最近やたらと、“百年に一度の・・・”という言葉を聞きますね。
政府的には、補正予算ジャブジャブらしいですが、これも“百年に一度の・・・”が根拠らしいです。
会社でも、“百年に一度の大不況だから、給料減額します”みたいに使われそうです。
百年に一度の出来事なんだから許してよ、みたいに聞こえますが、それって仕方がないことですか?
“百年に一度の・・・”と言えば、何でも許されますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

何でもかんでも「百年の~」では許されないと思います。


場合によっては「百年に一度だから駄目」ってこともあるでしょうし、それを許したが故、後の百年に影響が出る場合もあるでしょう。
天災はともかく、努力もせず人為的な現象に対しての「百年の~」は許されないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね、そのツケは後々の国民全体に及んでいきますね。
百年かかっても国の借金はなくならないでしょう。
宰相か愚相か、後々語り継がれることと思います。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 09:17

信用しないことにしています  理由は簡単


1993/8/6と9/3100年に一度の洪水と言われたものが
月に二回発生しましたそれっきり信じません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、洪水ですね。
よくダム建設の理由に「百年に一度の大きな洪水対策のため云々」と言いますが、あながちウソでもないんですね。
自然が相手だと、何年とかは分かりませんね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 15:41

頭の悪い私は“百年に一度の大不況”と聞いて「コレを乗り切ったら後99年は大丈夫なんだ。

」などと呑気な事を考えていました。^^;

許しちゃってますね。(笑)

世の中の皆さんは頭が良くなっているので逆に歴史的なことなど考えて表向きは許しちゃうのではないでしょうか。

個人レベルで考えれば配偶者相手に
“キャバクラは百年に一度の楽しみだから”
“百年に一度の合コンくらいは”
“今月のパチンコの負けは百年に一度の規模だな”
等と言っても許してもらえません、きっと。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、いろいろ使えそうで使えませんね!
>今月のパチンコの負けは百年に一度の規模だな
“今月のパチンコの勝ちは百年に一度の規模だな”と家計に貢献したら、きっと許してもらえると思います。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 15:38

許されない。



「大丈夫、100年に1回しかやらないから、100年に一度東京に原爆落とさせてね」なんて許されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>100年に一度東京に原爆落とさせてね
そんなことになったら、放射能は100年どころではなくて、もっと残りますね。
劣化ウラン弾なんかは、半減期が45億年ですからね。
許されません。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 15:33

 何でも許される・・訳ありませんが、それに近い状況は発生していますね。



 何でも許されるなら、もっと違うことをすれば良いとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

猫も杓子も・・の状況ですね。
そうなると自助努力をする気が失せるような感じを受けます。
迎合するか、活路を見出すか、乗り切るのはその違いですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 15:28

こんにちは。



以前歴史を学んでいたときに、ある年を1世紀ごとにたどっていくと、その国の歴史を覆すような大事件が起こっているのです。
それを教えてくれたのは歴史の先生で、暗記するのには非常に都合が良かったのですが「歴史はくりかえす」というのは本当なのだなと、
「100へぇ~」でした。

彗星とかで「76年に一度の」とか
女の子の赤ちゃんの生まれ年が60年に一度、
とかいうのは迷信もまじってるとはしても面白いかなと。

不況なんて100年に一度どころか年代ごとに1回は起こってますよ。
紙幣が紙切れになるほどになったら「100年に一度」くらいにはなるかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き、ありがとうございます。

そうなんですね、何の基準を持って「百年に一度」と言っているのかが、いまいち分かりませんね。
100年という年で考えてしまうと、比較対象が何なのか?
先ほどの方も言っていましたが、もしかしたら、ちょっとすごい不況というのを誇張して言っているのかも知れません。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 15:25

>“百年に一度の・・・”と言えば、何でも許されますか?



                 ↓
稀に見る、かってない等を強調する修飾語の一つのような使用例と思います。
問題&ポイントは、続く名詞・施策の中身・内容の是非や効果効能が重要であり、許す許さぬ・・・とは違うと思います。

未曾有の世界同時経済危機に対し、かって経験した事が無いとか、此れまで予測していなかった前代未聞とか、近い将来にも起こりえない位の非常事態を、アナログ的に、少し誇張気味に表現したのだと思います。
<現実は、その表現を意図・認識を上回る厳しい危機となっているが・・・>

百年は、永久・永代・非常な長期間を示す表現にシンボリックに使われているのだと私は解釈していました。
例えば、永久保証とか永代供養・永代墓地とかと言う時にも、実際は有限であり、目安は3世代(本人→子供→孫)、凡そ100年間の期間とか権利をイメージ、表している場合等が当てはまる。

また、緊急経済施策・補正予算・給付金等の内容や妥当性、プライオリティや規模、実施時期等については→立場や価値感、財源&財政の問題、効果効能への評定が個々の政党や企業、個人で違い、必要性の是非から規模の評価、施行実施の方法や時限への見方も分かれるものと思います。

しかし、アメリカが・・・、サブプライムが米国メガバンクやビッグスリーがといった犯人捜しや責任追及、麻生総理や小泉構造改革が云々と批判非難をしていれば、政府&法案に反対だけで→事態の好転が保証される訳は無い。

能動的に主導的に自助自立・主体的に、この難局を乗り越えるべく、我が国が自主的に切り開かねば、この世界同時不況下において外に支援、天佑を求めても何処にもそんな余裕も能力も有り得ない。

まして、我が国の力、役割は、反転・改善回復への牽引役を、国際社会からは期待されているのではないだろうか・・・。
勿論、企業・国民も危機感の中からも、焼け野が原からの奇跡の成長発展を成し遂げた自信と矜持とノウハウ、高い技術力・勤勉な活動によって、推進エンジンとなり→支え、サポートする事だと思います。

それは、スピードとリーダーシップが重要であり、まさしく国家100年の計を念頭に置き→枝葉末節な政局政争、揚げ足取りを排し、現状打破への最適レシピの立案、実行施策のメニューや工程表、プライオリティを合言葉に実践・行動する事である。

個々の政策・規模の小異は残してでも、今、全力で取り組み打ち出すべきは、プラス思考&積極マインドの醸成と発揚ではないだろうか→我が国&国際社会の健全化&繁栄への我慢と歯を食い縛る時だと言う気概と覚悟、そして世界の平和と繁栄を増進する事こそが、唯一の王道だと信じ、その大同に付くべく、我々一人一人が持ち場持ち場で、分担・寄与・参画する事から、総ては始まり進むと、私は思考・認識しております。

戦後の苦難を乗り越えて来た・・・あの何も無い時代、飢餓貧困の中から築いた今日の社会システム・インフラ・国際社会である。
人類は歴史に学び、創意工夫で発展して来たのである、その経験と英知をDNAとアイデンティティを私は信じたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、おっしゃるように「百年に一度の」というのは、“いまだかつてないほどの・・・”というような意味合いですね。
昔流に言えば「非常時」ということです。
戦後日本の目覚しい発展は奇跡と言われました。
勤勉な国民性と探究心という礎があったからこそ、今のような発展ができたのだと思います。
今回の「百年に一度の」という世界同時不不況にあっては、真っ先に日本が抜け出て世界に見本を示そうと躍起になってます。
昔「ジャパン・アズ・No1」という本があって、東洋の小国が世界屈指の経済大国になったことを驚きと賞賛で書かれていましたが、今回の政府や財界の取り組みにあたって、戦後復興の潜在的なパワーであったDNAがさび付いていないことを祈るばかりです。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 09:46

ちょっと古い人間だったら誰でも知ってますよ。


73年末のオイルショックを受け、74年から数年間は(オイルショックが関係あろうとなかろうと)業績不振の理由は「世界的な石油危機の影響を受け・・・」でした。

89年の日経平均株価が最高値をつけた後暴落して90年以降は数年にわたって、業績の落ち込んだ企業は同じように「土地と株のバブル崩壊の影響をモロに受け・・・」でした。

もちろんそれが主原因の企業も多かったと思いますが、原因は単なる舵取りに失敗しただけの企業も、変に言い訳するより誰もが納得する石油危機やバブル崩壊を理由に挙げました。

今回もサブプライムローンを端に発する不況とは関係ない理由での業績悪化であってもへたに言い訳せず「百年に一度の・・・」としているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>へたに言い訳せず「百年に一度の・・・」としているわけです。
なるほど、右も左も百年に一度・・・と言っておけばとりあえず納得してもらえるだろう、みたいなところがありますね。
おっしゃるように、オイルショックもバブル崩壊も、今で言えば「未曾有の出来事」でした。
バブルも真っ盛りの頃は、こういう景気だから何でも許される、という雰囲気プンプンでした。
流されやすいですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 09:32

ただ・・・参考までに


 自民党は75兆円の景気対策の補正予算を計上してますが
 民主党の提案する予算案の方が自民より多いんです。

 高速道も自民は1000円に対し 民主は無料ですからね。

 補正予算の増額に最も否定的なのは共産党です。次からは選挙は共産党にいれましょうw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、共産党ですか。
自民も民主も選挙をひかえて、人気取りという感じも見え隠れしてますね。
最近は、共産党は国会でも派遣切りに対する企業攻撃がすごいですが、「蟹工船」ブームと相まって、労働者というものを再認識する機運が高まってますね。
共産党はそれに乗っかっている気がします。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 09:25

どうなんでしょう・・


 これが日本だけの政策なら文句もあるのでしょうが
世界的に同時に各国の政府が行っていますから・・・
逆に日本が全くしないと世界からみれば 叩かれまくるでしょうね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、世界と歩調を合わせる感じで・・・
小泉改革の反動(不満のガス抜き)と世界不況をうまく理由付けしたような印象も持ちますが、どうでしょうね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 09:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング