回線はNTT、プロバイダはOCNを利用し、ひかり電話とインターネットをしています。でも色々とあり、ひかり電話とインターネットを無くし固定電話だけにしたいんです。この場合、回線とプロバイダを解約すれば固定電話だけで使えるのですか?それともひかり電話の工事みたいな作業がまた必要ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問者さんの固定電話は、現在「休止状態」として、NTTに預けられています。



NTTに「休止」をやめて「復活」しますといことを、申しこまなくては、いけません。

申し込みは「116番」でよいです。

工事の方はNTTの局内でも「光装置」から「電話交換機」への切り替え。

質問者さんの自宅でも「光アダプター」から「「電話ケーブル」への切り替え工事があります。

光電話を固定電話に戻すことは、インターネットを解約しなくても出来ます。

ですから、先に「光電話」を「固定電話」に戻して、あとからゆっくり、光回線とプロバイダーの解約をしてもよいですよ。

まず「116番」へ電話して、固定電話に戻すのを申し込まれたらよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすいです。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 10:41

現在契約しているNTT光回線が、「マンションタイプ」なのか、「ハイパーファミリータイプ」なのかによって違います。



(ハイパーファミリータイプの場合)
基本的には光ファイバーの撤去工事が必要です。その後、ついでに固定電話の工事もやってもらうのがスムーズでしょう。

必要な工事=自宅外工事+NTT局内工事+自宅内工事

(マンションタイプの場合)
マンション共用部分の工事は必須ですが、宅内の工事は不要なケースが多いです。

必要な工事=自宅外(マンション共用部)工事
+NTT局内工事+自宅内工事(配線撤去⇒接続)

マンションによっては、共用部分の工事はユーザが立ち会わなくてもNTTだけでできるケースがあります。あとは宅内で使っているの配線さえ自分でできれば、NTTの工事者と合わなくてもひかり電話から固定電話へ工事不要で切り替えることが可能です。

※自宅環境によっては多少異なる場合もあるので、最終的にはNTTの「116番」へ確認した方がよいでしょう!
    • good
    • 0

光回線の撤去工事は必要ですね。

費用がかかります。
固定電話の工事については、以前の契約状態次第だと思います。以前固定電話を使っていて休止状態になっているだけなら、光回線の工事だけで済むのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

費用掛かるんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング