22(金)の夕方からポンドやユーロ等がしつこく上げた理由はなんなのでしょうか?

実はポンドが149円を超えて上がってきたので、150円10銭で売りを出して成立し喜んでいたところ、151円超までいってしまい損切りで清算されてしまいました。

イギリスは、格付けで不利な話しが伝えられていたり、こんなにポンドが上がるほど景気回復中というニュースもないようですし(当方がしらないだけかもしれませんが)、

また、ユーロの高騰は景気回復の妨げになりかねないとユーロ高官が心配したりしているなかで、

それぞれ予想を超えるようなしつこい上げをつづけている理由はなんなのでしょうか?
上げたあともなかなか下げそうにないのもどうしてかと気になります。

勝手ながら教えていただければ有難いのですが。

(ひょっとして石油大国が米ドルにつぎこみたくない資金をジャブジャブ投入してきたのかな???なんて妄想をいだいております。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.jri.co.jp/thinktank/research/periodic …
このレポートは、外れることで有名です。立派な予測なのになぜ外れかというと、ファンダメンタルから相場を見てるからです。

大部分の良いトレーダーは、CHARTしか見てませんし、それで予測は50%以上できます。50%当たれば、LOSS CUTを小さく、利益を大きく設定してれば必ず勝てるわけです。
トライアングル、フラッグ、ペナント等の知識があれば、CHART 判断がとても向上します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な資料のご紹介をありがとうございます。
ファンダメンタルは勿論重要ですが、
最後はチャートに頼るしかありませんですね。
まったく同感です。
それにしてもチャート上は上昇・下降のようでも
エントリーするとすぐ逆方向へ動くことが多く
悩まされております。
お礼がおくれ申し訳ありません。

お礼日時:2009/05/29 12:59

理由は複雑でしょうね。



でも、気になるのは、ご質問者様が円高傾向に向かうだろうと言う考え
方を主体にニュース記事などをみているのでは無いか?と言うことです。

対円通貨で見れば、AUDなんかは早々と前回高値を更新していましたの
で円安傾向になるのは自然だった可能性があります。
そこに来て、一方的な全通貨に対してのドル安が影響してドル円も、
円高傾向に動いていることで、EURやGBPなどが上昇出来ずに居ただけ
だった可能性はあります。

対円通貨の動きだけでなく、他の通貨間の強弱も見ておくと分かりやす
いかと思いますし、各通貨ペアの相関関係も見ておいた方が良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

円安傾向だとは理屈でわかっていたつもりでしたが、
ポンドがここまで?という勝手な思いが頭をよぎり
売りをかけてしまいました。
たしかにご指摘のとおりもっと幅広い検討をすべきだった
と反省しております。
あせりは禁物と普段から自分に言い聞かせているのですが、
ついつい・・・
貴重なご指摘をありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:34

クロス円は、US$の下落傾向に反応して、下、上のトライアングルを形成しつつあるので、それを見てNY,LDNのTRADERSが動いているようですね。


上を目指す動きがしばらくは主流でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
上値は150.50あたりかと思っていましたが、
さらに1円位上だったのかも知れませんね。
安易な売りは避け、じっと観察してから
行動にでようと思っています。
(US$との関係をもっと重視すべきだった
と反省しきりです)
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:27

真相はわかりませんが、参考URLのような流れなのでしょう。



参考URL:http://www.nikkei.co.jp/news/market/20090523m2AS …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近NIKKEI NETを読まずにおりました。
やはり参考情報として目をとおしておくべきですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポンド/円レート

変動相場制になってからのポンド/円レートを知るためにはどうしたらよいでしょう??

Aベストアンサー

http://zyoutou.com/report/currency/data/report2%20(19).html

Qポンドはユーロに

英国のポンドはユーロに変更されることはこの先あるのでしょうか?
今まで、ユーロに変更されなかった理由は何でしょうか?
ぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

将来的にはユーロに統合されると思いますが時期は予測できません。
GBPが生き残っているのはスターリングポンドに対するプライド、シティのプライドみたいな物が根強くあるようです。

Qドル360円時代の英ポンドのレート

1970年代に米ドルが変動相場制に移行する前は、主要通貨は相場が固定されていたと思います。円は戦後長らく360円でした。

当時、1英ポンド=1,000円台で、即ち1英ポンド=3ドルくらいだったと記憶するのですが、正確な数字をどなたかご存じないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦後長らく、1ドル=360円、1ポンド1008円の時代が続きましたが、昭和42年11月、当時のイギリス労働党ウィルソン首相がポントの平価を14.3%切り下げると発表し、1ポンド=2.8ドルを1ポンド=2.4ドルに、1ポンド=1008円を1ポンド=864円に切下げました。
その後、昭和44年8月にフランスフランが11.1%切下げとなり、同年10月に西ドイツマルクが9.3%切り上げられました。
そして、昭和46年8月にニクソンショックが起き、外国為替相場は変動相場制へと移行していくことになります。

Qポンド?それともユーロ?

こんばんは。

私は個人輸入をたまにするのですが、通貨記号でわからないものがあったので教えて頂きたいです。

イギリスのサイトで 」55 というような表示があったのですが、これはポンドでしょうか、それともユーロでしょうか?

それと、そういう通貨記号の対比表(¥=JPYのような表)がドーンと出ているサイトなんて無いでしょうか?
どこの為替サイトを見ても3アルファベットの表示ばかりなので。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは!
私もよくebayを利用したり、海外と日本の価格比較をしたりして「どこの国で一番安く購入できるか」と考えるため各国のサイトを覗いています。

>イギリスのサイトで 」55 というような表示があったのですが、

これはポンドなのですが、IEでサイトを見ているのでしたらメニューバーの"表示"→"エンコード"→"西ヨーロッパ言語"かなにかを選択すれば、」の部分がポンドのマークに変ります。この場合はブラウザの文字表示の問題だけですよ。

残念ながら通貨記号一覧などのっているサイトは知らないですが、参考にしてくださると幸いです。

QUKポンドの適正レートと、値動きの激しさにつきまして

閲覧頂きまして、ありがとうございます。

当方はお恥ずかしい限りですが、経済についての知識がなく
お詳しい方からすれば、基本のことかもしれませんが、ご教示頂けましたら幸いです。


イギリスポンドは、最近もEU離脱に伴い、大幅なポンド安となりましたが
それを差し引いても、値動きが激しい通貨かと存じます。

イギリスは、経済的にも政治的にも安定しているという印象でございますけれども
何故、ここまで変動が激しい通貨なのでしょうか。


また、イギリスの経済規模や現地の民間人の暮らしから見ますと
当方の感覚では1ポンドは100円程が適当ではないかと感じております。
しかしながら、最も安い時期を見ましても120円前後で、ほんの10年前には200円を超えていた時期もございました。

ここまで、ポンドが高い評価を受ける要因はどのようなものなのでしょう。


以上となります。漠然とした部分も多く、大変恐縮ではございますが
何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

イギリスポンドは、日本円との為替交換率が昔から高いというか悪いです。

たしかにイギリス国内から比較すると、書かれているように100円が1ポンドという感じです。
そういう計算でも、イギリス人からみると、日本は物価が高いです。

わたしは、為替交換率が良くないことと、日本人と考え方の違いがあるのではないかと思います。
イギリスの人は、そもそもケチというか、高いものを買いません。
サービスに金を払うなどはもってのほか、それで、向こうはサービスはゼロといったほうがよい感じです。

日本人が知っているイギリスというのは、ロンドンを中心とした観光地や、高級な場所ばかりで、こういうところはかなり高いし、チップも必要ですが、一般のイギリス人は、そういうところとは無縁です。

向こうでは、下着などでも安いものをかって、あたりが彼悪かったら「自分に見る目がなかった」とゴミ箱行き、まともなものだった場合でも、破れたり壊れたらゴミ箱行き。 だから、下着や洋服などは、なんでこんなに安いのかと思うぐらい安いものが多いし、彼らはそういうものしか買いません。 食品でも、傷んでいても平気で並べていて、品質検査をするのは客の仕事です。

細かなことを聞いても「No」で終わり、両替してもらおうといっても「NO」と不機嫌な顔。 しようがないのでガムでも買いご銭にかえると、「Thank you」と、最初を高いアクセントでいい、「ほんとうに心から、ありがとうと言っているのか」と思います。

こういう文化なので、イギリス人が日本で買い物をしようとなると「サイズは体に合わず」「どれもイギリスの倍以上」、おまけにイギリスには存在しない過剰サービスに面喰います。 ただ、イギリス人がびっくり仰天するのが100均です。 とくに陶器が100円で買えるのはびっくり仰天します。 イギリスでは陶器はかなり高く、日本でびっくりするぐらい高いのがシャンプー類などのようです。

イギリスポンドは、日本円との為替交換率が昔から高いというか悪いです。

たしかにイギリス国内から比較すると、書かれているように100円が1ポンドという感じです。
そういう計算でも、イギリス人からみると、日本は物価が高いです。

わたしは、為替交換率が良くないことと、日本人と考え方の違いがあるのではないかと思います。
イギリスの人は、そもそもケチというか、高いものを買いません。
サービスに金を払うなどはもってのほか、それで、向こうはサービスはゼロといったほうがよい感じです。

日本人が知...続きを読む

Q【ユーロ安】ユーロを売った後のユーロの行き先は?

