親の土地24坪に新築で建築予定です。自己資金はなく、大手ハウスメーカーと地元工務店のどちらに業者決定するべきか悩んでいます。大手ハウスメーカーは、契約金10万円入金後引渡しまで支払うお金は発生しません。日本住宅ローンのフラットで仮審査もOKが出ています。一方、地元工務店は上棟式のあたりで50%と引渡し時に残金という支払い方法です。銀行も確実なOKは出ていません(一時審査はOKで最終判断まで時間を要すると言われました)。大手ハウスメーカー曰く、「中間で支払いを要請してくるような会社は業界的にはありえない話で、危険。騙されないようにしてください。」とのこと。そう言われると確かに不安は拭えません。外観、間取りプランなど自由な地元工務店に気持ちは傾いていましたが、冷静な判断ができず悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

上棟式のあたりで50%というのはありえます。


別に騙している訳ではないと思います。

小さな工務店でしたら
月末や25日等にはいろんな支払いが発生します。(小さな工務店には限りませんが)
上棟が完了した時点で
地鎮祭費用、解体費用、縄張り遣り方費用、土工事費用、型枠鉄筋コンクリート費用、金物費用、構造材費用、木材費用、サッシ費用、ガラス費用、施工工賃などなど・・・
が、あなたの建物でかかっている費用です。

特に約束手形を扱っていない工務店では、ごく当たり前の事かもしれません。

ハウスメーカーあたりの方なら知っている事だと思います。

地元工務店の肩を持つ訳ではありませんが、
私には、そのハウスメーカーの方がノルマを埋めるために言っているように思えます。

地元工務店でしたら、そこの工務店が建てた建物を外観だけでも見に行ったり、評判も聞く様にした方がいいと思います。
    • good
    • 0

私もとても悩みました。


お気持ちわかります。
工務店さんのことは詳しくはわかりませんが、慎重に行くべきですね。
ここからが本番ですので、がんばってください。
私が参考になったHPをお知らせしますね。
http://www.chuumon-juutaku.com/

参考URL:http://www.chuumon-juutaku.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさま、たくさんの回答ありがとうございます。たいへん参考になりました。家族で話し合いの結果、工務店に業者決定いたしました。大手ハウスメーカーに契約をしない旨をお伝えしたところ、コストで納得がいかないのなら、柱でも壁でも減らしコストダウンをするのは可能ですよ!と言われ、絶句。そして、「見積もり書」を返却してくださいと言われました。見積って返却するものなの?と素人ながら思い、支店に電話をかけ担当者を介さずに事実関係を確認したいと申し出ましたが、担当者から直接返答の電話があり、客の申し出を無視するような会社を選んでなくて正解だったと思うと同時にかなり憤りを感じました。
家を建築するというのは、信頼関係も大事。素人ながらに知識も浅く、勉強してもなかなか理解できないこともたくさんあります。皆様に回答頂いたことで、前に一歩進めました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 09:59

このご時世、家を建てる方が非常に少なくなっています。

大手メーカーの営業マンも、必死なんでしょう。地元の工務店と大手ハウスメーカー。どちらも、メリット、デメリットがあると思いますが、最終的には、どちらの人間とつきあっていくか?という視点で考えれば、答えがでてくると、おもいますよ。『じっくり時間をかけてみる』と、見えてくるものがあります。一度そうしてみてください。あなたの事を数字ととらえているのか、親身になってお役に立とうと思っているのか・・・消費者も選定するのが難しい時代になりましたね。
    • good
    • 0

営業マン、特にハウスメーカー系は、口からでまかせ言うことも多いです。

特に他社批判は、程度が低い営業ほど、やりがちなので、話半分以下で聞きましょう。中間金がありえないなんて話は、聞いたことありません。
まあ、とりあえずその大手は、候補から外れたってことでしょう。
    • good
    • 0

 超大手ハウスメーカーの中には着工時50%上棟時25%完成時25%というメーカーもあります。

上棟時50%よりも条件はきついです。

 その大手メーカーは大うそつきでしょう。あなたも騙されないようにしてください。営業手法としてはハテナです。

 ただ、大手メーカーは客がごねれば完成時払いも認めるという会社は多いでしょう。

 完成時まで資金が要らないほうがつなぎ金利が安いのは事実でしょう。その代わり他が高いでしょうけどね。
    • good
    • 0

中間で支払いを依頼することはありえます(私もそうでした)。


>銀行も確実なOKは出ていません(一時審査はOKで最終判断まで時間を要すると言われました)。
が疑問です。
最初に契約金で数十万円(銀行の審査がダメな場合は返却されるはず)
銀行の最終的なOKが出来てから棟上、その時に準備していた自己資金数百万円を支払う。
引渡し時に銀行へ行って残金を支払う(銀行にローンが残る)
こんな感じだったような。
棟上式で50%との支払いのために、一度銀行でローン
引渡しの際に、残額の支払いのために、もう一度銀行でローン
というのがあるのかはわかりません。
引渡しまでの期間ですが、大手のユニット工法で行うと1月で完成するのが
大工さんでの構築になると数ヶ月かかる場合がありますので、そういった場合はありえるのかもしれません。
他の方の回答をしばしお持ちしてみてください。
    • good
    • 0

