最近、手仕事に転職してから、たびたびペンで文字を書こうとすると手が震えます。
普段も手がだるく、違和感があり、力も弱くなってきているのか物をよく落とします。
病院で診てもらったのですが、レントゲンでも何もなく、リュウマチ検査もしたのですが、異常が無いとの事
知り合いからは、年齢的に筋肉が衰えて来ているからじゃないかと…
静養したらいいのか?鍛えたらいいのかがわかりません。
どうしたらいいのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

整形外科に行ってもMRI画像診断くらいしかやらないです。


診断が出来る医師を探すほうが難しい。
診断が出来る医師はヘルニアとか骨変形症はその場でどこの骨・神経が悪いか画像よりも確実。
理学療法でもマッサージが含まれます。
肩こりの状態から見てもやはり休養か,マッサージがいいと思います。
指先を使う人の職業病ですね。
近ければその場で治せますが・・
お大事に
    • good
    • 0

だるさ、違和感、力の衰えとレントゲンで判明しなかったという、


同様の自身の体験を元にしますと、頚椎ヘルニアが疑われます。
頚椎ヘルニアは、MRIにより判明しました。
ただ、手の痺れ感はあっても、震えはありませんでしたので、
頚椎ヘルニアが消去されれば、脳神経科の受診をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頚椎のMRIは調べて、一応異常はありませんでした。
脳神経科は、まだ行っていないので、そちらも一度行って見ます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 18:01

痺れはないですね?ご年齢やこの症状が出る前の腕の状態がわかりませんが,


手仕事になれないでいると使う筋肉が異なりますので,神経と筋肉の連絡バランスがなくなりそのような症状になることがあります。
力仕事をしたあと文字を書こうとすればそうなりますよね?
肩はあがりますか?力を抜いて肩を上下に動かすと音はしませんか?
民間療法ですが,手の平をマッサージしたり,指圧してみてください。痛いところがあればゆっくりと押したり離したりします。
前腕が凝っていると思います。特に上側で,人差し指と中指を使う場合。
PCのキーを使いすぎると腱鞘炎になるとか言いますが,通常は筋肉不足。指先を酷使すると最後にはわきの下の神経節にまで影響します。
シップをしたり,指を引っ張ったり,肩を回したり,グーとパーを繰り返したりしてみてください。
筋力に関しては握力を測れば分ると思います。
上腕筋の物を引き上げる力自体はおちていますか?落ちていればある程度の強化が必要と思います。首も凝ります。
概況筋の肩の付け根,肩の横外側,肩の肩甲骨側を押してもらって痛い所があれば,全腕疲労で治療が必要と思います。血流も悪くなっている場合があります。整形外科医でもそのくらいは診断がつくはずなのですが???
名医といってネットで引っかかるような整形外科医でも診断力はなかった経験がありますのでレベル低下ですね。
ご自愛ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
肩は上がりますが、肩首の凝りがヒドいので上下に動かすとポキポキ言います。手の平をマッサージして、疲れない程度にグーパーしてみます。
中々良い病院にはめぐり会いませんね、もう一度他の整形外科にも行って見ます。

お礼日時:2009/05/24 17:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脳ヘルニア<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    脳ヘルニアとは  頭部外傷によって、頭蓋骨よりも内側(頭蓋内)に血腫や脳のむくみ(脳浮腫(のうふしゅ))が生じると、脳は硬い頭蓋骨で囲まれて余計なスペースがないため、頭蓋内の圧が高まり(頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん))、軟らかい脳はすきまに向かって押し出されます。  組織が押し出されることをヘルニアといいます。押し出された脳は深部にある生命維持中枢(脳幹(のうかん))を圧迫し、呼吸や心臓の機能...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頚部脊柱管狭窄症から手の震え

頚部脊柱管狭窄症から手の震え
頚部脊柱管狭窄症と診断されました。この病気から手の震えは起こるのでしょうか。また緊張で増大したり、何かをした時だけに起こるものですか?
あと、この病気から起こる症状をあったら教えてもらえないでしょうか。

調べても難しい言葉でしか解説されていないサイトが多く、ここで質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になるかわかりませんが、私は頸椎後縦靭帯骨化症という病名を診断受けました。症状としては手(指)、足(指)の痺れ、脱力感、肩こり、背中の痛み、腰の痛みがありました。もっと悪化の場合は排尿障害があると言われましたが、手術をしまして痺れのみが後遺症で残っておりますが満足してます。tokigawaさん言われてるよう手の震えというのはありませんでしたよ。もし心配のようなら検査してもらったほうがいいと思います。

Q頸椎の椎間板ヘルニアは安静で治りますか?

寝起き首の激痛で病院に行きました。

頸椎の椎間板ヘルニアと診断されました。
首の第6と7番目が飛び出ていて神経を1本悪さしているという説明でした。
症状は片側の肩の痛みと同側腕の痛み、親指・人指し指・中指の3本の痺れです。特に人指し指の痺れがひどく張った感じがあります。

病院ではこの程度の症状なら薬で治る場合もあるとのことで、現在痛み止めと筋肉を和らげる薬を飲み安静にしています。

医師が嘘をついているとは思っていませんが、本当こんなものなのでしょうか?
また私の様な低度の症状の治療方法が他にあれば教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヘルニアは自然治癒することが分かっていますので、基本的には保存療法で進めています。保存療法で効果が認められなく、症状が強ければ手術という方法もあります。

一般的な保存療法は薬(神経の回復を促す薬、末梢神経に作用するお薬、痛みを取るお薬、ステロイド)、ブロック注射、電気や牽引などリハビリ、鍼治療などです。


ご自分ではまず枕が大事なると思います。枕とは医学的に見て結構重要なアイテムで、けしておろそかには出来ません。ですから当然選ぶ時も正しい 知識を持って、じっくり選ぶ必要があります。これを誤れば、寝違い、慢性的な肩コリはもちろんですが、変形性頚椎症など、頚椎の退行変性を早めてしまう可能性が非常に高いわけです。 「全身性の疾患の原因に成りうる」 と説く医師もいるほどです。

では 「最適な枕とは?」 ですね。枕の選びの条件は以下のとおりになります。

・少し厚みがあるもの
・波型など形がついていないもの
・頭の重みで形が変わるもの
・寝て気持ちがいいもの

高さの簡単な目安は横向きに寝たときに、頭が真っ直ぐになる高さ(上がったり、下がったりしないもの)がいいとされています。素材は個人的にそば殻が優秀だと思っています。低反発や高反発は避けたほうが良いかもしれません。しかしどんな素材でも経年のへたりが出てきます。数年おきに新しいものに 変えるのも重要です。

ではどうして低すぎる枕、形の付いた枕や枕なしがダメかご説明します。これらの方法で仰向けにねると、頚椎は前に膨らむようにカーブしてしまいます。頚椎には全身に行く神経の束、脳に行く動脈などがあります。この状態はそれらの走行を妨げる結果になります。例えば頚を上げるような高所の作業は、短時間でも辛いですし、長く続ければ手の痺れ、立眩みなど起こりえます。きっとご経験している方も多いと思います。ここまで極端ではなくても、似たような状況を作り上げる結果になっています。毎日何時間も頭を支えるものですから、その影響もとても大きなものになります。


整体やカイロプラクティックなどは無資格なので大変危険が伴います。これは厚生労働省も警告していますので絶対に行かれないでください。整骨院(接骨院も同じ)はケガを治療するところなのでヘルニアは専門外です。行かれるなら鍼治療がいいでしょう。

鍼は治療の持続効果も長いので、週一回ほどの施術でも十分効果を出せます。病院の治療(お薬、リハビリ)との相乗効果も望めますので、病院の治療と並行して行うようにしましょう。また鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりはしないので実は体に一番やさしい治療方法になります。ただ、中にはマッサージや整体のようなことをしたがる施術者もいますから、病院で病名を言われた、骨や椎間板に異状がある、といわれた方は治療の前にしっかり伝えておきましょう。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

ヘルニアは自然治癒することが分かっていますので、基本的には保存療法で進めています。保存療法で効果が認められなく、症状が強ければ手術という方法もあります。

一般的な保存療法は薬(神経の回復を促す薬、末梢神経に作用するお薬、痛みを取るお薬、ステロイド)、ブロック注射、電気や牽引などリハビリ、鍼治療などです。


ご自分ではまず枕が大事なると思います。枕とは医学的に見て結構重要なアイテムで、けしておろそかには出来ません。ですから当然選ぶ時も正しい 知識を持って、じっくり選ぶ必要があ...続きを読む

Q肩こりで手がふるえますか?

今日、仕事をしていたら、右手が急に震えだしました。
直前に重い荷物を持ったり、寒かったり、緊張したりもありません。
左手で抑えても震えているくらいスゴイ震えで、10分くらい止まりませんでした。
今も指先に少ししびれているような感覚が残っています。
あと…数日前から、頭頂部のやや右側が痛んでいます。
風邪を引いた後だったので、そのせいかと思っていたのですが
もしかして手のしびれと関係があるかも?と不安になってきました。
職場の人からは「肩こりかもよ?」と言われましたが…肩こりでこのように手がしびれたり震えたりすることはありますか?

Aベストアンサー

「左手で抑えても震えているくらいスゴイ震えで、10分くらい止まりませんでした。」
肩こりだけでこのような症状はでません。

しびれ、頭痛、軽い震え程度でしたら肩こりの可能性はありますが、そのような場合はまずは病院で検査をすべきです。その結果異常がなければカイロプラクティックをお勧めします。

http://www.hojo-chiro.com/pages/link1.htm
こちらに大学教育のカイロ治療院がリストアップされてますのでお近くのところをお探し下さい。でも、まず病院ですよ。

参考URL:http://www.hojo-chiro.com/pages/link1.htm

Q手の震えで隠されてる病気

こんばんは。

早速ですが私は23歳の女です。
昨日、新聞を持ち読んでいると左手が
すごく震えてしまいました。
新聞の文字が見えないほどブルブルブルと
横2cm位、小刻みに早めの速度で震えます。
止めようと思っても止まらず手がおかしい感覚になり
イライラしました。
新聞を離すと手の震えは収まり
それ1度だけでその後は震えなかったんですが
まだ手に違和感があります。

私は元々、左胸に良性のしこりがあり
半年に1度、検査の為に通院していて
次回は3月の予定です。
このようなことも関係はあるのでしょうか?

神経質でストレスが溜まっていて時に吐き気など
精神的にも良好とは言えません。

このような経験のある方、もしくは専門の方
よければご意見よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「ふるえ」とは不随意運動の一種で、大抵は「振戦」という症候です。

「振戦」にはいくつかのものがあり、
(1)安静時振戦→何もしていないリラックスした状態でおこるふるえ
(2)姿勢時振戦→ある一定の位置に手足を持って行くと起こるふるえ
(3)動作時振戦→運動するときや運動しようとしたときにおこるふるえ
に分類されます。

あなたのおっしゃっているのはおそらく(3)動作時振戦でしょう。パーキンソン病は(1)安静時振戦ですから、まず違うと見て間違いありません。

(2)(3)は一般には「本態性振戦」であることがおおく、精神的ストレスが原因であったり、原因がはっきりしないことが多いです。

文章の内容からは、精神的ストレスからくる一時的なものと思います。乳房のしこりとはまったく関係ないと思いますよ。どうしても心配ならば、一度神経内科でご相談されてはいかがですか?

Q親指が無意識に常にぴくぴく動く病気はありますか

ここ2,3日前から、左手の親指が無意識に、ぴくぴく動きます。神経系の病気なのか不安です。ここずっとストレスがたまっている状態でしたので。どなたかどう対処すればいいのか教えてください。疑いのある病名もあればお願いします。血液が通って心臓が親指の内側の付け根にあるような感じです。痛みはありません。

Aベストアンサー

真っ先に思いつくのは、ストレス性の自律神経の興奮状態か、パーキンソン病です。

近所の大病院で、神経内科があるところを選びましょう。神経内科は神経科とは違う診療科で、神経を精神活動ではなく物理的臓器として診る専門家です。神経内科が見つからない場合、膠原病外来などのあるところも候補に入れましょう。

どこの診療科から診察すべきか窓口で相談することになります。病院によって体制が異なるためです。普通は整形外科から入ります。整形外科に通うことになった場合、ゴムハンマーで特定の箇所をたたくと手足が反射で跳ね上がるという現象を調べてもらいましょう。手足が常人のレベルを超えて、すさまじい勢いで跳ね上がった場合、整形外科が嫌がる「反射亢進」という現象が起きていることになります。非常に不気味な症状で、整形外科の範疇では対応できない可能性が高いからです。他方、反射の亢進が、上半身だけ現われるとか下半身だけ現われるというケースは整形外科の範疇になります。

整形外科が何も病気を見つけることが出来ず、ギブアップしても、大病院なら適宜、他の部署に回してくれます。

真っ先に思いつくのは、ストレス性の自律神経の興奮状態か、パーキンソン病です。

近所の大病院で、神経内科があるところを選びましょう。神経内科は神経科とは違う診療科で、神経を精神活動ではなく物理的臓器として診る専門家です。神経内科が見つからない場合、膠原病外来などのあるところも候補に入れましょう。

どこの診療科から診察すべきか窓口で相談することになります。病院によって体制が異なるためです。普通は整形外科から入ります。整形外科に通うことになった場合、ゴムハンマーで特定の箇所...続きを読む

Q腕が震える・・・

腕を上げると、プルプル震えます。ペンや消しゴム等の軽い物をつまんでみると、それでも震えているのが分かります。重い物を持ち上げると、震えが目に見えて大きくなっているのが分かります。

筋力はある方だと思います。しかし、こうして質問文を綴っている時、腕を伸ばしている状態でも、腕が微細に震えている事が分かります。
これは、何かの異常があるのでしょうか?

昔から、これが普通だと思っていたのですが、周りの人達に、腕が震えている事を指摘される事が多かったので、質問を投稿しました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく分かりました。
両手にふるえがあり、足は症状なしというだけで、かなりの疾患が除外できます。
まず大脳や脊髄といったいわゆる中枢神経に、細胞が圧迫されたり、血流が少なくなったり、変性したりということはなさそうです。
もちろん年齢的にも症状からもパーキンソン病のような大脳の変性(細胞変化)をともなうものではないでしょう。
動悸・心症状・汗かきなどと考えてみますと、「甲状腺のホルモンが出すぎていることからくる振戦」のような印象です。一度お近くの内科の先生に診てもらって血液検査で「甲状腺機能」の項目を調べてもらってはどうでしょうか。数値が高ければ原因はそれだと思います。
数値が正常であれば「神経内科」(精神科と併設している「神経科」ではありません)で診てもらってはどうでしょうか。

Q次のような症状があり、かなり不安です。

次のような症状があり、かなり不安です。

(1)8月初旬から【右膝から下に軽いしびれ】【手の小指の第一関節の違和感】を感じる

(2)9月下旬から【両腕のだるさ(筋肉痛のような感じ)】、【腰痛】、【歩行時の膝の違和感】を感じる。

(3)10月初旬に【顔の引きつり】と【飲み込みにくさ】を感じる。

まず、整形外科に行きましたが、腰・足ともに骨には異常なし。

次に神経内科へ行きました。
脳のCTを撮りましたが異常なし。
顔の引きつりについては運動神経には異常なしで、飲み込みづらさについては喉が腫れているだけでした(苦笑)。

『おそらく、夏の疲労とストレス蓄積による末梢神経炎でしょう』と言われて、
『メチコバール』を処方してもらい1ヶ月様子を見て、とのこと。

神経内科に行ってから2週間ほど経ちましたが、
足のしびれについては断続的になりました。
しかし、腰~背中~腕には今だにだるさを感じます。夜、それで目が覚めたりするので体力的にもつらいです。
歩行時の膝に力が入らない感じもまだ治まりません。

神経内科の先生曰く、メチコバールは効果を発揮するまで3ヶ月程度かかるとのこと。
気長に治せばいいと思うのですが…ひとつ心配事があります。

自分なりにインターネット症状を調べてみると、ALSなど筋萎縮系の初期症状に当てはまる気がします。
それが心配の種になって余計にストレスを溜めてしまいそうです(涙)。

そこで、

(1)すぐにでも大きな病院で検査してもらった方がいいでしょうか?
(2)その場合、紹介状が無くても検査してもらえるのでしょうか?
(3)筋萎縮系の検査は大変ですか?
(4)それとも単なる取り越し苦労でしょうか?

このような症状にご経験のある方、アドバイスをお願いします。

ちなみに、神経内科の先生にも聞かれたことですが、お風呂に入るとだるさ・しびれ等はかなり緩和されます。

よろしくお願いします。

P.S
自分なりに日常生活や今夏の生活で原因となりそうなことを考えると、

・日常デスクワークが主で、仕事後も資格取得のための学校に通っており、一日中座りっぱなしになりがち

・夏に熱中症手前までの症状になり点滴を打つ

・8月の土日はほぼ毎週出かけて毎回クタクタになって帰ってきた

・普段はよく歩いていたが、今夏は暑すぎたので運動をほとんどしていない

…以上です。

次のような症状があり、かなり不安です。

(1)8月初旬から【右膝から下に軽いしびれ】【手の小指の第一関節の違和感】を感じる

(2)9月下旬から【両腕のだるさ(筋肉痛のような感じ)】、【腰痛】、【歩行時の膝の違和感】を感じる。

(3)10月初旬に【顔の引きつり】と【飲み込みにくさ】を感じる。

まず、整形外科に行きましたが、腰・足ともに骨には異常なし。

次に神経内科へ行きました。
脳のCTを撮りましたが異常なし。
顔の引きつりについては運動神経には異常なしで、飲み込みづらさについては喉が...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、

ご心配なこととお察しします。

七年ほど前に母がALSにかかり、一年ほどで他界いたしました。初期の症状を思い出しますと、まず、親指が動きずらくて、字が書けなくなる。舌が動きずらくて、口が廻らず、何を言っているか聞き辛い。以上がごく初期の症状でした。

人によって多少の違いはありますが、特に体の痛みはありませんでした。

体の先端のほうから徐々に脳の指令を受けてもうまく動かなくなってゆく。動かそうとしても動かない体の部分がだんだんと広がってゆく。その後、体中から筋肉がおちていって、骨と皮だけになりました。

急な痛みや引き攣れはなかったし、お風呂に入って症状が軽くなることもありませんでした。

あの当時は難病の指定があって、医療費は免除されていましたが、肝心の診断が下るまで一年以上もかかりました。

かかりつけの医師によりますと、ALSにおいては有効な検査方法がなく、他の疑わしい病気を全部検査してみて、それらの可能性を除外していった結果、ALSである疑いのみが残るため、ALSと診断される、とのことでした。

質問者さんの場合ですと、夏の疲れから高じた神経炎症という今のお医者様の診断が妥当ではないでしょうか?

ALSのご心配は取り越し苦労です。

暑い夏もようやく終わりました。気を取り直して、日本の美しい秋をお楽しみください。

こんにちは、

ご心配なこととお察しします。

七年ほど前に母がALSにかかり、一年ほどで他界いたしました。初期の症状を思い出しますと、まず、親指が動きずらくて、字が書けなくなる。舌が動きずらくて、口が廻らず、何を言っているか聞き辛い。以上がごく初期の症状でした。

人によって多少の違いはありますが、特に体の痛みはありませんでした。

体の先端のほうから徐々に脳の指令を受けてもうまく動かなくなってゆく。動かそうとしても動かない体の部分がだんだんと広がってゆく。その後、体中から筋肉...続きを読む

Q頚椎ヘルニア だるさ について

首と頭のつけね部分が 痛気持悪い と感じ病院に行ったら 軽い頚椎ヘルニア
と診断されました。
軽いので、手術などする必要は無いと言われました。
しかし、首と肩のだるさが気持悪く、ひどい時は、体の後ろ側 首から足にかけて痺れのような
だるい感じがあり、足の裏まで痺れがあります。
腕は、肘からくすり指小指が痺れている感じがします
痛みはひどくはないのですが、首、背中、腰にあります。
あと、頭痛があります

このような症状はヘルニアが原因でしょうか?
また、この症状の時は病院の何科がいいですか?
それとも、接骨院の方がいいですか?

外の仕事、体を使う仕事なので体がキツイ状態です。
漢方など薬や対処方などもわかることがあったら、何でも教えて下さい
お願いします

PS この症状は蓄膿とは関係ありますか?

Aベストアンサー

頚椎ヘルニアは軽い症状とされると,手術は必要なく,保存療法で治療とされています。

cuugaさんの症状ですと,頚椎(首の背骨)のヘルニアから出ている神経根を圧迫し,首と肩のだるさなどを引き起こし,足の裏にまで痺れがあるということですので,何らかの原因で頚椎以下の神経根にも影響が出ているようです。

これらの痺れを主とした不快感などの症状はヘルニアが原因となるものだと推測されます。

ヘルニアが引っ込み,神経根を圧迫しなくなれば症状は軽快するものと思います。

病院では整形外科を受診なさってください。
#1の方もおっしゃってるようにMRIでの診断がヘルニアの状態を確認するのに使われています。

私,漢方や薬については詳しくありませんが,ヘルニアが痺れの原因ですので,痺れ止めや消炎剤が処方されるのではないでしょうか?

普通,蓄膿とヘルニアは関係ないと思います。

医師ではないので,診断などには詳しくありません。
少しでも参考にしていただければ幸いです。

Q手が動かしにくい。

ここ1ヵ月、常に両手(特に小指、人差し指の辺り)に違和感(寒い時、動かしにくくなる感じ、しびれ?)があります。最初は左手の小指の辺りに違和感があったのですが、何日かして右手もおかしくなりました。それからゆっくり悪くなっていってます。末梢神経の検査では異常ありませんでした。左手のほうが症状が強いです。(年齢21歳、性別男です)何か分かる事がありましたら教えて下さい。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

首などにこりはありませんか?
小指は首と関連があるようです。

指の関節をよくもむことと、
手の指をコの字型になるように第一関節と第二関節を直角にまげたまま上下にそらすような運動をしてみてください。
血行がよくなってだんだん動きがよくなってきます。

私の場合は首のこりと肩こりで左手の小指と薬指が動かしにくくなりましたが、手のもみほぐしで少しずつ回復しています。
整体に行くのもいいらしいですよ。
参考になさってください。

Q左上腕部外側~肩の筋肉が小刻みな痙攣が続いています。

左上腕部外側~肩の筋肉が小刻みな痙攣が続いています。

症状が出てきたのは 昨日の起きたころからだったと思います。

違和感があったのを気にしだすと小刻みな痙攣に変わった?みたいでした。
ずっと続くではなくて ふとした瞬間に始まります。

昨日の夕方に湿布を貼っていましたが 症状が治まらないので
寝る前に嫁にマッサージをしてもらいました。
ついでに首筋や背中を揉んでもらったらかなり凝っていたので
それが原因なのかと思っていました。

今朝方、目覚め前にまた違和感で起きたのですが 昨日よりは少し強い(早い)
痙攣に感じました。
気になって、そこからは練れませんでした。
その痙攣する部分を右手で押さえると治まるかと思い、押さえましたが
痙攣がひどいときには 押さえても痙攣が治まりませんでした。

昨日から続いているので 症状が出てないときは 筋肉痛になっています。

何が原因なのでしょう?治める方法があるでしょうか。

もし、診察にいくなら 何科に行けばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

整形外科で診断を受けては?

自宅では下記を試されては?
1. 頚椎を鍛錬する簡単な運動
NHKで紹介の頚椎鍛錬法:試してガッテンNHKで検索(過去の放送分)、5月23日の警告 首の痛み総点検で紹介の頚椎体操
座った姿勢で首の筋肉を鍛える体操
背もたれのある椅子に座って背筋を伸ばし、額に手を当てます。手に力を入れ、そこに向かって頭を押しつけて下さい。これを頭の前・後・左・右の4方向で行います。それぞれ5秒間ずつ力を入れて1回です。
1日10回から始め、徐々に回数を増やし、1日20~30回程度を目標にします。
注意点
* 力の目安は、全力を10とすると5~6くらい。力を入れすぎると首を痛めることもあるので、決して入れすぎないようにして下さい。
* 力を入れる際、あごを前に突き出したり、後頭部をそらしたりしないように注意して下さい
昼は上記の頚椎鍛錬方法で、夜は
頚椎用枕を使用する頚椎鍛錬を、回復効果が最も期待できる睡眠中に安全に、スムーズに行うことが出来ます。これは頚椎をシッカリと保持することで、頚椎を鍛錬・安定させます。しかも睡眠中ですので、頚椎の筋肉の緊張が弛む状態のなかで、呼吸、寝返り等で自然に、安全に行われますので、頚椎にも優しいです。頚椎を保持すると自然と正しい睡眠姿勢へ導きます。操体法のストレッチで症状が軽減、正しい睡眠姿勢での眠り改善を助けます。頚椎が安定しますと肩コリ、手、指等のシビレも改善に寄与します。鞭打ち症のリハビリにも役立ちます。 頚椎と頚椎用枕を検索、頚椎の重要性を理解、どうして頚椎用枕が必要なのか理解できます。

2. カラダ全体向けストレッチで、毎日カラダに発生する歪み、ズレを改善する。
痛みのない操体法のストレッチで日々カラダの歪み、症状を軽減し、睡眠の回復効果を利用、更なる症状改善、同時に頚椎を鍛錬することで、症状改善に役立ちます。

操体法の簡易版ストレッチで、就寝前にベッドで5分間、これでカラダの部位の歪み、痛みを軽減、正しい睡眠姿勢での眠りにより改善します。又朝目覚め後にベッドで5分間、朝のカラダ全身の部位をリフレッシュ。これを毎日朝晩することで、カラダの多くの部位がリニューアルできます。
操体法のストレッチは、足もとから首まで痛い部位まで、左右の動作に痛さが無いかチェック、途中痛い部位があったら、保留にして、ほかの周辺の部位を解し・鍛錬・チェックしていき、ほかが終わってから問題の部位に戻り、解し・鍛錬します。このようにカラダの全体を解し・鍛錬する方法です。無理せず、痛いところは痛くなくなってから解す。これによりいろいろな症状が改善します。下記はこれらの簡易版で、カラダ全体を網羅、日々することでカラダの症状改善に役立ちます。
⇒ 講談社の”朝3分の寝たまま操体法”の109-125ページで 6つのストレッチを紹介、これらの運動で椎間板ヘルニアが手術なしで回復したとの報告もあります。本の中の絵を見て、日頃動かしていない部位を万遍なく解し、鍛錬して下さい。但しユックリ、優しく、各部位を労わるが如く、行ってください。無理はしないで。骨盤・腰椎を中心としたストレッチで、首、肩、腰にも連動、これらの歪み・痛みにも効果があります。カラダの歪み、痛みを緩和し、頚椎用枕で頚椎を安定させて眠ると、緩和した症状の改善を促しますので併用により効果が期待できます。
1.かかと伸ばし 2.膝倒し 3.膝抱え 4.つま先上げ 5.腕ひねり 6.足首まわし(本は図書館に)

 #下記の動作で操体法を実感して下さい。カラダに優しい、安全な治療施術です。
例えば、膝倒し-仰向けになり、両膝60°に立て、両膝を合わせ、足の踝を合わせて、その上で
両膝を右へユックリ倒します。戻してから左へユックリ倒します。先ず大半の方が左右どちらかで痛み、不快感を感じると思います。それは腰他に歪みがあります。
例えば右が痛い、不快を感じたら、カラダに歪みがあります。そしたら痛くない左に3-5回ユックリ倒すと、右へ倒す時の痛み、不快感が軽減します。ですが軽減しない時は即中止。他の部位を膝倒しと同じように左右への動作をし、痛みのない部位の運動を探し、全ての運動を解し、鍛錬後、先ほどの痛い部位に戻り、痛い方に倒します。痛みが消えています。あなたの歪みは大幅に軽減しました。(動作は全て息を吐きながら行って下さい)このようにカラダの痛みを軽減するので操体法は痛まない治療法で、カラダに優しいですし、発案者の個人操体を推進していますので、安全です。頚椎用枕は使用者の安全、健康と症状改善を目的に操体法とのコラボ(合作)を決めました。

整形外科で診断を受けては?

自宅では下記を試されては?
1. 頚椎を鍛錬する簡単な運動
NHKで紹介の頚椎鍛錬法:試してガッテンNHKで検索(過去の放送分)、5月23日の警告 首の痛み総点検で紹介の頚椎体操
座った姿勢で首の筋肉を鍛える体操
背もたれのある椅子に座って背筋を伸ばし、額に手を当てます。手に力を入れ、そこに向かって頭を押しつけて下さい。これを頭の前・後・左・右の4方向で行います。それぞれ5秒間ずつ力を入れて1回です。
1日10回から始め、徐々に回数を増やし、1日20~30回程度を目標...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報