いつも本サイトには大変お世話になってます。
回答して頂く方、誠にありがとうございます。


今回も質問させて頂きます。
表題の件、とても基本的なことかもしれませんが、
一時的に95円/ユーロに迫るユーロ安・円高になりました。
これは、ヘッジファンドが過去最高額のユーロ売却を行ったことも一つの要因だと聞いてますが、

果たして、売却後のユーロはどこに言ったのでしょうか?
米ドルかなって思ったのですが、ユーロ/米ドルは5年間で15%ユーロ安になっている程度なので、
他にもマネーの流れ先があるかなと思って質問しました。

新興国?中国?原油?商品?
いろんな流れ先があるかと思うのですが、何かご存知のことがありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

CDS ヘッジファンドはユーロ危機からユーロを売ったんで、ユーロ圏のCDSがあれば危機は逆に大歓迎でしょ。
春にデフォルトかとも言われてるんで、倒産前とか危機とかネタがあれば必ずCDSに流れるんです。
海外のCDSの額のここ数年の伸び方を見れば一目瞭然でしょう。

Qクロス円のレートの不思議について質問です。

クロス円について質問です。

先日郵便局に行ったときに、窓口に「本日のレート」が貼ってありました。

ドルー円とユーロー円は、買値・売値ともにあまり差はなかった(レートが1ドル90円だとしたら、買値・売値がそれぞれ88円92円程度)のですが、
ポンドー円や豪ドルー円などは、基準値から大きく差がありました。(レートが1ポンド135円だとしたら、買値・売値がそれぞれ125円145円程度)

これは何か理由があるのでしょうか?
マイナー通貨だからかな?とは一瞬思いましたが、ポンドは決してマイナー通貨とは思えませんし。。
素人質問で恐縮ですが、ご存知の方いましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イギリスポンドは今は非常にリスク性が高くなっている為だと思われます。

主要クロス円の中で、特に暴落傾向にある為(2008年初旬~中旬は1ポンド200円以上ですが、現在は130円程と半値とは言いませんが相当な下落幅)。

Q景気回復は

いつまでも今の水準が続くとは思えないのですが、いつぐらいに景気が回復し始め、円高が解消されますでしょうか?

ご検討のつく方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

景気が回復すると円高が解消されるわけではありません。

円高はお金の動きによりますから、どういうシナリオを前提にするかです。

1)
大型金融機関の破たんですから、英米密着型のところは日本と同様に今後10年近く低迷するのだとすると、
輸出中心の日本は低迷。よって景気回復の起爆剤が輸出中心の大手企業ではなく、内需および外国投資等のビジネス、というシナリオ。
この場合、外国からの日本への投資により円高圧力。また、円高を利用した日本人資本が外国資本を買いあさることによる円安圧力。
どちらが強く出てくるかですね。
日本人はあまりリスク資産に手を出さないのですが、外国資本を買いあさる能力はかなり莫大な力です。
景気回復の時に貯金を引き出してもいいと言う気持ちがどこで出るかがポイントになります。

2)
世界同時不景気下でも経済成長率がプラスである中国に頼り、
中国投資と対中ビジネスが盛んに起こる。と言うシナリオ。
外貨準備金を膨れ上がらせたくない中国の元が切りあがるポイント次第でおおきな円安。
世界中が平均購買力が日本を上回る中国を相手にする可能性もありますので、いくら内需から輸出に切り替えたいとしても元の切り上げは時間の問題でしょう。
同時にたくさんの問題も抱えると思いますが、中国の政治しだいです。
この場合だと購買力を持つ層が日本製品と日本資本の買いあさりが始まるので、国内には大量にお金が回る。->インフレと景気回復。


シナリオは無限に考えられ、重みづけを持って同時進行します。
それがいつなのかが明確にわからない難しさなのです。
世界中の人たちがどこにお金を回したがるんでしょうね。不安の一番少ないほうだと言うことは確かです。

景気が回復すると円高が解消されるわけではありません。

円高はお金の動きによりますから、どういうシナリオを前提にするかです。

1)
大型金融機関の破たんですから、英米密着型のところは日本と同様に今後10年近く低迷するのだとすると、
輸出中心の日本は低迷。よって景気回復の起爆剤が輸出中心の大手企業ではなく、内需および外国投資等のビジネス、というシナリオ。
この場合、外国からの日本への投資により円高圧力。また、円高を利用した日本人資本が外国資本を買いあさることによる円安圧力...続きを読む

Q【イギリス】日本でポンド買うべき?現地で円をポンドにすべき?

こんにちは。
ポンドが一時期よりかなり下がりましたが、日本の銀行でポンドを買っていくべきなのか、それもと円を現地でポンドに換えるべきなのか・・・
どちらの方がレートが良いですか?

Aベストアンサー

最近ロンドンに行ってきました。
私は£建てAMEXのT/Cを用意して行き、ヒースロー空港到着ロビーの両替屋で全額現金に替えてもらいました。手数料はかからず額面分そのままもらえましたよ。
街中の両替屋の\から£のレートはかなり悪かった印象があります。

ですので、日本からT/Cを用意していくのがベストだと思います。

参考URL:http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

Q景気回復と日経及び為替

どなたか、経済、景気に明るい方、教えていただけませんでしょうか

世界中の政府が躍起になって景気回復への
経済刺激策等行っています。

ニュースなどを見ていますと、2010年には
回復するだろう、という見方が大勢なのも分かりました。

しかし具体的に何がどうなれば回復と見て取れるんでしょう?
雰囲気では人それぞれ感覚が違いますので分かりません。

そこで、例えば日経がどれくらいになったら回復と見ていいのか?
NY DJがどれくらいならいいのでしょうか?

そして為替なら主要国通貨が対円で、
米$がいくら
ユーロがいくら
£が
スイスフランが
カナダ$が
豪$が

いくらになっていれば回復と見て取れるのでしょうか?

もちろん株価の上昇や政策金利の高い国の通貨が対円で
上昇するのは、いわゆるリスク選好が進んだときというのは
分かっております。

どなたか教えていただけませんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

>然しながら申し訳ないですが、1950年代の話は訊いておりませんし、
>だいたい、1950年代の1000円は今のいくらに成ってると思われます?
>あくまで現代、近年の先進国、そして日本ということで
>お尋ねしています。

変わらない。それでも株価や為替がいくらかでは計れない。

1998年の株価は12900円~17200円くらいで推移。
2005年の株価は11300円~16300円くらいで推移。

1998年と2005年では物価水準はほとんど変わらない。株価だけ見れば1998年の方が2005年より高い。しかし、1998年は失われた10年と言われる不況下で、2005年は昨今のいざなぎ超え好景気のまっただ中。
このように好景気か不景気かは株価がいくらかでは語れない。為替も同様。


どうしても回復かどうかを株価で計りたいというならば、少なくとも変動の方向。1998年の株価は年初から年末にかけて下落方向。2005年の株価は上昇傾向。株価は将来の企業業績を予測した方向に動くので、株価が上がっていれば景気回復で株価が下がっていれば景気悪化と言えなくはない。しかし、予測にすぎないという重要な問題が残るのでやはり指標にはならない。


>近年に、株価が7000円でも景気回復ですか?

3500円まで落ちてからの上昇なら回復と言えるかもしれない。今、日経平均が1万円で回復か?と言われているのも一度6000円台まで落ちての回復途上だから。007年からの下落過程で1万円になった時は悪化で一致していた。


>$1=75、£1=100で輸出企業の業績が上がると
>思いますか?

これで安定していて企業の想定レートに組み込まれていればできる。為替予約、現地調達、それに見合った場所への投資他でかなりの部分は対応可能。
昨今の円高で各輸出企業が大きくやられたのは、為替レートの絶対値の影響もあるが、それよりも重要なのは円高が急速に進行しすぎて想定レートと大きく乖離したこと。あの円高が想定レートどおりならばそれほど大きな損失はこうむらなかった。分かっていればそれに備える。それほど日本の企業はバカではない。

>然しながら申し訳ないですが、1950年代の話は訊いておりませんし、
>だいたい、1950年代の1000円は今のいくらに成ってると思われます?
>あくまで現代、近年の先進国、そして日本ということで
>お尋ねしています。

変わらない。それでも株価や為替がいくらかでは計れない。

1998年の株価は12900円~17200円くらいで推移。
2005年の株価は11300円~16300円くらいで推移。

1998年と2005年では物価水準はほとんど変わらない。株価だけ見れば1998年の方が2005年より高い。しかし、1998年は失われた1...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報