不動産業者です。


上棟時に50%なら過入金な訳でもありません。その時には木材関係
建材、設備などほぼ発注済みとなりますから。
大手の契約時小額現金の入金、引渡し時一括などは自己資金の少ない方
を契約誘導する為の手段です。そこを判断基準にされることはお勧めし
ません。それは家を引渡しされるまでだけのありがたい条件ではありま
すが、家は引渡しを受けてから長ーーく住まわれるものです。
フラットなどでも中間でつなぎを受けられるものもあります。万一銀行
が不調でもフラットでいけるでしょう。補正予算が通ればフラットも
100%融資可能となりますから、焦らず対策を立てましょう。
銀行融資の最終可否は建築確認済証や図面などが提出された後でなけれ
ば、降りませんので銀行の回答はそういう事だと思います。
フラット35の公式サイトで貴殿の地域で取り扱っている金融機関が
わかります、つなぎを実行しているようなところに電話などして条件を
聞いてみるのも良いと思います。
本当はその工務店さんが融資にも明るいと一番良いのですが、そこは
不動産屋やメーカーとはノウハウが違う分野なので、仕方ないでしょう
ご主人さんの仕事の伝で、資材問屋、メーカーなどの繋がりがあれば
そこに工務店の信用状況など聞いてみてください。現状がわかります
ご参考まで。
    • good
    • 0

>大手ハウスメーカー曰く、「中間で支払いを要請してくるような会社は業界的にはありえない話で、危険。

騙されないようにしてください。」
そう言う人のほうがよほど信用できません。
地元工務店あたりでは中間でお金を入れるということは決してめずらしくないです。業者側からすれば全部建てるまでお金が1円も入ってこないというのはリスクが大きすぎます。
地元の工務店の場合は昔からその土地でずっとやっていて大きな問題を起こしていないこと。(そこで建てた人に聞いてみるのもよいかもしれません)
問題はこういう不況ですから、今現在の経営状態というのは何とも言えません。(これは大手でもある意味同じですが)

それより自己資金なく、ということですが、家を建てるときやはり1割くらいは現金必要になってきますよ。手続きやら、追加工事、引っ越しやら・・。大丈夫ですか?老婆心ながら
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nabituma様、早速の回答ありがとうございます。
中間金は珍しいことではないのですね。少し安心しました。
主人は会社を経営しており、中間金のことについて「同じ中小企業感覚で考えれば理解ができる。出来れば地元の業者に依頼してあげたい」と最初から話していました。多くの地元工務店の中から選択したA工務店、地元では50年。マンションなども扱っている会社で悪い噂も聞こえてこない・・・ということで、相談に行きました。
自己資金については、新築などと無謀な計画とはわかっていますが、ローンに組み込んでもらい支払いのメドをつけました。我が家が支払いできるのは、ボーナスなしの月々11万円。3000万円前後で話が進んでいます。家計を任されるものとして、多少の不安を抱えながらの建築です。

お礼日時:2009/05/23 10:58

地元の工務店というのはそんなに大きな規模ではないのでしょう。


建築資材を買ったら資材の代金の支払いは必要なわけで、その部分は工務店の一時的な立替になるわけです。
いわば運転資金といわれるもので、大手ハウスメーカーなら運転資金もあるというかその規模にものを言わせて、必要であれば銀行借り入れもするでしょう。
(その際の借り入れ金利はわからない程度に建築代金に上乗せされていると思いますけど)
規模の小さな会社ほど運転資金に苦労するものです。
    
ではないかと私は思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

k-josui様、回答いただきましてありがとうございます。
地元工務店は大きくもなく小さくもなく・・・・で、マンション建設や公共建設などに実績がある会社です。さほど小さくはない会社が、強く中間金を言ってくることに不安を感じたので、迷いが生じていました。
運転資金に関して主人も理解を示しているものの、大きな借金を背負って建物工事が途中でストップしてしまったときのリスクを考え、業者決定の決断ができずにいました。
一概に、主人も理解を示す中間金が悪いものではないということが、第三者のご意見を頂戴することで、家計を担う私にとって貴重なアドバイアスになりました。

お礼日時:2009/05/23 11:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン借り換えについてです。 住宅ローンを2千万、金利10年固定の1%で30年借りたとします

住宅ローン借り換えについてです。


住宅ローンを2千万、金利10年固定の1%で30年借りたとします。年金利20万ですよね?
月々返済6万7千くらいだとおもいます。
もし、15年後、残り1千万の時にローンの借り換えをしたら、今度は1千万に対して1%の金利になるので、金利は変わらなくても安くなりませんか?
自分の計算だと月返済が6万3千円ななるのですが。
考えが甘いですかね?

