平均細孔径が約1nmの粒状活性炭で液相からの銅イオンの吸着を行っているのですが、活性炭表面に吸着している銅イオンだけを洗浄したいのです。しかし、良い方法が思いつかないのでどうすれば良いか教えてください。
また、活性炭表面に銅イオンが吸着していないことを証明する方法も教えていただけると助かります。

A 回答 (1件)

銅イオンだけはムリでしょう。

やはり硝酸で煮るのかな。

>銅イオンが吸着していないことを証明する方法、
乱暴だけど、酸素気流中、石英管に白金ボートに入った試料を炉の中で加熱します。
後で燃え残った灰を定性分析するのはいかが?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吸着等温線は温度に関係なく同じでしょうか。

実験で吸湿剤として塩化カルシウムを使っているのですが、吸着剤とはいったい何なのか?という疑問が湧き、いろいろ検索しているのですが、いくら検索してもなかなかヒットしないことがあり質問させていただきました。
ご存知の方いらっしゃいましたら、お手数ですが教えてください。

以下、質問です。
(1)吸着剤とは、相対湿度が同じ場合、どの温度でも吸湿量は一定になるのでしょうか
(2)吸着等温線はすべての温度で同じカーブを描くという解釈は正しいでしょうか。
(3)(1)と(2)は、物理吸着と化学吸着で答えは異なるのでしょうか。

(4)塩化カルシウムの場合、室温に置いておくと潮解して水溶液になりますが、その状態でもまだ水分を吸い続けるのでしょうか。水溶液の塩化カルシウム濃度がどこまで水を吸うのでしょうか。
また、室温で潮解した場合は、6水和物で正しいですか?それを60℃以下の低湿度で乾燥させた場合、元の無水の状態まで復帰するものでしょうか。(一部は水分残っていたらそこだけ何水和物なのでしょう・・)

よろしければ何でも結構ですので、情報いただければ幸いです。宜しくお願い致します。
また、こういう細かい内容を効率よく調べる手法などがありましたら教えていただけますと幸いです。(図書館で参考書を引くしかないのでしょうか・・)

実験で吸湿剤として塩化カルシウムを使っているのですが、吸着剤とはいったい何なのか?という疑問が湧き、いろいろ検索しているのですが、いくら検索してもなかなかヒットしないことがあり質問させていただきました。
ご存知の方いらっしゃいましたら、お手数ですが教えてください。

以下、質問です。
(1)吸着剤とは、相対湿度が同じ場合、どの温度でも吸湿量は一定になるのでしょうか
(2)吸着等温線はすべての温度で同じカーブを描くという解釈は正しいでしょうか。
(3)(1)と(2)は、物理吸着と化学吸着で...続きを読む

Aベストアンサー

専門じゃないので正確なことはわかりませんが、

(1)、(2)温度によって変わると思います。
→エントロピー、エンタルピーが温度によって変わるから。

(3)化学吸着と物理吸着で答えは異なると思います。

(4)すみませんわかりません。

化学便覧、化学大辞典、論文検索で調べると良いと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=188572

Q粒状活性炭を滅菌したい

活性炭に1種類の細菌を吸着させ、
それを用いて水処理をしたいと思っています。

以前、200度2時間で活性炭を乾熱滅菌をしたのですが、
グラム染色をした結果、
吸着させた細菌以外に多くの菌が確認されました。
これは、活性炭自身に付着している菌だと考えらます。

そこで、乾熱滅菌より強力なオートクレーブにて滅菌しようと考えているのですが、活性炭をオートクレーブにかけたことがないので、不安です。通常のように耐熱容器にアルミホイルをかけたらよいのですか?
もし活性炭の滅菌方法でより良い方法がございましたら、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

吸着させる菌がきちんと分離培養されていることは疑う必要はないですよね? 感熱滅菌もサンプルの種類、形状、容器や滅菌器の構造で温度の伝わり方が違いますし、2時間くらいでは信用できません。
またオートクレーブもやり方によっては、滅菌されない場合があります。完璧に殺菌したい場合は、活性炭を入れた容器の底に水を数ml入れておくといいです。蒸気が行き渡らないと殺菌できないからです。もちろん容器は外から水が入らないようにアルミホイルで軽くふたをしておきます。
粒状活性炭ならば突沸の恐れも無いでしょうから、滅菌後はオートクレーブの中で冷却せずにクリーンベンチに移して、紫外線下でふたを外して放冷、乾燥するとよいでしょう。

Qダイオキシン類の吸着について

水中(無極性溶媒中)のダイオキシンはテフロン等に吸着しやすくく、ガラスには吸着しにくいと言うのを聞いたことがあります.この現象はテフロンのC-F結合の強い電子吸引性が
何か関係しているのでしょうか?また、活性炭等によるダイオキシン吸着のメカニズム(物理or化学吸着?その他)を教えて下さい.

Aベストアンサー

 ダイオキシンがガラスよりテフロンに吸着されやすいというのは確かにそうなのでしょうか?通常はテフロンは物質を吸着しにくいので、微量分析には好んで使われる素材なのですが…。もしダイオキシンがテフロンに吸着されやすいとしたら興味深いことなので、文献などわかったら教えていただけますか。

 活性炭によるダイオキシンの吸着は他の有機物と同じく、物理吸着と思います。

Q銅の原子は相対質量が62.9と64.9のものがそれぞれ約69%と約31

銅の原子は相対質量が62.9と64.9のものがそれぞれ約69%と約31%ずつ存在している。銅の原子量の求め方(式)がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

62.9×0.69+64.9×0.31=63.52

Q『PSA』吸着剤の原理について

前回のコンプレッサーに伴い、窒素PSAについても勉強しております。

そこで質問なのですが、窒素PSAの吸着剤は
圧力すればするほど、吸着剤に酸素が吸着されやすくなると
知りました。
それはなぜでしょうか?
やはり、加圧することにより、空気を凝縮させ、空気の流れをはやめているからでしょうか?ちょっと、わけのわからないこといってしまいましたが、どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

http://www.protech-i.jp/technology/psa.html

以前工場で導入を検討したが、深冷分離を採用
PASはURLを参考に

参考URL:http://www.protech-i.jp/technology/psa.html

Qゼオライトの細孔径について

zsm-5-25, -70, -1000, およびモルデナイト型 HM-10、15、20の細孔径について、教えてください。また、それぞれの数字の意味が分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ZSM-5は細孔径約0.56×0.53 nm、モルデナイトは細孔径約0.70×0.65 nm程度です。
ただ細孔径の算出の仕方も色々あり、文献によりけりなので目安程度に考えてください。
また、a軸、b軸など、どの方向に伸びる細孔で考えるかにもよりますし。

そして-25, -70, -1000,-10、-15、-20の数字ははっきりとは分かりません。
no. 1の方のようにメーカーのサイトで調べるのが一番かと。
ただ自分が推測するのは、おそらくゼオライトのシリカアルミナ比(SiO2/Al2O3比)だと思います。
つまり、-25はSiO2/Al2O3=25ということです。
(この値が大きいとゼオライトに含まれるアルミニウム量が少なく、
小さいとアルミニウム量が多いです。)
大体示してある位のSiO2/Al2O3比を有するZSM-5、モルデナイトが作れますし。

QQCMの電極について

QCMで、電極表面の金属が違うと周波数変化に対する質量増加の割合って違うのですか?

例えば、金電極とチタン電極とか。

金電極では、1hz=0.868ng だと思いますが。
チタンの場合だと違うのですか?

Aベストアンサー

多分違いはないはずです。

なざなら、共振周波数を質量変化に換算する
Sauerbreyの式には電極金属に関する項はないからです。
うちでもアルミと白金と金を使っていますが、同じものとして計算しています。




とはいえ、実際のところ違いはあるかもしれません。
QCMを使って定量的な評価を行うなら、
一度何らかの手段を使ってキャリブレーションを行う事をおすすめします。

QCMはあまり信用しすぎないほうがいいです。

QM/M^n+って、何ですか?

M/M^n+って、何ですか?

Aベストアンサー

1) 多分 メタル原子がイオン化した状態でしょう。  2) ナトリウム Na / Na+, カリウム K / K+
マグネシウム Mg / Mg++ Mg / Mg 2+ カルシウム Ca / Ca 2+  アルミうむ  Al / Al+++
Al / Al 3+ のように、  3) スイス仕様の コンピューターは 手で書くのと違ってそう容易にかけませんが、 知ってるように 、+ ++ +++ 2+ 3+  は 小さくメタルの右上に書くこと。 GOOD LUCK

Q物理吸着と化学吸着

親油性を有する物が油を吸着?(なじむ?)のは化学吸着と言えますか??化学吸着と化学反応は違いますよね?なぜ化学吸着は不可逆?ど素人なので調べても物理吸着、化学吸着、化学反応の微妙な違いがわかりません・・・ご教授のほどお願いします(^^;

Aベストアンサー

物理吸着は固体表面などに吸着される分子がファンデルワールス力(分子間力)で吸着されるもの。エネルギー的に比較的不安定で低温でも吸着脱離が起こる。
化学吸着は固体表面などに吸着される分子が化学結合により固定されるもの。大きなエネルギーがないと脱離は起こらない。
だそうです。

QN,N-ジメチルアニリンのN,N-ってなんですか?

o,m,pならメチル基の場所わかるんですが
N,N-はどの場所になるんでしょうか?

Aベストアンサー

アニリンのNにメチル基が付いている、だけでは分かりにくいでしょ。
もちろんアニリンのNにメチル基が付いているのですが、ジメチルなのでメチル基が二つあります。ジは二つの意味です。一つのメチル基がアニリンのN、もう一つのメチル基もアニリンのNについているので、N、N-と表現します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報