MsgBox Err.Description
MsgBox Error$
この2つは同じ結果が返るのですが
なにか違いはありますか?

A 回答 (2件)

Error関数とError$関数は同じものと考えられますので、


http://blog.livedoor.jp/keisuke0425/archives/510 …
(Error関数自体がエラーメッセージという「文字列(キャラクター)」を返す
 関数であることを考えると、Error$関数における「$」の付与は、
 「戻り値が文字列であることの明示」というか「他の関数(Date$など)
 との統一性の確保」のため、かもしれません)

lokijuhさんご自身、及びNo.1の方が言われているように、
戻り値に関しては「同じもの」と考えてよいと思います。
http://office.microsoft.com/ja-jp/access/HA01228 …
(「解説」の項を参照:No.1の方が抜粋されているヘルプ)


ただ、戻り値以外の部分では、違いもあるとのことです。
http://www.accessclub.info/samplefile/samplefile …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2009/05/24 11:13

HELPによれば



Error 関数は ...
引数 errornumber を省略すると、最後に発生した実行時エラーに対応するメッセージを返します
解説
Err オブジェクトのプロパティの設定値を検証して、最新の実行時エラーを識別します。Error 関数の戻り値は、Err オブジェクトの Description プロパティに対応します。

Description プロパティ...
エラーが発生すると、Error 関数の戻り値 (エラー メッセージ) が Description プロパティに設定されます。

という事で、同じですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 11:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング