宗教活動以外で得た収益に対しては課税されるのですよね?

例えば、神社敷地内にある結婚式場やレストランでの売り上げは?
民業圧迫にもなっていると思うのですが。。私が知らないだけで、そこはちゃんと申告されているのでしょうか?

私は清貧を貫く宗教家を見た事がありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>宗教活動以外で得た収益に対しては課税されるのですよね?



法律を、適正に解釈すればという前提だと、その通りです。

>神社敷地内にある結婚式場やレストランでの売り上げは?

結婚式は、解釈の範囲が非常に広いですから、判断が分かれますね。
民間結婚式会場に呼ばれる神主・神父・僧侶への祝儀は「宗教活動ですから非課税」です。
(結婚式場の従業員が担当している偽者神主・神父・僧侶が多い)
では、神社・教会・お寺の境内で行なった場合はどうなのか?
葬儀・法事でも同様ですが「非課税の場合が多い」ようです。
結婚式・七五三・葬儀・法事は、宗教行事ですよね。
食事も、これらに付随する活動に過ぎません。

>私が知らないだけで、そこはちゃんと申告されているのでしょうか?

宗教法人次第!ですね。
日本では「宗教法人に対する査察制度」がありません。
新宿信濃町に広大な敷地を持つ政治活動を行なっている宗教団体も、非課税です。
この教団は(現在の宗教関係法律では)「信者団体であって、宗教団体では無い」ですよね。

まぁ、祇園・宮川町でも「多くの住職」を見かけます。
先日の「みやこ踊り」かも川踊り」でも、多くの宗教関係者の姿を見ました。
祇園の御茶屋さんでご一緒した住職の財布には、100万円の新札が入ってましたね。

国税査察部も、宗教関係には影響が及びません。
一種の治外法権ですから・・・。
もし、査察が入ると「宗教弾圧だ!」と学会を始めとして与党も激しく抗議するでしようね。

>私は清貧を貫く宗教家を見た事がありません。

私の同じ自治会のお寺は、清貧ですよ。
「1円の寄付要請も無い」です。
同じ自治会の別の寺院は、一戸当り50万円の寄付命令が届いていて、住職が集金に走っています。
「無理だ」と答えると「分割でも良い」と説教?しています。
寄付要請の無い寺は、方丈新築・本堂修理・鐘楼修理・トイレ改修など、全て「住職の家族・親族」で行なっています。
近所の方々と一緒に「寄進しましようか」と言っても、受取りません。

まぁ昔から言う「坊主まる儲け」が常識になっている事は、間違いありません。
公明党が、都議選を衆議院選挙よりも重要視する理由も、この辺にありそうですね。
創価学会の管理監督庁は、東京都ですから・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>食事も、これらに付随する活動に過ぎません。

 そうですか。。お神酒なら分かりますが、ハンバーグまで宗教活動に入ってしまうのですね。。

>公明党が、都議選を衆議院選挙よりも重要視する理由

 なるほど。都議選、都議選と異様に騒ぐ理由はそれですか。。監督する側、される側に同じ思想が入っているって怖いですね。

以前、2005年の都議選生放送で太田幹事長代行(当時)が、全国の創価学会員に対し、心からの御礼を述べていました。
あれは驚きました。

お礼日時:2009/05/24 17:56

宗教というのがうさんくさいのは、目に見える効果や商品がないからです。


で、ご質問の件ですが、私の認識では、宗教法人は課税の対象外だと思っていました。たぶんそうです。固定資産税とかも法人の所有になっていれば無税なんではないでしょうか。
神前結婚式は、費用がかかるのか聞いたことがありません。たぶん寄付というような名目で収益を得ているのではないでしょうか。それもおそらく無税でしようね。違うかな。
また神社敷地内などにあるレストランなどは、別会社の経営で、宗教法人(神社)に土地賃貸の家賃みたいなものを収めているのではないかと想像します。
私の知っている新興宗教(と言えるほど過激なイメージばないですが)の宗教法人があるのですが、前会長が認知症にかかり、現在はその妻が会長を務めています。先々代、先代のご夫婦が頑張ったせいで、会員が増えたのですが、いまはその頃から来られていた老人たちばかりで、で、まぁ、お年寄りは亡くなって行きますから、会員は減る一方で、存続が危ぶまれています。彼らが心配しているのは、宗教の継承よりも、自宅の問題で、もし宗教法人の条件に満たなくなった時、土地建物は宗教法人のものですので、立ち退かなければならなくなるということのようです。非常に深刻なようです。別に親しくはないですよ。
無駄なことを書いてしまいましたが、カルトから新興宗教、何んとか宗とか、どこからみても宗教は形式だけが残り、本来の宗教の意義を失っていると思います。上等の袈裟を下げ、御釈迦さんが泣いて悲しまれるようなこと。たとえば高価なレストランやホテル、料亭の常連さんにお坊さんが多いということも、よく耳にします。宗教法人でなければ、あれらの金は本来税金として納めるべきお金で、つまり私たちが国に納めたお金で彼らが飲み食いしている、と穿った考え方をしてしまうのは私だけでしょうか。
宗教法人関係の方が読んでおられれば、お願いしたいのですが、もし私の認識が、真実と大きく異なるのであれば、質問者様への回答という形で反論してください。私が言いっぱなしでは不平等ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>たとえば高価なレストランやホテル、料亭の常連さんにお坊さんが多い

 私は長く高級飲食店に勤めた経験がありますが、お坊さんを始め、宗教関係者は本当に多かったし、呑み方も堅気じゃないんですよね。
しかもスケベ。
あくまで、私が見た限りでは、ですけどね。

宗教法人への課税論議が立ち上がっては消えていきますが、私が生きているうちに実現するのでしょうかね。。

お礼日時:2009/05/23 16:02

宗教法人税の非課税対象はあくまでも一般的宗教活動に対するもののみです


一般的に言うお布施やお賽銭、葬儀や結婚式のお礼金などです
宗教法人の収益事業でよくあるのは、駐車場などの不動産賃貸収入や精進料理の提供業務などで、これらは当然法人税申告が必要です
質問にあるような結婚式場を併設しているような神社の場合、結婚式自体にたいする謝礼金は非課税ですが、披露宴などに関する収入や引き出物のバックマージンなどは課税対象として申告することとなります
場合によっては別個に会社を設立することもあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私は株式会社を経営しておりますが、今は交際費も認められないし、税理士と口論が絶えません。

収入を非課税部門に付け替えるなんて簡単な作業ですよね?
国税が宗教に入ったというのも聞いた事ないのですが、チェックは利いているのでしょうかね?

お礼日時:2009/05/23 15:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非文明的な生活を送る宗教(組織?)の名前

非文明的な生活を送る宗教(組織?)の名前

「文明的なものをいっさい使わない人達がいる」「その人たちの目は死んでいるように思えた」「心に傷を負った人が行き着く場所」「退廃的?」「カナダ?」

ずっと昔に上記のような文章を見たような記憶があります(あるいは別の表現かもしれませんが、意味するニュアンスは似てると思います)。その宗教(もしかしたら、ただの組織かもしれません)の名前を知りたいのです。一応、WIKIPEDIAで宗教一覧から探したのですが(ざっとですが)、それらしい生活を送る宗教はありませんでした。Googleにて「宗教 非文明的 生活 名前」のようになんとなく頭にある言葉を並べても、まるで見当違いの情報がでてきてしまって、あとはどう調べればよいのかわかりません。そこで、質問させていただきました。

本当にうろ覚えなのですが、よろしくお願いします。宗教名がわかれば、あとは本部支部の所在地は恐らく自力で調べることができるかと思います。

そういった人たちとの会話は、きっと自分にとって良い経験になるのではないか、と思いました。

Aベストアンサー

「文明的なものをいっさい使わない」「宗教的」北米、という記述から、アーミッシュだと思いました。
Wikipediaのページを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

文明的な機器を否定して自給自足の生活を送る素朴な宗派です。
教義を厳格に守るためか俗世とほとんど接触がなく、非常に禁欲的な印象を受けます。
宗教はキリスト教だと思います。

死んだような目、というのもすさまじい表現ですね(^^;

Q神社の敷地を商用目的で借りることはできるでしょうか

地元の、とある神社の敷地内がぽっかりと空いており、休憩所のようなものも全くないので、休憩所を作らせてもらう提案をすることを考えています。
その場で食べるお菓子や、お茶を振るまおうと思っています。

事前に友人やwebから情報収集をした限りでは、宗教法人である神社が貸すこと自体はNGではなく、

 ・通常よりも大きく安価に貸すことはNG

とのことでした。

こういった件に詳しい方がいらっしゃいましたら、私の認識であっているか、ご意見を頂けますと幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

宗教法人の場合は、収益事業と公益事業があり公益事業に関しては非課税

収益事業の一つの分野に『不動産貸付業』があるから、この話はそこに該当する可能性があり
そうなれば課税の対象になるので、その面倒を嫌う場合もあるし
氏子衆の中に利害関係があるような人がいればそれも問題になるかもしれない

結局、直接聞いて貰わなければ話は始まらないということ

Q以前他の人から、カルト宗教には注意で教えていただいた、統一協会、生長の家、モルモン教、大本教、立正校

以前他の人から、カルト宗教には注意で教えていただいた、統一協会、生長の家、モルモン教、大本教、立正校成会、幸福の科学、世界真光文明教団、その外に、怖いカルト宗教はありますか?マインドコントロールの怖さも教えて下さいお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。

「フランス カルト教団指定」で検索されると創価学会の

カルトについてよく解りますよ。

昔の生長の家は、様々な宗教の中で

「天皇国家日本」を掲げていますね。

今は、三代目になって変わってしまいましたが、、、。

Q消費税の仕組み:非課税事業者の仕入れに課税/非課税があるのはなぜ?

素人ですが、消費税について勉強しております。

消費税は、”多段階課税+仕入れ税額控除(課税仕入れ額の控除)が徴税技術上大変重要ですが、非課税事業者の場合には(仮に非課税売上しかないとします)でも、以下のような差が出ます。

1.土地を売買する不動産業者
土地を仕入れる際には消費税は掛からず、販売する際にも消費税を転嫁しない。よって、消費税には全く関係なく、”消費税の負担はない”

2.利子のみ銀行(実際には今時こんな銀行はないが・・・)
預金者から例えば100万円預り、2000円の利子を払う(これが仕入れ)。預かった100万円を”A社”に融資し、3000円の利子を得る(これが売上)。仕入れの2000円にも売上の3000円にも消費税は掛からず、上記不動産業者同様”消費税には関係なく、消費税の負担はない”

3.医者(開業医)
診療に必要な薬・医療機器を仕入れる際に消費税を払っているが、診療の対価にはその消費税を転嫁できない。結果として医師が仮払消費税を負担している。(課税仕入れであるにもかかわらず、仕入れ税額控除が認められない。)

4.大家(住宅用)
借家に必要な建物・維持に必要な管理料・修繕費・光熱費等(これが仕入れ)に消費税を払っているが、家賃には消費税を転嫁できない。結果として、大家が仮払消費税を負担している。(課税仕入れであるにもかかわらず、仕入れ税額控除が認められない。)

同じ非課税アイテムを扱っている”非課税事業者”でありながら、なぜ上記のような差がでるのでしょうか?

唯一想像できるのは、非課税アイテムとは1)本来消費の概念にそぐわないもの:土地や利子 と2)政策的に非課税にしたもの(本来は課税:診察料や家賃)に分かれるので、前者の場合は、事業者は消費税負担なし、後者は”最終消費者ではなく、事業者”が消費税を負担する、ってことでしょうか?

この”法律的・学問的根拠”って何でしょうか?

素人ですが、消費税について勉強しております。

消費税は、”多段階課税+仕入れ税額控除(課税仕入れ額の控除)が徴税技術上大変重要ですが、非課税事業者の場合には(仮に非課税売上しかないとします)でも、以下のような差が出ます。

1.土地を売買する不動産業者
土地を仕入れる際には消費税は掛からず、販売する際にも消費税を転嫁しない。よって、消費税には全く関係なく、”消費税の負担はない”

2.利子のみ銀行(実際には今時こんな銀行はないが・・・)
預金者から例えば100万円預り、2000円...続きを読む

Aベストアンサー

 法の理念と法技術をごっちゃにしてはいけません。

 税法は,大変技術的な法律です。法の理念(こうあるべきだ)をできるだけ忠実に立法することは大切なことですが,他方で,法律は,わかりやすく,使いやすいものでなければならないのです。

 そうした場合に,立法の技術として,理念とは異なる仕組みを作ることも可能です。それは全く否定されることではありません。

 消費税法の仕組みはそのようなものなのです。

 ですから,解釈でできるだけ理念に近づけることは必要ですが,それは第2段階の問題(条文の解釈に問題が生じたときに,どのような解釈をとるかの問題)です。

 理念に合わないから,実際にある法律がおかしいといっても,立法論としてはともかく,実際の適用を論じるには,あまり意味がありません。

 第1段階では,法律の条文をよく見て,法律の基本的な仕組みを理解することが必要です。

 たとえば,多段階課税と仕入税額控除を原則論だといわれますが,その原則論は,実際に作られた法律には採用されていない,そういうことなのです。それを論難しても,現行の消費税法がある以上は,どうしようもありません。私に不同意だといわれても,今ある法律が,今あるままで変わるわけではないのです。

 今の日本で,売上税を作ってはいけないという理由はありません。売上税を作って,それを消費税的・付加価値税的に運用して,それを消費税と称しても,別に何の悪いこともない,ということです。

 法律なんて,そんなものです。特に行政法といわれる分野はそのようなものです。

 法の理念と法技術をごっちゃにしてはいけません。

 税法は,大変技術的な法律です。法の理念(こうあるべきだ)をできるだけ忠実に立法することは大切なことですが,他方で,法律は,わかりやすく,使いやすいものでなければならないのです。

 そうした場合に,立法の技術として,理念とは異なる仕組みを作ることも可能です。それは全く否定されることではありません。

 消費税法の仕組みはそのようなものなのです。

 ですから,解釈でできるだけ理念に近づけることは必要ですが,それは第2段...続きを読む

Q小林麻耶さんが人気の理由

TBSアナの小林麻耶さんって、男性に人気がありますよね。
(人それぞれ好みはあるとは思いますが・・)
私は女性なのですが、27歳であんなにかわいらしくて大好きです。

そこで質問なのですが、小林麻耶アナが人気の理由はどこにあると思いますか?

男性はロングの人を好むといいますが、
小林麻耶アナは、ロングではなくミディアム~セミロングくらいの長さで決してロングとは言えませんよね?
髪の長さは関係なく、やはり雰囲気?
ニコニコの笑顔?キャピキャピの動き??
何なのでしょうか・・?

私は小林麻耶アナが大好きで見習いたいので、
どこが良くて人気があるのか教えてください。
よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

性格のよさが表情、所作に出ていると思います。

いくら髪が長かろうが可愛かろうが正確は表情に出るんで人気は無いと思います。知り合いにもそんな方いらっしゃいませんか?可愛いのにモテない、人気ない・・・みたいな人。

自分は顔だけでいったら小林麻耶は正直可愛いとは思わないけど普通に好きだし可愛いと思います。

ああいったタイプは下手にマネしても逆にイタいしウザい感じになりかねないと思うんでバレないように頑張ってください。

Qなぜ宗教は非課税なのでしょうか?

宗教で納められるお金って信者さん達のお金であり、もちろんそれがなければ運営もできないのでしょうが、なぜ、宗教法人からは税金を取らないのでしょうか。
納められたお金ってどの様にまわっているのでしょう。ちなみに固定資産税などはとられるんですかね?

Aベストアンサー

宗教法人は、営利事業以外は非課税となっていますが、この理由は、営利が目的ではないことと、過去の歴史から見て、人々の心のよりどころである宗教活動に課税するのはどうかという、配慮からのようです。

もちろん、宗教法人であっても、利益を目的とした営利活動には課税されます。

建物などの固定資産については、宗教法人が、専らその本来の用 に供する固定資産等については非課税です。

参考urlと下記のページをご覧ください。
http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/syukyohoujin.htm
  http://board.lycos.co.jp/politics_law/general/board/index.php3?qid=875

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/zeicho-up/1114/36-4.html

Q横川ゴッドバーガーの営業時間について

横川ゴッドバーガーの営業時間について

冬にいったん閉店し改装後、先日より開店しているのは存じております。
http://r.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340103/34001129/
しかし、営業時間のデータが、閉店前のものしかみつかりませんでした。

営業時間
[月~金]9:00~20:00
[土・日・祝]9:00~20:00

定休日
火曜日(祝日の場合は営業)


そこで現在の営業時間を御存じの方教えてください。
(以前と変化なしでしょうか?)

Aベストアンサー

下記サイト「「ゴッドバーガー」が「ひっそり」再オープン」を参照下さい。
お店はなぜか規模が縮小され、営業時間も短縮されているようです。
いわく、
「販売はこれまで通り、その日のうちに仕入れて仕込んで売り切る「完売」を目標に、平日=120個、土曜=150~160個、日曜=180個を用意。売り切れ次第終了となる。経営は神川さんと妻の美保さん、二女の正子さんの3人を中心に行う。電話での事前予約もこれまで通り受け付けるが、来店客と電話予約の時間帯が集中してしまうことから、「足を運んでくださったのに、お断りするのが申し訳ない」と神川さん。これまでも問題となってきた予約と来店客の兼ね合いが「課題」と頭を悩ませる。

 リニューアルオープンは、一つひとつ良いものを提供したいとの思いから「ひっそり」行った。現在はテークアウトが6割を占める。一度に大量に提供できないことから、席数も少なめにしたが、神川さんは「一番おいしいと思うできたてをライブ提供したい」とイートイン利用を促進していく。
営業時間は11時~20時(売切れ次第閉店)。火曜定休。」
とのこと。
http://meal.zzl.org/shop/%E3%80%8C%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%80%8C%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%9D%E3%82%8A%E3%80%8D%E5%86%8D%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%EF%BC%8D.html

下記サイト「「ゴッドバーガー」が「ひっそり」再オープン」を参照下さい。
お店はなぜか規模が縮小され、営業時間も短縮されているようです。
いわく、
「販売はこれまで通り、その日のうちに仕入れて仕込んで売り切る「完売」を目標に、平日=120個、土曜=150~160個、日曜=180個を用意。売り切れ次第終了となる。経営は神川さんと妻の美保さん、二女の正子さんの3人を中心に行う。電話での事前予約もこれまで通り受け付けるが、来店客と電話予約の時間帯が集中してしまうことから、「足を運んでくださったの...続きを読む

Q自分の家の敷地と隣の家の敷地の境界線上の塀について

家を建てて早1年半ほど経ちました。当時、まだ隣は空き地でした。
そして最近その空き地に家が建ちました。(まだ引っ越してきてはないです。)
当時、隣の空き地との境界線上の塀をどうするか決める時に、「まだ隣は居ないので、塀を好きなように決めれますよ。」と、塀を作ってもらえる会社の人に言われたので作ったのですが、その時私は「代金は、将来、その空き地に引っ越してくる人と折半なんだろうな」と思って(境界線の上の塀なので)今に至っていたのですが、最近夫と塀の話をしていると、夫が「塀の代金は折半じゃないよ。うちが全部払っとる。」「その時まだ誰も空き地に引っ越して来る人決まってないから好きなように塀を作れると言われただけ。お前がちゃんと話聞いてないのが悪い。」と言われました。
そして、私は自分の母にこの事を話すと、「境界線の上なんだから、塀を作ってくれた会社に言ってもだめなら、自分で隣に引っ越して来た人にちゃんと言って半分払ってもらいなさい!」と、どこにそんな根拠があるのか分かりませんが、そう言われました。
明細書を引っ張り出して見てみると、もちろん、半額にはなっていませんでした。なので、旦那が言っていた通りで、私がちゃんと話を聞いていなかったのかな?と後悔しています。もし勝手に勘違いしていなければ、隣に引っ越してくる人がくるまで、塀を作らずにいたと思います。

この場合、あとからでも、新しく引っ越してきた人に、塀の代金、半分請求する事ができるのでしょうか?

請求できない場合、この境界線上の塀は私の家の所有物になるのでしょうか?
そして引っ越してきたお家のお子様とかが、わざとじゃなくても塀を破損等された場合は、修理代とか請求できるのでしょうか?

境界線の上の塀なので、どういう扱いになるのかがわかりません。(代金を折半しているなら、お互いのもの(?)と考えれるのですが・・。)

分かる方がおられれば教えてください。
よろしくお願いします。

家を建てて早1年半ほど経ちました。当時、まだ隣は空き地でした。
そして最近その空き地に家が建ちました。(まだ引っ越してきてはないです。)
当時、隣の空き地との境界線上の塀をどうするか決める時に、「まだ隣は居ないので、塀を好きなように決めれますよ。」と、塀を作ってもらえる会社の人に言われたので作ったのですが、その時私は「代金は、将来、その空き地に引っ越してくる人と折半なんだろうな」と思って(境界線の上の塀なので)今に至っていたのですが、最近夫と塀の話をしていると、夫が「塀の代...続きを読む

Aベストアンサー

境界線上の隣地双方の土地にまたがる境界塀の設置に要する費用は、原則として双方の折半負担(民法225条、226条)とされています。

母はこの法律の事を言われてるのかも知れませんね。

しかしこの法律は双方の合意、又は司法の判決が必要になります。

つまり質問者さん側が先に勝手に塀を作って、引越してきた人に半分費用を持て、は強引な話です。

つまりお隣は、塀は必要ない、あるいは、塀を作るなら自分にも好みがありその塀では気に入らない、というような事が考えられるからです。

むろん引越して来た人が、折半を納得すれば払ってくれるでしょうけど、強制することはできません。

自分の敷地内であればどのような塀を作ろうと、自分の費用でつくる限りは問題ありません。もっとも非常識に高くするなどして、隣の日照、通風を阻害しては問題になるでしょう。

>請求できない場合、この境界線上の塀は私の家の所有物になるのでしょうか?

質問者さんの所有物です。

>そして引っ越してきたお家のお子様とかが、わざとじゃなくても塀を破損等された場合は、修理代とか請求できるのでしょうか?

修理代は請求できます。しかし・・・
今現在の状況は、質問者さんの構築物が、わずかながら(塀の厚みの半分)隣地を侵害してる状態です。

なので逆に隣から塀をそちらの敷地内に建て直してください。と言われる可能性があります。

>(代金を折半しているなら、お互いのもの(?)と考えれるのですが・・。)

そのとおりです。境界線上に双方で負担して建てた塀は、共有物になり維持管理費用なども折半していくことになります。

境界線上の隣地双方の土地にまたがる境界塀の設置に要する費用は、原則として双方の折半負担(民法225条、226条)とされています。

母はこの法律の事を言われてるのかも知れませんね。

しかしこの法律は双方の合意、又は司法の判決が必要になります。

つまり質問者さん側が先に勝手に塀を作って、引越してきた人に半分費用を持て、は強引な話です。

つまりお隣は、塀は必要ない、あるいは、塀を作るなら自分にも好みがありその塀では気に入らない、というような事が考えられるからです。

むろん引...続きを読む

Qひかり電話、ひかりTVについて

先日、NTTさんからひかり電話A定額料等の請求書がきました。でも、ひかり電話に入りはしましたが、使っていないので少し混乱しています…(入っているので請求書がくるのは当たり前ですが。)

ひかりTVとひかり電話に入ってはいますが、全く利用していない状況なので解約したいと思うのですが、ひかりTVとひかり電話を解約するにあたり、メリットデメリット(?)などはありますか?
ひかり電話ひかりTVについて全くといっていいほどわからない状態です。
申し訳ないのですが、どなたかお願いします…

Aベストアンサー

そですね。

使ってないならやめましょう(笑)

ただ他の方も仰っているように、契約時に何かキャンペーンのような物を販売店から適用されませんでしたか?
(PCが割引になる。。  プレステが貰える。。  ○○円キャッシュバック・・)


心当たりがあるなら、それらはひかりエースやひかりTVの同時申し込みが条件となっている事が多いです。
(特にひかりエースは)


もしそうだとしたら、何故申し込んだのか?という部分も見えてくるのではないかと思います。
全く記憶にないのなら、話は別だと思いますが^^


各サービスの詳細は#3さんが説明して下さっていますが、
・ひかりTV → TVに特に興味ないなら必要ないですね(笑)

・ひかり電話エース → 今まで固定電話の利用が無くひかり電話を申し込んだとしたら
単に電話回線が余計に1つ増えるだけなんで、使用しなければ当然無駄です(携帯はお持ちですか??)

ただ「固定回線からひかり電話」へ移行したのなら・・・・
個人的には固定電話へ戻さない方が良いなと思いますね。



理由としては月額料金が安くなるからです。



え?
使わないから必要無いって?



必要ないけど何かあった時の為に回線だけは残しておきたい → だからこそひかり電話にしておいて、
回線の月額料金を抑えたらどうですか?
(アナログ回線に戻したら、最低1600~1700円以上はかかります)

携帯がメインになった今、固定電話は固定費を食うだけのオブジェなんですし。


自分は常々そうお客様へ言っています。


という訳で、状況から見て恐らく不必要かと思います(笑)




テキトーですいませんw

そですね。

使ってないならやめましょう(笑)

ただ他の方も仰っているように、契約時に何かキャンペーンのような物を販売店から適用されませんでしたか?
(PCが割引になる。。  プレステが貰える。。  ○○円キャッシュバック・・)


心当たりがあるなら、それらはひかりエースやひかりTVの同時申し込みが条件となっている事が多いです。
(特にひかりエースは)


もしそうだとしたら、何故申し込んだのか?という部分も見えてくるのではないかと思います。
全く記憶にないのなら、話は別だと思います...続きを読む

Q「期限」,「期間」と「範囲内」の定義を教えてください。

 法令用語で「期限」,「期間」と「範囲内」はどのように定義されてるのでしょうか?定義でなくてもどのように説明したらよいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 「期限」と「期間」については参考URLをご覧ください。
 簡単な例と定義があります。
 また,期間は基本法としての民法138から143条に原則規定があります。

 「範囲」とは「特定の領域や限度の中」のことであり,物理的なものもあれば観念的なものもあり得ます。法令用語として特別な意味が付与されている訳ではありませんが,例えば民法103条2号に「性質ヲ変セサル範囲内ニ」とあり,これが意味する具体例を上げますと
無利息債権を利息付にすることは改良行為であって性質を変じていないけれど,預金を株式にすることは性質を変じているのでダメですよ(正確には権限の範囲外である)というものです。なお,変じるかどうかの範囲は行為の性質によって判断するとされますから,常識論というか同語反復の感もあります。

参考URL:http://www.pref.saitama.jp/A01/BA00/HP013.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報