ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

膠原病について、質問させて頂きます。
抗核抗体が160倍、マイクロゾーム抗体(?)が6400倍。
他の数値は異常なしでした。

現在、光線過敏症・関節痛・脱毛があります。

先日、紹介状を持ち膠原病・リウマチ科を受診しました。
担当医師は、血液検査の結果を見て「膠原病ではない」と判断しました。
「半年に一度、血液検査をするように」との事でした。

なんの検査もせず、紹介状の内容だけで判断されました。

とても不安です。
予備軍や疑いの可能性はありますか?
違う病院を受診するべきでしょうか?

膠原病に詳しい方がいましたら、ご回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

抗核抗体をなぜ測定されたのかですが、SLE診断基準


http://homepage3.nifty.com/mickeym/No.101_200/15 …
で1-9までが2個以上ないと意味がありません。
症状が光線過敏と関節痛、脱毛だけで採血採尿検査が正常ならば光線過敏と関節痛だけですから現時点ではSLEの診断基準を満たしません。
抗核抗体を膠原病のスクリーニング検査みたいに考えている医師が多いのでこのような事になりますが、現実には添付図(NEJM 349,16:2003)
のように抗核抗体が陽性であってもSLEなどの膠原病である確率はわずかです。
とはいえ経過は観察すべきですから半年に一度、検尿や採血検査は必要かと思います。
「膠原病について」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

USB99様

ご回答ありがとうございます!
採尿検査はしていません。

半年後の血液検査をする時に、採尿もしてみた方がいいかお医者さんに聞いてみます。

とても丁寧に回答して頂き、参考になりました!!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 11:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 膠原病<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    膠原病とは  クレンペラーによって提唱された膠原病は、病理形態学的に全身の膠原線維(こうげんせんい)にフィブリノイド変性を来し、その原因として自己免疫現象が考えられている疾患群です。  全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性硬化症(ぜんしんせいこうかしょう)(PSS)、皮膚筋炎(ひふきんえん)(DM)、関節リウマチ(RA)、リウマチ熱(RF)、結節性多発性動脈炎(けっせつせいたはつせいどうみゃくえん)...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膠原病 抗核抗体数値160

妻のことですが、先日、皮膚科にて蕁麻疹のlgE検査のついでに抗核抗体の検査をしたところIgEが510・抗核抗体の数値が40倍とでました。そこで先生の診断でIgEが高いのでジルテック錠とアンテベート軟膏・パスタロンソフトを処方されました。抗核抗体数値は女性で40は良くあるので気にしなくて良いとの事でした。しかし、膠原病のことを調べると関節がいたくなるとか、蕁麻疹がでるような症状があるとわかり、最近足の指n関節が痛いこともあり翌日整形外科に相談したところリュウマチと抗核抗体の血液検査を行いました。結果リウマチに関する白血球も正常値、CRPは0.11・RFは0 抗CCP抗体1.6 MMP-316.4(L)とでて特にリウマチの症状はないと言われました。
しかし抗核抗体のなかのHOMOGENEO160倍(基準値0~79)SPECKLED160倍 残りの6項目は問題ないと出ました。そこで相談ですこの抗核抗体の160はどうとらえたらいいのでしょうか?特に妻の症状で気になるところもありません。肝臓の数値その他一般の血液検査項目も以上値は見当たりません。しいて言えば血圧が90/60の低血圧ぐらいです。2日続けて検査した結果でかた方で40でもうかた方が160の数値の変化が良くわかりません。検査方法がちがっているのか?もしかしたら前日より飲みだした蕁麻疹のくすりが翌日の抗核抗体の数値を高くしてしまったのか?もしお分かりの方、先生や薬剤師のかたがいらっしゃればご回答下さい。膠原病が心配です。アドバイスをお願いします。(最初の皮膚科の抗核抗体の検査結果の紙には40としか書かれていなく翌日の別な病院の検査結果の紙は8項目ぐらいの抗核抗体の結果がでていました)病院と血液検査機関はまったく別です。 以上です

