夫です。先着順なら早く行かねばなりませんが、抽選の場合は時間までに行けばいいのです。早く行っても意味がありません。世間を騒がせている事件は傍聴希望者が多いですが、風化気味なら競争率は低くなります。抽選と言っていても実際に並ぶとあまり希望者がいないので抽選がなくなり「全員どうぞ」となる場合も多いです。同じ事件でも第一回公判と判決は注目されるので希望者は多いですが、公判は何度も何度も開かれるので空いているときがあります。

Q時代劇などに時折出てくる

肘乗せの様なものの正式名称をご存知の方は居られませんか?
ソレに肘を乗せた人間は何処となく釈迦涅槃図の如き姿勢となり、扇子を弄んだりもしていました(高い身分の人だけが使用するのだと思います)。どなたか御教授戴けましたら幸いでございます。

Aベストアンサー

おそらく脇息(きょうそく)のことかと。
こちらをどうぞ。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%84%87%E6%81%AF&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=05268004612300
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&c=2836&sitem=%CF%C6%C2%A9

Q裁判傍聴希望です。毎日やっているんでしょうか?

裁判の傍聴をしたいです。
内容は何でもいいのですが平日の昼間に裁判所へ行けば何らかの裁判は毎日やっているのでしょうか?
また、やっている内容はどこかに貼り出されるのでしょうか?
裁判所のhpを見ても傍聴券があるような裁判(これは傍聴する人が多いと見越している裁判という事ですよね?)しか載っていないので、ご存知の方教えてください。

因みに裁判の数が多そうな、東京の裁判所に行きたいと思っています。

Aベストアンサー

#2さんが、「小法廷」と言っておられますが、これは最高裁のみに使われる用語であって、最高裁は審理しないこともあり不適切
でしょう。

さて、裁判傍聴で行くなら、断然東京地方裁判所ですね。事件の数が多いので、自分の好きな事件を見ることができます。
東京地裁は入場時に手荷物検査があり、凶器等を持っている場合には通報されます。

事件は、その日の朝、受付のところに、行われる事件の一覧表が貼ってあります。インターネットでは裁判の日程は公表しないようです。なお、裁判は平日しかやっていません。

初心者の方であれば、そのうちの刑事裁判で「新件」となっているものを選び、第○×号法廷かと時刻をメモします。

傍聴券の抽選がない通常の事件の場合は、入退場自由です。ただし、満席の場合は立ち見が禁止なこともあり、傍聴できません。

そして、法廷の場所に行きます。傍聴人入り口のところから入り、空席に着席します。
なお、一番前の席は証人など関係者のためにあけてある場合が多いので、そこには座らないようにします。
また、傍聴中は携帯電話の電源を切り、帽子を外してください。

Qなぞ ナゾ ナジョ なじょ

こんな名前のキャラクターを教えて下さい。子供の好きなアニメに登場するらしくて、これを見せて楽しませてやりたいのですが、はっきりした名前もわからず困っています。
謎をかけるのが趣味の生き物らしいのです。

Aベストアンサー

「かいけつゾロリ ナジョナージョ」とか言う物かな。

http://www.nagoyatv.com/zorori/chara/

http://www.zorori.jp/

このあたりを参考にしてください。

参考URL:http://www.zorori.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報