グリップ側を重めにしたシャフトがあると聞いたのですが、どうゆう利点があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

皆さんカウンターバランスの事を論じておられる気はします。


それはそれでコントロール性という効果はあります。ただ、もう一つ質問者さんはシャフトについて言われているので、言いますと、グリップ側を重くすれば全体的に先の方には重量を持っていきにくくなります。シャフトの真ん中あたりで重量調整する方法もありますが、そうすると振動数や曲げ硬度の割に振って頼りない感覚のシャフトができかねません。なのでどうしても中先や先調子のシャフトになりやすくなります。グリップの重量感をシャフトで作るとそこが欠点となって先(つまりヘッド側)の暴れを呼ぶシャフトも中にはあるということです。

その感覚は人によってかなり変わります。例えばQuattroTechのグリーンがいいという人に同じGD社のEVやM社の赤マナが合わないという人だっています。グリップ側のしっかり感はこの3つについては遜色ありませんが、感覚の違いというのは恐ろしいものですね。

どちらかと言うと下半身を積極的に力に利用するスイングタイプの方に効果がある傾向があります。その上腕が長いタイプだと多分最適シャフトになるかと思います。(石川 遼プロがそうですよね)シャフト全体でコントロールしてやらないと弾き感はどうしても強くなりがちですので、グリップによるコントロールのフィーリングを持たれていればなお最適でしょう。
例外もあります。例えばフィル・ミケルソンプロは白マナと赤マナの相の子のようなM社のfubukiと言うシャフトを使っていますが、あの重力打法では弾きの強いタイプだとヘッドがどこに行くのかわからない感覚になってしまう可能性があるように思いますし、腕が短いといくら下半身を積極的にパワー化するタイプでも先で弾いてしまえばドロップ球になってしまう恐れがあります。腕の短いボディターンタイプの方は尚更で、あまり手を出すべきシャフトではないと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様の議論伯仲には感心しました。私の質問が未熟のせいか誤解を与えた感じは否めません。
でも大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/16 12:30

再度の見解ありがとうございます


しかし、重心の事は一言も申しておりませんので
(重量が遠くに行くと言う点だけだけです)
合わせて表現されるのは心外ですね
読んでいて矛盾を感じないのも気になりました
(前回のタオルの件でも)
皆様の御注意を期待しております

感謝まで
    • good
    • 0

#2です。



なんだかご質問者を飛び越えて横レス的内容になってしまって悲しい限りですが…

まず、ご質問者様の内容のポイントはバランスを変化させることが含まれているはずです。
(ただしシャフト単体とのことなので交換も視野に入る可能性があります)

実際、カウンターバランスをウリにしているシャフトと言っても、重心を若干手元寄りにし、
操作性基準を打ち出している商品が殆どです(大差があるとはいえません)

そこで、差が現れやすいツールとして、その特徴をセールストークで表現したサイトがあったので紹介させていただきました。
その中での…
「重量はより先の方に、手元から離れるように移動しています」
「しかし、重心が遠くなり操作がしにくくなっているという事実を考える」
の2文が矛盾し、紹介するには気配りが足りないとのご指摘。

話し全体の流れにて、私が読んでなんら違和感はありませんでした。
ご質問にもありますように「グリップ側」を基点とした考え方。
またスタビの商品特徴としても「グリップ側」へ装着することの利点。
シャフトが長くなれば重量のあるヘッドは、操作面を考えれば遠くなるはずなのですが…。

また、#4にて前記しましたが、バランスは「重心から支点までの長さ×クラブの重さ」の計測ですよね。
クラブの性能として!が基準点という観点であれば、同じバランスのクラブで
シャフトレングスが長いという条件を付けた場合…
(そのような表現は文中のどこにもありませんが)
バランスからみても「重心位置は遠くなる」の表現になんら不自然はないはずです。
(むしろ長くなった結果、クラブ重心位置が遠くなることでスイングバランスが取れる)

ちなみに、児山和弘氏の記事でありマーク金井氏(プロじゃありません)の助言を得た商品紹介文だと思います。
    • good
    • 0

支点と重心を理科でやりませんでしたか。


ヘッドが重ければ支点はヘッド側にいきますが、グリップ側が重ければ
グリップ側に来ることはわかりますよね。
重さが等しければ真ん中に支点がきます。
今は、ヘッドを重くし遠心力が大きくなるようにすることで、小さな力で
大きな力をボールに伝えて飛ばすようにしています。
でも、遠心力はどちらかというと神頼み的な部分が多く、コントロールがしづらい欠点があります。
その反面にグリップ側を重くするとコントロールがしやすくなりますが、
重いため力んでしまい飛ばなくなる欠点を持っています。
しかし、今は大型ヘッドでも軽くなってきましたし、技術の進化で
飛ばすことも出来るようになった来たこともあり、コントロールしやすいバランスのクラブに仕上げています。
でも、これが本当にコントロール,打ちやすいかと言うと感じ方は人それぞれですので、グリップ側に重心を持ってくるようにする人が増えてきているようです。
私も一度やりましたが、コントロールはしやすくなりますが、飛距離はかなり落ちましたので、幾ら技術が進化してもある程度の犠牲は出てくると思いました。
野球のピチャーでもコントロール重視に投げるにはスピードをある程度抑えなければいけませんよね。
要は、コントロール重視に考えて良しと思う人はそれで良いと思います。
飛ばしたいなら飛ばすようにすれば良いともいますが、それぞれに一長一短があることを理解すれば良いと思います。
    • good
    • 0

>重心が遠くなり操作がしにくくなっているという事実<


マーク金井氏のコメントですが、これは、ヘッド自体の重心距離のことだと思います。
ヘッドの大型化により、重心距離が伸びたため、慣性モーメントが大きくなりヘッドが返り難くコントロールしにくいという意味だと思います。
    • good
    • 0

>重量は遠くになっている


これは、Kazaru72さんの問題ではありません
バランスから見れば重量は遠くなっていないのです
マーク金井プロの記事の表現が違っている事になります
レッスンをする意味での記事しょうから
正確な表現が欲しいと思っています(読者を惑わせないよう)
クラブの性能は話の基準点です
使用に関するプロの意見は、あくまでも基準を「正確に」捉えたうえで
成り立つはずですね

ヘッドの性能が上がっている事は理解できますし
従来のバランスがいいかどうかについても今後の論点にはなると思います
しかし、この話と[重量が遠くなる]話は別の話ですから
プロと言えど鵜呑みにするのはどうでしょうかと....

余計かもしれませんが
この回答をする上ではそこまで気を配る必要もあるかと....
    • good
    • 0

まず、私のコメントに大きな間違いがありましたことを深くお詫びします。


鉛は、シャフトの先端ではなく、グリップの先端ですね。
コレは大きな間違いです…本当に申し訳ございませんm(..)m

グリップの先端の意味は、バランスを計る支点がグリップエンドから14インチとなり、その近くに5g程度の鉛を貼れば、
なるべくバランスを変化させないことからスタートさせることを一般的と言いたかったのです。
→これは、市販されているカウンターバランスシャフト(N.S.PRO WV115等)がこれくらいの微量の
場合が多いため質問内容に合わせる意味を含めたものです。
(http://www.nipponshaft.co.jp/news/wv.htm)

そして、それ以上にメリット(バランスの変化)を活かしたいなら…
ということで、シャフトスタビライザーの本意であるバランス変化の記事をリンクさせていただいた次第です。
(マーク金井さんの記事ではありませんが)

このリンクについてご質問が入っているようですので、補足させていただきます。

autoro様のご指摘はまさにその記事の目的通りで、過去のクラブのバランスと最新のクラブを同じバランスだからと、
使用して本当に大丈夫ですか?というのが記事のテーマではないでしょうか?
また、長尺は合わないと眠らせたクラブも…実はこのことが原因ではないですか?という意味で、SQドライバーを
モデルにされていると考えています。

ご存知の通り、クラブバランスは…重心から支点までの長さ×クラブの重さで計測されます。(インチ&オンス)
この数値が213.5の時をD0とし、1.75の増減により1ポイント変化しますよね。
当然、シャフトが0.5インチ長くなると、2~4ポイント程度重くなります。
(重量・重心位置により増減は変わります)
また、グリップが軽くなると…文中にある10gだとすると、2~3ポイント軽くなりますよね。

リンクサイトでは、20年という時の経過においてヘッドの大型化と、シャフトやグリップの技術向上を踏まえ、
相対的に操作しづらいクラブになっている現実をウマく言及していると思います。
(丁度20年近く前にオフィシャル系からプロリスミック計に推進されたことが関係あるのでしょうか)

ボクがここをリンクした意図は…
「手元よりの重量とクラブ全体のバランスを考えるのは、最新のクラブを選ぶ上で大きなヒントになるでしょう。自分なりのベストなバランスを見つけるのに、このシャフトスタビライザーは良いヒントになると思います。」
の括りが入っていたからです。
できることなら質問者の方には、なるべくお金はかけずに、鉛で対応できれば幸いですし、
スタビのような商品でベストバランスを見つけられるヒントになればという気持ちでした。

訂正とお詫び…そして補足でした。
    • good
    • 0

Kazaru72さんの御紹介のURLで


マーク金井さんの御説明を見ました
一つ疑問があります
「ヘッドが大型化して重量が遠くに行く」とありましたが
ヘッドバランスは従来どおりですね(C9とかD0とか)
これは矛盾しているのではないかと思います
もし、わかるように説明していただければと思います
特に、この御質問の重要点でもあり
誤解を引き起こす可能性があるように思われましたので

宜しくお願い致します
    • good
    • 0

俗に言う「カウンターバランス」のシャフトですね。



一般的には、シャフトの先端に5g程度の鉛を貼って、あまりクラブバランスを変化させないような
方法でテストするケースが多いですね。
もっとメリットを活かしたいなら、以下のようなものもあります。
http://allabout.co.jp/sports/golf/closeup/CU2009 …

さて、メリットですが…
クラブ全体の重心はヘッド側にあります。(当然ですが)
重心を抑えてクラブを動かすと…もちろん重心から遠い所が大きく動きますよね。(手元側)
この動きを抑制させるための発想です。(手元の動きを抑える)
また、ヘッドが軽く感じ、ヘッドが走り、捉まりやすくなります。
→逆効果として、ヘッド側を操作しやすくなり、手打ち傾向が強くなるケースがあります。

また、グリップエンドの穴にクギのようなものを挿したりしてカウンターバランスをテスト
する方を見たことがありますが…
グリップテープに穴を開けてしまうことになり、スチールシャフトの場合、水が入ると錆の原因になります。
余談ですが、パッティングのマーカーもグリーン上ではずした瞬間に「クラブの性能の変更」のルール違反
になりますのでご注意を!
    • good
    • 0

>シャフトのグリップ側を重くする


ヘッドバランスが小さくなり、同じ重さのヘッドでも
ノーマルなシャフトに付けたときに比べて軽く感じますね
バランスの大きさにも、また、個人の感覚にもよりますが
「振りやすくなる」と思います

アドバイスまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました

お礼日時:2011/09/13 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメのスキー板を教えて下さい

長年乗ったスキー板をこの度知り合いにあげる事になりましたので、新しくスキー板を買おうと思うのですが、オススメのスキー板(種類や長さなど)がありましたら教えて下さい。
ちなみに前に乗っていたのは130cmのHEADの板です。

参考までに…身長148cm、技術は中級くらいです。
スキー場の中~上級コースを足を揃えて転ばずに滑れますが、コブなどは滑れません。
大きくターンするのが苦手で、小刻みにターンする方が得意です。
ビンディングは自分で調整出来ます。

こんな感じですが、オススメのスキー板がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

個人的には、フィッシャーが癖が無くて、
乗りやすいと思いますが、
今と同じHEADがいいかもしれません。

どのメーカーでも、
それぞれ、レース用、デモ&オールラウンド用、レディス用、
フリーライド用、各種取りそろえていますので、
できるだけ多くの機種のそろっている大型ショップに行くといいです。

あなたは女性ですよね。
その身長でしたら、150cmぐらいの板が良いと思います。

今まで使っていた130cmのHEADは、
今後カービングの滑りを覚えて行くには、短いですね。
安定性から言って、
中級以上の斜面で、大回りはできません。
小回りが多くなるのは仕方ないでしょう。
得意、不得意と言うよりも、大回りや、スピードが苦手な長さの板です。
また、
長さ的には、コブなども、とても滑りやすいはずですが、
コブの様な不整地に関しては、滑りの好みの問題もあるので、何とも言えないです。
(その板で、大回りもできて、コブも何とか滑れるくらいの腕前が、
中級レベルかとも、思いますが。)

今後のアドバイスですが、
是非、150cmの中級~上級の板を買って、
カービングを練習しましょう。
オールラウンドの板の、最上級から3番目くらいの板が、
軽くできていて、柔らかさもあって、良いと思います。

私の好きなフィッシャーですと、
プログレッサー7あたりですね。
でも、
ショップに行って、値段と、軽さと、長さで選んでしまってもよろしいかと。
値引きされて、5万ちょっとぐらいの値段の板が、相当すると思います。
金具は今は、ほとんどが板にセットされて売っていますので、
ワンタッチでブーツに合わせられますよ。

個人的には、フィッシャーが癖が無くて、
乗りやすいと思いますが、
今と同じHEADがいいかもしれません。

どのメーカーでも、
それぞれ、レース用、デモ&オールラウンド用、レディス用、
フリーライド用、各種取りそろえていますので、
できるだけ多くの機種のそろっている大型ショップに行くといいです。

あなたは女性ですよね。
その身長でしたら、150cmぐらいの板が良いと思います。

今まで使っていた130cmのHEADは、
今後カービングの滑りを覚えて行くには、短いですね。
安定性から言って...続きを読む

Qカーボンシャフトの利点は?

こんばんは。

現在アイアンの購入を検討しています。
ゴルフ暦8ヶ月、ヘッドスピードは42~43。
平均スコアは115くらいです。
現在使っているクラブは友人からの貰いモノです。
10数年前の重たいアイアンを使用しています。

初心者向けのアイアンを探していまして、
MIZUNOの「T-ZOID COMP CT」か、
「T-ZOID MX-15」あたりを検討しています。

それでシャフトについて色々調べていたのですが、
だいたい皆様一様に言われるのは、カーボンは飛距離は出るが、その距離や方向性にバラツキが多い。
反対にスチールは、最近のスチールは軽量で出来ていて飛距離は多少落ちるが、その距離と方向性は安定する。

こうした意見を見ると、どう考えてもカーボンに利点が
無いように見えるのですが、どうなのでしょうか?
あまり練習をしないのであればカーボンが良い等の意見も聞かれますが、それでは上達は見込めないですよね?
経済的な事もありそれほどたくさん練習場にも通えないですが、カーボンを使ってしっかり上達されている方っていらっしゃるのでしょうか?

上達するとカーボンからスチールへ変更される方が多いと思いますが、乗り換えは大変だとの意見も聞かれます。

これから購入するにあたり、ずっとカーボンにしようと思っていたのですが、ここに来て不安を覚えてしまっています。どなたかご教授をよろしくお願いいたします。

こんばんは。

現在アイアンの購入を検討しています。
ゴルフ暦8ヶ月、ヘッドスピードは42~43。
平均スコアは115くらいです。
現在使っているクラブは友人からの貰いモノです。
10数年前の重たいアイアンを使用しています。

初心者向けのアイアンを探していまして、
MIZUNOの「T-ZOID COMP CT」か、
「T-ZOID MX-15」あたりを検討しています。

それでシャフトについて色々調べていたのですが、
だいたい皆様一様に言われるのは、カーボンは飛距離は出るが...続きを読む

Aベストアンサー

「論より証拠」とふるいことわざを引き合いに出します

私はスチールから始めました
約10年間使用した後3年間ほどゴルフを休み
次に始めたのはカーボンシャフトでした
やめる前にも出始めのカーボンシャフトはありましたがトルクが大きすぎてとても使えたものではなく
価格も並外れて高価でした

再開した頃のカーボンシャフトは値ごろ感もそこそこ
スチールとの販売商品比率は約50%で妻のプレゼントでもあり総重量の軽快感も手伝って振り回した
事を記憶しています

現在3回目のアイアンはグラファイト(本間)を約10年間使用していますが
現在のグラファイトはドライバー、
スプーンはスチールに戻すことが出来ないくらい
飛距離というメリットを感じます
アイアンも一時はスチールに戻したいと思いました
しかしながら考えてみるとプロのグラファイト使用率
が90%を超えており腕が悪い素人が云々している
意味が無いように思えたのです

ひとつだけ自分で初めて購入したリンクスのサンドウェッジだけは(スチールシャフト)ヘッドの形状も含め今でも手放すことが出来ません

100ヤード以内で使用するアイアンは
スチールシャフトの感覚がいまだに残っており
特に重いしっかりした安心感が自分を助けていたの
ではないかと思われるのです

シャフトは自分が最初に使用した感覚が
最後まで基準になり他のクラブを計ることになります
見た目でも結構ですので
最初は直感で「いいな」と感じるクラブで始められることをお勧めします

そのクラブを最低5年使い込んで下さい
それから他のクラブを使用してみると
他のクラブの良さや欠点が見えて(感じられて)
きます

以後は1年毎にクラブを変えていっても
基準がありますので自分で判断できると思います

ゴルフは自分の感覚が決まっていないと
いつまでも堂々巡りをしてしまって結論が出ません

とにかく直感で(スペックは専門家に相談して)
クラブを決め5年間85を目指して打ち込むことです
他人とのお付き合いも大切ですが
一人だけでじっくりクラブを味わう機会を
出来るだけ沢山作ってくださいね

「論より証拠」とふるいことわざを引き合いに出します

私はスチールから始めました
約10年間使用した後3年間ほどゴルフを休み
次に始めたのはカーボンシャフトでした
やめる前にも出始めのカーボンシャフトはありましたがトルクが大きすぎてとても使えたものではなく
価格も並外れて高価でした

再開した頃のカーボンシャフトは値ごろ感もそこそこ
スチールとの販売商品比率は約50%で妻のプレゼントでもあり総重量の軽快感も手伝って振り回した
事を記憶しています

現在3回目のアイアンはグ...続きを読む

Qスキー板を選んでるんですが・・・

今のところネットでHEADのスキー板の購入を考えているんですが、初心者用と書かれてました。
私は中級者レベルだと思っていますが、
スキー板で初心者用と中級者用との違いは何で、どの程度の違いがあるのですか?
また、サロモンやダイナスターの有名メーカーでカタログ外限定品と書かれているのがあるのですが、信用できるのでしょうか?
あと、お勧めメーカーとかあったら教えて下さい。
いろいろ聞いて申し訳ありませんが、レンタルばかりで久しぶりにスキー板を購入するので基準が分からなくてすいません。

Aベストアンサー

>スキー板で初心者用と中級者用との違いは何で、どの程度の違いがあるのですか?

スキー板の特徴が違います。なぜかというと滑りが違うからで、上級者用になればなるほど硬さ、ねじれ剛性、たわみの強度などが強く変わり、また板全体なのか中央付近なのか、前部か後部かとメーカーにもよるしレース用、デモ用、一般用とこちらでもかなりの違いがあります。

初心者の滑りはスピードも遅く、斜面もゆるいし雪面もそんなに硬くないとこを滑ります。上級者はだんだんきつくなるのはご理解いただけるでしょうし、滑る特徴もスキーの反発を使いますから硬くて丈夫なもの=高価という図式になるのを頭に入れておいてください。

初心者用は極端な言い方だと木の板などの材質に簡単なフォーミング、それが中上レース用になるに従い金属、カーボン、ケブラー、炭素繊維・・・といろんな素材が使われていきますので。

また板ばかりでなくビンディングの開放強度も違ってきます。初心者だと自分の体重に近い低い数値でいいですが、上級者になるとその数値が高くないと少しの抵抗でビンディングがはずれてしまいます。このバランスも考えておく必要があるでしょう。

スキーは軽いよりも重たい方が滑りますからスキー板、ビンディング双方レベルアップするほど重くなります。このとき板は初心者用で軽いのに金具は重いなどおかしなことをすると技術の上達の足かせになることがありますのでお気をつけ下さい。


>有名メーカーでカタログ外限定品と書かれているのがあるのですが、信用できるのでしょうか?

ある程度の知識がある方なら問題ないと思いますが、スキーの特徴に対しご存じないようなら止めた方がいいと思います。ショップなどできちんと説明を受けたのなら問題ないでしょう。

>お勧めメーカーとかあったら教えて下さい。

これについては長年レースとレース指導ばかりでしたので私のは参考にならないため割愛させていただきます。なぜかというと身長、体重、筋肉、滑りの質でかなり好き嫌いがわかれるので難しいです。ちなみに私自身は長年ロシニョールを愛好してきました。



最後にネットで購入されるには知識がある程度ないと失敗する可能性があります。一度ショップに行き説明を聞いて、自分に合うものをピックアップし、それからネットで探す方をお勧めいたします。
面倒くさいかもしれませんが怪我につながります、安全安心のためにぜひ!

>スキー板で初心者用と中級者用との違いは何で、どの程度の違いがあるのですか?

スキー板の特徴が違います。なぜかというと滑りが違うからで、上級者用になればなるほど硬さ、ねじれ剛性、たわみの強度などが強く変わり、また板全体なのか中央付近なのか、前部か後部かとメーカーにもよるしレース用、デモ用、一般用とこちらでもかなりの違いがあります。

初心者の滑りはスピードも遅く、斜面もゆるいし雪面もそんなに硬くないとこを滑ります。上級者はだんだんきつくなるのはご理解いただけるでしょうし、滑...続きを読む

Qグリップする時のシャフトの向き

アドレスでクラブを握るときのシャフトの向きはどのように握るのがベストでしょうか?

個人差はあると思いますが、プロや上級者の傾向を知りたいです。

上からシャフトを見た場合、下の3つの向きのどれでしょうか?右打ちです。
\  │  /

私のグリップですが、ドライバー以外はハンドファースト気味にクラブをセットして / の状態で握っています。

ドライバーは │ より少しだけハンドワースト気味で握っています。

ドライバーとアイアンのシャフトの向きは違うほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

プロのドライバーのアドレスを見ていて一番多いのは
飛球線に直角(3つの図の真ん中)でしょうか
女子プロにはグリップよりクラブヘッドが半分くらい前に出る
アドレスも(3つの図の左側)見られます
いずれもスイングのインパクトでは体重移動があり
ややハンドファーストになるか
スクエア(3つの図の真ん中)になっていると思います

ドライバーとアイアンのシャフトの向きは意識していませんが
アイアンはややハンドファーストになっている方が多いと思います
各個人の体重移動がどうなるかでアドレスとはわずかな違いが出て
当然と思います

アドバイスまで

Q次のスキー板購入について

37才のスキー暦17年の中年・中級レベルのスキーヤーです。そろそろ新しいスキー板がほしくなり、先日、お店に行ったところHEAD i.XRC800SRFII163センチを進められました。最近のカービングスキー板が全くわからず、自分に合うのかがよくわかりません。この板について、または、このクラスの板を使用している方で、私のような者にアドバイスして頂ける方がおりましたらお願い致します。
現在使用している板は97年製のサロモンデモ8の長さ190センチ位のものを使用しています。年間滑走日数は最低でも6日以上で、コブはあまり滑れませんが、整地された急斜面なら特に恐怖感もなく滑れます。今後、出来ればコブや検定をめざして行きたいと思っています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

HEAD All-Mountain X Series Ski i.XRC800 SUPER RAILFLEX II

乗ったことはないですが仕様上は充分遊べそうです。

Skill: 上級者
Terrain: オールラウンド・スキークロス・ハードバーン
Style: エキスパート・上級スキーヤー
Speed: 高速
Length: 156/163/170cm
Radius: 12.2m/163cm 13.3m/170cm
Sidecut: 116/65/101mm
インテリジェンステクノロジー/メタルジャケット/Xフレーム

ワイドターン、タイトターン、モーグル、ジャンプ、さらには予想外の急斜面といった、雪山が突きつけるあらゆる挑戦を上級スキーヤーが受けてたつことを可能にするスキー。ワイドなミドルセクションは、柔らかい深雪での安定性を高めます。
GSとSLの中間のサイドカットをもち、最高の機敏性となめらかな滑り心地を兼ね備えています。

Terrain:オールラウンド・スキークロス・ハードバーン
i.XRC 1400 Chip SRF II  エキスパート・最上級スキーヤー Speed:高速
i.XRC 1100 SRF II  エキスパート・最上級スキーヤー Speed:高速
i.XRC 800 SRF II  エキスパート・上級スキーヤー Speed:高速

Terrain:整地された斜面
i.XRC 500 RF II  上級技術レベルスキーヤー Speed:中速
XRC 300 RF II  中級技術レベルスキーヤー Speed:中速

参考URL:http://head.com/ski/products.php?region=jp&tag=allmountain_x_series&id=227

HEAD All-Mountain X Series Ski i.XRC800 SUPER RAILFLEX II

乗ったことはないですが仕様上は充分遊べそうです。

Skill: 上級者
Terrain: オールラウンド・スキークロス・ハードバーン
Style: エキスパート・上級スキーヤー
Speed: 高速
Length: 156/163/170cm
Radius: 12.2m/163cm 13.3m/170cm
Sidecut: 116/65/101mm
インテリジェンステクノロジー/メタルジャケット/Xフレーム

ワイドターン、タイトターン、モーグル、ジャンプ、さらには予想外の急斜面といった、雪山が突...続きを読む

Q左手のグリップの親指の向きはシャフトとまっすぐに持てばいいでしょうか?

右打ちの場合ですが、左手のグリップの親指の向きはシャフトとまっすぐに持てばいいでしょうか?

もちろんシャフトの真上より右側になると思いますが、親指はシャフトと平行ですか?

Aベストアンサー

その人の手のひらの膨らみ具合や手や指の骨格構造によって微妙に変化します。自分の場合手の甲でみるとスクエアでも、左親指付け根で見ればフックになります。親指付け根から指先の方向はやや左向きになりますね。
実際はそれよりややフックでグリップしています。それで曲がらないので、その方がグリップとして落ち着くからという理由だけです。当然ですが自分のスクエア基準からどれだけズレているかは把握しています。このようにyushaさんが曲がらない程度に(微妙なところではありますが、グリップ方向は意外にアマチュアでもその微妙さを感じ取れる部分でもありますね)ご自分の気持ちいいグリップを、ご自分のスクエア探求後にどれだけのズレがあるかを把握の上ならしてもいいと思いますよ。
スクエアにこだわってグリップが力むようでは本末転倒ですもんね。

Q適正なスキー板の選び方

こんにちは。

スキー板の選び方についてアドバイス願います。

私は現在33歳で、高校1年の時にSAJのスキー検定1級を取得しました。
大学2年まで(20歳)までスキーをしていましたが、それからスノボに変更し、
それ以来一度もスキーはしていません。
スノボも大学卒業からしていませんので、かれこれ11年近くウインタースポーツは
一切していないことになります。スキーで言えば13年近くしていません。

13年程前までは現在主流であるカービングスキーは無かったと思いますし、
1級を取得した時も勿論ノーマルスキーでした。

最近になってウインタースポーツがしたくなり、経験がそこそこある
スキーをやろうと思っていますが、板選びはハッキリ言ってド素人です。
また、一応1級を取得してはいますが、それも過去の話で、今ではおそらく
中級者レベルくらいかと思います。もしかしたらカービングは
滑ることが出来ないかもしれないので、初心者レベルかも知れません…

そこでお聞きしたいのは、こんな私に適している板の選び方です。
先日スポーツ用品店に行って聞いてはみましたが、「上級者用はコチラです」
とか、「価格で考えればコチラなどいかがでしょう?」と言った具合に
私の意見はあまり考慮された選択をしていないように思いました。
まぁ、販売員が20歳くらいだったのでノーマルスキーがどのような
ものかもわからないと思い、仕方が無かったのかもしれませんけど。

ちなみに私の身長は170cmで、体重はちょっと軽めの54kgです。
高校~大学の頃、板の長さは約2mで、上級者用を使用していました。
GSやSS用では無く、デモ用でした。

以前このような板を使用していた物にとって、現在のカービングでは
どのくらいの長さで、どの種類の板が適していますか?

あまり違和感無く滑れる板が良いと思っています。ブランクもかなり
あるので、別に上級者用で無くても構いません。

補足ですがHEADやK2、SALOMONあたりがメーカーとしては好みです。


宜しくお願いします。

こんにちは。

スキー板の選び方についてアドバイス願います。

私は現在33歳で、高校1年の時にSAJのスキー検定1級を取得しました。
大学2年まで(20歳)までスキーをしていましたが、それからスノボに変更し、
それ以来一度もスキーはしていません。
スノボも大学卒業からしていませんので、かれこれ11年近くウインタースポーツは
一切していないことになります。スキーで言えば13年近くしていません。

13年程前までは現在主流であるカービングスキーは無かったと思いますし、
1級を取得した時も勿論...続きを読む

Aベストアンサー

#3です(追記)
質問者さんの希望価格、補足を見ないで答えてしまいました。

>小回りもしやすく、それでいて気持ち良く綺麗に大回りも出来る
>金具と板のセットで5~6万くらい

例)【OGASAKA】
(ALLラウンド)ケオッズ KS-E 170cm-116-70-101 R16.1

この例なんですが、長さ・ラディウス・幅の目安です。この位が違和感なく扱い易いと思います。旧式の板は定かではありませんがR25前後とかすごい数字だと思いますので、カービングの場合は大回りベースでも回り過ぎる位クルクル回ります。

◆因みに今はメーカーの差より個別の板の差のほうが大きいです。自身がどういう滑りがしたいのかで選ぶのが大事ですね。ですから買ってみたいメーカーでいいと思います。正に“デモ系の板で中・大回りベース”でいいのではないかと思います。

◆価格なんですが、たとえば1年前の同モデルならその価格で余裕でいけます。また板はNEWが欲しいならビンディングを旧式にすれば安く出来ます。ビンディングの1~2年なんてそう変わりません。(変更不可のモデルは無理ですが)
あとサロモンを例に取りますが、開放強度Z10/Z12/914と有りますが体重も軽めですし強度8以下で使用するならZ10で十分です。以前なら構造なども違いましたから12位がいいと思いましたが今は変わりません。ビンディングを1~2年前モデルにすることでさらに安くすることも出来ます。私も交渉で使う手です。(ショップも予算で考えてくれますし)
又、店頭で実物を調査しWEBサイトで購入することも格安で済ます方法のひとつですね。目をつけたモデル名を検索すれば格安が多く出てきます。“良い買い物を”!

#3です(追記)
質問者さんの希望価格、補足を見ないで答えてしまいました。

>小回りもしやすく、それでいて気持ち良く綺麗に大回りも出来る
>金具と板のセットで5~6万くらい

例)【OGASAKA】
(ALLラウンド)ケオッズ KS-E 170cm-116-70-101 R16.1

この例なんですが、長さ・ラディウス・幅の目安です。この位が違和感なく扱い易いと思います。旧式の板は定かではありませんがR25前後とかすごい数字だと思いますので、カービングの場合は大回りベースでも回り過ぎる位クルクル回ります。

◆...続きを読む

QRシャフトからSシャフトに買い換えたいのですが

当方、37歳ゴルフを始めて一年になりますが、ずっとドライバーをRで練習してきました。ヘッドスピードは48です。周囲からSシャフトに変えたほうがいいよとアドバイスを受けています。自分もドライバーを買い換えたいのもあって先日Sを試打したんですが、まったく球が上がりません。打ち方のコツ等ありますでしょうか。またRのままで買い替えた方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

>買い換える方がいいのでしょうか?
始めて一年、ゴルフが少し理解できて楽しくなる時期ですね
後何年ゴルフをやられるのでしょうか?

すぐに変える必要はないと思いますが
「R]と「S]を両方練習する事は出来ます
少しずつ慣れて行き、3-6ヶ月経ったところで
ご自分の打感を確かめられて決められればいいのではないでしょうか
また、ドライバーをすぐに変えるのではなく3Wをとりあえず使用
して見る手もあります
3Wの方が値段も安く、練習用に仕入れてもいいかと思います

かく申す私も、ドライバーは長年「R]で一貫していましたが
3Wを「S]シャフトに変えてみて、ドライバーも「S]が合うような
感じを持ちましたので2ヶ月前に「S]に変えました

3Wが「S]であったせいか違和感なく使用しています

先にも申し上げたとおり、タイミングが少しずれますが
数ヶ月もあれば慣れると思います
万振りを避けて、ゆっくり振っていってください
慣れてくればスピードは上げられます
ゆっくりスイングの期間が長ければより慣れが身につくと思います

HS48はあくまで目安ですがそのヘッドスピードがあれば
「R]でも「S]でもどちらでもいいと思いますし
どちらも使いこなせると思います
最後はいつも申し上げるのですがご自身の好みになります

追加アドバイスまで

>買い換える方がいいのでしょうか?
始めて一年、ゴルフが少し理解できて楽しくなる時期ですね
後何年ゴルフをやられるのでしょうか?

すぐに変える必要はないと思いますが
「R]と「S]を両方練習する事は出来ます
少しずつ慣れて行き、3-6ヶ月経ったところで
ご自分の打感を確かめられて決められればいいのではないでしょうか
また、ドライバーをすぐに変えるのではなく3Wをとりあえず使用
して見る手もあります
3Wの方が値段も安く、練習用に仕入れてもいいかと思います

かく申す私も...続きを読む

Q小5身長160.53キロに140の大人のスキー板

小5の娘(身長160cm、体重53キロ)に新品の大人用のスキー板とスキー靴を購入しました。
ベテランの店員さんに聞いて購入したのですが、
家に帰ってから去年まで使っていたジュニア用のスキー板の長さを見たら、今回買った大人用のスキー板と同じ140cmの板でした。

あまり上手ではない(学校のスキー授業でBランクのクラスです)ので140になったのですが、
短かったでしょうか、、、(*_*)

詳しい方、どうぞ教えてください。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

決して短くはないと思います。日本のジュニアは,身長を基準にして板の長さを決めると言った,何十年前の悪習が抜けずに長めの板を与えてしまいます。しかし,現在のスキー板は身長は関係ありません。FISのSL規格では,一時よりも10cm近く長くなりましたが,それでも女性は成人でも155cmです。欧米のジュニアでは,中学生ですと130cm程度を使用しているようです。その方が技術習得が早く良い結果につながっているようです。ですから140cmはやや長いかも知れませんが適当と思います。むしろ今までがとんでもなく長過ぎです。

Qシャフトカット時のグリップについて

練習用クラブとして、古いドライバーのシャフトを極端に短く切りました。(このクラブの意図自体は突っ込まないでください)
そこで困っているのが、シャフトが細すぎて、グリップとシャフトに隙間ができてうまく接着しません。
シャフトの径を太くするはどうしたらいいのでしょうか。ビニールテープをぐるぐる巻きにしてからグリップをつけてみましたが、なんだかずれてきたようで、本当にこれでいいのか心配です。
何かいい製品なり、方法なりを教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>綿テープの入手方法
ホームセンターで入手できます
片面に粘着剤が付いたものです
電気工事をする時にもよく使用しますので
電気材料店でも入手できると思います
最近ゴルフショップでも販売している所がありますので
聞いてみてください

追記まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報