妻のことですが、先日、皮膚科にて蕁麻疹のlgE検査のついでに抗核抗体の検査をしたところIgEが510・抗核抗体の数値が40倍とでました。そこで先生の診断でIgEが高いのでジルテック錠とアンテベート軟膏・パスタロンソフトを処方されました。抗核抗体数値は女性で40は良くあるので気にしなくて良いとの事でした。しかし、膠原病のことを調べると関節がいたくなるとか、蕁麻疹がでるような症状があるとわかり、最近足の指n関節が痛いこともあり翌日整形外科に相談したところリュウマチと抗核抗体の血液検...続きを読む

Aベストアンサー

以前、回答した時の図をみていただければわかるかと思いますが、抗核抗体が陽性だからといってそれだけで膠原病という訳ではありません。

血を流して倒れている人がいて、そのそばに血がついているナイフと服に血がついている人が立っていたらその人を殺人者と思いますが、倒れている人もおらずナイフをもたず、ただ服に赤い血のようなものがついているだけで殺人者と思う事はないかと思います。

しかし、抗核抗体が陽性というだけで膠原病を疑うのは、服に赤い血のようなものがついているだけでその人が殺人者と思うようなものです。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4984306.html

Q抗核抗体に異常値が出て心配です

夫が先日、手足のむくみ、食欲不振、倦怠感で総合病院を受診しました。
何の病気か分からなかったので総合内科で血液と尿の検査をすると、異常はなく、ひと安心したのですが、膠原病の可能性もあるとのことで膠原病内科にまわりました。
さらに詳しい血液検査を受けると、抗核抗体が80と言われました。
更に調べるために再血液/尿検査をし、結果が出るまであと半月以上あります。
何しろ初めて聞く言葉で、調べてはみるものの難しく、それだけに心配もつのります。
更に何を調べていくのでしょうか?
更に調べるとどんな病気がわかるのでしょうか?
わかったら、何か治療法はあるのでしょうか?
かかったときの症状については、初めに異常無しの検査結果を聞いた段階で安心したせいか?薬も飲まずたちまち改善し、今は何の自覚症状もなく普段どおりです。

Aベストアンサー

こんばんは。
膠原病に限らず、検査の結果待ちの期間は不安が募りますよね。まわりのご家族の方がある意味不安倍増かと思います。
「膠原病の疑い」との事なので、
検尿では主に腎臓の具合を調べていると思います。
血液検査では、抗DNA抗体はじめさらに詳しい抗体検査をするのだと思います。←膠原病にも様々な病名があり、病名によって異常値になる抗体が違ったりしますので。

抗核抗体が「40で陽性なのに80なんてっ、高値だ」と驚かなくてもいいと思います。抗核抗体は、20倍→40倍→80倍→160倍と検査結果の数字が増えていきますから…ご主人の体調も悪かったようですしたまたま異常値が出ただけかもしれません。
抗核抗体の異常値というのは、体調不良の方や年配の方でも出るそうですよ。抗核抗体が異常値だったからといって膠原病というわけでもないようです(専門医談)。

ご主人の体調も戻られたようですが、お体お大事になさって下さい。

Q抗核抗体(ANA)が異常値でかなり心配しています。

29歳男性です。昨年の健康診断にて肝臓の数値のみが異常値となりGPTが60(GOTは35,γGTPは18)のため、再検査を受けることになりましたが、2ヶ月後の検査ではGPTが52(GOTは37、γGTPは17)と若干減少したものの、依然として高い数値を示しておりました。

元々、下戸のため酒は飲めず、またコレステロールや中性脂肪なども正常値だったため脂肪肝は考えにくく、体調の不良などの異常は殆どありませんでしたので、かなり不安になり、さらにその数ヶ月後、肝臓専門の病院へ再検査に向かいました。事前に肝臓には亜鉛が良いと聞いていましたので、サプリメントを服用して血液検査を受け、肝臓の数値はGPT40(GOTは26、γGTPは17)とかなり改善いたしました。

ここまでであれば良いのですが、ANA定量判定が(+)、ANA定量希釈率が320とかなりの高い値を出しておりましたため、半年後に再検査をするように勧められました。

そこで本日、検査を受けたのですがGPTは31(GOTは21、γGTPは17)とさらに改善しお医者様より「肝臓は心配ない」と伝えられたのですが、ANA定量希釈率が320と変わらず、再び半年後の再検査を勧められました。

お医者様より、この数値は高い方で「臓器を攻撃する可能性があるから、半年というスパンで検査をすることには意味がある」と仰っていただきました。ちなみにその間通常の疲労による体調の不良以外は殆どありません。

私自身がかなりの不安症のため、この数値を見て大げさに言えば「人生に関わるかなり深刻な事態」と捉えています。そこで質問させていただきます。このANA定量希釈率が320という値は、将来の生存率を押し下げる病気になりうる可能性が高いと言えるものでしょうか。さらにこの数値は下げることができるものでしょうか。

お暇なときで結構です。お詳しい方がいらっしゃいましたら、お答えいただけましたら幸いに存じます。宜しくお願い致します。

29歳男性です。昨年の健康診断にて肝臓の数値のみが異常値となりGPTが60(GOTは35,γGTPは18)のため、再検査を受けることになりましたが、2ヶ月後の検査ではGPTが52(GOTは37、γGTPは17)と若干減少したものの、依然として高い数値を示しておりました。

元々、下戸のため酒は飲めず、またコレステロールや中性脂肪なども正常値だったため脂肪肝は考えにくく、体調の不良などの異常は殆どありませんでしたので、かなり不安になり、さらにその数ヶ月後、肝臓専門の病院へ再検査に向か...続きを読む

Aベストアンサー

抗核抗体は一般的に膠原病の初期診断に使用されます.
抗核抗体が陽性になる病気としては,全身性エリテマトーデス,
強皮症,多発性筋炎/皮膚筋炎,混合性結合組織病,シェーグレン
症候群,自己免疫性肝炎などがあります.
これらの病気にかかると,必ず抗核抗体が陽性になりますが,
反対に抗核抗体が陽性であるからといってこれらの病気にかかっている
ということではありません.
抗核抗体の正常値は一般的に40未満ですが,特に膠原病でなくても
80~160倍くらいの人は結構たくさんいます.
ただ320倍は確かに高めの数値ですね.
抗核抗体が高い集団を追跡していくと,そのうちある一定の割合で
いずれかの膠原病を発症するという事実はありますので,半年~1年に
1回程度の頻度で定期採血することをお勧めします.
ただ発症の確立は決して高い訳ではありませんので(ほとんどの人は
膠原病にならずに一生を終えます.)過度の心配は不要です.

Q抗核抗体が1280倍

鼻水・鼻づまりや喉の痛み、上腕に痒みや痛みのない紅斑があり、地元の内科で血液検査をしたところ、抗核抗体が1280倍という結果でした。
膠原病の疑いがあると言われ、紹介状を書いてもらい東京女子医大付属膠原病リウマチ痛風センターで受診しました。
問診・触診後、やはり膠原病の可能性があるということで尿及び血液検査をして、結果は2週間後に出ます。
しかし、紅斑は膠原病の出方と違うので皮膚科を受診して欲しいと言われ、手指の痛み・むくみは年に数回出現しますが、一時的で様子を見ているうちに何事もなかったように消失します。
他に膠原病に当てはまるような症状がなく、現在喉が痛いくらいで体調は良い方です。
抗核抗体の値が高かった時は、風邪様症状・倦怠感が強く、子供の運動会でいくらか日焼けをした後でした。

抗核抗体は一時的に高くなったり、正常に戻ったりするものですか?
また、膠原病以外に値が高くなる病気はどのようなものがありますでしょうか?
特に病気ではなく抗核抗体が高いという場合、日常生活では健康を維持するために当然の事柄以外で、「日光にあたりすぎない」以外に注意点はありますか?

色々なサイトを見てみましたが、良く分かりませんでした。
検査結果を待てば良いのでしょうが、心の準備というか、予備知識が欲しいのです。どうぞよろしくお願いいたします。

鼻水・鼻づまりや喉の痛み、上腕に痒みや痛みのない紅斑があり、地元の内科で血液検査をしたところ、抗核抗体が1280倍という結果でした。
膠原病の疑いがあると言われ、紹介状を書いてもらい東京女子医大付属膠原病リウマチ痛風センターで受診しました。
問診・触診後、やはり膠原病の可能性があるということで尿及び血液検査をして、結果は2週間後に出ます。
しかし、紅斑は膠原病の出方と違うので皮膚科を受診して欲しいと言われ、手指の痛み・むくみは年に数回出現しますが、一時的で様子を見ているうちに何...続きを読む

Aベストアンサー

抗核抗体(antinucler antibody:ANA)は、真核細胞の核内の抗原性物質に対する抗体群を総称した言い方です。対応する抗原は多数あるため、その抗原特異性に基づいて抗核抗体は多種類に細分類されています。

膠原病各疾患の患者さんの血清中には、その疾患に特有な自己抗体群が検出されます。ですので、もしあなたが膠原病のいずれかの疾患と確定診断されず、且つ、自覚症状もなく日常生活を過ごす上で何ら不都合がなければ、まず大丈夫と思われます。何せ私たちが暮らすこの世界には、無数の抗原性物質が存在しているのですから……。

どちらにしましても、検査結果をお聞きの上、あなたの疑問を専門医にお尋ねください。

Q抗核抗体の数値のへんどう。

おねがいします。抗核抗体の倍数はその日の体調や飲んでいる薬によって変わることがあるのでしょうか?じっさい1日差での検査で、40倍が160倍になりました。42さい女性。

Aベストアンサー

先の難病センターの「認定基準」のPDFが参考になると思います。
しかし、検査値の基準は施設、検査が医者などで若干測定計が違い、いくつ以下を異常とするかは、はっきりと線引きできるものではありません。

SLEなどの診断の流れは、症状や病歴などで怪しい人で疾患を疑う→血液検査でそれをうらずける検査結果→さらに詳しい検査(例えばdsDNA抗体)と言う流れになります。

おそらく、質問者の検査は、(抗核抗体を含め)、詳しい検査が必要のない段階ではないかと思います。

御紹介したHPのFAQなども読んでみてください

Q抗核抗体が高いのですが、妊娠は可能でしょうか?

結婚して2年半で子作り開始して10ヶ月になります。
なかなか妊娠しないので、病院に行き一通り検査を
してもらったところ、抗核抗体が高いと言われました。

80程度の数字が限界のところ、840倍もあるということで不妊を得意としている病院で、

こんな数字初めて見た、と言われショックです。

決定打ではないけど、ぼんやり出来にくいタイプとも・・

その日はカネボウの柴苓湯エキスという漢方薬を
処方してもらいました。

ネットで調べて見ると抗核抗体などの着床障害には
ファーストチョイスとして適している、とあり
少し安心しましたが、実際に処方されている方の
口コミなど見つけることができず、
効くのかな・・と不安でもあります。

どなたか抗核抗体が高い方で、自然妊娠された方、
または、柴苓湯漢方薬で体質改善中、改善された方、
どのような経緯か教えてください!!!

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは、私も抗核抗体の数値は高値です。(640倍)
yuko8873の数値はちょっと聞き間違いの可能性が高い(320倍、640倍、1280倍と進むので)と思うのですが、この数値の高値が不妊に直接結びつくとは主治医からも聞いていません。(私は膠原病内科に通院しています。)
免疫異常という観点で言うならば、「抗精子抗体」の数値については不妊に直接結びつくかも知れませんね。
また、私は現在妊娠中ですが、抗核抗体の数値が高いということで妊娠初期に流産防止という意味で「柴苓湯エキス」を処方されました。
しかし、抗核抗体の数値自体はあまり流産に大きな影響をもたらすことではなく、抗DNA抗体や抗リン脂質抗体の数値が大きい場合にさらなる流産防止処置が行われるそうです。(後期流産や習慣性流産の原因となる抗体のようです。)
抗核抗体の数値だけであればそれほど気にすることないと思いますよ。
不安であれば抗精子抗体の検査はしても良いと思いますが。

Q抗核抗体が一日で40倍から160倍になった。

USB99様から昨日ご回答をいただきましたが、少し聞きたい所がありますので再度質問させてください。
理解しやすいご回答ありがとうございました。抗核抗体が陽性でも即、膠原病ではないことは
理解できました。確かに妻の症状も足の指の関節(片方)の痛みだけでリウマチの数値も以上ではなく、他の血液検査の項目でも異常値は見当たりませんでした。なので少し安心しました。質問させて頂いた1日違いの抗核抗体検査の倍数が最初皮膚科で40倍翌日(病院と検査機関は違います)の整形外科で160倍の数値がでたところがどうも不意に落ちません。やはり
ジルテック錠とアンテベート軟膏・パスタロンソフトを飲んでいたことにより数値が変化していったのでしょうか?そうであればいいのですが、またそうであってほしいです。その辺のご意見をいただけますでしょうか?宜しくお願い致します。あと半年前に尿検査で潜血反応が5カ月続いたの白血球が3900と少し少ないのが膠原病の症状ではないかと心配しています。いまは潜血は0にはなりました。

Aベストアンサー

原則として、抗体検査というのはその値で病勢を判断しません。よって、値の増減で意味がありません。
無意味な心配は人生を台無しにします。もちろん、将来、SLEを発症する確率は0ではありませんが、今、特に症状がなければそれを喜ぶべきで、あとは定期的に健康診断をうければいいかと思います。

Q抗核抗体について

この前、急に薬指の毛細血管が切れて、指が動かなくなり総合病院に受診しました。血液検査の結果、抗核抗体が80と言われ、他には貧血。あとは異常はないとのコトでした。なぜ毛細血管が切れたりするのですか?ときいてもわからない・・としか言われませんでした。
今ある自覚症状は、足や、腕にかってに、青タンができたり、関節が痛い、寒気。この前婦人科へ行ったところ女性ホルモンが低いと言われました。
抗核抗体の意味すらよくわからなくて困ってます。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

僕が難しくないように説明します。
抗体は病原体が体内に入ってきたときに活躍するものと、聞いたことはないでしょうか。通常、抗体は外敵から身を守るためのもので、自分の組織を攻撃しないように体内でうまく調整されています。
それが何かの拍子に自分を攻撃するものが出てくることがあるのです。これが自己抗体です。どこを攻撃するかで症状は様々であり、たくさんの病気の名前があります。これらを総称して「自己免疫疾患」(膠原病とも呼びます)といいます。
核の構成成分を攻撃するのが抗核抗体で、これはいろいろな自己免疫疾患で出現します。これが高くてもどの自己免疫疾患かは分かりません。とりあえずの検査としてよく使われます。
80という値は異常値ではありますがさほど高いとは思えません。しかし、症状もあるようですし、これからどんな抗体が出ているかの血液検査をすることになるのではないでしょうか。
#3の方へ。SLEでしょうか。自己免疫疾患は症状が様々ですし、この時点での診断は難しいと思います。サイトにあげられたように診断基準もしっかりしていますし、これを満たさないことには、と思うのですが。

僕が難しくないように説明します。
抗体は病原体が体内に入ってきたときに活躍するものと、聞いたことはないでしょうか。通常、抗体は外敵から身を守るためのもので、自分の組織を攻撃しないように体内でうまく調整されています。
それが何かの拍子に自分を攻撃するものが出てくることがあるのです。これが自己抗体です。どこを攻撃するかで症状は様々であり、たくさんの病気の名前があります。これらを総称して「自己免疫疾患」(膠原病とも呼びます)といいます。
核の構成成分を攻撃するのが抗核抗体で、こ...続きを読む

Q膠原病の専門医がおられる病院を教えてください。

私は膠原病にかかっています。

大学病院で治療を続けておりますが、一向に良くなる気配がありません。

現在通っている病院の他に膠原病の専門医師等がおられる病院を探しています。

どなたか口コミでも膠原病が治ったという方でもイイので回りにいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

ご存知かもしれませんが、全国膠原病友の会というのがあります。ここの支部一覧で下線の引いてあるところには独自のHPがあり、その中で専門医や治療経験を語る会などが行われているようです。
もしまだご覧になっていなければ、ちょっと覗いてみてはいかがでしょう。
早くよくなりますように!

参考URL:http://www8.plala.or.jp/kougen/

Q膠原病治療をしています。風邪を引いた場合・・・

いつも本当にお世話になります。
過去に何度も、こちらで膠原病について
質問させていただいていますが、
今回もまた、宜しくお願いします。

今、膠原病の治療を受けています。

治療が始まってから何度か風邪を
ひいているのですが、
そのたびに、自宅近くにある
個人の診療所に通っていました。

その診療所の薬の処方の仕方が
あまり良くないようで、総合病院の薬局の方に、
「ただの風邪でも、ちゃんと
今の担当医に診てもらったほうがいい。」
と言われました。

しかし、今通っているのは
大きな私立の総合病院です。
事前に予約が必要で、予約をしてあっても、
長時間待たされて、一日つぶれることも
珍しくありません。

近くの診療所だと、午前中に病院行って
午後から出勤することも可能なのですが、
総合病院だとそうはいきませんよね。
風邪程度で、そこまではちょっと・・・
と思うのが本音です。
しかし、「薬の処方の仕方が悪い」なんていわれると
ちょっと不安になって・・・・

やはり、いつも診てもらっている担当医のところに
行ったほうがいいのでしょうか?

現在、治療を受けている方、
みなさんはどうされているのでしょうか?

病気のことなので、答えにくい部分もあると思いますが、
教えてくださると、助かります。

いつも本当にお世話になります。
過去に何度も、こちらで膠原病について
質問させていただいていますが、
今回もまた、宜しくお願いします。

今、膠原病の治療を受けています。

治療が始まってから何度か風邪を
ひいているのですが、
そのたびに、自宅近くにある
個人の診療所に通っていました。

その診療所の薬の処方の仕方が
あまり良くないようで、総合病院の薬局の方に、
「ただの風邪でも、ちゃんと
今の担当医に診てもらったほうがいい。」
と言われました。

しかし、今通っているの...続きを読む

Aベストアンサー

 mascoliaさん こんばんは

 20代の薬剤師です。

 膠原病とは別名自己免疫疾患と言われ、人間に元々備わっている病気にならない様に身体を保っている機能(免疫力)に狂いが生じたことにより発病する病気です。したがって主治医からも注意を受けていると思いますが、風邪を引き起こすウイルス等に負け易く風邪を引き易いと言う特長(欠点)があります。したがって、それなりの予防策をしているとは思いますが、それでも風邪を引いてしまう事だって有るんだろうと思います。

 膠原病の中には、風邪同様にはつね・節々の不快感を起すものも知られています。したがって患者さんご本人の勝手な判断では風邪と思っていても、実際は病状の進行と言う場合も無きにしも非ずです。ですから、ちょとでも普段と違うぞと感じた場合は、主治医に診てもらう方が良いと思います。
 今膠原病で通院されている病院が大病院だとすれば、診察を受けるのに待ち時間等掛かってしまうのは致し方ないことだと思います。時間的な事や診察してもらった後に仕事をしなければならない事等を考えると,近所の開業医に行くと言うのも解らないではないです。出来れば、どんな時でも主治医の診察を受けられたら良いとは思いますが・・。

 とは言うものの、時間的な都合や急な症状の変化等で飛び込みで開業医の先生方の診察を受けないといけない事だって有るでしょう。膠原病を患っている方だったら、ご自身の病状の把握はある程度出来ていると思います。しかしそれが100%正しく把握されており、医学的な難しい所の範疇でどの程度の病状なのかとなると、患者さんご自身でもなかなか説明し難い所が存在すると思います。と言う事を考えた時に、主治医に現状の病状を記載したものを書いてもらってはどうでしょうか??もしどうしても主治医以外の先生の診察を受けなければならない時に、それを見せれば多くの医者は今までの病状の把握が出来ますから、診察・治療もほぼ主治医と同じ状況で受けられると思いますよ。
 現在服用中のお薬については、ほとんどの調剤薬局では「お薬の説明書き」(「医薬品情報書」 と言います。)を発行していただけますから、それを見せれば全ての医者は一目瞭然なわけです。それと同様な一目瞭然に病状が解る「病状説明書き」みたいな物を作ってもらい、常時「お薬の説明書き」と一緒に携帯されていたらどうでしょう。

 普段何も持病の無い方なら問題なくどこの開業医の先生に診てもらっても良いのですが、持病をお持ちの方特に膠原病みたいな特殊な持病をお持ちの方は、ご自身でお身体を守らなければならない部分も有りますから、上記の方法がお身体を守る方法の1つだと思います。

 mascoliaさん こんばんは

 20代の薬剤師です。

 膠原病とは別名自己免疫疾患と言われ、人間に元々備わっている病気にならない様に身体を保っている機能(免疫力)に狂いが生じたことにより発病する病気です。したがって主治医からも注意を受けていると思いますが、風邪を引き起こすウイルス等に負け易く風邪を引き易いと言う特長(欠点)があります。したがって、それなりの予防策をしているとは思いますが、それでも風邪を引いてしまう事だって有るんだろうと思います。

 膠原病の中には、風邪...続きを読む


人気Q&Aランキング