みなさんこんにちは。

知り合いから譲り受けたコーヒーの木を育てています.今年で7年目です。
相変わらず花はつきませんが、高さ70cmくらいには成長しました。

ところが最近、新芽は絶えず出てくるのですが,縦方向の成長が鈍って来ている様な気がするのです。
また、ネット等の写真と比べると,明らかに葉っぱが付き過ぎ(密集)しているような気がします。

現在の状況は、
上から1/3に枝、葉っぱが密集し、
その下1/3に枯れかけの枝(先端には葉が残っている)が数本あり、
さらにその下は幹だけ、といった感じです。

そこで、少し枝を剪定して見れば問題が解決するかと思い、
色々調べてみたのですが、どうすれば良いのかが良くわかりません。

時期的にはいつごろが適しているのか、
枝のどの辺りから切れば良いのか、
どれ位の感覚で枝を落とせば良いのか、、、etc

一体どの様に剪定すれば良いのか?
そもそも、剪定で狙ったような効果は得られるのか?

どうぞ、皆さんのお知恵をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あなたは今のところ、剪定の事しか頭にないように思えます。

ネットで
調べた時の写真と、あなたが栽培している現物とが違うのは当然です。
ネットで調べた画像の物と、あなたが栽培している現物が高さや管理を
している環境が全て同じでしょうか。画像は全て同じではありませんか
ら、どちらの状態が基本とされている正常な状態かは言えません。
葉が生い茂っているのは、元気に生育している証拠と思われたら、剪定
の事など考えないと思います。

剪定の事より現在の管理状況が心配で、貰われて7年目のようですが、
その間に植替えは行われましたか。貰われて7年と言う事は、貰われる
前を含めると8年以上は経過している事になりますよね。
基本的には2年に1度で植替えをするのが一般的で、何年も植替えをし
ないと鉢内で根詰まりを起こして、下葉が落ちたり開花をしなかったり
します。時期としては5月下旬から8月下旬までに植替えを行います。

寒さには弱いので、冬場には外気温が5℃以下になる前に室内に入れ、
ガラス越しで直射日光が当たる場所に置きます。低温に当てると全ての
葉が落ちてしまいます。

開花しないのは肥料不足かも知れません。5~10月の間に2ヶ月に1
回で緩効性化成肥料を与えて下さい。窒素分が多い肥料を与えると窒素
過多になり、葉だけが茂って花が咲かない事になります。

まだ70cmでは小さい方ですから、剪定の事は考えないで大きくする事
を考えて下さい。剪定をすれば問題が解決する事はなく、反対に状態を
悪くさせ問題を大きくしてしまうと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーヒーの木の育て方

先日、ブラジル人に「ブラジルのコーヒー農園に植えてあった」というコーヒーの木の苗をもらいました。
以前にコーヒーの木について質問があったりしたものを拝見しましたが、それを読む限り室内で育てなければいけないような・・・。
でも、我が家では大きいプランターを置くような場所がなく、子供もまだ小さくていたずらしそうなので、とりあえず庭に植えてしまいました。
やはりそれではマズイでしょうか?
一応プランターに植え替えて外へ置いておこうと思っているのですが・・。

Aベストアンサー

こんばんは。
私は部屋にちょこっと置く観葉植物として買いました。
それから数年経ち、
大きく育ち、鉢も大きいものにして
冬は屋内、夏は外に出して育てていましたが、
なぜか冬の間に葉が全部枯れてしまいました…。
まだなんとかなるかと思い、今も育てています。

やはり暖かいところにある木なので、
冬に外というのはダメだと思いますが、
夏場は外に置いてもいいと思います。
しかし、夏の直射日光で葉やけを起こすらしいので、
直射日光の当たらない、
半日日陰になるようなところに置いた方がいいようです。
なので、お考えのように、
プランターに植え替えておくと冬は屋内に移動できるので
良いと思いますよ。
あと、水のやりすぎは良くないようですね。

寒くなり屋内に置くようになれば、
お子様のいたずらを心配されているようですが、
お子様がいたずらしなくなる頃までは、
手の届き難い高めのところに置いておくのはどうでしょうか。
大き過ぎたら無理かもしれないですよね…。

Q沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえ

沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえばちょっと元気がない様子で。 この早春には、元気に花を咲かせてくれたのですが。 大き目の花壇に、色んな植物と一緒に植えています。 何か、元気にしてやる方法はありますか? また、原因は何なんでしょうか。

Aベストアンサー

木の周りに大鋸屑のような木くずが落ちていたら鉄砲虫です
木の中を食い荒らして木を枯らせてしまいます

そういうものが見あたらなければ線虫
ごく小さいミミズに似た原虫で木に入り込んで木を枯らす毒を分泌します
他に考えられるのは過湿過肥による根腐れです

Qコーヒーの木の育て方について

小さいコーヒーの木を買いました。
小さい鉢に細い枝が何本も植えてあります。
これを大きくして実がなるようにしたいのですが、どのようの育てたらよいでしょうか。
今は外置きですが、寒くなったら室内に取り込みます。

同じ種子から出たので、根がケンカすることはないと思うのですが、太くするためには、バラした方が良いでしょうか。

Aベストアンサー

こちらをご参考になされてみては?
ちなみに、私は7年目で枯れてしまいました・・。

参考URL:http://blog.ucc.co.jp/sukusuku/

Qラズベリーの枝の剪定

ガーデニングに関しては、何の知識もない素人です。
子供のころ、近所の木苺の実を摘んで食べた想い出から、1本のラズベリー(インディアンサマー)の小さな苗木を買ってきて、一昨年庭に植えました。
去年は小さな実が3つぐらいついて、宝石を摘むようにして食べましたが、今年はびっくりするほどの収穫がありました。

さて、気になっているのは、花が咲くメインの枝とは別に、周りからにょきにょきと、葉っぱだけの太い枝が3本、4本と生えてきたことです。どう見ても実がなるようには思えませんが、これは、切ってしまったほうが良いのでしょうか?それとも、将来、実のなる枝に変化するのでしょうか?

Aベストアンサー

ラズベリーを放っておくと、庭がヤブになります。
結果母枝を残して、剪定する必要があります。
簡単に言えば、春実をつけた枝は、収穫後すぐに根本から、
秋に実をつけた枝は、収穫後、2/3程度に、剪定します。

根本からでたシュートは、太い枝を1本残して切れば良いかな。
挿し木に使う人もいるようです。

参考URL:http://www5c.biglobe.ne.jp/~kaz_mas/berry/rb/raberry.htm

Qコーヒーの木を大きくするには・・・

ハイドロのコーヒーの木を買って育てています。
今は仙台に住んでいますが、1年半前までは岡山に住んでいました。
岡山にいた頃にそこそこに大きくなってきたので、植え替えをするついでに、ハイドロカルチャーで育てる事をやめて土に植え替えました。
ところが、仙台に来てから丈が伸びなくなったようなのです。
育て始めて3年半。今は28センチほどで幹も細いです。新芽は出るのですが、新芽が出ると下の方の葉っぱから1枚目、2枚目が枯れて落ちていき、繁ることがありません。
このまま大きくなる事はないのでしょうか?心配です。
水は2週間に1回くらい。葉っぱに少し元気がなくなってきた頃にたっぷりあげ、受け皿に水はためていません。冬の間は日当たりがよく暖房がしてあるリビングに置いていました。冬は肥料は止めています。
そろそろ植え替えの事も考えていますので、育て方、植え替えの時の注意点を教えて下さい。

Aベストアンサー

コーヒーの木は環境が不適切だと育ちません。
葉が落ちる原因は
・根詰まり
・鉢の場所の環境が変わってしまった
・強い風に当たった
・日光不足
・水不足または過剰
・害虫被害
が多いです。
まず、日光に葉が全部当たっているか見てください。
案外上のほうには当たっていても下葉にはあまり当たっていないことがあります。
水遣りも2週間に1回では少し少ない気がします。
目安としては冬は1~2週に1回(土の表面が乾燥して色が変わったら)、春は5日に1回(土の表面が乾いたら)、夏は1日1回(土の表面が乾ききる前に)、秋は春同様で夜間の気温が10度以下になったら水やりは控えて冬準備に入ります。
それだけ鉢に水分が残っているということは、やはり日光不足の線が濃いかもしれないですね。
冬は暖房の部屋とありますが、暖房は1日中きいてますか?
そうでないなら暖房を切ったあとの温度の低下はかなり木にはダメージになります。冬の間に寒さに当たってしまうと成長期に落葉することがあります。
同じ冬の管理でも暖房の影響のない日当たりのいいところでビニールなどで保温し、乾燥気味にして耐寒性を強めたほうがいいですよ。ビニール+鉢カバー(大きいカバーで隙間に発砲スチロールなど挟み込むとさらに保温性UPします)で極力10度以上、最低でも5℃以上キープできたら上等です。
肥料は5~8月の成長期に緩効性の固形肥料を月1回、または液肥を週1回位が目安です。肥当たりしやすいので規格量より少な目を目安にするといいと思います。
早く大きくするにはとにかく太陽にたくさん当て(葉やけしない程度もありますから置き場所にはきをつけてください)、肥料は窒素分の多い液肥がいいですよ。葉水もこまめにするといいです。
植え替えは天気のいい風のない日で5~7月頃までに済ませるといいと思います。2年に1回植え替えが目安です。
今回落葉しているので、植え替えのときは根つまりが起こっていないかみて一回り大きい鉢に植えるといいと思います。
コーヒーの木は成長に伴い(茎が伸びると)下のほうの葉を落とす性質があります。成長過程で下葉の落葉はいたしかたない場合もありますので、最善をつくして大きくなってきたにもかかわらず下葉の落葉が見られるなら生理的なものとしてあきらめるか、もう1~2本コーヒーの木を育て下葉のないところをカバーできるように育てるしかないです。

コーヒーの木は環境が不適切だと育ちません。
葉が落ちる原因は
・根詰まり
・鉢の場所の環境が変わってしまった
・強い風に当たった
・日光不足
・水不足または過剰
・害虫被害
が多いです。
まず、日光に葉が全部当たっているか見てください。
案外上のほうには当たっていても下葉にはあまり当たっていないことがあります。
水遣りも2週間に1回では少し少ない気がします。
目安としては冬は1~2週に1回(土の表面が乾燥して色が変わったら)、春は5日に1回(土の表面が乾いたら)、夏は1日1回(土の...続きを読む

Q庭木、枝を密にする剪定方法は?

庭にウラジロカシがあります。昨年春に植えました。2.5mほどの木ですが枝があまり多くありません。

一応、目隠し目的に植えたのでもっと枝を密にしたいのですが、剪定の方法を教えてください。またその時期やあるいは剪定以外でも方法があるなら教えてください。

Aベストアンサー

生垣ってことですか?

愛知県ですがあらかしとシラカシの生垣ならごく稀に見ますよ

うらじろとか細かい樹種は自分は知りませんが例に挙げたものなら上に伸びたがりますが
強く上に伸びた枝例外なく短く切りつつ、普通の刈り込みをすれば生垣になってきますよ
急いで密にしたいのなら春延びだしたら途中で切ってわき目を多く出せばすぐですね

高木の生垣は杉などでも作られていますし凄く珍しいですが難しい物でもありません。

Qコーヒーの木の育成方法

こんにちは(^_^)

先日、コーヒーの木を購入してきました。
現在のところ葉も艶々で元気ですが、初めて育てるので不安です。

ネットで検索してみたのですが詳しい育成方法を掲載しているサイトが見つかりませんでしたので、コーヒーの木の育成方法について詳しい方がいましたら是非今後の育成方法について教えて頂けたらと思います。

特にお伺いしたいのは
●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
●土や肥料について
●冬の過ごし方
●病気や殺虫剤の散布について
●その他の注意点
です。

今は購入時のままのビニールの鉢で、土が少し乾いたらお水をあげています。

場所は日当たりの良いバルコニーですが、曇っていて少し涼しい日は部屋に入れてあげた方が良いでしょうか?

