こんにちわ。

http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/na2c …

アンモニアソーダ法について勉強中、このサイトを見ていたら

『主反応、
2NaCl + CaCO3 → Na2CO3↓ + CaCl2
の仕組が重要です。
この反応は、ある意味で不思議な反応です。
というのは、
Na2CO3 + CaCl2 → 2NaCl + CaCO3
というのは有名な沈殿反応ですね。これの逆反応な訳でしょ?じゃあ、普通には反応が起きないはずじゃないですか。 』

とありました。
ここで質問なのですが、

Na2CO3 + CaCl2 → 2NaCl + CaCO3

の反応の原理を教えてほしいです。

ここでは弱酸の塩+強酸の塩であり、
ナトリウムとカルシウムなので、
1価の方が強酸と結びついて、2価の方は弱酸と結びつく
みたいなルールがあるのですか?

それとも、1価は1価同士、2価は2価同士で結びつくとか・・・?

回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

カルシウムの炭酸塩は水にほとんど溶けないので


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E9%85%B8% …

CaCO3は沈殿し
Na2CO3 + CaCl2 → 2NaCl + CaCO3↓
と反応が右に偏るためです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、平衡が絡んでいたのですね・・・
回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/24 21:08

高校で習う自発的に進む反応ってのはだいたい次の5つ位だお。




酸塩基反応(中和、弱酸/弱塩基の遊離を含む)
酸化還元反応
気体(揮発性物質)の発生(加熱による場合も含む)
難溶塩の沈殿生成
錯体の生成


何だかよく分かんない場合はこれと照らし合わせたらいいお
    • good
    • 0
この回答へのお礼

難溶塩の沈殿生成
の観点から見たらなんとなく見えてきましたー
回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/24 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベーキングパウダー小さじ3/4は何㌘になりますか?

ベーキングパウダー小さじ3/4は何㌘になりますか?

Aベストアンサー

小さじ1杯は4gですので3/4ですと3gです。
http://www.nisshin.com/customer/foods/faq/product05.html

Q弱酸の塩+強酸の塩の反応

弱酸遊離の反応で、「弱酸の塩+強酸→強酸の塩+弱酸」は
知っていますが、「弱酸の塩+強酸の塩」の次のような反応は進行しますか?(リン酸カルシウムの可溶化)

リン酸カルシウム(沈殿)+塩化ナトリウム→リン酸ナトリウム+塩化カルシウム

進むとすれば、「弱酸の塩+強酸→強酸の塩+弱酸」と同じ機構なのでしょか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>水中で沈殿しているリン酸カルシウムが塩化ナトリウムを添加することで溶解するのかどうか
これはごく単純な化学です。
系内にあるイオンの溶解度積Kspをそれぞれ計算して、溶解度積が定める値以上になるイオン対があればそれは塩として析出してしまします。
ですので、リン酸カルシウムに塩化ナトリウムを加えても溶解しません。
溶解させるにはpHを下げてやります。
リン酸カルシウムの溶解度積は
[Ca^2+]^3[PO4^3-]^2になりますから、
[PO4^3-]を減らせばよい訳です。食塩でなくカルシウムと可溶な塩を作る硝酸か塩酸を加えてやると、[PO4^3-]は下がりますからリン酸カルシウムは溶けて行きます。

Q砂糖5グラムって、小さじでどのくらいの量になるんのでしょうか?

砂糖5グラムって、小さじでどのくらいの量になるんのでしょうか?
だいたいでいいので教えてほしいです!
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

小山盛り一杯ですね♪
まあ、失敗しても、一寸甘みが足りないか、わずかに甘すぎるか程度ですからたいした失敗じゃないです。
気楽にやってみてください。

QCacl2がCa2+ + 2clである理由

一応自分で考えてはみたものの、あっているかどうか確認する方法が分からないので間違っていたら指摘をお願いします!!

Caは18族のArと同じ電子配置になると安定するので電子を2つ出したCa2+の形をとり、2価の陽イオンになる。Clも同じで18族のArと同じ電子配置をとると安定するので、電子を1つ出したCl-の形をとり、1価の陰イオンになる。

どうでしょうか??

Aベストアンサー

>>電子を1つ出したCl-の形をとり
逆に電子を1個「貰った」です。
他の場所は正解。

Q粉ゼラチン小さじ1は何グラム?

ゼリーを作ろうと思います。
レシピには「粉ゼラチン5グラム」と書かれているのですが、あいにく我が家にはここまで細かく計れるはかりはありません。
小さじ1が何グラムかがわかれば、あとは目分量でやろうと思ってます。ご存知の方おしえてください。

Aベストアンサー

ゼラチンは大さじ1杯が10gだそうです。

小さじ1に対して大さじは3ですので、小さじ1杯はゼラチン3gぐらいですね。

小さじ1+半分ぐらいが5gになるかな。
大さじ半分でもいいと思います。

Q化学反応式の価数計算方法を教えてもらえないでしょうか? xNO+yNH3+zO2→αN2+βH2O

化学反応式の価数計算方法を教えてもらえないでしょうか?

xNO+yNH3+zO2→αN2+βH2O

の、x,y,z,α,β の値をもとめる方法です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Nについて x+y=2α
Oについて x+2z=β
Hについて 3y=2β
連立方程式で解くのですが変数4つに対して式が3つです。
これを元にテキトーに数字を入れて調整してみました。

2NO+2NH3+1/2O2→2N2+3H2O
4NO+4NH3+O2→4N2+6H2O

Q粉寒天1グラ(又は4グラム)って小さじ何杯?

流行りの寒天ダイエットやってます。
ダイエット効果はまだ見られませんが(1ヶ月)重度の便秘が解消されているので続けようと思っています。
最近はコーヒー寒天、牛乳寒天、スキムミルク寒天
を交代で作って食べてます。

そこで、粉寒天を利用したいのですが
4グラムを作りたい時小さじだと何杯なのでしょうか?
計りもあるのですが10グラム単位なのでわかりません。。。

それと、低カロリーで(お砂糖をあまり使わないで)おいしく簡単な寒天レシピがあれば是非教えてください。

Aベストアンサー

小さじ一杯、4グラムです。
レシピと寒天の効用、NHKためしてガッテンです。


参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2005q1/20050216.html

Q弱酸と強酸について

塩基の場合はアルカリ金属とアルカリ土類金属の酸化物が強塩基でそれ以外は弱酸だそうですね。
酸についてもこのような決まった性質もようなものはありますか?
見分け方がよくわかりませんので困っています。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご期待に応えられるような、一目でわかるような『決まった性質』とは言えないかも知れないのでご容赦を。

強酸の定義は『水溶液中でほぼ完全に電離してH+を放出する物質』なのですが、
実は強塩基の定義はいくつかあります。質問文のように、水中での電離度に着目する場合、
『強アルカリ』の方が適切です。これについては後述します。
『強アルカリ』についてはアルカリ金属・アルカリ土類金属の水酸化物で正しいでしょう。

まず、強酸の特徴は何かと言うと、『H+を送り出す力が強い』と言う性質です。
硫酸(H2SO4)を例にとって、考えやすいように言い換えると、
『H+とHSO4-の結合が弱い』ことと『H+を放出した後のHSO4-が安定である』ことが原因です。
他の分子についてもこの2つを考えることで強酸なのか弱酸なのかを判別できます。

有名な強酸として、
HCl、HBr、HI(ハロゲン化水素)
HNO3、H2SO4、HClO3、HClO4、HBrO3、HBrO4、HIO3、HIO4、HMnO4(オキソ酸)
H[BF4]、H[PF6]、H[SbF6](フルオロ錯体の酸)
CF3COOH(トリフルオロ酢酸)、HCB11Cl11(カルボラン酸)
が挙げられます。

ハロゲン化水素の場合、H+とX-(一般的にハロゲン化物イオンをX-と書きます)の結合距離は
HCl < HBr < HIの順で大きくなります。距離が離れるとクーロン引力が弱くなるので、
HIのH+はHClのH+よりも電離しやすくなります。また、電離後のI-はCl-よりも半径が大きく、
表面積が大きいため、より多くの水分子と水和することで安定になります。
この『結合の弱さ』と『ハロゲン化物の安定性さ』のせいで、同じ強酸でも
HIはHClよりも強い酸として働きます。
ハロゲン化水素でもHFだけ弱酸なのは、
H+とF-の距離が近いためにクーロン力が強く働き電離しにくい
HとFの間の結合がイオン結合と言うより共有結合に近いために電離しにくい
F-のイオン半径が小さいためにあまり水和せずあまり安定になれない、と言うのが原因です。

オキソ酸の場合、中心元素の周囲を電気陰性度の大きな酸素が取り囲んだ分子になっています。
例えばHClO4(過塩素酸)の場合だと、Cl原子を中心に正四面体型に4つの酸素が囲んでいて、
その酸素のうち1箇所にHがくっついている、という構造になります。
電気陰性度の大きな酸素がClを中心に電子の引っ張り合いをしているような形になっており、
H-Oの周辺の電子は他の3つのO原子によってCl方向に引っ張られた状態になるため、
H-Oの間の電子はかなり薄くなる、つまり結合が弱くなります。
また、H+が解離したClO4-は分子半径が大きく表面積が大きいために水和しやすいだけでなく、
電子の非局在化という現象によっても安定になります。
ClO4-の電子はもともとH+がついていたO原子に留まっているのではなく、ClO4-イオン全体を
満遍なく行き来するようになります。このため分子全体がほんのりと負電荷を帯びた状態になります。
この状態は安定性が高くなります。もし仮に電子がどこか1箇所のO原子上にだけ留まると、
他の分子やイオンがクーロン力に引き寄せられて結合しやすくなります。
電子(負電荷)がイオン全体に満遍なく分布することで、他の分子と反応しにくい安定な状態になります。

フルオロ錯体の酸もオキソ酸にかなり似ています。
中心の原子の周りを電気陰性度最強のFが取り囲むことによって、陰イオンの負電荷が
イオン分子全体に非局在化するために安定な状態になります。

有機強酸の例として挙げたCF3COOHの例では、HとOの結合が弱くなるために強酸となります。
CF3COOH(トリフルオロ酢酸)というのは、CH3COOH(酢酸)のHをFに置き換えた分子です。似た分子に、
CH2FCOOH(モノフルオロ酢酸)
CHF2COOH(ジフルオロ酢酸)というものもあります。
この分子の場合、Cに結合しているFの数が多いほど強い酸となります。
電気陰性度最強のFが分子全体の電子をF原子の方向に引っ張るため、H-O結合の電子が減り、
結合が弱まってH+を放出しやすくなります。

カルボラン酸は三中心四電子結合という大学で習う難しい結合で出来ていますが、
負電荷を非局在化することで陰イオンが安定になることを利用しています。

このように、『Hと陰イオンの結合が弱い』『電離した陰イオンが安定』という2つが
共産か弱酸かを見分けるポイントになります。


さて、『強塩基の定義が複数ある』と言うのがどういうことかというと、
塩基の定義がいくつかあるためです。
一番初めに登場したアレニウスという人の定義では
『酸=水中でH+を出すもの、塩基=水中でOH-を出すもの』でした。
でも、アンモニアは水がなくてもNH4Clという塩を作れるじゃないか、といった反論から、
ブレンステッドという人が
『酸=H+を出すもの、塩基=H+を捕まえるもの』と改めて定義しました。
『酸の強さ=H+を送り出す強さ』だったのと同様に、
『延期の強さ=H+を捕まえる強さ』と言えます。
これは『捕まえたH+が新しく作る結合の安定さ、頑丈さ』に由来します。

アレニウスの『水中でOH-を出すもの』と言う定義では
アルカリ金属とアルカリ土類金属の水酸化物を強塩基として定義できます。
水中でOH-を放出した状態で安定に存在できますから。
しかし強塩基の中にはあまりに塩基性が強すぎて水と激しく反応するものもあります。
ブタン(CH3-CH2-CH2-CH3)という分子から無理矢理H+を引っこ抜いたような分子があります。
ブチルリチウム(LiC4H9)と言う物質です。種類によっては水や空気に触れると燃え出します。
つまりそんな分子では水中でどれだけOH-が出来たかなんて計れないので、
『H+を受け取って出来た結合が、元の状態よりもどれだけ安定か』というような定義しかできないのです。

ご期待に応えられるような、一目でわかるような『決まった性質』とは言えないかも知れないのでご容赦を。

強酸の定義は『水溶液中でほぼ完全に電離してH+を放出する物質』なのですが、
実は強塩基の定義はいくつかあります。質問文のように、水中での電離度に着目する場合、
『強アルカリ』の方が適切です。これについては後述します。
『強アルカリ』についてはアルカリ金属・アルカリ土類金属の水酸化物で正しいでしょう。

まず、強酸の特徴は何かと言うと、『H+を送り出す力が強い』と言う性質です。
...続きを読む

Q小さじ一杯

塩と砂糖を小さじ一杯同じ量だけとっても、塩は約4グラムで砂糖は約3グラムくらいの重さになりました。
これは塩のほうが密度が大きい、ということになるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

極めて大雑把に言って 貴方の言われる通りです。
なぜ大雑把かと言うと 先ず塩と砂糖の粒の大きさが同じであるということが必要です。次に両方の成分がともに100%であることが必要です。(水分が含まれていることが多いです)

QなぜNaClを水に溶かすとNa+とCl-ができるか

なぜですか?

NaとClに分かれず、Na+Cl-といった具合に分かれるのですか?

Aベストアンサー

Na原子だとかCl原子だとか、存在するには不安定な物質だからです。
化学変化は「安定な物質ができる方向」に進みやすいものです。

なお、厳密な話をすると、食塩NaClそのもの自体がNa^+とCl^-が同数ずつ集合してできた物質で、
水に溶かさなくてもNa^+とCl^-です(ただし集まっている)。
水にまぜるとこれらがばらばらになって溶けます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報