昨日行ったフェナセチンの合成実験で

「フェネチジンの入ったフラスコに水酸化ナトリウムを入れ、かき混ぜる際には
氷水などで冷やしながら行う。」
という操作があったのですが、なぜ冷やしながら行わなければならないのかわかりません。

また、再結晶をしたんですが、
「得られた粗結晶をエタノールで溶かし、溶解した粗結晶を熱時ろ過する。」という操作では、
なぜ普通の濾過でなく、熱時ろ過をしなければならないのかもわかりません。
できるだけ詳しくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フェネチジンのアセチル化によるフェナセチンの合成ですね。


フェネチジンは4-エトキシアニリンです。フェネチジンはエトキシ基が付いているためアニリンよりさらに電子密度が高い物質です。
アニリンだけでも空気中に置くと酸素酸化を受けます。フェネチジンはさらに酸素に敏感である上、水酸化ナトリウムを加えてアミンの水素イオンを引き抜き易い状態にしますがこの状態では酸素と「激しく」反応してしまいます。
そのため温度を下げます。余り激しく撹拌してはいけません。出来れば窒素下で行うべきです。

再結晶の方ですが、熱時濾過せずに冷えてから濾過したら生じた結晶は不純物とまた混ざってしまいます。
熱時濾過すれば濾液には元の結晶より不純物の量は減っています。そこで結晶化させれば、より純度の高い目的物が得られます。

この件で検索していましたらとても面白いサイトに当たりました。岡山大学薬学部のサイトです。↓非常にためになります。また、かなり笑えます。
http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/lab/gosei/exper …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくわかりやすかったです(*^_^*)
疑問を持っていたところを適格に回答してくださってありがとうございます!!

お礼日時:2009/05/23 20:32

アセチル化ですか?


冷やさなくても大丈夫な気はしますが、発熱しすぎると折角出来た生成物が分解するとか、反応液が沸騰するとか、余計な副反応が起こるとか、そういったことがあるかもしれません。

粗結晶は「加熱した」エタノールに溶かしませんでしたか?
温度変化による溶解度の差を利用して再結晶するなら、熱時ろ過しなきゃいけないのは明らかでしょう?
「加熱した」エタノールに溶かしたのでなければ、熱時ろ過の意味はほとんどありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の合成ゴムの塗装方法教えて下さい。

車の合成ゴムの塗装方法教えて下さい。

車のドアー部分の一部や泥除け等に黒い合成ゴムが使用されております。
その部分に白塗装する方法(下地材料+白塗装材料)を教えて下さい。お願い致します。


バンバー等の塗装に使用するの下地+ラッカー(白)スプレーで、黒の合成ゴム部分に塗装したら、塗装が剥げて困っています。

Aベストアンサー

ゴム自体が伸縮する物なので普通に塗装すれば剥げてしまいます。下地をしっかりしても
絶対100%剥げないとは限りません。なるべく剥げなくする様には出来ますが、剥げてしまいます。運命ですね。塗る前に「ミッチャクロン&ミッチャクロン マルチ」と言う塗料の
伸縮に同期できる物が販売されていますので、それを塗ることで剥がれにくくなります。

Qサリチル酸、アスピリンの粗結晶、純結晶にそれぞれ水を加え湯煎で溶かした

サリチル酸、アスピリンの粗結晶、純結晶にそれぞれ水を加え湯煎で溶かした後に塩化鉄溶液を垂らして色の変化をみるという実験をしたのですが、色がそれぞれ違うことがどんなことを意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

サリチル酸にはフェノールがありますが、アスピリンにはありません.

で、塩化鉄(III)はフェノールと反応して呈色します.色がつく、ということは、フェノールがある、ということになります.
(アスピリンの純結晶なら色はほとんどつかないはず)

Q合成ゴムでも加硫すると硬いゴムは作れるのでしょうか

エボナイトという素材があります。
天然のゴムに硫黄を混ぜて加硫という工程を経て、プラスティックと同じような硬さにした素材です。
しかし、石油由来の合成ゴムであっても硫黄を混ぜて加硫させることができるということを、最近本を読んで知りました。
そこで疑問なのですが、合成ゴムでも加硫させればエボナイトと同じような硬さの素材は作ることができるのでしょうか。またそのような素材が市販されていたりしますか。
どなたかご存じのかた、おられましたらご投稿ください。

Aベストアンサー

ちょっと調べると SBR ebonite なんてものが見付かる.

Qフラスコの壁をこすると結晶が析出するのはなぜか。

「アスピリンの合成の実験」
サリチル酸2gを三角フラスコに入れ、これに無水酢酸を加えて溶かす。
そこにピリジン10滴を加え反応を開始する。
反応容器を電気水浴にて5分間加温し、固体を溶かして反応を完結させた後、この溶液を30mLの水の入った三角フラスコに注ぎ込み、さらにもとの反応容器にできるだけ少量の水を加えてすすぐ。100mLの三角フラスコを十分冷やし、フラスコの壁をこすって刺激を与え、結晶を析出させ、これを吸引ろ過して粗結晶を集める。

こういった実習をしたのですが、フラスコの壁をこすると結晶が析出するのはなぜか。
また、酢酸ではなく無水酢酸にするのはなぜですか。

Aベストアンサー

酢酸を用いないのは反応速度というよりも化学平衡の問題です。
酢酸とサリチル酸からアセチルサリチル酸が生じる反応は平衡の面で不利であり、かつメタノールやエタノールのように過剰料用いるのが現実的ではないために、酢酸ではなく無水酢酸を用います。無水酢酸とサリチル酸からアセチルサリチル酸と酢酸が生じる反応は反応速度が速い上に、平衡の面でも有利です。

フラスコをこすって結晶が出るためには、まず、溶液が過飽和であることが大前提です。過飽和な溶液は不安定な状態であり、ちょっとした刺激で安定な状態、すなわち「飽和溶液+結晶」の状態に変化します。フラスコをこするのはその「ちょっとした刺激」を与えるためです。これは前の回答にあります「ノウハウ」ということになり、なぜこすることが「ちょっとした刺激」になるかということの説明は難しいでしょうね。

Q合成ゴムについて

学校で身近にある合成ゴムについて調べなければならないんですが、どんなものがありますか?

タイヤ、輪ゴム、パッキン…

もっと特殊なものって何が挙げられますか?

Aベストアンサー

ゴムには、天然ゴムと合成ゴムがあります。輪ゴムは主に天然ゴムが原料ですから、合成ゴムではありませんね。
自動車のタイヤは、合成ゴムと天然ゴムを混ぜて作りますから、合成ゴムも使われています。
チューインガムは高級品は天然チクルですが、一般にはポリイソブチレンという合成ゴムも使われます。
パッキンは、合成ゴムが多いでしょうね。
哺乳瓶の乳首は、安物は天然ゴム製ですが、高級品はシリコーンゴム製です。
色が白いので簡単に分かります。
ところで、シリコンゴムは間違いでシリコーンゴムですので、注意して下さい。
化学に弱い人が、シリコーンゴムのことを間違ってシリコンゴムと表記しているのです。
自動車の空調の配管のシール用の発砲体は、安物はウレタン発泡体ですが、エチレンープロピレンーターポリマー
略してEPTゴムの発泡体も使われます。

最近、免震構造をもったビルが存在しますが、巨大のビルの柱をゴムで支えることにより、地震の揺れを
逃がしています。このゴムも合成ゴムですね。

家電製品の足の部分やリモコンのスイッチ部分も合成ゴムで作られた物がありますよね。リモコンの場合は
ゴムではなく、プラスチックの場合も多いですが・・・

ゴムには、天然ゴムと合成ゴムがあります。輪ゴムは主に天然ゴムが原料ですから、合成ゴムではありませんね。
自動車のタイヤは、合成ゴムと天然ゴムを混ぜて作りますから、合成ゴムも使われています。
チューインガムは高級品は天然チクルですが、一般にはポリイソブチレンという合成ゴムも使われます。
パッキンは、合成ゴムが多いでしょうね。
哺乳瓶の乳首は、安物は天然ゴム製ですが、高級品はシリコーンゴム製です。
色が白いので簡単に分かります。
ところで、シリコンゴムは間違いでシリコーンゴムですの...続きを読む

Q丸底フラスコと平底フラスコ

丸底フラスコと平底フラスコの違いってなんでしょうか??
確かにそこの形は違いますが、用途に合わせて使い分けるべきですか?
よく丸底フラスコを支柱(?)で支えて下から熱しますよね。
その場合は丸底を使うのは何故なのでしょうか。
倒れてしまう丸底をわざわざ支柱まで使って使うわけですから
なんかしら意味があると思うのですが・・・
熱が均等に届くため??

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。とても大事な意味がありますよ。
中の圧力が下がるような場合、丸底でないと圧力に耐えきれず破損します。
強熱する場合も、熱応力が、平底だと平らに変形した部分に集中するのでやっぱり破損します。

ですから平底は、あまり圧力がかからない、あまり強く熱しない場合にのみ用いられます。

Q合成ゴムとシリコーンゴム

IKEAというお店でアイスキューブトレイ(製氷皿)を購入しました。
素材は合成ゴムです。
シリコーンのケーキ型を持っていますが、シリコーンと合成ゴムの違いがわかりません。
とてもカワイイ形なので、焼き菓子を焼いてみたいのですが・・・。
変な物質が溶け出してきたり、有毒ガスが発生したらどうしよう??
と思って質問しました。
ご存知の方、ご回答の程お願い致します。

尚、『水以外の使用はおすすめしません。』と注意書きはあります。
守れば済む話なのですが、シャーベットやキャンドルだって作れそうです。焼き菓子も焼けたら最高なのにな・・・とおもって質問させていただきました。

Aベストアンサー

合成ゴムは、単にラテックス以外の原料で作ったゴム状の素材の総称です。多分、シリコーンゴムも合成ゴムに含まれると思います。

耐性については、原料によって耐熱、耐寒、耐油などいろいろありますが、耐熱・耐寒、両方に耐性があるというとシリコーンゴムくらいかと思います。こんな時代ですから、新素材なんてのもあるかも知れませんけどね。

「水以外の使用はおすすめしません」って事は、酸やアルカリ、油などの耐性が低いと考える方が良いでしょうね。要するに(微量に)溶けるって事です。キャンドルくらいなら問題ないでしょうが、食品は気をつけたほうがいいと思いますよ。

Qみょうばんの再結晶<定温ろ過について>

みょうばんの再結晶した後の溶液を一定の温度に保ちつつ、
濾過をしたいんですがどうすればよいでしょうか。
化学部員の中学生でもできる設備で濾過中の溶液温度を35±1℃に保つのはできるんでしょうか。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

熱時濾過はたとえば再結晶などで必要なので、ヒーター付き漏斗も市販されています。それがないのでしたら、No1さんの言われるやり方と思います。やり方は例えば添付のサイトのビデオをご覧下さい。所望の温度管理は難しいかも知れませんが...

参考URL:http://www.chem.zenkyo.h.kyoto-u.ac.jp/operation/frame/frame_14_wmv.html

Q合成ゴムを溶かす

合成ゴム素材(詳しくは分かりませんが靴底のような硬いもの)
に刻印された文字を消して、何もなかったような状態にしたいのですが、
削ったり、ハンダゴテで溶かしたりしてみましたが、上手くいきませんでした。
手に入る薬品で溶かしてキレイにすることは可能でしょうか?
刻印の深さは1ミリ程で、ゴムの色は黒です。
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

離型剤はあなたの合成ゴム素材を成型した時に使ったものです。
それが素材に残っていて接着剤や充填剤の密着性を損ねます。
取り除くだけです。

Q反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)について

先ほどもご質問させていただいたのですが、また質問させていただきます;熱化学方程式で、「反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)」という関係式があるのですが、このとき、「単体の生成熱を0として考える」とあります。その理由が、よくわかりません。

なぜそうなるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単体の生成熱を考えてもいいですが,それは何から作るときの熱と考えればいいですか?
ということで,最初の基準点は何か決めないといけないわけで,手っ取り早く単体から始めるように決めた,というだけのことです.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報