コーヒーの木の育成に関するサイトも含めて情報をお持ちの方是非ご指導を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
購入時のビニールポットのままでは根の成長に影響しますので直ぐ1回り大きめの鉢に植え替えましょう。
鉢はプラスチックでも素焼鉢でもテラコッタでもかまいませんが茶色の方が落ち着くでしょう。
ただプラスチックは水の蒸発が遅く素焼鉢は早いので水遣りの時期に注意しましょう。
根が鉢一杯に回ると根腐れの原因になりますので2年に1回は植え替えをします。
時期は5月から8月頃までに行います。
9月まで出来ますが冬までに根を張らせるために早めにやった方が良いです。
植え替えは鉢からそっと抜いて土一杯に根がまわっていたら植え替えのサインですので植わっている鉢より1回り大きな鉢に植え替えます。
大きくしたくないときは根鉢を3分の1程度落として茎や葉も少し剪定して同じ大きさの鉢に植えます。
●土や肥料について
土は普通の観葉植物やプランター用の土でかまいません。
肥料は春から秋まで液体肥料などを与えます。
肥料の与え過ぎは枯れる原因になるので注意します。液体肥料なら10日に1度、固形肥料なら1か月に1度与えます。
ただ植替えをした時は植替え後2~3週間してから与えます。
●冬の過ごし方
寒さに当たると葉が落ちてしまいますので最低温度は10度以上で管理しますがもし無理な場合はビニールを被せるなどして保温する事をお勧めします。
一般の観葉植物の冬の管理に準じます。
●病気や殺虫剤の散布について
病害虫は春から秋にかけてカイガラムシやハダニが発生しやすいので水やりの際に葉全体にシャワーを掛けるようにしてやると発生を抑える効果があります。
また風通しをよくして病害虫の発生しにくい環境づくりをすることも大切です。
病害虫が発生した場合は下記サイトから病気や害虫に応じて適宜処理します。
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/index.html
●その他の注意点
コーヒーの木はその原産地から解かるように大変日光が好きな植物ですのでできるだけ日当たりの良い明るい場所で育てます。
室内では通風が悪く日光不足になりがちですので春と秋は戸外で十分な日光にあてると引き締まった丈夫な株に育ちます。
曇っていても前述のように病害虫予防にも風通しの良い場所が適していますので温度があり強風以外は今の時期は戸外が良いでしょう。
ただし日光不足の植物をいきなり強光にあてると葉焼けを起こしたり株を弱らせたりしますので徐々に慣らしましょう。
水やりは表面が白く乾いてから与えますが真夏はよく乾くので乾く前に与えます。
夜の最低気温が10℃近くになったらだんだん水やりを控えめにします。
花が咲いて種ができたらそれを植えて増やす事ができますし挿し木しても増やせます。
下記サイトもご参照下さい。

参考URL:http://www.caravanserai.co.jp/lounge/tree.html, http://www.caravanserai.co.jp/lounge/question_tree.html

●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
購入時のビニールポットのままでは根の成長に影響しますので直ぐ1回り大きめの鉢に植え替えましょう。
鉢はプラスチックでも素焼鉢でもテラコッタでもかまいませんが茶色の方が落ち着くでしょう。
ただプラスチックは水の蒸発が遅く素焼鉢は早いので水遣りの時期に注意しましょう。
根が鉢一杯に回ると根腐れの原因になりますので2年に1回は植え替えをします。
時期は5月から8月頃までに行います。
9月まで出来ますが冬までに根を張らせるために早めにやった方...続きを読む

Q剪定後の枝の切口処置について質問です。

これから、花の咲き終わった梅、サザンカ、白木蓮などの剪定をしようと考えております。実は正月前に百日紅の枝や溜をバッサリと切り落としました。その時、太い枝の切り口に墨汁を筆でたっぷりと浸み込ませておきました(~田舎で親父が塗っていたのを想いだして~)。 塗った後、墨汁が垂れて幹が縦縞模様になり、近所の人も不思議そう(笑)に見てましたが・・・・・・。
専用の切口塗り薬の存在はホームセンターで見てましたが、そこまでは必要ないと考え墨汁でもと塗っておきました。 ところで、墨汁塗布は切り口処置として正しく、効果があるのでしょうか? 又、樹木によって切り口処理の要否があるのでしょうか? 近所で墨を塗っているのは見たことありません!我が家だけです。
詳しい方、宜しくお願いします。
(昨年、植木屋さんに槙の木を大胆に剪定して頂いたときは切り口処置なしでした。切り口の腐りが一部にありました)

Aベストアンサー

植木屋さんは本職ですから、切り口に融合剤(切り口からの雨水の侵入を防ぎ、
枯れを防ぐために使用する保護剤のような物)を塗る必要がある種類と無い種類
の区別は承知されています。融合剤を塗られなかったのは、塗る必要がない種類
だったからで、塗ったとしても意味のない樹木に対しては塗る事はありません。
どんな樹木でも切り口は若干ですが枯れます。ただ桜のように切り口から枯れが
進行してしまう樹木に対しては必ず融合剤は塗る必要があります。
例えば切り口が腐敗したとしても、桜以外の樹木では幹まで腐敗が進行する事は
ありませんので、植木屋さんが融合剤を塗られなかったのは、これ以上は腐敗は
進行しないと判断されたからです。

融合剤を塗ったからと切り口が枯れない訳ではありません。ある程度の枯れは生
じますから、意味もない樹木に対して使用しても、融合剤が無駄になるだけです
から、植木屋さんは融合剤を使用する必要は無いと判断し、塗られなかったのだ
ろうと思います。

墨汁ですが、塗らないよりはマシですが、正式な融合剤と比べると効果は無いと
言っても過言ではないと思います。正直に言って効果は無いと思いますよ。
炭には殺菌効果がありますが、墨汁は100%が炭ではありませんから、あまり
殺菌効果は期待出来ないと思います。塗らないより塗った方が良いので、御父さ
んが行われていた方法が間違いだとは言えません。

僕は以前に造園土木で樹木の剪定等に携わっていましたが、その時に使用してい
たのは融合剤(トップジンM等)の他に、ラッカースプレー塗料も使用していた
事もあります。
見た目を重視する時に、極端に太い幹や枝を切った時は、融合剤を塗ってから、
ブリキ板を加工してカバーを作り、切り口に被せて保護する事もしていました。

余談ですが、樹木によって剪定時期は異なりますから、正月前だから庭を綺麗に
して新年を迎えたい気持ちは分かりますが、やはり時期を守らないと樹木の生育
に支障が出ますし、場合によっては枯れる事もあります。
サザンカは3~5月が剪定時期で、大枝の剪定は4~5月に行います。
白木蓮は3月と5月に行います。木蓮は基本的には剪定は行いませんが、剪定を
しないと枝が伸び放題になり樹形が乱れますから、剪定と言うよりも不要な枝を
間引く感じで長過ぎる枝を切るようにして樹形を整え、これを整枝と言います。
さるすべりは時期的には問題はありませんでした。ただ切り口に融合剤は塗る必
要はありませんので、墨汁を塗ると垂れた液で汚れますから、出来るなら塗らな
い方が良かったかと思います。
梅は冬の剪定と夏の剪定があります。冬は11~3月、夏は5~6月に行います
が、大掛かりな剪定は開花や樹勢を衰えさせる原因になりますので、出来るなら
植木屋さんに依頼した方が無難ですよ。

植木屋さんは本職ですから、切り口に融合剤(切り口からの雨水の侵入を防ぎ、
枯れを防ぐために使用する保護剤のような物)を塗る必要がある種類と無い種類
の区別は承知されています。融合剤を塗られなかったのは、塗る必要がない種類
だったからで、塗ったとしても意味のない樹木に対しては塗る事はありません。
どんな樹木でも切り口は若干ですが枯れます。ただ桜のように切り口から枯れが
進行してしまう樹木に対しては必ず融合剤は塗る必要があります。
例えば切り口が腐敗したとしても、桜以外の樹木では幹...続きを読む

Qコーヒーの木って育てやすいのでしょうか?

百円店のダイソーにいくといつも「コーヒーの木」の苗が売っています。育てやすいのですか?

Aベストアンサー

たまたま手に入ったタネから育ててもうじき1年になりますが、丈夫で育てやすいですよ。
タネを蒔く時期が悪く、双葉で冬を越したにもかかわらず、このところの辛い暑さと湿度にも負けずに育って、百円店で売っているミニ観葉植物サイズよりも少し大きな苗木になりました。
冬は、寒さと葉の乾燥に気を遣ってあげれば大丈夫です。
窓越しの直射日光に当てていたら、葉焼けしてしまいました。木が若いうちは耐陰性があるとのことで、光に関しては明るい日陰くらいでちょうどいいようです。

わが家のコーヒーの木は、1ヶ月に1組、新しい葉が出ます。
芽が出たのも、タネを蒔いてからなんと2ヶ月も先のことでした。
実が生る大人の樹になるには、3~5年はかかるとか。
草花や野菜のようにすぐに生長を楽しめるものではありませんが、ゆっくりとした変化を気長に楽しんでいます。


ダイソーのコーヒーの木は私もよく見かけますけれど、かわいそうなほど徒長しているものが多いですね。
近所のコーヒーショップでは一頃、大きめのコーヒーカップに3本ほど寄せ植えにしてテーブルに飾っていました。双葉と本葉が8枚(4組)ほどの大きさでした。
ダイソーにしてもコーヒーショップのものにしても、いい環境とはいえないのにすぐには枯れないのですから、そのくらい、タフだといえるのではないでしょうか。
ただ、生きている植物である以上、環境と管理が悪ければ、まっとうに育たなかったり死んでしまうのは当然です。コーヒーショップのコーヒーの木も、もともと育てるつもりはなく、ちょっとした飾り程度に考えていたのか、数ヶ月で枯れてしまいました。
手間ひまかけて手入れしても、害虫や病気にやられたり生育不良になったり・・・というほどまで脆くか弱い木ではないようなので、観葉植物を育てる要領で普通に世話をしていれば、すぐに大きくなりますよ。

たまたま手に入ったタネから育ててもうじき1年になりますが、丈夫で育てやすいですよ。
タネを蒔く時期が悪く、双葉で冬を越したにもかかわらず、このところの辛い暑さと湿度にも負けずに育って、百円店で売っているミニ観葉植物サイズよりも少し大きな苗木になりました。
冬は、寒さと葉の乾燥に気を遣ってあげれば大丈夫です。
窓越しの直射日光に当てていたら、葉焼けしてしまいました。木が若いうちは耐陰性があるとのことで、光に関しては明るい日陰くらいでちょうどいいようです。

わが家のコーヒーの木は...続きを読む

Q剪定後バラの葉っぱが黄色くなってしまった

昨年の春、大苗でストロベリーアイスを購入し、何度か花が咲き、
大事に育てていました。
今年の春は沢山花を付け、夏は1つだけ咲きましたが、暑さのせいか、
しょぼくれた花でした、花がしおれかけたので花首の所から切り、ついでに
9月に入ったので、花が付いていない枝も5センチくらい剪定をしました。

翌日、葉っぱが黄色くなっているので、剪定が良くなかったのか、
それとも病気なのでしょうか。

それと、一緒に買った、プリンセスドゥモナコは大きくなってきていますが、
ストロベリーアイスはほとんど大きくなっていないようです。
春の花が終わった時に牛糞と油かすを少し施肥しました。
あと、週に一度液体肥料を与えています。

水やりは朝だけです。

内径33センチの鉢植えです。

日当たりのよい比較的風通しも良いベランダで育っています。

Aベストアンサー

>椿油かすを土に混入してみようと思います。
そうですね。
ちょうど時期的にも幼虫が育ってくる頃ですから、
コガネムシの幼虫対策は早急にしたほうが良いと思います。

とりあえず、今お持ちの液肥は中止してくださいね。
バラ専用でないと、塩害がおこりやすいです。
あと、コメのとぎ汁は残念ながらダメです。
発酵していない肥料(生肥)は根を傷めます。
地植えなら土中の生物が分解してくれるので多少は与えても問題ないですが、
鉢植えの場合は確実に根を痛めてしまいます。
もし使うなら発酵させて有機肥料化してから与えてください。
オーガニック栽培の本に発酵のやり方が書かれていると思います。

夏の暑さ+液肥+コメのとぎ汁(+ひょっとしたらコガネムシ)も加わって、
今現在、かなり根が痛んでると思われます。
今後しばらくはすべての肥料を中止して蕾をつみ、
根を育てることに専念されるとよいと思います。
しっかり根を育てることで丈夫で大きな株になりますから(*^^*)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報