Aベストアンサー

No.1 Moryouyouです。

>元利でも、支払う利子はどんどん減っていくんですか?
元利均等払いは、先述の月々の返済が
64,280円でこの内訳として金利の割合が
高いのですが、月毎の利子が返済額の
内数になるわけです。
残高が減っていくに従って、利子も
減っていくわけです。

回答で以下の考慮が抜けていました。
ご注意ください。
『金利10年固定の1%』
ということであれば、10年後に
金利は見直されます。

最初の回答はずっと1%の固定金利の
場合です。
その前提ならば、月64,280円の返済で
30年です。

フラット35ならば、いけそうですが...
以下などでご検討ください。
http://kakaku.com/housing-loan/list/list.asp?hl_ltype=2&hl_pref=0&hl_ccd=001.002.003.004.007.006.013.008.017.014.015.020&hl_vrate_s=00000000l00&hl_trgirate=1

Q遠隔地での新築 地元工務店?大手ハウスメーカー?

2年後を目安に新築を考えています。今は転勤で地元に居ませんが、立てるのは実家敷地内のつもりです。そこでいろいろ私なりに調べましたが遠隔地のため、それだけで悩む事が多くて・・。
自分の中でいろいろイメージした家の理想像があり、寄り添って考えてくれたり、こちらの要求を迅速に満たしてくれるようなコミュニケーションが取れる事を希望しています。そうすると地元の工務店が良いように思いますが、工事のチェック(実家は知識も無く、あまり頼れそうも無いので)など不安になります。資料の要求をしても送っても来ない工務店もあります。
その点大手ハウスメーカーは、やはりある程度の信用もあるし、遠隔地でも設備が体験できたり選べたり出来るという利点があります。しかしこちらのイメージを伝えて寄り添って考えてくれるという点では、規格に縛られて難しいように思えるのです。
そこで、お願いします。遠隔地からの新築を経験した方や、遠隔地からの依頼で施工された方の体験談など参考にさせて下さい。なお長期の休み(子どもの夏、春、冬の休み)には帰ることが出来ます。

Aベストアンサー

関東に長らく住み、九州に昨年家を建築しました。

当初から土地を含めて、大手ハウスメーカー以外は考えませんでした。
請負契約書の作成(家の構造、瓦の選定、外壁の部材と色、床材、サッシュの色-遮熱、断熱、防犯ペアガラスの選定、風呂場、脱衣場、キッチン、間仕切り、コンセントの位置、照明、壁紙、カーテンの選択、エコキュート、ケーブルテレビの引き込み、光電話の引き込み、外構-これだけで半日かかりました、建築確認申請、架設電気、架設水道などの申請などなど)、地鎮祭(地縄はり、着工前建築確認を含む)にはじまり、完成時には、市役所から課税評価の調査、電気契約(オール電化のため、ガスは引いていません)、家屋の表示登記、保存登記などで、東京、九州間を約10往復(6月打ち合わせからから翌年1月の竣工までに)いたしました。

建築途中は、現場監督の工務担当が、デジタルカメラで、逐次報告してくれました。

地場の工務店にきめ細かい自分の好みの家を建てるか、大手ハウスメーカーを選択するかは、好みの問題ですが、私は、大手のハウスメーカーを選びました。全体的に地場の工務店より高いのですが、品質が安定していることと、アフターケアがしっかりしていることかと思います。しかしながら、遠隔地から、全てお任せということは無理だと思います。
工場見学も行い、製品そのものを実際に見せてもらいました。

以上参考までに。

関東に長らく住み、九州に昨年家を建築しました。

当初から土地を含めて、大手ハウスメーカー以外は考えませんでした。
請負契約書の作成(家の構造、瓦の選定、外壁の部材と色、床材、サッシュの色-遮熱、断熱、防犯ペアガラスの選定、風呂場、脱衣場、キッチン、間仕切り、コンセントの位置、照明、壁紙、カーテンの選択、エコキュート、ケーブルテレビの引き込み、光電話の引き込み、外構-これだけで半日かかりました、建築確認申請、架設電気、架設水道などの申請などなど)、地鎮祭(地縄はり、着工前建築確...続きを読む

Q私は一軒家を持っています。今年から住宅ローンの金利が上がるので借り換え

私は一軒家を持っています。今年から住宅ローンの金利が上がるので借り換えをしようとしてました。しかし、急遽転勤で家族帯同で引っ越すことになり、借り換えの審査の対象にもなれませんでした。その家に誰も住んでいなくても借り換えをしてくれる銀行はないのでしょうか?
家は北海道千歳市にあり、私達家族は北海道稚内市に住んでいます。
ローン残高は3千万円です。

Aベストアンサー

融資は居住していることが条件ですから、取り合ってもらえる銀行はないでしょう。賃貸運用もされないのでしょうか。そうなりますと、転居先の家賃(あるいは住宅ローン)と住宅ローンを同時に支払うことになりますよね。

いずれにせよ、二重ローンで借主の返済が苦しくなることが分かれば、銀行側のリスク負担の面で借り換えによる金利低減は難しくなります。下手に相談すると逆に、金利を上げられかねません。

北海道は賃貸事情が厳しいと聞いていますから、賃貸は難しいかも知れませんね。それ以外の方法では土地建物を何とか売却して、現在の住宅ローン(の一部)を解消するするしかなさそうです。良いアイデアは思いつきません・・・

Q大手ハウスメーカーと比べての地元工務店のデメリットを解消したい

工務店に気持ちが傾いてますが、大手ハウスメーカと比較すると、工務店のデメリットは外観、間取り、デザインと聞いたことがあります。それを解消する方法はあるのでしょうか?考えた方法としては、設計や見積もりを大手からもしてもらい、そのアイデアをもらって良いところを参考にして工務店で建てる、ということぐらいでしょうか?でも、契約前の見積もりや間取り設計などは、どこまで具体的にしてもらえるのでしょうか?外壁、床材、壁紙の色など、すべてを決めての見積もりじゃないと正確な値段は分からないと思いますし、そこまでトータルデザインしてもらえるならそのアイデアをもらって建てれば、工務店で建てても見た目には大手ハウスメーカーと全く同じものができるのでは?とも思います。大手ハウスメーカーじゃなくて工務店で建てても外観、間取り、デザインがかっこよくなる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

質問者さんがどんな建物を建てたいのかにもよるのですが・・。

大手メーカーでも地場工務店でも設計事務所でも、どこに頼めば完璧なのかというのも、実はないと思います。

まず、大手メーカーの場合ですが、監理状態がしっかりしてないと欠陥を作ることがあります。
いつも思うのですが、展示場はかなりお化粧部分で、内部がどうなっているのかわかりません。
最近は高耐震、高耐久、エネルギー基準次世代仕様と、看板だけはいいことずくめですが、実際に設計を頼むのは外部のとこもあるし、図面だけでもう看板の仕様がないとか、下請けのレベルが低くて看板どおりの製品にならないとか、そういうことが問題になります。
設備品に関しては、多く手がける設備品や部材に関しては大量注文するが故に安くなることがあります。

地場工務店の場合は、やはり年間棟数が少ないだけあって、製品にばらつきがあり、地場とまとめられないくらい下手糞な工務店、うまい工務店と別れますね。大手でも、結局は下請けが仕事をしますので、こればかりは着工してどういうレベルか見ないとわかりません。
ですが、ポイントとしては、しっかりとした図面を出すとか、着工前の誠実さである程度はわかります。
けど、ひどいとこはどうにもならないくらいひどい工事しますね。

最後に設計事務所の意匠建築ですが、これも建築家によりますね。
結局は工務店にやらせることもあり、どの程度現場を建築士が監理するかにより、大きく建物の質が違ってきます。
最近よく思うのは、意匠建築はたまに耐震性を無視してデザインを重視して建物を作る傾向があります。
見た目はいいんですが開口部が多すぎて耐震性がいまひとつだろうとか、そういう建物もたまにありますね。
意匠建築士は設備やデザインには強いけれど、法規や構造に弱いというところがあります。
ですからデザイン重視もほどほどです。
建物はシンプル、真四角、寄せ棟などの普通の家がやはり耐久性はあります。

壁紙に関しては、予算があればいろいろできますが、普通は国産品のリリカラやサンゲツを使うのがほとんどで、国内品だけでもいろんな種類がありますし、どんなデザインも組み合わせさえよければ自由なイメージが作れると思います。

建築屋というのはすごく特殊で、要望したものとは全く別物の不良品をつかまされることがあります。
それを避けるためには、ある程度勉強して、建築基準を知ってしまうことです。

