A 回答 (1件)

意思能力が無くなる高齢者を守る意味から、後見人を付けると言う事です。


 介護保険も契約行為になり、昔の様な措置制度とは変わり契約をするその介護事業所と契約をする事で介護サービスの提供を貰うその変わり介護保険を使い、一部負担金を利用者が支払うと言う。これが利用者の貰える介護サービスも導入段階です、認知症などではこの契約が出来ないから成年後見人制度を使い、その認知症の方に変わりに法定代理人で契約行為をするこれから無能力者として認定された人を守る意味で後見が付く、契約全般に言える事ですけど、悪質商法に騙された認知症の方を守る意味でも契約破棄と言う消費者としての保護もあります。
 認知症なる以前に任意で成年後見制度を作成する方も居ます。
 介護保険で言うならケアプランを立てるのが、ケアマネです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B9%B4% …
 ソースも参考に学んで下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報