2009年4月7日に交通事故(後車からの追突事故)を受けました。
その後、むち打ち等で色々病院を回っていたのですが、最近「朝立ち」や「通常の勃起」をしていないことに気づき、自慰をしてみたものの効果がありませんでした。

今度、泌尿器科に見てもらうことは決めたのですが、そもそもこういうことってまずありえるのでしょうか。

また、事故前は確実に「勃起不全ではなかったんですね?」と言われても、自分は「そうです!」と自信を持っていえますが、証拠は用件が用件だけにありません。

万が一の場合、慰謝料にもかかわってくる問題なので、何を今したらいいのかご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>最近「朝立ち」や「通常の勃起」をしていないことに気づき


文面から年のせいでたたなくなるような年齢ではないと考えますが
そうであれば証拠は必要ありません。
通常勃起不全を起こさない年齢の人が、事故を境に勃起不全(これは泌尿器科で
診断を受ける必要あり)になれば、事故との因果関係はありになります。

交通事故から勃起不全になるのは、脊髄損傷、それも一番下の部分でなることが多いですが
そこのダメージはあったんですか?
デリケートな部分なので、精神ストレスから来ることもありますが
いずれにしても泌尿器科で診断、治療ですね。
    • good
    • 0

副交感神経及び勃起神経に何らかの障害がでている可能性が考えられます。



証拠は必要ないと思います、医師の診断を受け、事故前にはその機能が充分に発揮されていたと言えばいいだけです。

今することは、医者に見てもらうこと、あいまいな言い方をしないではっきり話すこと、話しを聞いてくれない医者なら、違う病院に行くことでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事故(器質性)による勃起障害(ED)を治療してくてる病院はありますか?

 親類が交通事故にあい、勃起に関連する神経を損傷してしまい勃起不全(ED)になってしまいました。
 脊髄に損傷はなく、歩いたり排尿したりするのには問題はないのですが
、脊髄から性器につながる神経の一部を損傷してしまい勃起不全になってしまったようです。
 現在入院している病院では事故による勃起不全に関しては、回復はもちろん、どう損傷しているかも正確な診断はできないそうです。
 また違う病院を紹介してもらうのも難しいと言われてしまいました。
 
 ネットでも調べてみたのですが心因性のED治療をしている病院は多いのですが、器質性のEDの治療をしている病院は見つかりませんでした。

 もし事故(器質性)による勃起不全(ED)の治療を手がけている病院がありましたら全国どこでもかまいませんので教えていただけたらありがたいです。
 回復はともかく、せめて正確な診断だけでもさせてあげたいです。
 また何かアドバイスだけでもしていただけたらありがたいです。
 どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回紹介させて頂いたのは、岡山大学病院ですが、
関西圏で申し訳ないですが、あと大阪中央大学病院、
神戸大学病院です。関東圏では、慶応義塾大学病院。
いずれも、男性性機能障害はもちろんのこと、
泌尿器系全般に於いて、お勧めできます。

Q追突事故にあい、相手保険会社の担当者ともめてます

7/29日、追突事故にあい、10:0で自分は完全な被害者となってます。

事故状況は渋滞中、強引に横入りし、失敗して軽いオカマ事故を相手が私にしてしまいました。

その日は物損事故扱いにしましたが、数時間後に首が痛くなってきたので、
即警察に電話をして報告し、後日、人身事故として警察に届けました。

7/30日に病院行く為に、相手保険会社に連絡してから地元の病院にいきました。


病院に一週間行った後、仕事が残業づくしになってきた為、病院だと仕事終わってからではいけなくなりました。
なので、以前事故をして行っていた整骨院だと時間がギリギリ行けるので、
こっちに行ってもいいかと担当者に聞くと、

「会社の都合で病院に行けないのは、知りません。
今行かれている病院の先生と面談をし、そこからわたくし共の方で判断しますので、
まだだめです。行ってもいいですが、面倒はみれません。面談はいつ行けるかわかりません。」

遠まわしに、行くなと言われている様にしか聞こえません。


とりあえず、時間的に病院に行けないので、自腹で何度か整骨院に行き、色々と相談しました。

院長さんは、
「絶対に来ても大丈夫です!あなたは被害者ですよ?普通は絶対大丈夫なんです。
時間的にも、やむを得ないなら尚更です。担当者変えてもらうか、しつこく粘ってみてはいかがです?」と。

そして盆が明け、8/21に担当者に電話すると・・・・
「部署、担当が変わりました。次からはこちらの用意させてもらう弁護士さんとお話を勧めて下さい。
弁護士は今休暇中で、一週間後に休みが終わります。私は相談しかできません。」

つまり、一週間放置状態になりました。

整骨院にいけるかどうかを聞くと、「面談後になります・・・・一ヶ月以上かかる場合もあります。」と。

もう・・・・ブチギレしそうでした。

被害者なのに、なぜ治療するのに実費をはらわないといけないのか。
なぜ担当者はあんなにつっけんどんなのか。
なぜいきなり弁護士(休暇中)に変更なのか。
なぜ、担当者に「この事故内容だと、整骨院は必要ないです。」と私の痛みを知らないのに、知ったふうに言うのか。
ちなみに、病院の先生には、整骨院に関しては、ご自由にどうぞといわれてます。



ここからが本題です。

1:もし、向こうの判断で整骨院に行っても治療費が出ないとなると、実費で出してる金額は、どうにもならないのでしょうか?
逆に、行ってもいいという判断になれば、この実費分は帰ってくるのでしょうか?

2:どこ調べても、整骨院は整形外科扱いになるので、行っても良いとかいてます。
無理なことは絶対ない。絶対いけると書いてます。
もちろん柔道のあの資格を院長さんはもってます。
絶対行ける方法とかあったらお願いします・・・・

3:最近は、すぐ弁護士をよぶのでしょうか?

4:そもそも、こういう対応が普通なのでしょうか?被害者なのに、すごく邪魔者扱いな感じです。

長文、失礼しました。

よろしくお願いします!!!

7/29日、追突事故にあい、10:0で自分は完全な被害者となってます。

事故状況は渋滞中、強引に横入りし、失敗して軽いオカマ事故を相手が私にしてしまいました。

その日は物損事故扱いにしましたが、数時間後に首が痛くなってきたので、
即警察に電話をして報告し、後日、人身事故として警察に届けました。

7/30日に病院行く為に、相手保険会社に連絡してから地元の病院にいきました。


病院に一週間行った後、仕事が残業づくしになってきた為、病院だと仕事終わってからではいけなくなりました。
なので、...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社は初めに事故を物損扱いにした後に人身事故に変更したことで、一種の「タカリ」と疑っている可能性が高いですね。
軽度の追突事故の場合には、事故当時はなんの痛みも症状も無いので「平気」だと思ってしまうので、以外に陥りやすいトラブルの一種です。
所謂「むち打ちの症状」(頸椎ねんざ)はレントゲンにも写らず、本人の申告しかありません。
「痛いのだから治るまでは・・・」と被害者の方は言うでしょう。そして「痛みが無くなればそれ以上の請求や通院はしない」とも言うでしょう。性善説で言えば・・・
これを性悪説で捉えると、「本人しか判らないのだからいつまでも・・・」となってしまい、その判断で揉めることは往々にして起こります。
恐らく、事故本体の車両の修理費用などは全額保険で賄われているのでは無いでしょうか?

状況的に言えば、保険会社は加害者の代理でしかありませんので、加害者に一旦は直接連絡をして交渉することです。
例)あなた(加害者)の保険会社から治療に関して理不尽な対応を受けているので、この状況が改善されなければ示談交渉には一切応じない。保険を使うかどうかは私(被害者である「あなた」)には一切関係ないことなので、今のような状況が続くのであれば、治療費・慰謝料・示談金など一切の費用請求をあなたに行うので、あなたの責任で支払いを行う誠意を見せて欲しい。
などと文書で伝えれば大体は解決する方向に向かいます。

念のため、最初に通院した病院で今通っている整骨院?に対しての紹介状を書いて貰ってください。


再度書きますが、保険会社が支払う保険金しか認められない訳ではありません。
被害総額の全額を加害者が支払う義務を負います。その中で加害者が加入している保険会社が認めた部分は保険会社が支払いますだけですので、当然不足分は加害者本人が支払う事になります。

参考になるサイトのURLを記載しましたので、お近くの法律事務所などに商談するのも良いでしょう。

参考URL:http://www.koutsuujikosoudan.com/

保険会社は初めに事故を物損扱いにした後に人身事故に変更したことで、一種の「タカリ」と疑っている可能性が高いですね。
軽度の追突事故の場合には、事故当時はなんの痛みも症状も無いので「平気」だと思ってしまうので、以外に陥りやすいトラブルの一種です。
所謂「むち打ちの症状」(頸椎ねんざ)はレントゲンにも写らず、本人の申告しかありません。
「痛いのだから治るまでは・・・」と被害者の方は言うでしょう。そして「痛みが無くなればそれ以上の請求や通院はしない」とも言うでしょう。性善説で言えば...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報