私も今建築中なのですが、不備がないように最初からメーカーや職人に基準を指定してます。それでもいくらか小さなミスはありました。
ネットでセルフビルドで家を建ててる方などもいますが、基礎から設計までやってしまい、設備品の施工方法などはしっかり勉強されてます。
そういう方の日記はとても参考になるし、下手な建築屋よりもうまいです。

施主が基準を勉強してるのは強みです。
また、フラット35などの技術基準書も住宅金融支援機構から発売されているので、これから建築されるのでしたら入手することをお勧めします。

参考になればよいですが・・。

質問者さんがどんな建物を建てたいのかにもよるのですが・・。

大手メーカーでも地場工務店でも設計事務所でも、どこに頼めば完璧なのかというのも、実はないと思います。

まず、大手メーカーの場合ですが、監理状態がしっかりしてないと欠陥を作ることがあります。
いつも思うのですが、展示場はかなりお化粧部分で、内部がどうなっているのかわかりません。
最近は高耐震、高耐久、エネルギー基準次世代仕様と、看板だけはいいことずくめですが、実際に設計を頼むのは外部のとこもあるし、図面だけでも...続きを読む

Q住宅ローン借り換えで最優遇金利を繰り返し使うことはできますか?

今、住宅ローンを組もうとしている者です。
不動産屋さんからのアドバイスで、住宅ローンは3年固定で最優遇金利1・3%を適用し、その期間が終われば別の金融機関に借り換えし、その金融機関の最優遇金利をまた利用する。そのようにして、3年サイクルで借り換え(A社⇒B社⇒C社⇒A社…というふうに)をして、それぞれの最優遇金利を使用するということでいくと、ほぼ2%未満の金利で元金を減らしていけると言われました。

話だけ聞くと納得できますが、あらゆる銀行の金利が2・5-3・5%という金利をHPなどで打ち出している中、こんなうまい話があるものなのでしょうか。不動産屋さんの言う通りなら金利1%は安く済ませられるわけですが本当でしょうか。
住宅ローン破産は、最優遇金利期間の3年間が終わり、金利が跳ね上がってから払えなくなって、陥ってしまうケースが多いと聞きすし…。この辺の実情をもしご存知の方がいれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も個人的には今の低金利を活用するほうが、長期固定よりも得になる可能性が高いとは思います。

但し、その不動産屋が言うような、金融機関の借り換えをするのには、リスク(その都度審査がある)と費用(他の回答者さん参考)があります。

従って、最初の3年だけ安い金利の制度を使うのではなく、借入期間ずっと金利優遇(金融機関によって差はありますが、1.0%~1.3%の全期間優遇もあります)の金利水準で考えたほうが安心です。

また、将来的な資金計画においては、2.5%ぐらいで返済額をシュミレーションして、それを前提に考えておく事が重要だと思います。

総じて、その不動産屋は不親切(売るときのことしか考えていない、もしくは知識不足)だと思います。

Q建替えについて、地元工務店か大手ハウスメーカー

36坪の家の建替えを考えてるんですが、大手ハウスメーカー3社ぐらいに見積もりしましたがどれも2500万~3000万でした。地元工務店とか、設計事務所ならもっと安いんでしょうか?それとも似たりよったりでしょうか?それぞれの長所、短所、また、お勧めや失敗談などいろいろ聞かしてください。

Aベストアンサー

工務店に勤めてるものです。
以前はハウスメーカーにも勤めてました。

値段だけなら工務店の方が安く出来るでしょう。
ただし#3の人も経験があったように程度の悪いところもあるから気をつけましょう。
どのように気をつけるかというと、1社だけではなく色々なところから見積りや設計を頼むといいと思います。
施工に関しては大手がいいというわけではありませんが、ある程度のレベルは確保できます。
工務店はいいところはとてもいいのですが悪いところはとことんだめ。

あとは工務店なら担当者プラス社長。
ハウスメーカーなら担当者。
この辺が信用に足るか足らないかの判断もあります。

みんな家を建てるのが仕事ですが、建ててからのアフターも重要な仕事になります。
そういう意味ではハウスメーカーの方に軍配が上がります。

色々悩むのも楽しいものなので、勉強しながら家造りを楽しんでください。

Q住宅ローンの借り換え?変動金利?固定金利?

ローン契約直前で激しく迷っています。

今は全額を変動金利にしていますが、
社会の現状を考えると、国の格付けが下がって金利が上がるのでは
ないかという心配がわき上がってきました。

(恥ずかしながら経済に疎いのでこれ自体妄想だとしたらご指摘ください)

いざとなったら住宅ローンを借り換えればいいのかな?
と思うのですが、借り換えは「全額借り換え」でなければ通らないのでしょうか。

たとえばローン総額3000万中で2000万円が限度額と判断されたとして、
その2000万円だけを他行で借り換えて、フタマタで返済する事も可能なのでしょうか。

アドバイスいただけると有り難いです!

Aベストアンサー

いざとなったら住宅ローンを借り換えればいいのかな?>
変動金利が上昇して来た時、固定金利は先に上昇しているでしょうから時既に遅しでしょう。。でないと、みんな変動金利で借りれば損しないことになりますので。

と思うのですが、借り換えは「全額借り換え」でなければ通らないのでしょうか。>
一部繰上返済は出来るので、あとは新たに借りる銀行の審査に通るかどうかです。二番抵当では貸してくれない可能性がまずあります。

たとえばローン総額3000万中で2000万円が限度額と判断されたとして、その2000万円だけを他行で借り換えて、フタマタで返済する事も可能なのでしょうか。>
先に借りている金融機関は繰上返済するだけなので、何の問題もありません。新しく借りる金融機関で2000万円貸してくれるとして、それがあなたの限度額なのか、それとも残りの1000万円の借金を差し引いてのものかが問題です。前者なら全額繰上返済しないと無理ですし、後者なら抵当権の問題以外は大丈夫でしょう。審査は他の借金も勘案するのが普通です。

住宅ローンの借り換え?変動金利?固定金利?>
そもそも変動金利での返済額でしか払えないようでは無理なローンです。金利が上昇すれば破綻する可能性が高いです。
試算では全期間固定金利でも無理のないローンにしておき、その上で変動金利を選択するなら差額を貯蓄しておき将来の金利上昇に備えないと安心出来ないでしょう(一部は繰上返済)。ここでいう無理のないローンとは、全期間固定金利で定年までのローンを組んだ時に収入の20~25%以内(年収により変動)の返済額になる借入金額が目安です。現在の家賃殿の比較も必要で、これより数万円少ない返済額である必要もあるでしょう。これは、今まで掛からなかった固定資産税(年10万円~)や修繕費用(10~20年毎に100万円単位、マンションの場合は修繕積立金や管理費等)が掛かるようになるからです(毎月掛からない費用は、毎月積み立てるように計上しておくと安心)。この他に、いざという時のために生活費の半年から1年分以上は常に現金で置いておきたいところです(住居の購入に関係なく、減給や失職に対処するため)。あとは頭金を物件価格の20~30%以上は最低払ってローン残高>物件価値にならないようにしておけば、いざという時に売却して精算出来るので安心です(逆だと、差額の現金を用意しないと売ることすら出来ない)。
人生を左右する借金をするのですからこの程度のリスクヘッジは必要で、このくらいの試算にしておけば金利タイプは自由に選んでも問題ないと思います。将来の金利が分かる人は居ませんのであくまで自己判断ですが、金利が高くても総支払額が決まっている安心を取るか、変動金利で総支払額が少なくなるかの賭けをするかです。ただ、どちらが得かは完済するまで分かりませんが…。

いざとなったら住宅ローンを借り換えればいいのかな?>
変動金利が上昇して来た時、固定金利は先に上昇しているでしょうから時既に遅しでしょう。。でないと、みんな変動金利で借りれば損しないことになりますので。

と思うのですが、借り換えは「全額借り換え」でなければ通らないのでしょうか。>
一部繰上返済は出来るので、あとは新たに借りる銀行の審査に通るかどうかです。二番抵当では貸してくれない可能性がまずあります。

たとえばローン総額3000万中で2000万円が限度額と判断されたとして、...続きを読む

Qハウスメーカーvs工務店vs建築家? ローコスト住宅のハウスメーカーなどは材質などがあまり良くない

ハウスメーカーvs工務店vs建築家?

ローコスト住宅のハウスメーカーなどは材質などがあまり良くないと聞きました。
大手ハウスメーカーは広告費が(~_~;)

工務店は、ローコストだが欠陥住宅が多いと聞きました。
建築家は、設計などに別途お金がかかる。
ネットで調べてもすごい数の業者さんなので、どうやって探したらいいのでしょうか?

なるべく安く、でも耐震性や材質などのコストダウンをしていなくて(できれば重量鉄骨)ビルトインガレージの建築が得意なおすすめの業者さんはいないでしょうか?
東京、神奈川あたりで。

Aベストアンサー

はじめまして、住宅アドバイザーのしかまと申します。

一戸建ての住宅であれば、コストや耐震性・また住宅建築後のアフターや保証など総合的に考えてみると軽量鉄骨系の大手プレハブメーカーがお勧めできます。地元工務店・建築家設計の家・大手木造メーカーなど多くの建物の基礎から躯体・竣工検査までしてきた中での経験から言えることです。私自身も、お金があれば軽量鉄骨系の大手プレハブメーカーさんのお家を購入したいです。ただ、設計時の間取りの自由度は、在来木造や重量鉄骨・鉄筋コンクリートのラーメン構造よりは劣ります。もちろん、リフォーム時も同じことが言えます。しかし、万が一売却するときも大手プレハブメーカーさんの家は値下がりが低く、また固定資産税も重量鉄骨・鉄筋コンクリートの家より安いですよ。工場で大部分を造ってくるので、現場での施工ミスも少なく、平均して瑕疵(欠陥)が少なくなります。ビルトインガレージも、あまり大きな間口を希望しない限り可能です。日本における度重なる大地震でも、軽量鉄骨系の大手プレハブメーカーさんの建物の被害は極めて少ないです。
積水ハウス・積水ハイム・大和ハウス・パナホーム・ミサワホーム(セラミック系)さんなどはお勧めですよ。

ご健闘、お祈りしております。

はじめまして、住宅アドバイザーのしかまと申します。

一戸建ての住宅であれば、コストや耐震性・また住宅建築後のアフターや保証など総合的に考えてみると軽量鉄骨系の大手プレハブメーカーがお勧めできます。地元工務店・建築家設計の家・大手木造メーカーなど多くの建物の基礎から躯体・竣工検査までしてきた中での経験から言えることです。私自身も、お金があれば軽量鉄骨系の大手プレハブメーカーさんのお家を購入したいです。ただ、設計時の間取りの自由度は、在来木造や重量鉄骨・鉄筋コンクリートのラー...続きを読む

Q住宅ローンの借り換えで公庫買取型の全期間固定金利ってありますか?

銀行の相談口や住宅ローン相談サービスに質問しようと思ったのですが、
結構詳細な個人情報を登録しないといけなかったもので、
こちらで基本的な知識を伺えればと思っています。

現状約1,800万を30年間 長期固定金利3.3%(公庫買取型)で日本住宅ローンより借入しています。

先日(4/5?)の日経新聞にも出てましたが、最近銀行やノンバンクで公庫買取型の
長期固定金利が2%台で出ていますが、

(1)借り換えにも適用されるのでしょうか?
(りそな銀行が2.9%ぐらいであったように思いますが、)

(2)他行やノンバンク系でオススメ(金利が低く、長期固定)の借り換えローンありませんか?

(3)借り換えした場合、ローン控除は受けられますか?

(4)控除を受ける場合はまた確定申告が必要ですか?(年末調整で控除可能か?)

(4)借り換えした場合、火災保険は再度加入しなければならないのですか?(今までのものを継続可能か?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)借り換えにも適用されるのでしょうか?
公庫のものは直接・間接(債権買取型)を問わず借り換えにはご利用できません。

>(2)他行やノンバンク系でオススメ(金利が低く、長期固定)の借り換えローンありませんか?
三井住友銀行が3%弱で出しています。これが全期間固定で借り換えできる最低金利でしょう。
(もしかすると地元信金や農協にもあるかもしれませんが)

>(3)借り換えした場合、ローン控除は受けられますか?
次の住宅ローンが適用を満たせば受けられます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1233.htm

>(4)控除を受ける場合はまた確定申告が必要ですか?(年末調整で控除可能か?)
先のURLに書いている通り、原則は借り換えローンは適用対象外なので、いったん白紙に戻して再度借り替えたローンについても適用という形になりますから、税務署への手続きが必要です。

>(4)借り換えした場合、火災保険は再度加入しなければならないのですか?(今までのものを継続可能か?)
ケースバイケースです。公庫の火災保険は当初の満期まで継続できます。それより次の借り換え先が承認するかどうかという問題です。銀行によっては加入していればそれだけでOKという場合もあります。

>(1)借り換えにも適用されるのでしょうか?
公庫のものは直接・間接(債権買取型)を問わず借り換えにはご利用できません。

>(2)他行やノンバンク系でオススメ(金利が低く、長期固定)の借り換えローンありませんか?
三井住友銀行が3%弱で出しています。これが全期間固定で借り換えできる最低金利でしょう。
(もしかすると地元信金や農協にもあるかもしれませんが)

>(3)借り換えした場合、ローン控除は受けられますか?
次の住宅ローンが適用を満たせば受けられます。
http://www.taxanswer.nta....続きを読む

Qハウスメーカーか、地元の工務店か

2年後を目処に住宅の建替えを検討しています。

住宅展示場を回り、ハウスメーカーでは、木造の
住○林○、コンクリート系の○ー○ルハウス、
パ○ホ○ムあたりに当たりをつけようと思うのですが
皆さんのご意見を見ていると、地元の工務店を押す声が
度々見かけます。

選択肢として工務店も見てみたいのですが、工務店
の場合、当たり外れがありそうなのと何をポイントに
見極めてよいのかわかりません。

東京町田近辺で工務店を探そうと思うのですが、
仕事の良し悪しを見分けるためのポイントや工務店で
建ててみてこんな所が良かった、ここは信頼できる
など教えて頂けないでしょうか。

ホームメーカーとの付き合い方の勉強にもなると良いな
と思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自宅が築10年になります。友人も数人異なったメーカーで新築してます。新築時の悩みだけでなく友人の意見、それなりの期間済んでみての意見も含めてカキコします。

1.住宅はメンテナンスが大変
自分も友人も全員がこれを問題にします。極論すれば、新築時に多少差があることはしばらくすれば慣れますが、住宅メンテナンスが必要な場合、確実に手間とかなりな費用が発生するので考慮するべきかと。
例えば、外壁の塗り替えが必要かどうか?外壁の種類によって10年以内に全面塗り替えが必要になるものとそうでないものがあります。その際の費用は100万オーダーです。塗り替えが必要な住宅のメーカーではあまり説明されません。ここらを提案してくれるメーカーさんはポイント高いです。

2.自分の希望が正しいか?
建て売りではないので、自宅の間取り、外観に対する夢や希望が満載かと思います。しかし費用も建坪も建築条件もいろいろ制限があります。これらを全てまとめて建築案ができるわけです。でも自分の希望が失敗であることが結構あります。例えば、メーカー提案に無い条件で、無理を言って吹き抜けを作ったが、夏は暑く冬は寒くなるのでその環境維持にとても費用がかかることなどです。過去のノウハウや情報をきちんと提示してくれるメーカーさんがポイント高いです。

3.仕事の善し悪しは大工さんによるらしい?
住宅メーカーだろうと地元工務店だろうと、実際にその家を作るのは大工さんです。しかも工場管理されているわけでは無いので、大工さんの技能が家のできを左右するわけです。どれだけ事前設計を頑張っても、大工さんの技能によりあたりはずれが大きいことはあります。これを避ける為には、工場で作られた家のメーカーを選択することも考慮しても良いかと。

4.定期的に相談できるか
建ててからいろいろ不具合でます。大手メーカーの中には毎年営業がチェックに来るところもあります。細かい不具合はこんな時に相談しやすくてとても助かるそうです。また、建てたメーカーが倒産したら自宅の情報は紛失しますよね。不具合の相談等でとても心配になります。会社の倒産は予測できませんが、確率では大手が安心では。

5.工務店か大手メーカーか
個人的見解では、当たりはずれの大きそうな工務店より、多少自由がきかないかもしれないが大きなはずれのなさそうな大手メーカーを選択します。
営業さんの定期チェックも、また会社規模を考えると、工務店さんが行うことは会社体力的にむずかしいと思います。
大手メーカーの標準設計は面白みにかけますが、過去のノウハウが反映されているものです。このような案なら大きなハズレはないかな。

6.営業さんは重要(あたりまえか)
営業さんとの相性は重要なポイントです。
最初は対応に差がないかもしれませんが、具体的な話を進めていくうちにだんだん差がわかるようになります。あまり初期に1社だけに絞らず途中まで複数社の営業と具体案を検討してみてはどうでしょう。ポイントはこちらの希望を適度に実現しつつ、その会社のノウハウも反映させることができる方がいいかな。
施主は付け焼き刃でちょっと勉強したことでも押しつけ提案することがあると思います。営業さんはお客さんですから、はなから否定するわけにもいかず、でも良くない提案はとぼけたりするかも。
でも自分に合う営業さんはその交渉していくうちにわかると思います。そのような営業さんと一緒にやれるといいですよね。

何か参考になれば幸いです。

自宅が築10年になります。友人も数人異なったメーカーで新築してます。新築時の悩みだけでなく友人の意見、それなりの期間済んでみての意見も含めてカキコします。

1.住宅はメンテナンスが大変
自分も友人も全員がこれを問題にします。極論すれば、新築時に多少差があることはしばらくすれば慣れますが、住宅メンテナンスが必要な場合、確実に手間とかなりな費用が発生するので考慮するべきかと。
例えば、外壁の塗り替えが必要かどうか?外壁の種類によって10年以内に全面塗り替えが必要になるものと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報